アフィリエイト 初心者 独学。 アフィリエイトは独学でOK?【完全独学は失敗するよ】

アフィリエイト初心者必見!!独学でアフィリエイト収益化を成功させる方法とは??

アフィリエイト 初心者 独学

・アフィリエイトは独学でも稼げるのか知りたい方 ・アフィリエイトを独学でする方法を知りたい方 この記事では、独学でもアフィリエイトは稼げるのかという疑問についてお答えしていきます。 結論から言うと、 独学であろうとなんだろうと稼げます。 自慢ではありませんが、筆者は完全独学。 そして、毎月アフィリエイトで数十万円かせげているのがその裏付けです。 ちなみに私は、アフィリエイトの経験があったわけでもズバ抜けた文章力があるわけでもありません。 とはいえ、独学でおこなうアフィリエイトは誰でも稼げるわけではありません。 アフィリエイトで成果をあげ続けている人には、ある共通点があります。 独学でも稼げるアフィリエイターの共通点、そして稼ぐまでの具体的なステップについて解説します。 ・独学で成果をあげているアフィリエイターの共通点とは ・独学アフィリエイトで稼ぐまでの手順5ステップ はじめに:どこまでが独学のアフィリエイト? 本題とは少し関係ないですが、そもそもどこまでが独学なのか。 つまり、独学の意味合いについて確認しておきます。 たとえば、高額なサロンやアフィリエイト塾、コンサルなどを受けた場合は独学とは言わない。 ですが、本を読んだりネットで調べるのは独学。 独学の定義として、これを前提にお話しますね。 独学でもアフィリエイトで稼ぐ人の共通点3つ• アフィリエイトを続ける• 必要な経費を惜しまない• 当たり前ではあるのですが、アフィリエイトで稼ぐにはアフィリエイトを続ける必要があります。 さらにいうと、たとえ報酬が0円の状態であっても続ける根気がいります。 これがもっとも重要かつ、もっとも難しいのですが。 そもそもアフィリエイトは成果が出るまでに時間がかかるビジネスです。 なのに、2週間や1ヶ月やっただけで「稼げない!」と投げ出す。 それでは独学関係なしに稼げるはずがありません。 やや根性論になりますが、稼いでいるアフィリエイターたちはどんな状況であっても作業を続けているのです。 「無収入であっても半年はアフィリエイトを続けるぞ」 というぐらいの気持ちで取り組みましょう。 (もちろん早くから成果を出している人もいます) 必要な経費を惜しまない 「アフィリエイトをしたい、でもお金はかけたくない」という声をたまに聞きます。 やり方はあることにありますが、完全0円でとなるとかなり厳しいです。 たとえるなら「野球がしたいです、でもグローブは買いません」って言っているような感じですね。 独学でやるなら、なおさら必要な経費をケチってはいけません。 理由はいたってシンプル、 必要最低限のものがないと超非効率だからです。 必要経費を削ると、成果がでるまでの時間が2倍・3倍と長くなります。 結果、そのままアフィリエイトをやめてしまう。 そんなケースがよくあるからです。 パソコン• サイトのドメイン+サーバー代• 書籍などの購入費 上の3つはアフィリエイトを行う上で最低限必要なもの。 「スマホでもできますか?」みたいなこともたまに聞かれますがパソコン推奨です、非効率なので。 ちなみに、アフィリエイトをやるだけであればハイスペックなパソコンは必要ありません、3万円ぐらいのものでも大丈夫です。 アフィリエイト用のおすすめパソコンは以下の記事で紹介しているので、パソコンを持っていない方はご覧ください。 率先してアフィリエイトを勉強する アフィリエイトで稼ぐ人の多くが以下2つの特徴をもっています。 フットワークが軽い• 勉強熱心 筆者もこれまで何冊も本を読んだり、人のブログを読みあさったり、セミナーに参加したりしてきました。 知っていない方が多いですが、 アフィリエイトは想像以上に奥が深く、さまざまなスキルが求められます。 スキルの例としては、ライティングやウェブマーケティング、SEO etc・・・ 以上から、アフィリエイトで稼ぐにあたり勉強は必要不可欠です。 そして、アフィリエイト初心者の方はまず、ライティング関係の本を読むのがおすすめです。 以下の記事でおすすめの本を紹介しています。 また、情報商材に抵抗がない方はそちらも活用しましょう。 価格はやや高いですが、普通の書籍にはないようなことが書いていますよ。 筆者が実際に買ったものはという商材です。 下克上はアフィリエイトの基礎が詰まった初心者向けの教材。 (下克上の作者はアフィリエイトで億を稼ぐ凄腕アフィリエイターです) 以前を書きましたので、興味がある方はご覧ください。 独学アフィリエイトで初心者が稼ぐまでの5ステップ• アフィリエイトするジャンルを選ぶ• アフィリエイトサイトを開設する• 記事を書く• アクセス数をあげる• 施策効果のチェック アフィリエイトするジャンルを選ぶ まずは、アフィリエイトで取り組むジャンル選びからはじめましょう。 人気のジャンルだと、クレジットカードや投資関係、転職が今アフィリエイトの中でホットなジャンルです。 しかし、これらの人気ジャンルは初心者にはおすすめできません。 大企業も参入しているジャンルのため、競合が強すぎてなかなか稼げないからです。 くわしいアフィリエイトジャンルの選び方は割愛しますが、ちょっとニッチな内容がおすすめです。 一度、自身の趣味や他の人よりよく知っていることをリスト化してみてもいいですね。 「どんなジャンルでアフィリエイトに参入したらいいのかわからない」と言う方は以下の記事をご覧ください。 初心者でも比較的かせぎやすいおすすめのアフィリエイトジャンルをまとめています。 記事を書き慣れていないうちはブログから始めてもOKです アフィリエイトサイトを開設する アフィリエイトで取り組むジャンルが決まったら、サイトを開設しましょう。 もちろん、サイトを開設してからジャンル選びをしてもよいですよ。 そしてサイトは無料ブログ(Amebaなど)ではなく、 WordPress(ワードプレス)を使いましょう。 ワードプレスは企業サイトでも使われる本格的なソフトです。 そして、ワードプレスを使うにはドメイン・サーバーと呼ばれるものが必要です。 サーバーは色々とありますが、 エックスサーバーがおすすめですよ。 エックスサーバーはワードプレスの自動インストール機能があるため、詳しくない方でもかんたんにサイト開設が可能です。 エックスサーバーを使ったアフィリエイトサイトのくわしい開設方法は以下の記事をご覧ください。 記事を書く アフィリエイトサイトを開設したら、早速記事をかいてみましょう。 始めたてのうちは以下のような記事が書きやすく、おすすめです。 商品・サービスの紹介• 商品・サービスの比較• 自身の体験 また、商品やサービスを紹介する際はよいことだけではなく悪い点についても書きましょう。 あまりにも押し売りすぎると読者が不審がって成果に結びつかないからです。 ベストなのは自分が使った商品・サービスについて記事にすることですね。 読者のためになるような記事を目指しましょう。 アクセス数をあげる 記事がある程度(50〜100記事ぐらい)ためってきたら、アクセスもちらほら増えてきているはず。 さらにアクセス数をあげる施策を行いましょう。 具体的には、記事のリライトを行います。 「リライト」 文章を書き直すこと• 古くなった情報の更新• 記事を書いたときに不足していた部分の追加 リライトは主に上2つをメインにおこないます。 リライトを行うことでGoogleからの評価があがり、検索順位アップが期待できますよ。 施策効果のチェック 記事になんらかしらの施策をしたら、効果のチェックをおこないましょう。 チェック項目はいろいろとありますが、以下の3つは欠かせません。

次の

初心者入門!ブログアフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイト 初心者 独学

もくじ• プログラミングの独学は、無理じゃないが遠回りな学習方法 まず最初に、プログラミング学習を独学でおこなうことについて、僕がどう考えているのかをお伝えしておきます。 いきなり結論っぽくなってしまうのですが、「 独学は無理ではないが大変だ」ということです。 これは、何も知らない状態から正しい勉強法を探すことの難しさや、勉強を進めているなかでつまずいた場合に多くの時間をとられてしまうからです。 思ったように勉強が進まないことでモチベーションも下がり、途中で投げ出してしまう人が世の中にはたくさんいるんですよね。 プログラミングスキルを磨くうえで、独学はちょっと遠回りな学習方法なんです。 興味があって勉強しても、つまずいて投げ出しちゃったら時間の無駄だよ! ただ、独学でプログラミングを勉強した先に、何を求めているのかでも変わってきます。 「趣味で何かアプリを作ってみたい!」 このくらいであれば、独学は悪い選択ではありません。 時間をかけてゆっくり学ぶのもいいでしょう。 ですが、 就職や転職、副業、起業など「仕事で使える本格的なプログラミングスキル」を身につけたいのであれば、プログラミングスクールに通ったほうが効率的なのは間違いありません。 独学で勉強したプログラミングスキルを仕事で使うというのは、 「英語をテキストで独学してマスターした気になったけど、実際に海外に行ったらまったく通用しなかった」というのと同じ。 ネイティブに話せるようになるためには、生きたスキルを英会話スクールに通ったり留学するなどして、しっかりと学ぶ必要がありますよね。 プログラミングも英会話と同じで、 エンジニアスキルが高い人の近くで学んだほうが成長は早いのです。 ただ、独学で勉強することに意味がないと言っているわけではありませんよ? 仕事で使えるレベルまでの成長は無理ですが、「エンジニア(プログラマー)へのキッカケくらいにはなる」と思っています。 実は、僕が独学でプログラミングを勉強した理由は資格をとるためです。 そして、その資格を武器にプログラマーへ転職しました。 つまり、 仕事で使えるスキルを身につけるために勉強したわけではないってことです。 あくまで資格という武器を作り、やる気を面接官にアピールできればそれで良かったのです。 そのため、これは自慢じゃありませんが、独学で取得したこの資格も実際の業務では、ほとんど活かされていません。 このように、 独学は仕事で使えるプログラミングスキルを身につけるのではなく、「プログラマーになりたい」という熱意を転職先の面接官にアピールするための学習方法なのです。 これからプログラマーになろうと独学で勉強を始めようと思っている方は、このことを忘れないようにしましょう。 そして、ここからは独学を転職に結びつけるための方法や手順について、詳しく解説していきます。 独学じゃ業務レベルは無理だけど、転職のキッカケ作りにはなるよ! 初心者が独学でプログラミングを勉強するやり方と始め方 ここからは、プログラミング初心者が独学で勉強してから転職するまでの流れを、順番に説明していきます。 おそらく、これからプログラミングを始めようと思っている方のほとんどが、「何から始めていいのかわからない!」という状態のはずです。 以下の順番に1つずつ進めていけば、必ずプログラマーになることができます。 プログラマーに向いているかを確認• ノートパソコンを準備• 目指すプログラマーを決める• 勉強するプログラミング言語を決める• 独学の勉強方法を決める• サイトを作るか資格を取る• GitHubにソースコードを登録• 転職活動 1. プログラマーに向いているか確認 まず最初にすることは、 あなたがプログラマーに向いているかどうかのチェックです。 独学をするために、新しいパソコンや本を買っても、途中で投げ出してしまえばお金を無駄にするだけです。 チェックといっても、別に心理テストや技術テストをするわけではありません。 もっと簡単に確認できる方法があります。 それは、 以下の記事を読むことです! 実はこれ、初心者が必ず学ぶことになるプログラミングの基礎を、体系的に学べるよう僕がまとめたものなんです。 自分でいうのもなんですが、初心者向けにかなりわかりやすく書いています。 この記事を最後まで読んでみて「しっかり理解できたか?」、また「楽しそうと感じられたか?」を考えてみてください。 ここでプログラミングに興味のない方は、「意味わからない!」「つまらない!」と感じるはずです。 逆にいうと、 この記事を読んで「なるほど!簡単じゃん!」と読み進められている人は、プログラマーとしての素質があります! プログラマーは誰にでもチャンスがありますが、誰でもなれるわけではありません。 選ばれた人にしか、目指せない職種なのです。 日本はMacBookを使っているプログラマーが多いため、プログラミング環境を構築するときにも、参考になる記事を見つけやすいです。 また、MacBookであれば、あとからWindowsのOSをインストールすることもできるので、両方使いたい人にとっても安心。 (逆はできません) ちなみに、デスクトップではなくノートPCをおすすめしている理由は、 持ち運びが楽で場所をとらないからです。 将来的にフリーランスになった場合など、パソコンを持ち出す必要がある場合に、デスクトップだと不便に感じるようになります。 ノートPCであれば、部屋での勉強や仕事ができない場合でも、カフェなどにサッと持っていってドヤ顔でノマドできますしねw MacBookは、見た目もスタイリッシュでカッコイイ! 3. 目指すプログラマーを決める まず、あなたがどんなプログラマーを目指したいのかを、決める必要があります。 大体、以下の4つくらいの選択肢があるでしょう。 Webプログラマー• ゲームプログラマー• AIプログラマー• 転職できるならこだわらない ちなみに、最後の 「転職できるならこだわらない」タイプの人には、Webプログラマーをおすすめします! Web系は常に需要があり、手に職をつけたあとはフリーランスや起業することも可能だからです。 ゲームやAIは、本当に好きな人でない限り、選ばないほうがいいかもしれません。 興味のない人にとっては、面白さを感じれないと思うので。 あとからプログラマーの方向性がブレると後悔する可能性があるため、ここは慎重に選ぶようにしてください。 同じプログラマーであっても、勉強する言語やスキルに違いがあるからです。 「やっぱりWebじゃなくてゲーム業界がいい」と、あとから変えてしまうと、また初めから勉強をやり直す可能性があるってことなんです。 もちろん、すべてが無駄というわけではなく、基本的なプログラミングの知識は応用できます。 ただ、それ以外のツールの使い方やロジックの考え方などは、1から覚えなおす気持ちで取り組む必要があるのです。 ちなみに、僕がWebプログラマーになった理由は、正直「たまたま」です。 目指すプログラマー像を考える余裕もなく、「とりあえず手に職が欲しい!」と必死でしたから。 僕と同じような間違いをしないためにも、 自分の目指しているプログラマー像を最初にしっかり決めましょう! 学習したい言語をしっかり決めよう! 5. 独学の勉強方法を決めるコツ なりたいプログラマー像や勉強するプログラミング言語も決まったので、本題の独学の勉強方法について考えてみましょう! 独学でプログラミングを勉強する方法は3つあります。 本から学ぶ• 学習サイトから学ぶ• 動画から学ぶ これらはあくまでプログラミングスキルを身につけるための手段に過ぎないので、自分に合った勉強方法を取り入れるといいと思います。 ただし、それぞれのやり方にはメリット、デメリットがあるので、ここでは少しだけ独学のコツを紹介します。 本で勉強する 本で勉強するメリットとしては、 欲しい情報がまとまっていて、読み進めていくだけで知識が身につく点です。 その反面、「本を読んだ結果、どの程度のスキルが身についたのか」がわかりづらいため、 どこを独学のゴールにするのかという目標が立てづらいというデメリットがあります。 また、何も知らず上級者向けの本を買ってしまうなど、 本選びに失敗すると理解できずに投げ出してしまう可能性もありますね。 投げ出す原因でいえば、プログラミング参考書の表記漏れや表記ミスに気付かずに悩み続けるケースもあります。 「なぜ、ここでこんな動きになるなろう?」と解決できないことに悩み続けた結果「全然わからない!」とイヤになってしまうんですよね。 このような時間は本当にもったいないので、 本を買う前にレビューや正誤表などをネットで確認することが大切です。 最後にもう1つ、IT業界は非常に時代の流れが早いため、扱っている情報が古い本を買ってしまうと業務で使えなかったりすることもあります。 本はできるだけ最新のものを買うようにしましょう! ちなみに僕は「猫でもわかるC言語プログラミング」という本を読んでいたよ!クソむずいよ! 学習サイトで勉強する プログラミング学習サイトなどで勉強を進めるメリットは、 お金がかからずパソコンやスマホでどこでも好きなときに勉強できること。 ただし、本と違って情報がまとまっていないことが多く、流れに沿って体系的に学べるサイトはそこまで多くありません。 そのなかでも、「」という初心者向けのプログラミング学習サイトがおすすめです。 「プログラミング 勉強 サイト」で検索すると、どこのサイトでも必ず紹介されているくらい有名な学習サイトです。 ただし、 月額980円の有料コースにしなければ、ほとんどのコースが利用できないので注意。 また、あくまで初心者向けの学習サイトなので、これだけで十分なスキルがつくわけではないことも忘れずに。 ただ、実際にプログラミングを書きながら学べるサイトになっているので、プログラマーの仕事についての雰囲気はつかみやすいと思いますよ。 1つのコースで数時間とボリュームは凄いよ! ドットインストールは、3分間の動画解説型のプログラミング学習サイトです。 もちろん、3分動画なので詳しい内容ではありませんが、空いた時間に動画を観ているだけでプログラミングを学べるお気軽さは時間のない人にとっては嬉しいと思います。 これもさきほどのProgateと同じで、 月額980円支払ってプレミアム会員(有料会員)になることで、すべてのレッスン動画を観ることができます。 これら動画で勉強するデメリットがあるとすれば、投稿者のペースで解説が進んでいくため、自分のペースで学べないという点です。 そのため、何度も戻って再生しなおしたり、停止したりする必要があり、若干わずらわしいかもしれません。 また、 このスタイルの勉強法に慣れてしまうと「自分で情報を収集する」というスキルが身につきづらいといったデメリットもあります。 実際の業務でも、プログラミング中に動画で観て情報を集めるようなことはしません。 必要な情報はすべてGoogleで検索して探すのが基本なのです。 この情報収集スキルも、プログラマーとして大切なスキルの1つ。 そのため、 本やサイトから「情報を収集し、文章を読んで学ぶ」というスタイルにも慣れておいたほうがいいでしょう。 そもそも、本やサイトでの情報収集に「辛いな…」と感じるようであれば、プログラマーとして向いていないかもしれません。 動画だけじゃなく、文章からもインプットできるようになろう! 6. サイトを作るか資格を取る とりあえず、 なんでもいいのでサイトやアプリを自分の力だけで作ってみましょう! ですが、もしここで「どうやって作ればいいの?」「やり方がわからない…」と 手が止まってしまうのであれば、それはあなたのスキルが足りない証拠です。 情報のインプットで満足しているだけで、実戦的なスキルがまったく身についていないのです。 おそらく、独学でプログラミングを勉強を終えた方のほとんどがこの状態だと思います。 ですが、ここで何かしらのシステムを作れなければ、IT企業への転職は難しいです。 それは、あなたの実力を証明できないからです。 自分の実力を転職先の面接官にアピールできなければ、ほかの未経験者とまったく変わりません。 サイトやアプリが作れるようになるまで、勉強し続けてください。 それが無理なら、プログラミングの資格を取ってアピールしてもいいです。 面接時に困らないように、必ず自分の武器を作っておきましょう! サイトを作って、自分のスキルをアピールしよう! 7. GitHubにソースコードを登録する サイトを作ったあとは、「」というサービスに、 自分の書いたソースコードを登録しておきましょう。 GitHubのURLを履歴書に書いておけば、採用担当者に見てもらえる可能性があります。 このURLこそが、あなたの実力の証明。 つまり、あなたの武器になるのです。 ただし、GitHubを使うためには「Git」というバージョン管理ツールの使い方を覚える必要があります。 突っ込んだことをやらなければ、そこまで難しくはありませんが、それなりに知識は必要です。 「どう頑張っても理解できない!」という方は、自分のノートPCを面接時に持っていき、直接作ったサイトを見せてもいいと思います。 ただ、Gitが使えることをアピールするためにも、僕はGitHubにソースコードを登録することをおすすめします。 あとは転職活動に集中するだけだね! 独学だけでは起業やフリーランスは難しい 独学でプログラミングを学んだあとは就職や転職、フリーランス、起業するなどの選択肢があります。 就職や転職に関しては未経験採用の求人を狙い、 自分で作ったサイトを面接時にアピールできれば簡単にプログラマーになれると思います。 ですが、フリーランスや起業はそう簡単にいきません! プログラマーとしての経験がまったくないのに、一緒に仕事をしたいという企業はどこにもないからです。 あっても、知り合いくらいでしょう。 将来的にフリーランスになるにしても、一度プログラマーとしてどこかの企業で働き、しっかり経験を積んでから考えたほうが安心です。 未経験でフリーランスになっても、仕事は取りづらいよ! 独学の勉強時間はどのくらい必要か 独学でプログラミングを習得するには、 だいたい200~300時間くらいが必要といわれています。 (これは基本的なことができるレベルであって、実際の業務で使えるレベルまで考えると、この何倍もの時間が必要です) 1ヵ月でプログラミングを習得したい場合は、 毎日7時間~10時間くらい勉強しなければならないことになりますね。 ただし、人によって勉強のペースにも個人差がありますし、どの程度のレベルまで勉強するのかにもよるため、みんながみんな300時間とは限りません。 「そんなに勉強しないといけないの?」と思うかもしれませんが、逆にいえば、それだけ勉強すればプログラマーになれる可能性がグッと上がるということでもあります。 ただし、「絶対にプログラマーになれる!」とは断言できません! なぜなら、独学で勉強するデメリットとして、 「間違った勉強法に時間を費やした結果、大してスキルアップできていない」という可能性もあるからです。 言い換えれば、「自分の力だけでサイト1つ作れないスキル」ということになります。 間違ったやり方で勉強すると、時間の無駄になる可能性があるよ! まとめ:独学はちょっと遠回りな勉強法 ここまで、独学の勉強方法を解説してきました。 思っていたよりハードだなと感じましたか? そうなんです、ハードなんですよ。 そんな簡単にプログラマーになれたら、みんなプログラマーですよね? プログラマーは、努力のできる選ばれた人間しかなることができません。 そして、その努力も間違った方向に進み続けると、無駄な努力になってしまいます。 繰り返しになりますが、「 独学は遠回りな勉強法」です。 自分のペースでゆっくり進めていきたいのであれば独学に賛成ですが、 「少しでも早くプログラマーになりたい!」と考えているのであれば、プログラミングスクールがおすすめです。 エンジニアの枠だって、いつまでも空いているわけではありません。 早い者勝ちなのです。 悠長に勉強しているライバルを出し抜いて、誰よりも早くエンジニアになってください。 プログラミングスクールに通えば、あなたが目指すプログラマー像や、そのために必要なプログラミング言語の選び方まで丁寧に教えてくれます。 また、プログラミングの勉強についても、テキストや学習サイトを自分で探す必要もなくなりますし、転職についての相談など、サポートも充実しています。 スクールはお金がかかりますが、あなたがエンジニアになるための近道でもあるのです! できるだけ早くエンジニアになりたい方は、スクールも選択肢の1つとして考えてみてくださいね。 またね、キツネ()でした!.

次の

【超簡単】アフィリエイトを始める3つの手順【3万円稼げる保証付き】

アフィリエイト 初心者 独学

初心者入門!ブログアフィリエイトで稼ぐ 2017年9月28日 今回からは、私の専門分野であるネットビジネスに関してまとめていきます。 ほぼ、アドリブで記事を書いていくので、生ナマしい臨場感を感じてもらえたらな~って勝手に思っています(笑)。 さて、タイトルとして「初心者入門!」などといっていますが、恐らく中級者~上級者の方にも役立つ情報も含まれます。 「あ~それ!知ってる!知ってる!」って思うことも玄人の方はあるかもしれませんが、目から鱗の情報もあると思うので読んでみてくださいね。 ブログで稼ぐ方法は? それでは、ブログでお金を稼ぐ方法をまずは確認しましょう。 大きく分けると以下の3つの方法があります。 ASPアフィリエイト• Google AdSense• 純広 1. ASPアフィリエイト ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と契約して、登録企業の広告をブログに掲載して稼ぐ方法。 あなたのブログ経由で商品が売れたり、サービスの申込が行われれば報酬を得ることができます。 Google Adsense Googleと契約をして、クリックされると報酬が得られる広告をブログに掲載します。 掲載される広告は、サイトの内容によって自動表示されますので、広告を選択する必要はありません。 メンテナンスが楽です。 純広 とりあえず、初心者の方はこれは忘れてください。 人気ブログになると、企業から月10万などで広告を掲載させていただけませんか?っという勧誘がきます。 ですので、人気ブログにならないと勧誘は来ないので、ブログ入門者にとっては関係のないお金の稼ぎ方です。 ブログを長く運営して認められていけば、そんな稼ぎ方もあるのだなと知っている程度でいいです。 ・・・それにこれが稼げるというわけでもありません。 とまあ、ブログでお金を稼ぐ方法は主にこの3つです。 それぞれの手法に関しては、また今度まとめるとして、 初心者の方はASPアフィリエイトとGoogle Adsenseを使ってブログで稼ぐと理解しておいてください。 無料ブログでも稼げるのか? 世の中には無料ブログというものがあり、お金をかけずとも情報を発信する媒体を持つことができます。 「アメブロ」「FC2」「SeeSaa」「So-net」ブログなど、有名なものだけでもたくさんの無料ブログがあります。 で、本題の無料でも稼げるのか?ってことですが。 稼げます。 comみたいなURLのこと)を取得して、レンタルサーバーを借りて有料運営していった方がいいです。 無料ブログは、ぼこぼこ出来てはなくなったりすることもあります。 サービス事業者がブログ提供を辞めてしまった場合、運営してきたブログが無駄になってしまうのです。 さらには、ブログ運営者の規約が変わって、お金儲けはNGなんてことになったら(たぶんそこまではないけど)、もう稼げません。 独自ドメインで、自分でブログを持てば自由です! 法に貞淑するようなことをしない限り、誰もあなたに文句を言う人はいないでしょう。 誰かに頭をおしつけられた状態で運営するのってすごいうっとおしいです。 ブログ財産です。 月に1000円程度のお金をかけるかだけの価値は、あなたがしっかりと運営しているならば必ずでてきます。 まあ、1000円程度の投資が出来ない人は稼げるようになるとは私は思いません! 「無料ブログ=NG」ということではありません。 知識を備えたものが目的を持ち運用しているならば有効手段となりえます。 有料ブログ運営を推奨するのは、リスクを減らして、利益最大化するための提言です。 どんなブログを作ればいいの? 特にルールはありません。 好きなものを作ればいいです。 ただし、各ASPやGoogleAdsense側が広告を掲載できるブログの基準などを設けていますので、 利用するASPやGoogleAdsenseのルールは確認しておきべきでしょう。 稼げるブログとは? 答えはありません。 どんなブログが稼げるという決まりはあるようでないのです。 そこが面白いところでもあるのですが・・・ あなたがどんなことが得意で、どんな情報を発信していくことができるかが、稼げる鍵となります。 あなたが何の専門性も持たない! そしてやる気もなく、使ったこともない商品やサービスをたんたんとブログで紹介したところで、現在では稼ぐことは出来ません(芸能人は別)。 ネットユーザ-は情報を深く理解するためにブログを回遊します。 せっかく訪問者が来ても、魅力を感じない、役立たない事ばかり書いてあるブログなどあってないようなものなのです。 ですので、どんなブログを作れば稼げるかということの答えを求めるならば、「役立つ」「面白い」と人が感じる情報をどうしたら発信できるかを考えていくといいでしょう。 商品レビューなんて、今ではみんなやってます(最低限のところです)。 そこから一歩抜け出すにはどうしなければならないか? ブログを使って、何ができるか自分ならばどんな情報を知りたいかを常に意識して情報発信していけば、自ずと稼げるブログとなっていくでしょう。 私のブログでも同じです 私が実践し深い知識を持っているのは、手作業内職の情報などでなく、ネットビジネスで効率的に稼ぐ方法です。 「」で発信するネットビジネス以外の情報は、しっかりと調べ上げた上で、独自の知識や考察をふんだんに盛り込んではいますが、やはり 実践的な経験値が伴わないので情報に深さを出すことが難しいです。 自分の得意ジャンルでなければ、非常に情報をまとめるのに苦労しますし、記事を書くのにかなりの時間を要します。 なかなか情報が出てこないのです! 情報を知らないので、まずは自分自身へのインプット段階からスタートしなければなりません。 その上で、ライバルサイトを超える情報をアウトプットしていかなければなりません(独自の視点を添えながら)。 これは非常に大変な作業です。 ネットビジネスなら、長い実践と経験があるので、何も参考にしなくても情報が頭から取り出せので記事を書くのが本当に楽なんです。 稼げる商品・サービスが全てじゃない 広告には稼ぎやすいもの、報酬単価が高いものがあります。 どうしても大きく稼ぎたい方はそちらに目がいってしまうと思いますが、ブログアフィリエイトは継続してサイトに人が集まらなければ意味がありません。 報酬単価が高い商材は、当然ながら多くの人の目に留まるのでライバルが多いです。 あなたがそのジャンルにおいて専門的な知識を要するならば、チャンスととらえてその広告で稼ぐことを考えていいと思いますが、そうでなければ稼ぐのは厳しいでしょう。 ブログでは、 検索ボリューム(ニーズ)さえあればGoogle Adsenseでも稼げます。 自分が興味がないこと、全く知らないことは ゼロからインプットして他人が納得する形にアウトプットしなければならないので非常に大変です。 不慣れな人は、きっと1週間のブログ更新も出来ないでしょう。 辞めてしまう原因は、ズバリ稼げないからです。 ですので、ブログアフィリエイトは資産構築型のビジネスだということを理解していない初心者の方は、少ない金額でもお金を稼ぎやすいジャンルを選択すること。 自分の興味があること、得意なことを軸とした記事を発信していってください。 思ったことを書いていけばいいんです。 「こんな情報みんな知っているよな~」「文章が下手だから」「コレ書いても意味ないようね」なんて考える必要はありません。 あなたの頭にインプットされていることはどんどん吐き出しましょう。 あなたの頭から吐き出されたオリジナル記事は価値を持ちます。 世の中には、すでに多少なりとも似ている情報はあるかもしれませんが、あなたがフィルターをかけてアウトプットしたものを必要とする人がきっといるはずです。 ソーシャル連携をしよう ブログとは、あなた自身を発信していく媒体です。 ブログを閲覧している人は、何かしらの興味をあなたや記事に抱いています。 一昔前は、ブログには検索エンジンや各種リンクを通してユーザーは来ていましたが、現在ではそれ以外にソーシャルからの集客ができるようになりました。 ですので、Twitter、Facebook、Google+、mixiなど利用している媒体があればどんどん利用していきましょう。 各媒体での集客の仕方はまたにしますが、検索エンジンほどのコンバージョン率は期待できないかもしれませんが、 リピーターの確保や母体数のアップに活用できます。 初心者でも稼げるのか? 結局のところ知りたいのはこれですよね。 つまり、成功者の教えにのっとり、即効で脱初心者(3日でなれる)になって、稼げる行動を実践していけば稼げます。 ただし、稼げる金額に関してはやり方や、運営する媒体によって様々です。 また、よくはじめて1週間とかで稼げると、どこぞのアホ情報に踊らされて、鵜呑みにしちゃっている人もいますが・・・ そりゃ無理ですよ。 私でも(偉そうですみません)、サラの状態でSEO等だけで1週間で稼げっていわれたら厳しいです。 ただし、PPC(広告出稿)使えば、私は魅力的で売れるWEBサイトを1日で作れますので、稼ぐことができます。 初心者の方が稼げると思ったら甘いです。 ブログアフィリエイトは成果が出るのに時間がかかります。 ジャンルによっては、正しい知識と技術を駆使しても、3ヶ月ぐらいしても1円も稼げないこともあります。 基礎知識がない場合は論外です。 どんな世界でも基礎がしっかり出来てない人は稼げません。 この辺は、私が提供するで速攻で初心者を脱出する方法を教えてますので利用してください。 ということで、わずかな基礎知識の習得をする気がない方は、ブログアフィリエイトで稼ぐことはもうやめた方がいいです。 3ヶ月どころか1年・2年たっても全然稼げないかもしれないので、アルバイトをした方がいいですよ。 もう一度いいます。 ブログアフィリエイトは資産積立型のビジネスです。 速攻で稼げるようになるなど夢物語です。 答えをいってしまうと「そんなのはどうでもいい!」って感じなんですが、情報の誤解などをするといけないので、簡単に説明しますね。 ブログアフィリエイトは日記要素を持っており、長く更新し続けるブログだと考えてください。 サイトアフィリエイトは、あるテーマや商品・サービスをまとめた情報コンテンツで、ある程度製作したら 更新が不要になるものだと認識してください。 後、ブログアフィリエイトはソーシャルとの連携やコメントを求めることが多く。 サイトアフィリエイトは、得意なジャンルの情報を整理してASPアフィリエイトをするものだと認識してください(ソーシャル連携等はしてもいいです)。 サイトアフィリエイトの例• 一番使える英会話教材• カニ通販ランキング• おせち料理を徹底的に調べました• 私が楽天トラベルを使う理由• MA-1研究所 という感じで、一つのことに特化して記事を書き、それに合ったASPと契約して商品・サービスをアフィリエイトしていきます。 言ってしまえば、見る人が見れば100%お金を稼ぐためだけにやってるなってのがわかるのがサイトアフィリエイトです。 なお、サイトアフィリエイトは、よっぽど大きなテーマ(ジャンル)出ない限りサイトとしてのボリュームがでないので、サテライト作りなんかも視野にいれる必要がでてきます(時と場合による)。 その辺の技術・知識はちょっと突っ込んだ話なんでここでは割愛しますが、ブログアフィリエイトとの違いはこんなところです。 結論として、初心者の方はブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトのどっちをすべきかってのは、やれそうな方からやればいいです。 それと、違いなどを話しておきながらですが、これらは単なる造語ですのではっきりいってしまうとどうでもいいことです。 やることはアフィリエイト!なんら違いないんです。 まあ、ゴチョゴチョと書きましたが「ふーん」ぐらいで実はいいですし、最初にもいいましたがマジどうでもいいことです。 まとめ ブログアフィリエイトは稼げるが、初心者が何も知らずに無料ブログではじめても厳しいということが分かってもらえたと思います。 ブログを使ってお金を稼いでいきたいなら、まずは私が提供するで稼ぐための知識をインプットしてください。 そうすれば、ブログ製作も簡単にできるようになりますので、本記事の内容をしっかりと理解して、ブログアフィリエイトでお金を稼いでいくことができるでしょう。 今日からできるネット副業 4つのコースから目的に合わせてネット副業ができます。 関連記事•

次の