くすのき 歯科 医院。 磯子区杉田の歯科・歯医者|くすのき歯科クリニック

口コミ|くすのきデンタルクリニック(尼崎市/武庫之荘駅)|EPARK歯科

くすのき 歯科 医院

2020. 20 夏季休診のお知らせ 8月9日(日)~8月16日(日)まで休診とさせていただきます。 2020. 11 6月以降の診療について 緊急事態宣言解除後、当院でも平常通りの診療を行っております。 しかしながら新型コロナウイルスの影響下ですので、感染防止のための対策は引き続き行っております。 診療時間に関しましては午前9時より開始ではありますが、 ご予約いただいております治療が終わり次第診療終了とさせていただいております。 そのため 午後は電話などがつながりにくいことがあります、申し訳ございません。 院内における患者様同士の密を極力回避するように努めておりますので、 事前にご連絡なしのご来院だけは何とぞご遠慮ください。 2020. 11 5月中の診療について 緊急事態宣言の延長を受け、当院での診療は引き続きコロナ感染症対策を強化した対応を取らせていただいております。 それに伴い、待合室での患者様同士の接触時間を少なくするために、定期健診などのご予約の変更や延期をお願いする対応を今後も続けてまいります。 診療時間に関しましては午前中のみの日もございますので詳しくはお電話にてご確認ください。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。 2020. 21 おしらせ 現在新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、診療時間を大幅に縮小しております。 午前中のみの診療にさせていただいている日もございます、詳しくはお電話にてご確認ください。 患者様方にはご迷惑をおかけいたしますが、新型ウイルスの感染予防のためどうかご理解いただけますようによろしくお願いいたします。 2020. 13 緊急事態宣言により4月中の定期健診、歯のクリーニングといった診療を延期させていただくこともあります。 患者様方にはご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。 天然の歯を残すためのメタル・フリー 当院では、金属を使わない「メタル・フリー」治療をおすすめしています。 銀歯は保険診療ですが、色が目立つだけでなく、少しずつ溶け出して体内に蓄積し、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。 また、銀歯と歯の間に隙間ができやすいため、そこに細菌が入り込んで二次むし歯のリスクも上がります。 一方、セラミックは自由診療になりますが、天然の歯に近い色を選べ、金属アレルギーの心配がなく、表面がツルツルしているので歯垢もつきづらいため、歯を長持ちさせられるのが利点です。 当院ではセレックという先進的なシステムを導入しており、最短即日でセラミックの詰め物・被せ物もご用意できますので、ご興味のある方はお問い合わせください。 セレック 短時間でセラミックの詰め物・被せ物を製作します• CT 歯・顎の状態を立体映像 3D で映し出します• 滅菌器 高圧蒸気でウイルス・細菌をしっかり滅菌します• 口腔外バキューム 院内感染リスクをより低減します 名称 くすのき歯科クリニック 院長 西濱 豪郎 (にしはま ひでお) 住所 〒235-0033 神奈川県横浜市磯子区杉田9丁目22-15 電話番号 URL 診療内容 むし歯・歯周病・予防・クリーニング・小児歯科・歯科口腔外科・マウスピース製作・入れ歯 義歯 ・セラミック治療・ホワイトニング・妊産婦さんの歯科治療 概要 バスで「杉田九丁目」または「パームヒルズ京急富岡」停留所から徒歩1分の【くすのき歯科クリニック】です。 地域に親しまれる歯科医院をめざし、キッズスペースや鉄道模型もある院内となっています。 患者さんとのお話や説明を大切に、天然歯を長く残せるようメタル・フリー重視の治療を行っています。

次の

院長・スタッフ紹介|【くすのき歯科医院】広島市西区の歯医者

くすのき 歯科 医院

新型コロナウイルスに対する取り組み 昨今のコロナウイルス感染の心配をされていることと思います。 当院としましても患者さんに安心してご来院いただけますよう、より徹底した院内感染予防を下記のように行っております。 ご来院された方にアルコールによる手指消毒と、非接触型体温計による検温のお願い。 歯科器具の徹底した滅菌。 患者さんごとに使い捨てできるものは使い捨てに。 グローブ・エプロン・紙コップ…など• ユニット周りのアルコール消毒の徹底。 時間毎の室内換気。 午前2回と午後3回をグリーンアクアにより室内噴霧し除菌。 全てのスタッフにマスク装着を義務付け、検温も行う。 待合室の書籍とキッズルームの本、玩具の撤去。 飛沫防止シートを受付に設置。 待合室が密になりすぎないよう 予約時間を調整させていただいております。 そのためご予約が今までより取りづらくなる可能性があります。 微熱や咳、体調不良などの症状がある方につきましてはご予約変更をお願いしておりますので医院までご連絡ください。 感染予防のための措置となりますので、どうぞご理解のほどよろしくお願い致します。 くすのき歯科矯正歯科 設楽 尚紀.

次の

【くすのき歯科医院】広島市西区の歯医者

くすのき 歯科 医院

お一人お一人に寄り添い「噛める幸せ」を守ります 皆さん、初めまして。 院長の柄 博紀 つか ひろき と申します。 この度、業務スーパーエブリイ楠木店の2階に「くすのき歯科医院」を開院いたしました。 子どもの頃から馴染みのあるこの地に開院できたことを大変嬉しく思っています。 私は「患者さんと末永くお付き合いしたい。 人生にずっと寄り添っていきたい」と考え、入れ歯などの義歯や歯科素材による詰め物・被せ物などで歯を補う「補綴(ほてつ)」を大学院で専攻しました。 13年間勤めた広島大学病院で専門的な治療経験を積む一方で、県内のクリニックに出向し、むし歯や歯周病治療をはじめ幅広い診療経験を積んでまいりました。 歯科材料にも精通しており、「デンタルマテリアルアドバイザー」の資格を持っておりますので、見た目が美しく身体にもやさしい「メタルフリー」の治療を提供したいと考えています。 目で見てわかりやすい説明、衛生管理や設備の充実にも力を入れていますので、お口のお悩みは安心しておまかせください。 治療後の皆さんの笑顔を励みに、これからも研鑽してまいりますので、末永くよろしくお願いいたします。 患者さんを笑顔にできる歯医者の仕事が大好きです 皆さん、初めまして。 副院長の柄 翠林 つか すいりん と申します。 私は幼い頃から歯科医師を志し、より患者さんのお力になれるよう歯科技工士の資格も取得しました。 歯科医療は知識と技術を向上するための絶え間ない努力が必要ですが、患者さんの笑顔が見られるこの仕事に喜びを感じています。 義歯をお入れした患者さんから「お嫁さんと20年ぶりにステーキを食べに行った」「久しぶりに焼き肉を食べた」など、よく噛めるようになったエピソードをうかがうと、自分のことのように嬉しくなります。 これからもお口の健康をサポートし、患者さんの笑顔を広げていけるよう、スタッフ一同努めてまいります。 歯を失った方の笑顔もサポートします 歯を失ってしまい、思った以上に不自由な生活にお困りではありませんか? 当院の院長は、欠けてしまった歯や、むし歯や歯周病、外傷などで失われた歯を補う「補綴(ほてつ)」を専門に学んできました。 「補綴」には、ブリッジ、義歯(入れ歯 、インプラント(人工歯根)などの種類があり、生涯にわたり「噛める幸せ」をサポートするための治療です。 当院では、噛む・話す・飲み込むといった機能の回復だけでなく、見た目の美しさ、身体への優しさにも配慮した金属を使わない(メタルフリー)治療を行っています。 歯を失ってしまった方にも、自然で健康的な笑顔を取り戻していただけるよう、お一人お一人に合わせた補綴治療を提供いたします。

次の