オーディオ アニマ トロニクス。 ディズニーらしい演出で名作映画の世界を堪能 ― ハリウッドスタジオのグレートムービーライド

【TDS現地速報】アリエルが近くてドキドキ! 新ミュージカルショー「キング・トリトンのコンサート」速報レポ(1/2)

オーディオ アニマ トロニクス

LINK: 2017年4月29日、ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニー・アニマルキングダムに2017年5月27日よりオープンする「Pandora:The World of Avatar」のプレスプレビューが開催されました。 いやいやいや、すごい表現力だね!! We're in awe over Pandora — The World of Avatar, opening at May 27. — Disney D23 DisneyD23 この日の様子は、現地のブロガーたちによってレポートも出ています。 精力的に記事を出してるInside the Magicなどをどうぞ。 映画を見た方ならお分かりかと思いますが、アバター(化身)が液体内に浮かんで、それがリアルで動くという。 なんというオーディオアニマトロニクスを作ってくれたんや……。 OMG! The detail inside the Flight of Passage attraction is CRAZY insane!!! — Theme Park Review ThemeParkReview From caves to ruins to bioluminescence and a life size Avatar, see the queue for Flight Of Passage at — Attractions Magazine Attractions そしてこのグッズ!肩乗りバンシー! You can buy a Banshee puppet in Windtraders in — Inside the Magic InsideTheMagic いやー、本当にこれはすさまじく楽しみなエリア。 ポイントはやはり、映画をそのまま再現していないところでしょうね。 前にも書いたのですが、ユニバーサルスタジオ・フロリダで初めてハリー・ポッターのライドに乗ったとき、ものすごい技術と表現力で驚きました。 さらに、エリア全体の作りが大変素晴らしく、まさに映画そのものであったことを思い出します(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンもほぼ準拠、むしろ日本の方がいい風景もある)。 しかし、ハリー・ポッターエリアに関しては、映画が表現したベクトルの方向、大きさそれそのものをエリア化しているわけです。 反面、ディズニーが映画をもとにしたエリアは、映画のベクトルをそのままに保ちつつ、また違った時代背景やストーリーを入れ、映画そのものだけど、映画そのものではない世界観をつくりだしているという特徴があります。 カーズランドなんかその最たる例ですね。 そしてこのアバターエリア。 まだ本物を見ていないながら、アバターという作品の一番大事なところだけをうまく抽出し、ジョー・ロードの病的なストーリーテリング能力をフルに発揮しているように見えます。 というかナヴィの世界とビジュアルだけ借用して、A. の枠を当てはめて好き勝手にやっているという印象(褒めてます)。 だから、たぶんアバターの続編ができようが、このエリアにはほぼ無関係なところに落ち着くのではないかと思っています(むしろ逆にエリアの要素を映画に入れそう)。 そういう意味で、ディズニーのイマジニアリング能力は末恐ろしいです。 で、これがまた2019年にも新たに体験できるわけですよ……。 いまのところいろんな事情でウォルト・ディズニー・ワールドに行くチャンスがなく、この目で体験することができないのが大変残念。 なもんで行くまでライドスルーの動画は絶対に見ないので、ネタとして取り上げることがもうないのが大変残念です。 くっそくっそ。 本サイトはディズニーを中心とした情報を集める個人サイトであり、ウォルト・ディズニー・ジャパン、株式会社オリエンタルランド、Walt Disney Company、その他関連会社とは一切関係はありません。 This website is not affiliated with, maintained, authorized, endorsed or sponsored by the Walt Disney Company, Oriental Land Co. , Ltd. , Walt Disney Japan or any of its affiliates. This is an independent, unofficial site.

次の

リアルな動物ロボットを作るアニマトロニクス

オーディオ アニマ トロニクス

動物や人形の動作が音声と同調するようコンピュータ制御されている「オーディオアニマトロニクス」 ウォルト・ディズニー・イマジニアリングにより開発されたロボットで、1963年アナハイムのディズニーランドにある「魅惑のチキルーム」で初公開されました。 これにより鳥や花たちが音楽に合わせて歌って踊るショーを眺めるアトラクションが成立、様々なアトラクションに用いられるようになりました。 1983年にオープンした東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」では約300体の小さなフィギュアの他、250体のオーディオアニマトロニクスによる動物が配置されています。 そして、2007年にリニューアルオープンした東京ディズニーシーの「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」 「イッツ・ア・スモールワールド」同様のボートライドタイプで、約10分かけてシンドバッドの航海を体験するアトラクションですが、ここにもふんだんにオーディオアニマトロニクスが配置されています。 その数は東京ディズニーシーで一番。 しかも、オーディオアニマトロニクスの動きがとても滑らかなのです。 それもそのはず、オーディオアニマトロニクスが初公開されてから40年以上経ちましたから、その技術が向上していてもおかしくはありませんね。 「イッツ・ア・スモールワールド」におけるオーディオアニマトロニクスと動きを比べても、20年以上の技術差が出ていることがよく解ります。 立ち留まらず、常に進化していくディズニーパーク。 これから先の変化が楽しみですね。

次の

【tdr0318】進化するオーディオアニマトロニクスの動きと技術

オーディオ アニマ トロニクス

第254回、ディズニーの噂・裏技・裏話。 ディズニーのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。 引用: パーク内のアトラクションでよく見かけるのが、音声に合わせて動く人形や動物。 この技術は オーディオ・アニマトロニクスと呼ばれる技術で、細かい動きまで完璧にコントロールされます。 オーディオ(音)とアニメーション(動作)、エレクトロニクス(電子)という言葉を合わせて作られた造語です。 今では当たり前のように見るこのオーディオ・アニマトロニクス。 そもそも、このオーディオ・アニマトロニクスが初めて使われたのは、どのアトラクションなのでしょうか。 スポンサーリンク 引用: この技術が初めて公開されたのは1963年。 アメリカのディズニーランドでオープンした 魅惑のチキルームです。 鳥たちが本当に喋っているかのような動きは、多くのゲストが驚かされました。 チキルームから始まり、イッツ・ア・スモールワールド、ホーンテッドマンションなど、今ではオーディオアニマトロニクスはディズニーにとってなくてはならない存在。 これからもオーディオアニマトロニクスは進化を続け、多くのゲストを驚かせてくれることでしょう。 スポンサーリンク.

次の