プラティ ベロ ドン。 「やりすぎ」は絶滅のもと?ゾウの仲間プラティべロドンが鼻以外に「長~く」しすぎたモノ

長鼻目

プラティ ベロ ドン

ユージン 恐竜大図鑑 ラインナップ アカンソステガA アカンソステガB プテラノドンA プテラノドンB プテラノドンC プテラノドンD ヘンケロテリウム アパトサウルスA アパトサウルスB アパトサウルスC ディメトロドンA ディメトロドンB ディメトロドンC プラティベロドン ヴェロキラプトルA ヴェロキラプトルB アロサウルスA アロサウルスB アロサウルスC アロサウルスD アロサウルス シークレットカラー 販売開始時期:2006年3月 価格:200円 公式サイト: から一部をピックアップし、カラバリだけで構成したシリーズ。 こちらは原色図鑑シリーズではありません。 原色シリーズの単なるリペイントではなく、ジオラマ風の土台が追加されています。 当時でここまでカラバリが多い強気なラインナップは珍しいですね。 相変わらず原型師は不明ですが、価格の割りにとてもよく出来ています。 2011年にはタカラトミーアーツからが発売されていますが、そちらは完全に新規原型となっています。 関連:、 アカンソステガA アカンソステガB プテラノドンA プテラノドンB プテラノドンC プテラノドンD ヘンケロテリウム アパトサウルスA アパトサウルスB アパトサウルスC ディメトロドンA ディメトロドンB ディメトロドンC プラティベロドン ヴェロキラプトルA ヴェロキラプトルB アロサウルスA アロサウルスB アロサウルスC アロサウルスD アロサウルス シークレットカラー シークレットはアロサウルスA~Dのカラバリ。 もちろんステゴサウルスの土台付き。 アカンソステガ デボン紀後期に生息。 アカントステガとも。 四肢は見られるが、完全に陸生適応しておらず水中に生息。 フィギュアの土台も水中をイメージ。 Bタイプはオオサンショウウオのようなカラー。 プテラノドン 4タイプいますが、微妙に色被ってませんかね。 土台は海面を小さくすることで飛行中を表現。 アパトサウルス とにかくデカイ。 木を近くに配置して大きさを表現。 ディメトロドン ウロコや歯が非常に細かい。 ヴェロキラプトル 羽毛復元されたラプトル。 バックに配置された木で疾走感を表現。 アロサウルス 全5タイプのカラーリング。 土台はステゴサウルスの死骸で表現され、非常に手が込んでいます。 ヘンケロテリウム&プラティペロドン ヘンケロテリウムはジュラ紀に生息した哺乳類の祖先、プラティペロドンは中新世後期に生息したゾウの祖先。 恐竜の方がカラバリが多いのはうれしいですね。 解説書 原色図鑑シリーズと同じ仕様の解説書。

次の

ゾウ目

プラティ ベロ ドン

丸山貴史 [図鑑制作者] まるやま・たかし/ネイチャー・プロ編集室勤務を経て、ネゲブ砂漠にてハイラックスの調査に従事。 『ざんねんないきもの事典』『続ざんねんないきもの事典』(ともに高橋書店)の執筆や、『せつない動物図鑑』(ダイヤモンド社)の編集、『生まれたときからせつない動物図鑑』(ダイヤモンド社)の監訳等を手がける。 好きな動物はツチブタ・理由は、たった1種でツチブタ目を構成する孤高さや、シロアリ食なのに伸び続ける臼歯をもつ独自性等、あらゆる点でかっこいいから。 わけあって絶滅しました。 じつは「生き物が絶滅する確率は99. 9%」なんです。 ほとんどすべての生き物は、いつか絶滅する運命なのです。 でも、どうして絶滅するのでしょう? 気になるその「理由」を、ご紹介します。 かつて地球にあらわれた生き物の99. 9%は絶滅しています。 でも……。 いったい、どうしてそんなにも絶滅しちゃったのでしょう? 発刊後、たちまちテレビ・ラジオなどで話題沸騰! わずか1週間で16万部のベストセラーとなったは、さまざまな理由で地球から消えていった生物の「絶滅原因」を紹介する今までになかったコンセプトの動物図鑑。 子どもから大人まで満足できる1冊です。 「アゴが重すぎて絶滅したプラティベロドン」「まっすぐすぎて絶滅したカメロケラス」「笑いすぎて絶滅したワライフクロウ」など、興味深い絶滅のエピソードとともに、「森に引きこもって助かったコビトカバ」など、絶滅しそうでしなかった生物も紹介しています。 各ページには生物の基礎情報も丁寧に解説しており、学術的な内容も充実。 以下、その内容から一部を特別公開します。 圧倒的カルシウム不足で絶滅 新生代の第四紀、更新世末に絶滅したとされる「オオツノジカ」。 さて、この生き物は、どうしてほろんでしまったのか……。 その「理由」を、自ら語ってもらいましょう。 ぐぅッ、し、静まれ、おれの角……! ハァハァ、まさかこんなことになるとは。 ぐがッ、カルシウムが、角に吸収されていく……!? お、おれは、アイツと結ばれるために、ほかのオスとの戦いに勝たなくちゃならなかった。 だから願ったさ。 おれの角よ、もっと強く、もっと硬く、もっと大きく育てとな! だ、だがしかし……角の成長スピードはおれの予想をはるかに上回っていやがったッ。 角に栄養がとられて体の骨がスッカスカになってしまうほどにッ! さらに森が減って食い物が少なくなったのが致命的だったぜ。 すぐに骨折するから、うかつに動き回れねえしな。 ククッ…これが絶望ってやつか。 なんだか…眠くなってきたぜ……。 早く角から…解放…してくれ……。

次の

クラブ活動:消しゴムはんこ部:絶滅動物シリーズ・プラティベロドン :: デイリーポータルZ

プラティ ベロ ドン

動物園の裏 熱帯の動物は、日本の冬をどう過ごす? より 猛暑の夏、動物園のシロクマがぐったりとしている姿が、テレビで紹介される。 ただ、シロクマははつらそうではあるが、猛暑でも死ぬわけではない。 ライオンやシマウマといった熱帯の動物も、同様である。 雪のような冬の寒さのなかでも、彼らは凍死はしない。 寝室に暖房を備えている動物園もあるが、日中は檻のなかで寒い日本の冬に耐えている。 どうして、そんなことができるかといえば、動物には環境に合わせて生きていく適応力が備わっているからだ。 それは慣れのの力といってもいい。 日本の商社マンだって、猛暑のから、極寒のモスクワに転勤しても、元気に働いている。 さらにいえば、熱帯の動物は、その生息地でも低温状態にさらされることがある。 サバンナや砂漠の夜は、日本人には思いもよらないほど冷える。 熱帯で育った動物も、同様だ。 寒帯にも、夏場、気温が上がる日がある。 寒帯の動物は、凍てつく寒さも知っているし、夏の暑さも知っている。 だから、日本の四季の変化にも対応できるのだ。 ただし、さすがに南極の動物は、日本の暑さに適応できない。 南極産のやキングペンギンらは、夏になると冷房のある部屋で暮らすことになる。 - どうでもいい、じじぃの日記。 先日、テレビで 「最後のキリン~忍び寄る絶滅の危機~」を観た。 キリンもに指定され、絶滅の危機に瀕している。 映像には子どものゾウがたおれて死にかけているところが出てきた。 原因は水なのだそうです。 気候変動で雨が少ししか降らなくなったためなのだとか。 著『わけあって絶滅しました。 』という本には、さまざまな絶滅動物たちの画像が載っている。 カ大統領のトランプさんはを否定していますが、根拠はどこにあるのでしょうか。 cool-hira.

次の