ランページインスタライブ。 THE RAMPAGE&E

ランページ りく インスタ

ランページインスタライブ

Instagram Liveがウェブブラウザ上で使えるようになりました。 つまり、デスクトッププラットフォームを含む、複数のプラットフォーム上のウェブブラウザで、Instagram Liveのビデオフィードを閲覧できるようになったということです。 新しいインターフェースははるかに直感的です。 特にInstagram Liveイベントで複数のフィードを表示する場合には、より一層実感できることでしょう。 このシステムは、今のところすべてのユーザーではないにしても、すぐにほとんどのユーザーが利用できるはずです。 デスクトップで使ってみましょう Instagram Liveイベントへのリンクを見つけたら、そのフィードをデスクトップマシンで見ることができるはずです。 Google Chromeのようなブラウザでは、フィードは、「ユーザー名 スラッシュ live スラッシュ 」で表示されます。 ページの左側にInstagram Liveフィードのビデオ( 複数のビデオを閲覧することも可能)が表示され、右側にコメントが表示されます。 このシステムは、 ビデオのLIVEステータスと、現在そのフィードを見ている人数も表示します。 これは、あらゆるプラットフォームでのライブビデオフィードアクションを行うための最も基本的な機能の一つです。 したがって、YouTubeやTwitchなどのプラットフォームともやや似ています。 Instagramは次に何を起こす 2020年3月にはがありました。 例えば、 信頼できる保健機関の投稿を除く、COVID-19関連のアカウントをおすすめから削除したり、他の人がどのように 社会的距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)を実践しているのかを確認できる「おうち時間」スタンプをリリースしています。 今回紹介した新しいリリースは、ようにアップデートされた直後に行われました。 今まではモバイル最優先の印象が強かった同サービスで、まさかPCからDMが送られるようになったとは。 在宅で働く人が増えた分、モバイルよりもPC利用に回帰しているユーザーは決して少なくないでしょう。 モバイルアプリに限定されているInstagramの機能がまだ他にもあったとしても、ウェブ上でのアクセスが可能になる等、機能が大きく変化する可能性があります。 新しいリリースがありましたらお知らせいたします。

次の

【完全版】THE RAMPAGE ランページメンバー16人を顔画像と覚え方動画で攻略しよう

ランページインスタライブ

こんにちは!音楽大好き山さんです。 皆さんはランページ THE RAMPAGE from EXILE TRIBE という グループをご存知でしょうか? ランページは2014年に結成された ダンスボーカルグループです。 今回はそんな ランページについて 調べてみましたので よろしければお付き合いください。 ランページってどんなグループ?• ランページのメンバーそれぞれのプロフィールは?• <ボーカル>• RIKUさん• 川村壱馬さん• 吉野北人さん• <パフォーマー>• LIKIYAさん• 陣さん• 神谷健太さん• 与那嶺瑠唯さん• 山本彰吾さん• 岩谷翔吾さん• 浦川翔平さん• 藤原樹さん• 武知海青さん• 長谷川慎さん• 龍さん• 鈴木昂秀さん• 後藤拓磨さん• ランページの人気1位のメンバーは一体誰なのか調査してみた! 目次• ランページってどんなグループ? 出典: さてそんなランページですが どんなグループなのか調べてみました。 ランページは 国民的ダンスボーカルグループである EXILEの弟グループの存在であり オーディション等を経て 現在のメンバーが選出されました。 そしてメンバーは総勢16名であり 中々の人数だったりします! また 結成が2014年だったこともあり もう既に何枚もCDを リリースしていたりするのかな?と 思う方もいらっしゃるかもしれませんが 実はメンバーが選出された後も 「武者修行」と称して 数々のライブを行っていました。 この期間はCDのリリースも行っておらず メジャーデビューもまだでした。 メジャーデビューしたのはなんと 2017年1月25日と ごくごく最近のことだったりします! 今は2017年1月30日なので まだ一週間も経っていないんですね。 今や大人気グループが 勢揃いのEXILE TRIBEの グループという事もあり かなり厳しく修行を させられていたのかもしれません。 EXILEは言わずもがな 三代目 J Soul Brothers GENERATIONS等 今ではEXILE TRIBEから 人気グループが どんどんと出てきていますし ランページも後に続くために 厳しい道のりを課せられたのかな なんてことを感じました。 ランページのメンバーのプロフィールは? さてそんなランページのメンバーの プロフィールを調べてみました。 まずはボーカル担当の方の プロフィールになります。 RIKU(リク) 出典:• 名前:RIKU(リク)• 本名:青山陸• 生年月日:1994年8月10日• 出身:埼玉県 ランページでボーカルを 担当しているRIKUさん。 ボーカル担当ということもあり 歌声も歌唱力も かなり素晴らしいですが EXILEが拓いているスクールである EXPGで特待生だったんだとか。 どうりで上手いわけです! もっと知りたい方はこちらもどうぞ! 川村壱馬(かわむら かずま) 出典:• 名前:川村壱馬(かわむら かずま)• 生年月日:1997年1月7日• 出身:大阪府 ランページでボーカルを 担当している川村さん。 また担当はボーカルですが ダンスもかなりの腕前だったりします。 また川村さんもRIKUさん同様 EXPGの特待生でした。 特技は空手とのことで スポーツもできたりと 才色兼備とはまさに こういうことを言うのでしょうね…。 …どれかひとつわけてほしい…。 と切実に思います(笑)。 ちなみにアーティストに なっていなかったら 特技の空手を生かして先生に なるつもりだったみたいです! もっと知りたい方はこちらもどうぞ! 次ページ:まだまだ続くメンバー紹介!&パフォーマー編も!.

次の

THE RAMPAGE アリーナツアー2020「RMPG」会場日程・グッズ・セトリ・レポ

ランページインスタライブ

いつも明るく、前向きなタフガイ。 20時丁度からスタートした生配信は、約25分間で述べ視聴者数73名を記録しました。 緩さ、親近感を大事にするために行ったインスタでの生配信。 初めての挑戦で緊張もありましたが、充実した時間を過ごすことができました。 また、色々と反省点が見えてきたので次に向けて修正します! 今回は主に 【 パラトライアスロンについて】 【 東京2020延期についてアスリートの想い】 の2点を聞きました。 この競技の注目ポイントとしては、『 各選手の工夫』であるという。 それぞれの選手が、介助者と協力して 介助者がいない場合もある 、スイムからバイク、バイクからランへとスムーズに切り替える。 各選手がどのような工夫をして、スムーズな切り替えをしているのかを見てみると、非常に面白い。 現在、新型コロナウイルスの影響で4月いっぱいのレースは全て中止・延期になっている。 その中でも彼は、バーチャルで世界中の様々な人と一緒に自転車トレーニングができるアプリを駆使し、室内でも練習を行っている。 スイムの練習ができていた施設が休館になり、スイム練習量は確かに減ってはいるが、その分「今できる事をやる」として、 片時もトレーニングを欠かさない。 今後は5月以降のレース、また来年の東京パラリンピックへ向けて調整をしていくという。 【 東京2020延期に対する梶くんの想い】 梶君は、「 個人的には延期して良かったと思っている」という。 理由としては 「選手たちは 応援してくれている人々がいるから頑張れる。 自分のパフォーマンスを見て喜んでくれる人や、 一緒に闘ってくれている人の存在が何より力になる。 だから、無観客試合は意味ない。 延期によって感染症が収束してから、全員フェアな状態で開催した方が良い。 」と想いを語ってくれた。 「この1年間はスケジュールの調整が大変になるかと思うが、 延期したからこそ選手達に注目が集まると思う。 コンディションを整えながら、 スポーツ以外の所でも価値を発揮できるように活動していきたい」と、この一年間の意気込みを話してくれた。 来年の東京2021はどんな大会になると思うかという問いに対しては、「これまでのストレスが全開放されて、選手たちの 全力が発揮される。 最高に面白い大会になるかもしれない」と笑顔を浮かべながら話してくれた。 おわりに 東京2020延期に対しての意見は様々だと思われるが、アスリート目線での意見を聞けたことは貴重であり、充実した時間であった。 この延期によって、アスリートへの注目が集まる。 選手も、サポートする僕たちも、この1年間は『 チャンス』であると感じている。 この期間でどれだけ選手を輝かせられるか。 スポーツ選手が競技をできない今、スポーツ以外の所でどんな事ができるか。 これについて、考えてみるのも面白い。 既に皆動き出している。 今後も、梶鉄輝くんとパラトライアスロンに注目していきたい。 皆さんも是非、鉄輝くんの応援宜しくお願いします。 instagram. facebook.

次の