天気の子 考察 神話。 【天気の子】ラストシーンネタバレ解説!なぜ最後にひなは助かったのか?

【考察】『天気の子』の「違和感」の正体は結局何だったのか? 心理学から解説してみる(ネタバレ有り)

天気の子 考察 神話

「遠くへ行きたい」お題「」 天気の子、DVDで観なおした。 このタイトルコールの雲が渦巻く絵、空に開いた穴って感じがとても好きだ。 異界、彼岸、隣り合う世界、近くて遠い世界へのゲートって感じがする。 空、という字がそもそも、穴と工の組み合わせでできてるしね。 工、は点と点を結ぶ線、どこかに繋がる道、トンネルみたいな意味だ。 久しぶりに観たけど、 高精細の映像、大量の情報をテーマソングにのせて流しこんでくるメソッドはすごく気持ちいい。 音楽PVみたいな、現代的な感性だ。 順を追って考える前に、言語や論理の左脳の情報処理が追いつく前に、 音楽で右脳を活性化させて、ギリギリ理解できるかできないかくらいのスピードで、 とにかくイメージを脳に流しこんじゃう感じっていうか?集中を要求されるんだよな。 サブリミナルまではいかないけど、それでもオーバフロー感があってイイ。 情報があふれてなにも考えられない、というのは快感なのだ。 これから梅雨っていう、蒸し暑さと雨の時期に見ると没入感もひとしお。 さて、天気の子についてはもう結構書けるだけ書いたって気もするんだけど、 なにか書かないとDVDを買った甲斐がないというものw そういえば、須賀の嫁で萌花の母、明日花が晴れ女だったのでは、という考察があるらしい。 陽菜と同じに日、太陽、晴れをあらわす字の入った名前だし、若くして亡くなったのは陽菜の母と一緒ではあり、どちらも死因の描写は濁されている。 萌花にも小さく日の字があり、雨に体調を左右されるあたり晴れ女の素質がありそうでコワイが。 が、 いやそれはどうなのか。 嫁が晴れ女だったとうすうす察してたうえで、人柱を容認する発言してたら須賀の性格が鬼畜すぎる気もする。 ただ、警察署から逃げた帆高の行き先、代々木の廃ビルをなんで須賀が知ってたのかはそれで説明がつく気もする。 嫁から、鳥居のことを聞いていたんだろうか、とか? いや、まあ、ムーの取材で怪しい噂には詳しいだろうから、天気の巫女と代々木の廃ビルの関連について心当たりがあっただけかもしれない。 陽菜が空に昇っていく夢をみて、夢の場所に見当がついたってことでも辻褄はあう。 それより、ホテルでバスローブから抜けるように消えた陽菜が、その後の場面でいつもの服に靴まで履いてたことの辻褄のほうが謎。 ホテルのドア前に長靴あるしなぁ。 どうなってんだ。 まぁいいけど。 で、代々木の廃ビルの鳥居には、精霊馬、キュウリの馬とナスの牛の瑞々しいやつが毎回お供えされているので、誰かが頻繁に訪れていることを思わせる。 お盆の時期、地獄の釜の蓋も開く時期、亡くなった人の魂を乗せて早く来てほしいから馬、ゆっくり帰ってほしいから牛、という彼岸と此岸を行き来する乗り物が精霊馬だ。 多分、あれが供えられてなかったり、萎びてたりしたら、帆高は彼岸に行けなかったんじゃないか? あれは地味だけど、彼岸へ渡る必須アイテムな気がする。 さす新海。 オカルト方面ぬかりなし。 雑草とかはほったらかしでも、あれだけはちゃんと手入れされているわけだ。 で、陽菜や陽菜の母のほかにもああいう鳥居をくぐった天気の巫女、人柱は複数いるんだろうな。 占いおばば(CVw)もガイアので晴れ女が生まれやすくなってるとか言ってたし、 東京を守る大量の人柱、とかいうムーの見出しもあった。 彼岸の空にいる水の魚たちが、今までの人柱達だったとしたら、関東周辺地域の800年分にしても相当の数だ。 ただ、陽菜の母は晴れ女の代償が衰弱からの病死のようなのに、 陽菜は体が透けて浮き上がり、生身ごと彼岸へしになって、 多くの人が同じ夢を見て、夏に雪が降る観測史上最大の異常気象が一気に晴れわたるという事象の大きさになったのはなんでかっていうと、 まあ、そりゃあんだけ派手に晴れ女ビジネスを展開すればそうなるわな。 凪センパイが「みんなお前のせいじゃんか!姉ちゃんを返せよ!」と仰るとおり、 帆高のプロデュースのせいですともww より多くの人々の想いを汲みあげ、彼岸と此岸を繋げれば繋げるほど、天と人をつなぐ細い糸は太くなり、効果も反動や代償もまた大きくなるというだけだ。 まぁ、あちらの存在に近づくとか、彼岸の存在に親しむこと自体はそんなに悲惨なことでもないけど。 他作品ならそれを目指すキャラもいるようなことで。 代償、代償かー。 やっぱり一人娘の体調と、知り合い程度の女の子の命を天秤にかけたら、 愛娘をとるっていう心情もあるのかもしれない。 たとえそれが愛妻を死においやったシステムでも、容認し、維持することに同意する、か…。 あまり須賀を嫌いになりたくないのだがw 「人柱ひとりで元のとおりに戻るってんなら歓迎だ。 てか皆そうだろ。 」 「誰かが何かの犠牲になってそれで回るのが社会ってもんだ。 損な役割を背負っちまう人間は必ずいるんだよ、普段は見えてないだけでさ」(小説版) そうだな。 それが、この世界の大人たちの態度だ。 過労死が出ようが自殺が出ようが、はなくならない。 途上国の安い労働力、非、格差を使って利潤を追求し、現場の福利厚生など知りもしない。 この社会でただ生活しているだけで、弱者を踏みつけにしていることに、同意しているに等しい。 誰も彼も、自分もだ。 陽菜の青い石の首飾りは、母の腕にあったものと同じもの、形見だ。 彼岸の空で、帆高の指輪は落ちたのに首の石は落ちなかったこと、 彼岸から帰ってきた鳥居で、首飾りが割れていること、 あの石は、晴れ女であることを示すアイテムで、陽菜の母も晴れ女だったとして、 じゃあ、帆高の「晴れ女と引き換えにこの空は晴れたんだ、皆なにも知らないで、こんなのってないよ」とか「皆なにも知らないで、知らないふりして!」 っていう、皆の利益の代償を引き受けてるのに知らん顔されて、自分の大事な人が失われる痛みの言葉は、 母を失った陽菜が、叫びたかった気持ちでもあるよな。 母の死後、陽菜は弟と二人で生活する、働いて炊事もして、母の役を果たそうとする。 「私たち誰にも迷惑かけてません!」「私たち、 ばらばらにされちゃう。 」 児相にも警察にも頼ろうとしない。 大人に助けを求めない。 大人をまったく信じていない。 児相がくるなら夜逃げも辞さない、断固拒否の姿勢だ。 なんだってそんなに頑なに、大人に心を開かないのかとも思ってたけど、 それは多分、皆の利益の犠牲になって死ぬ母を、誰も助けてはくれなかったのを見たからだ。 皆の利益には、陽菜と凪、子どもたちの利益も含まれている。 子どもの衣食住を整えて、学校に行かせて、習い事をさせるために、 母親がひとりでどれだけ頑張らなくてはいけなかったのか、陽菜は見ただろう。 母の代わりに弟を養おうという、中学生には荷の重い決意をしたのは、 自分が暮らしていくために母を犠牲にしてしまったという、自責と贖罪の気持ちもあってのことかもしれない。 そして、凪と支えあって一年暮らして、 晴れ女ビジネスで、尽くした人に笑顔になってもらう嬉しい気持ちを知った。 陽菜は、母親業と晴れ女、母のしたことをして、 帆高は、母を失った陽菜の気持ちをしている。 母の気持ちを身を以て知った陽菜と、 陽菜の気持ちを身を以て知った帆高だったから、 「自分のために願って」 は彼岸から人柱を連れ戻す、力ある言葉になったのかもなあ。 心が、認識の深さが、言葉に力を与えるんだ。 帆高の答えは、きっと陽菜が母親に言ってあげたかった答えでもある。 「ただ、もう一度あの人に会いたいんだ」これもそうか。 陽菜の願いでもある。 彼岸の空で、陽菜は水の魚になった母と会えたのかもしれない。 迎え火をまたいで、帆高が来るまであの場所で母に守ってもらっていたのかもしれない。 帆高が彼岸から人柱を連れ帰ると、雲と竜、800年分溜め込んでた雨が3年かけて降ってくるので、晴れ女システムは一度ご破算になったと思われる。 陽菜以外の天気の巫女たちも、空と繋がる力を失ったのだろうか? それとも、また誰かが代償を払って利益を得る旧体制を繰り返すのだろうか? もう、誰の犠牲にもならなくていいことに、 誰のせいにもしなくていいことに、気がつけるかどうかだ。 自分より弱い誰かにツケを押しつけて楽をして、 辛いこと苦しいことは自分より強い何かのせいにする、 他責の世界でうわべだけの繁栄を繰り返すより、 雨の降り続く世界でも、疫病のはびこる世界でもいい、 自分のために願って、自分の心で決めた、 その結果の世界を引き受けて、生きていたいんだ。 ・・・・、 さて、解釈も五本目となると、やや強引な感じが否めなくもなくもなかったな・・・。 今後DVD周回して気がついたことがあったら、余程でないかぎりこの記事に追記で済まそうと思う。 今までの記事のなかでは、手錠の意味がムスビで座標だと解釈できた2本目と、 日本神話の照応を読み解けた4本目が書いていて面白かった。 はい早速追記。 最近こちらのブログ がんべあの「ブレない」キャター&ストーリーの作り方、で キャターには表の顔と裏の顔があるっていうテーマをずっとやってるんだけど、 それで帆高の性格に合点がいった。 助けてもらったお礼に食事をふるまったり、 未成年に酒をすすめる大人をたしなめ、ジュースに取り換えたり、 訪問先に手土産を用意したり、 バイクに乗るときは非常時でも必ずヘルメットを着用したり、 誰に言われなくてもルールを守る、律儀な性格の、無害そうな少年の見た目通りの表の顔と、 衝動的に家出して、 衝動的に拾った銃をカバンに突っ込んで、 衝動的にその銃をぶっぱなし、 衝動的に警察から脱走してチャリをパクろうとする、 で危険な性格の、裏の顔の帆高がいるんだ。 その二面性があるから、 会いたいあまりに800年モノのシステムをぶっ壊して、想い人をあの世から奪還するのに、 そこから一変して3年も全然まったく陽菜と連絡とってない、なんてことになるんだ。 保護観察期間だからと律儀に自粛して、ルールを破ったこと、世界を変えたことを律儀に反省してたんだろうね。 3年も! …、その性格、ヒくわ〜。 殉教者とテロリストが同居してる危わ~。 ないわ~。 分析でいうと、1完璧主義者と6堅実家の裏表・・・か?? そこはまったく自信ないけど、がんべあさんありがとうございました。 追記 がんべあさんによると、 4芸術家と9調停者の裏表っぽいとのこと。 律儀なイイ子のペルソナ帆高と、のシャドー帆高がいて、 状況によってどちらかが対処してるんだっていう。 まあ、ちょっと心理学上の本来の意味と違うけどなw 更に追記、 廃ビル屋上の鳥居、雑草は手入れされてないのに、 毎回キュウリの馬とナスの牛の精霊馬がみずみずしくお供えされてて、 それはなんでかっていうと、精霊馬は彼岸へ渡る乗り物だから、アレがないと帆高は空の上に行けないんだ、と書き足してて思いついた。 「あの煙に乗って、あの人は向こう岸から帰ってくるんだよ」立花富美おばあちゃんのセリフと迎え火の煙もそうか。 煙も地上と空、彼岸と此岸を繋ぐ通路になり得るのか。 なるほど。 廃ビルで帆高が空に向けて一発、銃を撃った。 銃を撃てば、硝煙が上がる。 その煙を辿って、帆高は彼岸へ行けたわけでもあるな。 鳥居をくぐった次の瞬間、空の上にワープしてるのは突飛な場面転換のようで、 鳥居が出入りする扉で、煙が道で、精霊馬に乗っていける。 さりげない舞台装置、伏線があるんだなぁ。 煙が地上から上空への通路なら、 雲間から差す光、光の水溜りのようだと言われたエンジェルラダーは、上空から地上への通路だなー。 陽菜が冒頭で彼岸の空へジャンプするときも、扉、通路、乗り物の条件が揃っている。 ムーを堂々と出してくるあたり、新海監督は相当オカルトに自信あるよな。 爽やかで切ない青春恋愛映画に、どうオカルトネタを潜ませてくるのか今後とも楽しみ。 いっそオカルト全振りの映画も見てみたいが、 はイマイチだったから、スパイス程度が新海監督の適量なんだろうな。 philia0.

次の

天気の子(映画)の魚の正体と意味は?水の塊が降る理由の考察とあらすじ(ネタバレ)は?

天気の子 考察 神話

インドで天気の子上映決定! 『 』2回目を見たら、大きく評価が上がって驚いた。 間違いなく傑作 初見の時は、バーニラバニラや君の名はズとかの強いサプライズがノイズになって、ストレートに本編を追えず、感情グラフのような心の動きにならなかった。 何度も見てる制作サイドは気付きにくい欠点かも。 2回目オススメです — すずき@コミケ michsuzu 『天気の子』5万人の署名に応え映画大国インドで公開決定 新海誠監督の映画『天気の子』(公開中)が、インドで公開されることが発表された。 ムンバイ、デリーをはじめとするインド全国20都市で、10月11日から予定されている(配給会社:Vkaao/興行会社:PVR Cinemas)。 日本のオリジナルアニメ映画としては、初の一般公開となる。 既に第44回トロント国際映画祭への出品が決定、さらに公開前から世界140の国と地域での配給が決定するなど世界中から注目されていたが、インドでの公開決定はちょっと特別。 そもそも、「ボリウッド」という言葉が生まれるほど、映画大国のインド。 しかし、大人が映画館でアニメを見る文化は無く、劇場でオリジナルアニメ映画が公開されることは極めて稀。 そんな中、インドで『君の名は。 』の人気が高まり、新海監督の熱心なファンも増え、今年の4月にインターネット上で『天気の子』のインド公開を求める署名活動が起こったのだ。 約5万人を超えるファンの署名が集まり、その声が新海監督本人や東宝の海外配給担当者、現地配給会社買い付け担当者の耳にも届き、署名活動に応える形で公開が決定した。 配給側も「これまでの日本映画と比較しても大きな公開になる可能性が十分ある」と期待感を高めているという。 新海監督は「インドで『天気の子』の劇場公開を求める署名キャンペーンが始まって以来、僕の元にもインドのアニメファンから多くのメッセージが寄せられてきました。 純粋さと熱量に圧倒され、『自分もインドでの上映を望んでいる、配給会社と話し合い進展があったら報告する』とファンの方々に伝えてきました。 ですので、ようやく約束を果たせたような思いです。 神話と映画の国インドで『天気の子』をどのように楽しんでいただけるのか、今からわくわくしています」とコメントを発表。 今月8日から公開がはじまった香港では、数々のハリウッド大作を抑え、公開初日の観客動員数1位を獲得。 この後も各国で続々と公開が予定されており、『天気の子』旋風は、世界で吹き荒れそうだ。

次の

【天気の子】伏線回収と小ネタ&トリビアまとめ!神話考察も

天気の子 考察 神話

書き手:ナガ 2016年に映画で一躍有名になった新海誠。 そんな彼の最新作 『天気の子』が7月19日より全国で公開されている。 大ヒットした作品の直後の作品ということもあり、このまま商業路線を突き進むのか、自身の作家性を重んじる方向に回帰するのかには筆者も注目していた。 鑑賞した今、はっきり言えるのは新海誠が選んだのは、後者だったということだ。 『天気の子』は新海監督らしい懐かしいファンタジー色を残している。 とりわけや彼のフィルモグラフィーの中でも比較的評価の低いに近い内容である。 前作『君の名は。 』では変電所を爆発させるなどのある種の「犯罪」を犯しながらも、あくまでファンタジーだからと済ませてしまうような側面があった。 その反動とも言える形で、今回はその真逆を追求しているのだ。 なぜファンタジーというジャンルを志向しながら、それとは相いれない現実的な障害を主人公の帆高に課すという手法を取ったのだろうか。 筆者はここにこそ今回新海監督が描こうとした何かがあると考えた。 これは学校や家族に嫌気が差した帆高が東京で1人途方に暮れている時に読んでいた小説だ。 『ライ麦畑でつかまえて』 白水Uブックス この作品はホールデンという主人公の少年が4つ目の学校を退学処分になった後に、3日間にわたってマンハッタンを放浪する物語である。 16歳のホールデンの大人の建前や欺瞞に対する反感と子供の無垢さと純粋さに対する信奉をテーマに据えた作品でもある。 学校や周囲の人間関係に嫌気が差して家出をしたという表面的なところだけを見ても、ホールデンの姿が『天気の子』の帆高に重なることは自明だろう。 ただ本作で新海監督が描こうとしたものを考えていくと、この『ライ麦畑でつかまえて』という小説はもっと深いところでリンクしているように思えるのだ。 RADWIMPSの歌う『天気の子』の挿入歌『愛にできることはまだあるかい』にはこんな歌詞が登場する。 「あきらめたものと賢いものだけが勝者の時代にどこで息を吸う」 (RADWINPS『愛にできることはまだあるかい』) この一節はまさに『ライ麦畑でつかまえて』のホールデンの心情にも対応しているように思える。 純粋無垢なファンタジーを信じているような子供は、建前と欺瞞を駆使する大人の世界に入ることができず、排除されてしまう。 社会はそんな者たちに救いの手を差しのべようとするほど優しくない。 つまり純粋無垢を信じることを止められず「社会=ライ麦畑」からドロップアウトしそうになる自分を助けて欲しいとホールデンは叫んでいるのだ。 『天気の子』における帆高もまさしくそうではないか。 学校や家族が嫌になり家出をした彼は東京で厳しい現実に直面する。 誰も手を差し伸べてくれない中で、誰かに何かに救って欲しいと叫んでいる。 東京の無機質な風景とそこに勢いよく降り注ぐ雨の風景は、そんな帆高の孤独を鮮明に浮かび上がらせる。 そんな時に手を差し伸べてくれた陽菜も同じく「はみ出し者」だった。 弟と2人暮らしで、学校にも通わずバイトに明け暮れる彼女は社会から振り落とされそうな存在だ。 もっと言うと、彼女は「天気を操る」という現実離れした力をもった存在だ。 帆高はそんな彼女に共鳴し、共に過ごすようになる。 雨が降り続く寒々とした東京の片隅で2人の「はみ出し者」はささやかな幸せを享受する。 しかし、彼女は突然彼の前から姿を消し、ファンタジーの世界に囚われてしまう。 そして帆高もまた警察の手によって囚われてしまう。 2人はファンタジーとリアルに引き裂かれるわけだ。 するとどうだろうか。 雨が降り続いた東京は、突然快晴へと転じていくではないか。 C 2019「天気の子」製作委員会 これではまるで「はみ出し者」をドロップアウトさせることで、社会は美しくなるのだと言わんばかりではないか。 私たちの「社会=ライ麦畑」はそういう「はみ出し者」を排除することで豊かさと均衡を保ってきたとでも言いたげなのである。 しかし、そこで新海監督は「キャッチャー・イン・ザ・ライ」になろうとするのだ。 彼は「セカイ」を犠牲にしてでも、その純粋な帆高という少年を「つかまえ」、全力で肯定することで、「社会=ライ麦畑」に居場所を与えてあげようとする。 大人たちはファンタジーを信じない。 それでも純粋にファンタジーを信じ、行動を起こそうとする帆高の姿が心を動かし、そして1人の少女を救う。 本作の終盤の3年が経過した世界で、主人公は18歳(世間で大人と呼ばれる歳)になっている。 周囲の大人はファンタジーを信じるのはやめて、現実を見ろ、理性的になれと彼に言う。 3年前に警察を制してまで彼の行動を後押しした須賀でさえもこんなセリフを告げている。 「妄想なんかしてねえで、現実を見ろよ現実を。 いいか、若い奴は勘違いしてるけど、自分の内側なんかだらだら眺めててもそこにはなんにもねえの。 大事なことは全部外側にあるの。 自分を見てねえで人を見ろよ。 」 (『天気の子』(角川文庫)) なるほど面白い。 社会に受け入れられるには、自分の外側にある他者から認められ、「受け入れられる」必要がある。 就活をするというのは、社会の枠組みに組み込まれ、「大人」になろうとするということだ。 つまり「大人」になるとは、自分の存在を外側から認められることであり、社会に「大丈夫だ」と認めてもらうことなのだ。 一方で、帆高は自分が世界を変えたという選択を肯定し、陽菜と生きる未来を改めて選択する。 彼は大人のリアルに染まらない。 他人がどうとか、大人はどうとかは関係ないのだ。 ただ今ここにいる自分と、目の前に陽菜がいることだけがこの世界の真実だと彼は知っている。 外側から認められなくとも2人は内側からこみあげてくる全力の「大丈夫」でお互いを受け入れ合うのだ。 『ライ麦畑でつかまえて』の終盤に、回転木馬に乗った妹のフィービーがぐるぐる回り続けるのを見て、ホールデンが「なんだかやみくもに幸福な気持ち」になり、そして声をあげて泣きだしそうになるという一幕がある。 この時ホールデンが感じていた思いは、まさに『天気の子』において帆高が陽菜に再会したあの瞬間に感じた思いに重なるだろう。 回転木馬が意味するのはある種の永続性であり、そこに乗るフィービーが意味するのは、不変の純真さと無垢さでもある。 帆高は世界がどれだけ変わっても、変わらずにそこにいてくれた陽菜の姿に「幸福」な気持ちになり、思わず涙が止まらなくなるのである。 きっと彼らはお互いがお互いの「キャッチャー・イン・ザ・ライ」になれたのだ。 私たちの社会は、今どんどんと「弱者」を見て見ぬふりをし、切り捨てる方向へと進んでいるように思える。 1人の「弱者」を切り捨てることで世界を救えるのなら、それでいいではないかと大人は平気で口にする。 少数を切って大多数を救うという大人の「リアル」は合理的であり、きっと正しい。 全員を「幸せ」にするなんてファンタジーは現実味に欠けるのだ。 しかし、そんな時代だからこそ世界を犠牲にして愛するたった1人を救うなんていうあまりにも純粋で子供染みた「ファンタジー」があっても良いじゃないかと私は思うのだ。 愛に世界を変える力はない。 それでも愛には1人の少女を救う力がある。 こんな時代にも「愛などというファンタジー」にまだできることがあったのだと、新海誠監督は『天気の子』という作品を通じて教えてくれているような気がした。

次の