足 の だるさ むくみ。 【最新】むくみを解消する食べ物ベスト5!即効性のある食材もまとめました

【ふくらはぎがだるい】オフィスや自宅で簡単にできる足の疲れ解消法|JGS

足 の だるさ むくみ

座りっぱなしで仕事をした後、足がだるく、むくみを感じるという女性の方は非常に多いです。 今回は足がだるく、むくみを感じるメカニズムについて書いていきます。 女性の方必見です。 デスクワークなのに足がだるい デスクワークをしている女性に多いのが、仕事終わってからの足のだるさやむくみです。 長距離を歩く訳でないデスクワークで、足がだるくなるイメージを持っている方は少ないと思いますが、 実はむくみが発生しやすいのです。 ここからデスクワークで足がだるくなる原因について迫っていきます。 座りっぱなしで足がだるくなる原因とは? デスクワークは座りっぱなしになりますが、座りっぱなしになると「筋肉を長時間動かさない」状態が続きます。 この状態が続くと 血行が悪くなり、だるさやむくみを発生させてしまうのです。 足の筋肉は第2の心臓とも言われていて、動かすことで弛緩と収縮を繰り返してポンプの役割をしていて、血液を循環させているのです。 しかし 座りっぱなしで筋肉が動かない状態が長時間続くと、このポンプ機能の役割も低下し血液の循環が滞ります。 そのため、心臓から遠い足はだるさやむくみが発生してしまうのです。 特に女性は男性よりも筋肉が少ない、かつハイヒールを履くとふくらはぎの筋肉が上手く使えないのでだるさやむくみが発生しやすいのです。 座りっぱなしのだるさは、下肢静脈瘤の危険性あり 座りっぱなしで足のだるさやむくみが起きていて、それをケアしないで放置しているとだるさやむくみが何回も発生するようになります。 さらに発生した場合 治りにくく、肌トラブルが起きることもあります。 このような症状が起こる場合 「下肢静脈瘤」の可能性があります。 下肢静脈瘤についてはこちらの記事を参考にして下さいね。 関連記事 : 下肢静脈瘤は放置すればするほど悪化し、ひどい場合は合併症として脂肪皮膚硬化症やそれに伴い潰瘍が出来ることもあり完治が困難になります。 座りっぱなしでも大丈夫!足のだるさ対策&解消法 長時間座りっぱなしだからこそ、足がだるくならないために対策が必要になります。 ここでは座りっぱなしの際の足のだるさやむくみ対策、解消法を書いていきます。 そこで、階段を使用するときは小走りで上り下りしたり、離席する業務を積極的に行ったり、お昼休憩には外出してランチにいくなど足を使うことを意識しましょう。 歩くときは歩幅は大きく、キビキビと歩き足裏全体を使って歩きましょう。 また背筋を伸ばし、腹筋を意識して目線を上にあげるのも足を使って歩くポイントです。 足先をしっかり温めるために、厚めの靴下や、ストッキング、サンダルではなく靴を履いてしっかりと温めましょう。 また家にいるときも靴下やルームシューズを履くようにしましょう。 また足湯で足先を温めるのも効果があります。 ここでは3つ紹介していきます。 1.ふくらはぎストレッチ 足をゆっくり上げ下げする動作は、筋肉ポンプ作用をサポートしむくみ対策・改善に効果を発揮します。 椅子に座り、靴は脱ぎつま先を真っ直ぐに伸ばす• 10秒をかけてゆっくりと片足を上げる• 膝の高さまで上げたら、膝はまっすぐ伸ばしたままでつま先を上にむけて、5秒キープする• つま先を上に向けたまま10秒かけてゆっくり足を下ろす• 足を変えて繰り返す 以上になります。 休憩時間や隙間時間を見つけて、ぜひ行ってみて下さいね。 2.足首回し 足首を回すことは、血行を促進してむくみを改善することが出来ます。 座りながら出来るので、ぜひ実践してみて下さいね。 つま先を床につけて、かかと立ちになる• 足をぐるぐると回す 以上、2つのステップになります。 ぐるぐる回すときに、かかとを常に浮かせるのがポイントです。 3.足首ストレッチ ふくらはぎとすねの筋肉を伸ばしたり縮めることは、簡単にむくみを解消できます。 足首ストレッチは、いつでもどこでも簡単に行うことが出来ます。 足を浮かせて真っ直ぐに伸ばす• つま先を手前に引き寄せるように力を入れる、これを5秒キープ• その後つま先を伸ばすように力をいれ、5秒キープ• この動作を3回ずつ繰り返す いつでもどこでも簡単にできるので、ぜひ試してみてください。 ポイントは、つま先を引き寄せるときに、ふくらはぎに突っ張る感じがあればうまくストレッチが出来ている証拠です。 また芯まで温まるので 冷え対策にもなり、むくみの解消に効果を発揮します。 さらに関節や筋肉を休ませる効果があるので、 足全体のあらゆる症状を改善することが可能です。 さらに好きな香りを使用すれば、ストレス解消にも効果を発揮するので体もリフレッシュ出来ます。 自転車こぎストレッチは、足を高く上げて、自転車をこぐように足を回すので、足のポンプ作用をサポートしたり、下に溜まっている血液を心臓に流す作用があります。 仰向けになり両足を天井にあげる• 腰に手を当てて自転車をこぐように大きく回す 以上になります。 血圧が高い方や、頭痛、腰痛がある方、生理中の方はエクササイズは控えて下さい。 まとめ 今回は座りっぱなしでなぜ足がだるくなったり、むくむのかについて見てきました。 デスクワークをしている女性の方は特に注意が必要ということが分かりましたね。 席を離れ足の筋肉を使ったり、机の下で足首のストレッチをしてだるさやむくみを解消したり対策をしましょう。 帰宅したら入浴をして足のケアをしてあげることも大切です。

次の

「足がだるくて眠れない…」そんなときの対処法を女医に聞いてみた!

足 の だるさ むくみ

生活習慣が乱れると自律神経の乱れなどにつながり、むくみを引き起こす原因となることがあるといわれています。 足のむくみの原因となる、生活習慣の乱れの具体例は以下になります。 日頃運動を取り入れていないと筋力が低下し、むくみを引き起こしやすくなると言われているのです。 また、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていると、ふくらはぎなどの筋肉のポンプ機能がうまく使われないことで、足がむくみやすくなることがあるようです。 ホルモンバランスが変化することで、むくみを引き起こすこともあります。 特に女性は生理前に女性ホルモンの分泌が増えることで、むくみを感じやすくなると言われています。 また、妊娠中も同様、ホルモンバランスの影響でむくみやすくなると言われています。 他にもストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れ、むくみにつながることもあるようです。 足 脚 のむくみの対策|マッサージ 足のむくみを取るのに一番手軽で、すぐにできる方法はマッサージだといわれています。 「足のむくみを取る方法は知りたいけれど、あまり時間や手間をかけたくない…。 ・アーモンドオイル トロっとしたテクスチャーで、伸びが良いオイルです。 ・ ココナッツの香りがフワッと香る、心もはずむオイルです。 マッサージオイルを使用することで皮膚の摩擦も少なくなり、フットケアをすることもできるので、美容のためにも使用してマッサージを行いましょう。 リンパ節を押すことで、足にたまっている水分や老廃物を流すための蛇口をひねった状態にすることができるといわれています。 老廃物や水分の出口を作ってあげることで、むくみをやわらげる準備ができるようです。 足の裏を両手で包み、ゆっくりと足の裏全体をほぐします。 左右各30秒ずつ行いましょう。 足ツボマッサージのように足裏を押すのではなく、足裏全体をほぐすようなイメージで行ってください。 足にはたっぷりとマッサージオイルをなじませ、肌の摩擦を起こさないようにしましょう。 足のむくみで骨がわかりづらい場合は、足の指の位置にそって行いましょう。 手をグーにしてマッサージをするため、どうしても力が入りやすいので「さする」ようにマッサージを行うことを意識してください。 ふくらはぎをもみ込むようにマッサージをするのではなく、さするようにおこないましょう。 両手で膝を包み、両手の親指を膝裏にあてるようにして行いましょう。 膝上から太ももの付け根 そ径リンパ節 までやさしくさすりましょう。 足のむくみを取る方法としてのリンパマッサージは以上の行程で終了になります。 次に、もっと時間がない方への簡易的な足のむくみを取る方法を2つご紹介します。 手足をあげてブラブラ体操をしましょう。 10分も時間が取れない、少しでもいいから簡単に足のむくみを取りたい!という方におすすめの体操です。 まず、ベッドや床に横たわり、手足を天井に向けて上げます。 手足を上げた状態のまま、手足を1分間ぶらぶらとさせます。 この体操をするだけでも、少しむくみがスッキリしたと感じる方も多いそうですよ。 開脚ストレッチを行って、縮まった筋肉を伸ばしてあげましょう。

次の

足のむくみを取る3つの方法!原因&解消法を一挙公開!?

足 の だるさ むくみ

足が重苦しく、鈍い痛みが襲う… そんな足のだるさを経験したことがある女性も多いのではないでしょうか? 足のだるさは様々な原因によって引き起こされますが、 ひどいむくみがだるさにつながることもあるんです。 【目次】 ・ ・ 【足がだるい】これって病気? 足は歩行などにより日常生活の中で酷使される部位です。 また、重力の影響で足には心臓から送り出された血液が停滞しやすく 健康な人であってもむくみを引き起こすことも少なくありません。 負担が過剰にかかると足のだるさを引き起こし、重苦しい痛みのために睡眠が妨げられたり、身体全体に倦怠感を覚えることもあります。 c Shutterstock. com 足のむくみの原因はその生活習慣にアリ! 足のむくみの多くは 運動不足や塩分の摂りすぎ、長時間の立位や座位などの生活習慣が関与しています。 しかし、中には思わぬ病気が背景にある場合もあるので注意しましょう。 足のだるさはよく見られる症状であるため、軽く考えられがちですが、 放っておくと極めて危険なだるさもあるため次のような項目に当てはまる場合にはできるだけ早く病院を受診するようにしましょう。 足のだるさ。 こんな症状のときは要注意! 熱をもっている場合 足のだるさと共に 足全体に熱を持っている場合は、激しい運動などによる筋肉痛の他にも「 蜂窩織炎」という重症な感染症の可能性があります。 「 蜂窩織炎」とは皮膚やそのすぐ下に存在する組織内に細菌が入り込んで炎症を引き起こす病気です。 足の先などにできた小傷から細菌が侵入すると考えられていますが、 健康な人が発症するのはごくまれです。 しかし、女性の場合は フットネイルなどでできた傷や靴擦れなどが元となって、疲れが溜まった時や生理中など免疫力が低下しがちになると発症することがあります。 片足のみに熱を帯びだるさがある、発熱、悪寒などの症状は「 蜂窩織炎」のサインです。 悪化すると敗血症に進行して命に関わることもありますので注意しましょう。 痛みがある場合 ぶつけた・ひねったなど痛みを生じる原因がないにも関わらず、ふくらはぎなどの限られた一部分に痛みと強いだるさがある場合には、「 深部静脈血栓症」が疑われます。 「 深部静脈血栓症」とは、血の塊がふくらはぎなどの深層部にある血管に詰まる病気のことです。 「 エコノミークラス症候群」とも呼ばれており、水分不足と長時間同じ姿勢でいることで発症リスクが高くなります。 このため、 乾燥しがちなオフィスでデスクワークを黙々とこなす女性は発症する可能性のある病気なのです。 c Shutterstock. com 片足のみにだるさと痛みがある、ふくらはぎが腫れて変色している、などの症状は 「深部静脈血栓症」のサインかもしれません。 ふくらはぎの血管内にできた血栓が血流にのって肺に流れると肺塞栓を引き起こし、最悪の場合に死に至ることもありますので注意しましょう。 夏は知らず知らずの内に脱水になっていることもありますので、こまめな水分補給とストレッチなどを心がけることが大切です。 また、その他にも 腰椎椎間板ヘルニアや糖尿病などでも足に痛みを伴うだるさを引き起こすことがあります。 いずれにせよ、痛みが強い足のだるさは何らかの病気が潜んでいる可能性がありますので、病院で相談することをおススメします。 【足がだるい】即効性のあるマッサージ法って? 上で述べたような病気が原因の場合を除いて、多くは 日常生活上の悪習慣などが足のだるさの主な原因です。 このため、病院を受診しなくても適切な対処を行えば自然にだるさは解消していくことがほとんどです。 足のだるさへの対処法 ふくらはぎのマッサージ 足のだるさを解消するのに最もおすすめなのが セルフマッサージです。 やり方は簡単! お風呂上りなど 身体が温まっている時にふくらはぎを下から上に押し上げるようにやや強めに撫でるだけで効果があります。 そもそも足のだるさの原因となるむくみは、足に余分な水分が溜まってしまうことによって引き起こされます。 c Shutterstock. com このため、足に停滞した余分な水分を押し上げるようなイメージで行えばよいのです。 ただし、「 蜂窩織炎」や「 深部静脈血栓症」などの場合にはマッサージをすることで症状が悪化することがありますので、痛みや熱を持っている時は自己判断でマッサージをするのは控えましょう。 足を高くする マッサージと同じく、足に溜まった余分な水分の流れを良くするには、足を高くして座ったり、寝たりするのも効果的です。 自宅にいるときは座っている時でも足を下におろさず、ソファーやクッションなどに足を上げておくと良いでしょう。 また、睡眠中は足元にクッションや丸めた毛布などを置いておくようにしましょう。 湿布は効果ある? 湿布は足のだるさへの対処法としてはおすすめできません。 確かに湿布は、含有されるサリチル酸などの作用によって皮膚表面の温度を下げるため、ひんやりして心地よく一時的にはだるさが改善するようにも思えます。 しかし、皮膚表面の温度を下げることで、血管収縮が促されて血行が悪化し、結果としてむくみがひどくなることが考えられます。 湿布を利用する場合は温湿布を選ぶようにしましょう。

次の