証明 写真 アプリ。 綺麗な「証明写真」を自宅で撮るアプリ&コツ。就活やアルバイトの履歴書に

【2020年】10社から比較した証明写真アプリ無料おすすめランキングTOP5!

証明 写真 アプリ

証明写真を安く作りたい! スーパーなどに設置されている証明写真撮影機を何度か使ったことがあるのですが、あれは時間制限がありますよね。 自分が思うような写真が来る前に制限時間が来てしまい、思うような写真が取れなかったことってありませんか? 私は何度かあります。 「出来れば時間を思う存分使って自分が納得いく証明写真を取りたい!」 って証明写真を取るたびに思うのは私だけではないはず。 これ以外にもスーパーなどにおいてある証明写真撮影機には、 ・値段が高い ・画像が保存できない といった、ちょっと残念ところが少なからず…。 そこで本日は、証明写真をスマホ android やiPhoneで自撮りしてコンビニで印刷する方法を紹介します。 かかる費用ですが、 ・アプリのダウンロード 0円 ・写真の印刷 セブンイレブン 30円 とわずか「 30円」で証明写真がとれますので試してみる価値はあるのではないでしょうか? 本日の記事内容は• 今回使った証明写真のアプリはこれ• 証明写真アプリの使い方• コンビニでの印刷は?• まとめ 早速使い方をわかりやすく紹介しますね。 証明写真アプリの使い方 まず、アプリを起動すると最初の画面はこんな感じです。 ・撮影する ・アルバムから選ぶ と、2種類あります。 スマホやiPhoneに履歴書用の証明写真が保存されているのであれば、「アルバムから選ぶ」で このアプリを使って証明写真用のサイズにすることができます。 今回は、「撮影する」を選んで実際に撮影してみました。 最初の画面から「撮影する」をタップすると、 こんな感じで、赤い枠がスマホ android やiPhoneの画面に出てきます。 この中に自分の顔を納めればいいので、わかりやすいですね。 また、 ・時間をかけてもいい ・何度でも取り直すことが出来る といったことも、スマホ android やiPhoneで証明写真を撮る大きなメリットだと思います。 出来上がった写真がこちら。 こんな感じで取った写真を証明写真用にサイズを加工してくれます。 次に、これをコンビニで印刷するのですが、印刷のやり方はコンビニによって違いますので、コンビニごとに紹介します。 ということで、履歴書用の証明写真が出来上がりました。 確認のため、サイズをはかってみたのですが、縦4. 2cmと、若干大きかったです。 今回は、アプリの説明のため、ぬいぐるみを使って作業台の上で撮影してみましたが、証明写真に使うということで、実際にはいろいろと気をつけなければならないことがあります。 箇条書きでまとめてみると スマホで証明写真を取る時に気をつけること7つ 1 スーツが基本 2 ワックスをつけ過ぎない 男性 3 前髪は目にかからないように 4 明るいところで 5 カメラレンズは目線よりも少し上 6 表情は軽く 7 背景は白など コンビニでの印刷は? コンビニでスマホ android やiPnoneに保存されている写真や画像を印刷する方法は、各コンビニによって違いますので、それぞれ紹介していきますね。 ・アプリを使って写真をプリントする方法 ・店内Wi-Fiを使って写真を印刷する方法 ・アプリを使ってセブンイレブンで写真をプリントする方法 アプリを使ってセブンイレブンで写真や画像を印刷する方法です。 やり方は、 1 アプリでファイルをアップロード 2 暗証番号がとどく 3 セブンイレブンで暗証番号を入力 となります。 まずはメリットですが、 ・気に入るまで時間制限なく写真を取り直せる ・コンビニ印刷なので料金が安い ・取った写真をデータとして保存できる といったことがあげられます。 とくにスーパーなどに設置してある「証明写真撮影機」でしょう証明写真を撮影した場合、700円ほどかかりますので、わずか30円ですむのはありがたいですね。 そしてデメリットですが、「サイズが一種類しかない」こと。 これはちょっと残念です。 ということで他のアプリを試してみました。 こちらのアプリで証明写真を作った場合、こんな感じになります。 色々なサイズの証明写真用の写真が印刷できますので、場合によってはこちらののアプリのほうがいいかもしれません。 ですが履歴書の証明写真の場合は、サイズ 4x3cm が決まっていますので「 複数の履歴書に証明写真を貼る」なんて場合は、同じサイズの写真を量産する必要がありますので、はじめに紹介したアプリのほうがいいですね。 ちなみに、各証明写真のサイズですが、 種類 サイズ 縦x横 cm 履歴書 3x4 マイナンバー 4. 5x3. 5 パスポート 4. 5x3. 5 自動車免許 3x2. 4 雇用保険受託申請 3x2. 5 となっています。 免許やパスポートなどは一度使ったらしばらくは利用しないと思いますので、やはり一番使うのは履歴書ではないでしょうか? 追記 「 アプリで証明写真を取ろうとすると、どうしても背景が…」 と、部屋の壁が白い壁であれば一番いいのですが、 ・壁に模様が入っていたり ・壁に影が写ってしまったり ・壁が白ではなかったり といった感じで証明写真に写る背景で悩んでいるほとも多いと思います。 最近では背景を好きな色に出来るアプリもありますので、証明写真の背景で悩んでいるのであればそういったアプリを使ってみてください。 本日の記事は以上です。 最後までお付き合い頂きありがとうございます。

次の

おすすめ証明写真アプリ11選!背景加工・パスポート【iPhone・Android】

証明 写真 アプリ

2月になりましたのでマイナンバーの通知はもう皆さまのお手元に届いているかと思います。 もちろん私の手元にも無事到着いたしました! 実は私、運転免許証なるものを持っていないため、この日本では身分証明が大変困難となって来ています。 先日までは全然流行らなかった住基カードを握りしめていたのですが引っ越しとともに剥奪され、今は顔写真付きの身分証明書を一切持っていないので安易な気持ちでクラブへなんて行けなくなってしまいました…。。 でも私がこの神アプリに出会ったのは就活中の時でした。 絶対に前髪で目が隠れてしまうようなことのないようお願いします。 また顔の輪郭が隠れてしまうのもNGです。 アクセサリーについて ピアスやイヤリングの記載はないのでどうやらOKのようですが証明写真ですので大きなものは避けた方が良さそうです。 逆にメガネの方が厳しくなっていますので注意してください。 ・フレームが目にかかってはいけない。 ・目や顔を覆う面積が大きい太いフレームはNG。 ・照明が眼鏡に反射してはいけない。 またサングラスももちろんNGです。 その他に ・帽子や幅の広いヘアバンド等により頭部が隠れてはいけない。 ・顔や頭の輪郭が隠れるような髪飾り、装飾品等はつけてはいけない。 ・顔の器官が隠れるマスクなどの装飾品等をつけてはいけない。 というものがあります。 コンタクトレンズ(カラコン)について カラーコンタクトの使用についての記載はないため問題ないようですが【瞳がフラッシュ等により赤くなってしまう】のはNGとなっているため証明写真ですし激しいものは避けた方が良いでしょう。 服装について 原則、顔の一部が隠れてしまうのは服装はNGです。 顔の輪郭がしっかりわかるような服を選んでください。 背景について 背景は無地でないといけないのでできる限り白い背景になるように白い壁の前などで撮りましょう! カーテンなどの柄ものや椅子など背景に入ることのないようお願いします。 また照明の位置なども考えて影も入ることのないようお願いします。 少し細かいですが審査に引っかからないように注意してから撮影に挑んでください! 履歴書カメラの使い方! アプリ【履歴書カメラ】のダウンロードと撮影にあたっての注意点の確認ができましたらカメラアプリ【履歴書カメラ】の使用方法について説明して行きたいと思います! まずははアプリ【履歴書カメラ】を起動して【撮影する】を押してください。 手順1.撮影する 画面のピンクのラインに顔が合うようにしてください。 丸のラインよりも上下のラインを気にするようにしてください。 上のラインに髪を含めた頭のてっぺんが来るように合わせ、下のラインに顎の先が合うように合わせてください。 また中心を示す点線に鼻の中心、唇の中心を合わせて顔が真っ直ぐになるようにしてください。 撮影する時の姿勢とスマホの位置についてですが画像のようになるべく平行になるように気をつけてください。 顎を引くことも忘れずに! 画面を見て顔の位置が決まったら、シャッターを切る際の目線は画面ではなくスマホの内側についてる【カメラ(レンズ)】を見るようにしてください。 画面を見たままシャッターを切ってしまうと目線が画面に行っているため若干ですがズレてしまいます。 以上のことを気をつけて真ん中にある【カメラアイコン】を押してシャッターを切って撮影をしてください。 手順2.写真を選択する 撮影するとこの画面になります。 再度撮影をしたい場合は同じく下部の【もっと撮る】を押して撮影画面へ戻ってください。 まずは肌の補正を行ってください。 何も補正をかけない【ノーマル】・【清潔感】・【健康的】・【華やか】から選択してください。 手順4.くま消しを行う 写真下赤枠内の【くま消し】ボタンを押すとくまを消すことができる補正画面になります。 手順5.写真サイズを選択する 最後に写真のサイズ選択をします。 ここで間違えますとマイナンバーの個人番号カード用証明写真ではなくなってしまうのでとても重要な選択です。 ) 間違いなく選択できたら【保存する】を押して写真を保存してください。 ここへ来て写真を変更したいと思ったら【戻る】を押せば1つ前の画面(補正画面)へ戻ることが可能です。 手順6.保存された写真を確認する 保存された写真はスマホの【写真】の中に保存されています。 ちゃんとサイズが間違っていないか保存されているかを確認しておきましょう! 画像のように2枚の写真が保存されているはずです。 1コンビニなどで印刷する用の4枚が1枚になっている写真• 21枚の大きい写真 【印刷用】の写真の上部には【写真サイズ】の記載があります。 必ずここを見て写真サイズの確認をしてください。 【大きい1枚の写真】の方はスマホもしくはパソコンからの申請に使用する写真データです。 次の記事でスマホからの申請方法を載せるのでその時に必要となります。 注意点は多いけど自宅で簡単に撮れる優れものアプリ!! いかがだったでしょうか? いくつか証明写真のアプリはありますがこの【履歴書カメラ】はわかりやすくきちんと補正機能もついているので綺麗に撮れますしかなり有能だと思います! マイナンバーの個人番号カード用の証明写真のために取得するのはもちろん、他の証明写真にも使えますのでこのアプリは1台に1つ入っているととても便利なのではないかと思います! マイナンバーの個人番号カードの証明写真は10年使用できるそうなので、細かい注意をしっかり守って素敵な証明写真をご自身の手で撮影してみてはいかがでしょうか? 次回はマイナンバーの個人番号カードをスマホで申請するやり方をお教えしたいと思います!.

次の

Ki

証明 写真 アプリ

こんにちは。 白石ふくです。 就職のための履歴書やパスポートの準備など、証明写真が必要になる場面って、誰しもありますよね。 そんな時、あわてて駅などにある証明写真を撮影するための機械まで走る方も多いのでは。 規定サイズの写真をサクッと撮影できるのはいいのですが、意外と金額がかかる上にあまり写りのよい写真にならないことも多いですよね。 そこでおすすめなのが、スマホのアプリで証明写真を撮影する方法です。 アプリを使用すれば、コンビニなどで印刷するための料金のみで済む上に、納得のいく写りになるまで何回でも撮り直せます。 今回は、無料で証明写真を撮影できる優秀アプリ5選をご紹介します。 プロのカメラマンに撮影したもらったような写真に仕上げることもできるので、証明写真が必要な方はぜひチェックしてみてくださいね! 「美肌証明写真」 こちらは、iPhoneで使用できる証明写真アプリです。 アプリ名のとおり美肌加工ができるので、多少肌荒れがあってもきれいな写真に仕上がります。 とは言え、とてもナチュラルな仕上がりですので、いかにも「加工しました!」とはならないのもうれしいポイントです。 アプリ内で写真を撮影する際はガイドラインが表示されますので、頭とあごの位置をあわせて撮影しましょう。 撮影後はサイズを決めてコンビニや自宅のコピー機などで「L版写真用紙」にフチなし印刷をすれば、証明写真のできあがりです! 入手方法 「証明写真アプリ」 こちらは、Androidのスマートフォンで使用できる証明写真アプリです。 シンプルなインターフェイスなので、シミやソバカスなどを消す加工も簡単です。 サイズについては、サイズが違う写真をまとめて1枚にして印刷することができます。 そのため、複数サイズの証明写真が必要な場合も印刷代など無駄にすることもありません。 できるだけ簡単に証明写真を用意したい!という方におすすめです。 入手方法 「履歴書カメラ」 こちらは、証明写真だけではなく履歴書まで用意できる優秀アプリです。 アプリを使用して証明写真を用意したら、その写真が入っている履歴書を作成することができます。 履歴書に記入しなければならない項目をアプリ内で入力すれば、B4の履歴書が完成します。 履歴書を購入して用意することを考えると、アプリを使用する方が費用対効果が高いと言えるでしょう。 肝心の証明写真は、もちろん美肌補正やクマ消し機能などが搭載されています。 ナチュラルで透明感のある仕上がりになりますので、写真写りが気になる方にもおすすめです。 入手方法 「証明写真BOX」 こちらは、iPhoneで使用できる証明写真アプリです。 顔と背景を自動認識するため、背景を変えることができます。 そのため、どうしても白背景にできる壁がない!というときでも大丈夫。 シンプルな操作感ですが肌色補正機能ももちろん搭載されていますので、iPhoneユーザーの方でとにかくできるだけ簡単に証明写真を用意したい!という方におすすめです。 入手方法 「EZビューティーパスポート写真、IDフォトメーカー」 こちらは、Androidのスマートフォンで使用できる証明写真アプリです。 撮影した写真の背景を自動で切り取る機能が搭載されていますので、「証明写真BOX」と同様、自宅などで白背景にできる壁などがない場合に重宝します。 スタジオで撮影したかのような単色のブルーやグレーの背景を選択することができますので、免許証などの証明写真としても使用できます。 入手方法 まとめ 証明写真を撮影するための機械がすぐに見つかればいいですが、そこにでもあるわけではないですよね。 また、証明写真の機械で写真を撮影すると納得いくまで撮り直す、というのは難しくなります。 そこで今回ご紹介したスマホアプリを使用すれば、いつでもどこでも、納得のいく証明写真を、周りの目を気にすることなく撮影することができます。 証明写真とはいえ、ばっちりキメた写真を使いたいも。 ご紹介したアプリはどれも無料で使用できますので、時間のあるときに試しておくといざというときにも便利ですよ! 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2019. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の