虎穴 に いら ずん ば 虎 児 を 得 ず 意味。 四字熟語一覧表

ことわざ一覧検索

虎穴 に いら ずん ば 虎 児 を 得 ず 意味

基本事項 [ ] 文の種類 [ ] 漢文は元来、中国の文章である。 また、現代のように句読点やカッコのルールがあったわけではないので、後世の日本人研究者たちが読みやすくするために句読点などをつけたものが「漢文」として紹介されていることにも注意。 さて、漢字しか書かれていない正真正銘の漢文を 白文(はくぶん)という。 この白文に 訓点 送り仮名・返り点(レ点や一二点や上下点など)。 カッコや句読点も含める場合がある を書き入れ、日本の文語文に読みかえる方法を 訓読(くんどく)という。 そして、訓読にしたがって読むとおりに仮名混じり文にした文を 書き下し文(かきくだしぶん)という。 なお、書き下し文を再び漢文 特に白文 にもどすことを復文という。 書き下し文の基本ルール [ ] 訓読では送り仮名は片仮名で書くが、書き下し文にするときは平仮名にする。 漢文中の自立語は漢字で書き、付属語 助動詞・助詞 は平仮名で書く。 また、再読文字は最初は漢字で、二度目は平仮名で書く。 例文 [ ]• 我読 レ ム書。 我不 レ知。 「我知ら 不」は不可。 我将 レ 二行 カント。 仮名と文法 [ ] 現代の日本の学校の漢文教育で使われている漢文の規則は、江戸時代の訓読法を元にして明治時代に整理されたものである このあたりの事情や歴史に興味があれば『精講 漢文』 前野直彬著・ちくま学芸文庫 などを読んでもいい。 そのためもあってか、学校の漢文では、漢文の発音では原則として歴史的仮名遣いを使い、文法も古典文法を用いる。 ただし、いくつか古文では用いない、漢文独特の表現 いわゆる「漢文訓読体」ないし「漢文口調」 があるので注意したい。 以下、箇条書きで示す。 それぞれの活用に関してはを参照のこと。 また、句法に関するものもここでは省略する。 死す 古文ではナ行変格活用 ナ変 動詞「死ぬ」だが、漢文では「死す」と書く。 これは名詞「死」+サ行変格活用 サ変 動詞「す」の複合語である。 したがって、活用はサ変となる。 来 き たり 古文ではカ行変格活用 カ変 動詞「来 く 」だが、この連用形「き」+完了・存続の助動詞「たり」の複合語「来たり」として扱う。 この「たり」の活用はラ行変格活用 ラ変 型なので、「来たり」もラ変型の活用を行う。 そのため、本活用で用いるのは連用形と終止形「ず」のみであり 未然形は後述 、それ以外の活用形はすべて補助活用のみを用いる。 「ず 不 んば」「べ 可 くんば」「無くんば」 古典文法では仮定を表すときには「未然形+ば」となる。 したがって古文ならば「ずば」「べくば」「無くば」となるが、漢文では間に「ん」を入れて「ずんば」「べくんば」「無くんば」と書く。 「べ 可 からず」「べけんや」 古文では可能の助動詞「べし」の打ち消しは不可能の助動詞「まじ」を用いるが、漢文では「べし」+「ず」の「べからず」を用いる。 また、反語の終助詞「や 乎 」を接続させる場合には特殊な形である「べけんや」とする。 例文 [ ]• 餓 ヱテ死 二 ス於首陽山 一 ニ。 餓えて首陽山で死んだ。 今日臣来 タリ。 今日、わたくしは来ました。 不 レ ンバ入 二 ラ虎穴 一 ニ、不 レ得 二虎子 一 ヲ。 虎のいる穴に入らなければ、虎の子は得られない。 危険を冒さなければ成果は得られない• 民無 レ クンバ信不 レ立 タ。 人々が政府を信用しなければ国家は成り立たない。 匹夫 モ不 レ ル可 レ カラ奪 レ フ志 ヲ也。 身分の低い者であっても志を奪ってはならない。 可 レ ケン謂 レ フ孝 ト乎。 孝と言えるだろうか、いや言えない。 返り点 [ ] 中学校では レ点と 一・二点を学んだ。 まず、それらを復習する。 そして、新しく登場する 上・中・下点とハイフンをここで解説する。 なお、めったに出ないが、上下点をつけた句を中にはさんで上に返って読む 甲・乙点、さらに返り点が必要なときに使う天・地・人点というのもある。 甲・乙点の混ざった文は2002年度大学入試センター試験の本試験でも出題されたことがあるので気をつけたい。 返り点の基本ルール [ ] 後述する文型とも関連することだが、返り点を打つ場所はルールがあることを知っておこう。 目的語を示す「~ヲ」、補語を示す「~ニ」「~ト」「~ヨリ」の送り仮名のつく文字には原則として返り点が付く。 「ヲニト会ったらそこヨリ返れ 鬼とあったらそこより返れ 」と覚えるとよい。 返読文字・再読文字がある場合。 現代の返り点も、あくまで日本人が読みやすくするために、明治維新の以降の国語(日本語)教育で制度化されたものである。 だから、返り点の位置を暗記する必要は無い。 漢文の書き下し文の文意のほうを覚えるべきである。 また、「~なり」「~あらば」「~ずんば」などの書き下し文の送り仮名も、定期試験対策でなければ細かな言い回しの暗記は不要である。 レ点 [ ] 下の字からすぐ上の字に帰るときに用いる。 したがって、下の文は「山に登る」と読む。 一・二点 [ ] 二字以上へだてて上に返って読むときに使う。 下の文は「我書を学ぶ」と読む。 なお、高校では三点が登場することもあるので、それも見てみよう。 この文は「士は以て弘毅ならざるべからず 訳・道を志す者は心が広く意志が強くなくてはならない 」と読む。 上・中・下点 [ ] 一・二点をつけた句を中にはさんで上に返って読むときに使う。 上点・中点・下点の順に読む。 これは「児孫の為に美田を買はず 訳・子孫の為によい田んぼを買わない 」と読む。 甲・乙点 [ ] 上・下点を付けた句を中にはさんで上に返って読むときに使う。 または、例文のように上・下点では返り点が足りないときにも使われる。 甲点・乙点・丙点・丁点の順に読む。 この文は「此を観れば仏典の全くは誣ひずして、小説稗官も亦た全くは虚構より出でざるを知る 訳・この話から、仏典の全てがでたらめということはなく、噂や世間話のようなちょっとした話や位の低い役人 が集めたような話 の全てが虚構として生まれたわけではないことがわかる。 」と書き下す。 ハイフン [ ] ハイフンは厳密には返り点ではないが、返り点とセットで使われるのでここでまとめて解説する。 レ点以外の返り点について熟語のように扱う。 「是れ百獣の走る所以なり 訳・これが多くのケモノが逃げた理由である 」と読む。 基本文型 [ ] 多くの参考書にも掲載されているため、ここでもとりあげるが漢文の文型を暗記する必要は無い。 あくまで漢文の構造をつかむ手がかり程度のものとしておきたい。 全くの余談だが、漢文の文型を「英語と似ている」と訳知り顔で解説した参考書があれば、それを買うのは止めた方がよい。 そういう参考書は大抵ド素人が作った、全編にわたっていい加減な内容のことが多い。 右から「雨降る」「春去り、夏来たる」「曹操 人名 は乱世の奸雄なり」とよむ。 基本文に目的語 ~を をつけたもの。 目的語は体言とそれに順ずるもののみで、場所は述語の後が原則だが、疑問代名詞が目的語になる場合は語順が逆になる。 補語になれるのは体言とそれに準ずるもののみである。 右から「我山に登る」「彼将軍と為る」「知は武より貴し」と書く。 ただし、省略することもある。 右から「我花を上野に観る」「人彼を奇才と謂ふ」「沛公 人物 樊噲 人名 を軍門より招く」と書く。 これは「項王 人物 樊噲に酒を賜ふ」と書き下す。

次の

人間万事塞翁が馬

虎穴 に いら ずん ば 虎 児 を 得 ず 意味

基本事項 [ ] 文の種類 [ ] 漢文は元来、中国の文章である。 また、現代のように句読点やカッコのルールがあったわけではないので、後世の日本人研究者たちが読みやすくするために句読点などをつけたものが「漢文」として紹介されていることにも注意。 さて、漢字しか書かれていない正真正銘の漢文を 白文(はくぶん)という。 この白文に 訓点 送り仮名・返り点(レ点や一二点や上下点など)。 カッコや句読点も含める場合がある を書き入れ、日本の文語文に読みかえる方法を 訓読(くんどく)という。 そして、訓読にしたがって読むとおりに仮名混じり文にした文を 書き下し文(かきくだしぶん)という。 なお、書き下し文を再び漢文 特に白文 にもどすことを復文という。 書き下し文の基本ルール [ ] 訓読では送り仮名は片仮名で書くが、書き下し文にするときは平仮名にする。 漢文中の自立語は漢字で書き、付属語 助動詞・助詞 は平仮名で書く。 また、再読文字は最初は漢字で、二度目は平仮名で書く。 例文 [ ]• 我読 レ ム書。 我不 レ知。 「我知ら 不」は不可。 我将 レ 二行 カント。 仮名と文法 [ ] 現代の日本の学校の漢文教育で使われている漢文の規則は、江戸時代の訓読法を元にして明治時代に整理されたものである このあたりの事情や歴史に興味があれば『精講 漢文』 前野直彬著・ちくま学芸文庫 などを読んでもいい。 そのためもあってか、学校の漢文では、漢文の発音では原則として歴史的仮名遣いを使い、文法も古典文法を用いる。 ただし、いくつか古文では用いない、漢文独特の表現 いわゆる「漢文訓読体」ないし「漢文口調」 があるので注意したい。 以下、箇条書きで示す。 それぞれの活用に関してはを参照のこと。 また、句法に関するものもここでは省略する。 死す 古文ではナ行変格活用 ナ変 動詞「死ぬ」だが、漢文では「死す」と書く。 これは名詞「死」+サ行変格活用 サ変 動詞「す」の複合語である。 したがって、活用はサ変となる。 来 き たり 古文ではカ行変格活用 カ変 動詞「来 く 」だが、この連用形「き」+完了・存続の助動詞「たり」の複合語「来たり」として扱う。 この「たり」の活用はラ行変格活用 ラ変 型なので、「来たり」もラ変型の活用を行う。 そのため、本活用で用いるのは連用形と終止形「ず」のみであり 未然形は後述 、それ以外の活用形はすべて補助活用のみを用いる。 「ず 不 んば」「べ 可 くんば」「無くんば」 古典文法では仮定を表すときには「未然形+ば」となる。 したがって古文ならば「ずば」「べくば」「無くば」となるが、漢文では間に「ん」を入れて「ずんば」「べくんば」「無くんば」と書く。 「べ 可 からず」「べけんや」 古文では可能の助動詞「べし」の打ち消しは不可能の助動詞「まじ」を用いるが、漢文では「べし」+「ず」の「べからず」を用いる。 また、反語の終助詞「や 乎 」を接続させる場合には特殊な形である「べけんや」とする。 例文 [ ]• 餓 ヱテ死 二 ス於首陽山 一 ニ。 餓えて首陽山で死んだ。 今日臣来 タリ。 今日、わたくしは来ました。 不 レ ンバ入 二 ラ虎穴 一 ニ、不 レ得 二虎子 一 ヲ。 虎のいる穴に入らなければ、虎の子は得られない。 危険を冒さなければ成果は得られない• 民無 レ クンバ信不 レ立 タ。 人々が政府を信用しなければ国家は成り立たない。 匹夫 モ不 レ ル可 レ カラ奪 レ フ志 ヲ也。 身分の低い者であっても志を奪ってはならない。 可 レ ケン謂 レ フ孝 ト乎。 孝と言えるだろうか、いや言えない。 返り点 [ ] 中学校では レ点と 一・二点を学んだ。 まず、それらを復習する。 そして、新しく登場する 上・中・下点とハイフンをここで解説する。 なお、めったに出ないが、上下点をつけた句を中にはさんで上に返って読む 甲・乙点、さらに返り点が必要なときに使う天・地・人点というのもある。 甲・乙点の混ざった文は2002年度大学入試センター試験の本試験でも出題されたことがあるので気をつけたい。 返り点の基本ルール [ ] 後述する文型とも関連することだが、返り点を打つ場所はルールがあることを知っておこう。 目的語を示す「~ヲ」、補語を示す「~ニ」「~ト」「~ヨリ」の送り仮名のつく文字には原則として返り点が付く。 「ヲニト会ったらそこヨリ返れ 鬼とあったらそこより返れ 」と覚えるとよい。 返読文字・再読文字がある場合。 現代の返り点も、あくまで日本人が読みやすくするために、明治維新の以降の国語(日本語)教育で制度化されたものである。 だから、返り点の位置を暗記する必要は無い。 漢文の書き下し文の文意のほうを覚えるべきである。 また、「~なり」「~あらば」「~ずんば」などの書き下し文の送り仮名も、定期試験対策でなければ細かな言い回しの暗記は不要である。 レ点 [ ] 下の字からすぐ上の字に帰るときに用いる。 したがって、下の文は「山に登る」と読む。 一・二点 [ ] 二字以上へだてて上に返って読むときに使う。 下の文は「我書を学ぶ」と読む。 なお、高校では三点が登場することもあるので、それも見てみよう。 この文は「士は以て弘毅ならざるべからず 訳・道を志す者は心が広く意志が強くなくてはならない 」と読む。 上・中・下点 [ ] 一・二点をつけた句を中にはさんで上に返って読むときに使う。 上点・中点・下点の順に読む。 これは「児孫の為に美田を買はず 訳・子孫の為によい田んぼを買わない 」と読む。 甲・乙点 [ ] 上・下点を付けた句を中にはさんで上に返って読むときに使う。 または、例文のように上・下点では返り点が足りないときにも使われる。 甲点・乙点・丙点・丁点の順に読む。 この文は「此を観れば仏典の全くは誣ひずして、小説稗官も亦た全くは虚構より出でざるを知る 訳・この話から、仏典の全てがでたらめということはなく、噂や世間話のようなちょっとした話や位の低い役人 が集めたような話 の全てが虚構として生まれたわけではないことがわかる。 」と書き下す。 ハイフン [ ] ハイフンは厳密には返り点ではないが、返り点とセットで使われるのでここでまとめて解説する。 レ点以外の返り点について熟語のように扱う。 「是れ百獣の走る所以なり 訳・これが多くのケモノが逃げた理由である 」と読む。 基本文型 [ ] 多くの参考書にも掲載されているため、ここでもとりあげるが漢文の文型を暗記する必要は無い。 あくまで漢文の構造をつかむ手がかり程度のものとしておきたい。 全くの余談だが、漢文の文型を「英語と似ている」と訳知り顔で解説した参考書があれば、それを買うのは止めた方がよい。 そういう参考書は大抵ド素人が作った、全編にわたっていい加減な内容のことが多い。 右から「雨降る」「春去り、夏来たる」「曹操 人名 は乱世の奸雄なり」とよむ。 基本文に目的語 ~を をつけたもの。 目的語は体言とそれに順ずるもののみで、場所は述語の後が原則だが、疑問代名詞が目的語になる場合は語順が逆になる。 補語になれるのは体言とそれに準ずるもののみである。 右から「我山に登る」「彼将軍と為る」「知は武より貴し」と書く。 ただし、省略することもある。 右から「我花を上野に観る」「人彼を奇才と謂ふ」「沛公 人物 樊噲 人名 を軍門より招く」と書く。 これは「項王 人物 樊噲に酒を賜ふ」と書き下す。

次の

フランス語動詞活用ドリル虎の穴

虎穴 に いら ずん ば 虎 児 を 得 ず 意味

EPUB, 65. 危険を冒さずに大きな成果が得ら れることはない、という意味ですが、何事もチャレンジ、 跨陪せず、にやってみることが大切です。 フランス語学習での悩みのひとつが動詞の活用。 ど うしてこんなに複雑怪奇な変化をするのだろう、意味 わからん! と言いたくなる気持ちもよくわかります。 そんなとき、頭で考えていると悩みは深くなるばかり ですので、手を動かして、活用を身につけてしまいま しょう。 ネット上には「活用虎の穴」「フラ動」「フラ活J など動 詞活用の学習に特化した素敵なサイトがあります。 一方、 本書『フランス語動詞活用ドリル虎の穴』は、それらの 特色を備えた上、電池切れや停電などのリスクに強い、 いわば神アプリ、いや紙アプリ。 適当な紙を挟んで、答えを書 くこともできるので、汚れることも減ることもなく何 度も使えます。 さあ、プチトラ君と一緒に覚えるコツを身につけな カ宝ら、活用マスターにチャレンジしてください。 2018年4月 著 者 2 本書の使い方 解説ページで活用形のっくり方、覚え方をチェック! 法・時制ごとに 認が分かれてい ます。 各課の最 初に、活用形の っ くり方をパター ンごとに分類し て解説するペー ジがあります。 Vのついた中央の 点線の箇所で山折りして、折りこむと、 解答が隠れるようになっています。 、 『 ー ピ ー 、 ー i : ,. 』 ,. : :. - ・ 四 ・ 一 ・ 一 一 ・ ー = ,. て :. ページを反対側 こめくれば解答が見えるので、サ l ッと答え合わせができます。 ときおりプチトラ君がつぶやく ヒントも、要チェックです。 ・ ・ ・. … ・口2 1 3不規則動詞 i r動詞(不規則形) ………………一口 24 a l l e r ,f a i r e. d i r e…. 口 39 H H 複合過去 |過去分詞の形と助動詞の使い分け 6過去分詞... 合t r e. … ・・. ・ ・. … ・ 口 77 H 14全パターン総合練習.. ,,, , …. f a i r e. d i r e… … …. ・ ・. ・ ・.. …口 117 s a 接続法現在 |活用形のっくり方.... ・・ …. ,1 2 1 H H v o i r ,e t r e. …・… …………... H コラム | 単純時制と複合時制 … … … … ・ ・65 半過去の「半」って?. ・ ・. … ・ 83 H 「 j 去」つてなんだろう. : ;. との本がいらな, (. な る ま で 、 練習しよう。 ・装丁・本文デザイン:古屋真樹(志岐デザイン事務所) 6 1 1! ,:rt耐 a v o i rは英語の have、e t r eは英語の beに相当し、基本的であると同 時に大変重要。 I l 7 直説法陽極l l [ e n 鵬 首 〕 不定詞の昔話尾が e rで終わる動詞の活用は下の表のようにとても規則的。 フランス語ではこの型の動詞が最も多い。 艦盟国 の部分間幹といい、 e r動詞の語幹は不変。 ・ フランス語では er動詞に次いで二、不定詞の語尾が i rで終わる型の f J 詞が多しミ 0 l 「動詞の語幹は不変。 る(不規則形の i 規則形の i r 動詞が基本なので、不規則形の i r 動詞を覚え ておき、それ以外が規則形の i r動詞になる、と考えた方がよい。 これら以外の動詞はすべて eだけと 覚えて おこ う r i ,d e r i a ,f e r t e モZである。 ontになるの は 3人称複数の主語 に対応する 語尾がー eだけ と覚えておこ う。 これ ら以外の動詞 はす r i a ,f r e l l. a e r t ,e r i o v a entである。 語尾は類型化できる。 複数人称の語幹の変化に注意。 c o n n a T t r e は 、 t の前の i は1 となる。 a ppele川e t e rとその派生形の動詞がこのタ イプ。 appeleにj e t e rとその派生形以外は この タイプ。 :醐繍在 苛 官 [滋初動旬 a v ol r ,岳he ]. 圃 m罰照服酒量圃園田園孟孟 島国掴副Q l 凋踊偏周回 口a v o i r v o u s v o u sa v e z ロavoir. v o u se t e s e l l ea! n0us・ sommes nous 口a v o i r Ii l s i l so n t 口a v o i r Il i I l a. 17 n 骨頂悶岡田盟国田副圃樫担面軍麗霊園堕贋割緬圃圃副 百周轟園調闘雇副臨盟 隅掴帽 盟 lchante i 口chanter eaime t l e 口剖mer e l l e 口regarder les l e 口 ec。 r e t u o c 口e e l l e e t u o c ee l l e r e t n a !h : : 口< u t s e t n a h c ・ u t r e t n a h 口c e j e t n a h ec j r e d r a g e 口r s t i t n e d r a g e sr l i 20 |滋I 直説法現在. u s ・ i o t i e i s s e z i l s i l sc h o i s i s s e n t 口g『a A d i r t u t u. nousc r i e b 口o s l i t n e s s i e b so l i r i n i 口f e l l e. t i n i ef l l e r i s i o h 口c s e l l e t n e s s i s i o h sc e l l e r i n i 口f e j。 r i d n a r 口g! jefinis t i d n a r ig :l ロobeir s u o v z e s s i e b o s・ u o v r i g u o 口r nous s n o s s i g u o nousr r i s s u e 口r e l l e t 創 出i er l l e. r i n i 口f。 r i s 口ch i t i n i if l s u o v z e s s i s i o h sc u o ;v i. sis j l lnouschoisissons r i s s u e 口r t 主i s u e ir l r i d n a r 口g s u o v r i g! s o f t i r. vous 口p a r t i r e l l e s e l l e sp a r t e n t 口s: e n t i r vous vous. sent ez. 口dormir l l id o r t ロteriir t u t u t i e n s 口s e r v i r e l l e e l l es e r t 口。 仔r i r n0us a n s. nouso仔r 口dormir i e j ed o r s 口s. e n t i r i l s i l ss e n t e n t 口v e n i r e l l e e l l ev i e n t 口 p ;! 24 | 場j 語幹も語尾も少し複雑。 I t 血盟関巴由磁彊圏直醜泊町識語喜重富語彊溢踊 口v e n i r e l l e s e l l e sv i e n n e n t 口s o r t i r el e e l l eSOR 口d o r m i r J e j ed o r s 口s e r ' l t i r i l s i l ss e n t e n t 口s e r v i r v o u s v o u ss e r v e z 口t e n i r n o u s. 25 必開時 州 qI. 齢司園田園・副』圃圃圃 i 回国回目圃・園田聖塑里里町. u J : l t ltuCl! E e r i 口d nous s n o s i nousd e r i a 口f l i t i a if l r e t l 口a u t s a uv t e r i 口d s l i t n e s i sd l i e r i a 口f e l l e t i a ef l l e r e l l 口a es l l e vont! elles, e r i 口d vous s e t i vousd e r i a 口f e j r e l l 口a nous s n o l l nousa 口dire u t s i ud t e r i a 口f e j! '-'• l 弘容 :B削 1 [! i 28 喧 可 園田園凶胞田町園田園噛園田園祖国田園陸舗園田醐闘 a iv r e t l 口a i l e r i a 口f VO,US e r i 口d nous s n o s i nousd r e i l 口p l. t s a uv t e r i a 口f s t i t n o sf l i e r i 口d e l l e t i ed l l e r e l 口aI s e l l e t n o sv e l l e e r i a 口f e j e r i 口d 加 s i ud t r e l 口aI vous z e l l 、a vous e r i a 口f s l i t n o sf l i e r i 口d e l l e t i ed l l e r e l l 口a e j e r i a 口f n0us e r i 口d s u o v r e l l 口a l i a iv l e r i a 口f s e l l e t n o sf e l l e 口9ire・ l l t s i ud t e r i 口d nous s n o s i nousd r e H. 口a s l i t n o sv l i s e t i a. l O V z e y o sv u o v [voir コ r i s s u e 口r s n o n e st u o n ltuchantes s n Q l l a :nous, t i s s u e er l l je e l l e t i r e i Iv L r i n e 口v t n so l i r i o v 口a s l i r i o v a 口s s u o n s vn a :nouss e r i a 口f e j s i a ef [j r i j i v e 口d S U Q. v0usdevez ・ . 園園田副島両国 ー ー 園 田 甑i! 繍 盟 副 繭 口j e t e r l ij e t t e 口r o u g i r t u t ur o u g i s 口剖mer i l s i l sa i m e n t 口r e n d r e e l l e s e U e sr e n q e n t 口e tr e j e j es u i s 口a v o i r e l l e e l l ea 口l i r e n o u s nousl i s o n s 口vu l o if V O. U S sv o 1 :. p 0 t 1 V. Q i r j e J epeux 口r a p p e l e r t u t ur a p p e l l e s 口, v 9 i r n u s nousv o y o n s 口ac he v e r v o u s v o u sa c h e v e z 口r e u s s i r i l s l l sr e u s s i s s e n t。 口s o r t i r ロヒ onna i t r e l is o r t e l l e s e l l e sc o n n a , i s s e n t 口d i r e 口s a v o i r l id i t j e 1. s a 1 s 4 1 岩出 J. , ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 酒・ 話髭. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 圃・ 神・ 田峰 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 圃・ 島 ・脇 ・ ・ ・ ・ E l t n e t i b a sh l i r e t i 口hab s l i e 口rendr e j r i o v e 口d u t 口acheter nous r i 口o行r e l l e e r f f eo l l e r l n e 口t i t n e i it e r i 口d s e l l e t n e s i sd e l l e r e v e h c 口a VOUS r i o v e c e 口r s l i t n e v i o ; ; m 「 』l aF r a n c 台 彼らはフ?シス巨向け " " f 出発、 し た。 l e v 佳品 s i xt i e t : i 陀s. 私(女性)は 6時 (; :起き(t r z. ea v ecs o nd 1 l e l " l. 彼は犬と散療をレ7。 乙 l l s・ s es on ts e「 v i sd邑ど註to r d l n a t e u r. 彼らはこの コンビュータを使った。 g r a n d i s s i e z 口a v o i r e l l e s e l l e sa v a i e n t 口d e v e n i r s nu nousd e v e n i o n s。 口f a i r e 口:! t h. d e v o i r l l id e v C! i t 口d e v e n i r e l l e s e l l e sd e v e n a i e n t 口。 tudescendais 口s el e v e r i l s i l ss el e v a i e n t l l e s 口s , eSOUV! t l l. J lllllllllllllllllllllllllllllllllllll l:: l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ll l l l Jl J コラム @ 半過去の「半」って? フランス語を習 い始めたと きは、半過去が何を表 している のか を理解するのがなかなか難しいかも知れない。 「時間カメラ」というのがあったとしよう。 例えば、ポールは昨 日の夜 10時にカラオケで歌っていて、その瞬間をカシャツと織 影した状態が半過去で表される状態なのだ。 過去の時点において、 三 完了していない半ばの行為を表すので、半過去という。 e ixheur d ra i o rs e i th i a t n a h lc u a P 、 ポールは歌を歌っていた。 昨日の夜 10時 ?れに対して複合過去は現在から見てすでに完了 した行為を表す。 = し、わば過去を見る 「時間望遠鏡」みたいなものと考え るとよ い. e i r a eaucinemaavecM l l sa i u es j. r e i H。 昨日、マリーと 一緒に映画に行った 思い出アルバム jのよう 土過去は過去の習慣も表すが、これは 「 tものだ。 r esoi el f a nssouventauc o i l l Nousa 私たちは夕方によくカフ ェに行ったものだ。 、 下の例 力詞表現に対応す る日本語が「ていた」となっていて も 三 2 t「一晩中」のような、現在の時点から見 i u an outel 〉ように、 t こ過去の行為を示すような副詞がついていれば、複合過去にな hことに注意しよう。 ポールは一晩中歌っていた。 t u ,v o u s. nousなどの 主詩人称代名詞はっ けない。 r e t s e 口r s u o v z e t s e r r i o 口v s u o n s n o y o v e r d n e r 口p s u o n s n o n e r p。 o 口f S J ;! O n s n o s i a f r i o v a 口s s u o n s n o h c a s descends e 性u r d n e c s e 口d s n o d n e t t a e r d n e t t 口a s u o n r 口ouvri u t e r v u。 r i r f f 口o u t e 何r。 87 口s e n t i r n o u s s e h t o n s 口r e n dr e v o u s r e n d e z 口v o i r n o u s v o y o n s 口e n t e n d r e t u e n t e n d s 口a t t e n d r e t u a t t e n d s 口r e c e v o i r VOUS r e c e v e z 口a v o i r VOUS a y e z 口副mer t u aime 口d e v e n i r t u d e v i e n s 口f i n i r n o u s f i n i s s o n s 口m e t t r e n o u s m e t t o n s 口o b e i r t u o b e i s 口. o f f r i r n o u s。 口l i r e VOUS l i s e z 口a l l e r n o u s a l l o n s 口t e n i r t u t ie n s ロprendre n o u s P陀 n o n s 口会t r e VOUS 口e c r i r e t u. f f r o n s isoyez ム e c r i s 88 ] e r t. e r i 直説法単純未来[ ayo・ 未来に実現するであろう事柄を表す。 語幹はやや複雑なのでこつこ。 明日 2 ion. t a t i v n ei r t o acontentdev r e ts \二ノ l 彼はあなたのお誘いに満足することでしょう。 d i r e 語幹はいずれ も不規則。 1 z e r e ss u o :v e r 合t 口 s u o v r vi 口a s l i t n o r u sa l i r i o v 口a e l l e a r u ea l l e r vi 口a s u o v z e r u sa u o v r i o v 口a s e l l e t n o r u sa e l l e e r t 口e u t s a r e us t r i o v 口a u t s a r u ua ;t。 a r e is l e r t 口e e r 口et e l l e r i o v 口a s e l l e a r e es l l e. j 93 t n o r u sa e l l e• u t us e r a s 口会t r e v o u s v o u ss e r e z 口a v o i r v o u s v o u sa u r e z. 94 .. l se t u d i e r o n t 口r e ga r d e r Ir e g a r d e r a 口p a r l e r t u t up a r l e r a s 口t r a v ai l l e r j e j et r a v a i l l e r a i 口donner n o u s n o u sd o n n e r o n s 口通cou t e r ". e l l e e l l eec o u t er a 口剖 m er v o u s v o u sa i m e r e z 口donner. 1 園田園田曲n 口etudier e l l e a r e i d u t ee l l e Dchanter s e l l e t n o r e t n a i l sc e l l e 口regarder u t ltu 口parter vous! r輔副圃磁極園田蝿llll'M副司圃圃絡調恒温陸軍扇画書 r i m r o 口d s e l l e t n o r i m r o sd e l l e r i t r a 口p nous s n o r l t r a sp u o n r i t r o 口s s l i t n o r i t r o ss l i r i n e v e 口d e l l e a r d n e i v e ed l l e r i d 口g旧 n e j i a r i d n a r eg j r i n i ロf s u o v z e r i n i sf u o v r i r f f 口o u t s a r i uo何r t r i n e 口v i l a r d n e i. f z e r i e b s0 u o v. jegrandirai 口o u v r i r 省( i lo u v r i r a 口r e u s s i r v o u s v o u sr e u s s i r e z ロpa此I r j e ' j epa代l r a i 口r e v e n i r n o u s n o u sr e v i e n d r o n s 口s e r v i r i l s i l s5 色刊i r o n t 口r o u g i r l ir o u g i悶 口r o b e i r e l l e e l l eo b e i r a 口v e n i r j e j ev i e n d r a i ロdormir e l l e s e l t e. sd0rmi r 0 n t 口c h o i s i r v o u s v o u sc h o i s i r e z 口g r a n d i r t u! j'obeirai 口t e n ' i r v o u s v o u st i e n d r e z 畠 100. u v r i r a 口d e v e n i r n o u s nousd e v i e n d r o n s 口r o u g i r v o u s v o u s ・ r o u g i r e z 口t e n i r j e 口t h o i s i r v o u s v o u sc h o i s i r e z 口d o r m i r e l l e e l l ed o r m i r a 日s e n t i r l i l is e n t f r a 口o f f r i r t u t uo f f r i r a s ロf i n i r V O. jegrandirai。 f r o n t e l l e s be! vouspartirez. nous s n e r e nousf e r i 口d s e l l e t n o r i sd e l l e r e l l 口a VOUS e r i a 口f u t s a r e uf t e r i 口d s l i t n o r l sd l i z e r s1 u o ;・ v a r ii l r e t l 口a e r i a 口f e l l e a r e ef l l e e r i 口d nous s n o r i nousd r e l l 口a e j r e l l 口a s l i t n o r si l i ロfaire J! l t s a r e tuf i旧i ' 1j. i r e vous v0usf e r e z 口d i r e t u t ud i r a s 口a l l e r e l l e s e l l e si r ont 口f a i r e l if e r a 口di r e vous vousd i r e z 口a l l e r i l s i l si r o n t 口f a i r e i l s i l sf e r o n t 口d i r e j e ロaller. e l l e・ e l l ei r a 口f a i r e t u t uf e r a s 口. a l l e r nous nousI r ons ljedirai J 』 104 ] 詞 動 : e ,r 詞 r動 i 単純未来係規則動詞 o idev悶 l r i o v e 口d e 抗r 口me nous s n o r t t e sm u o n ロrecevoir u t s a r v e c e ur t a r t T a n n o ec l l e e e r t T a n n e o l l 口c r i o v u o 口p。 i a r r ep u j e j e v dr n e c s e s u o 口d z e r d n e c s e sd u o v r i o v a 口s s t i t n o r u a ss t I e r d n e r 口p s e l l e t n o r d n e r sp e l l e e r d n e r 口. s vu. j 105 z e r d n e t t a s u o v |滋• i 7 0 1 Q r d n e t n ie l ・ 0 4鈷会直1 盟e 刷4 古 里 院瑠泊施踏蔓: r t. i i i f. j ec o n n a l t r a i i l s e r v i r a. s n o r t l a n n o nousc e nous r t T a n 口c n r e t i 口hab t n o r e t i b a sh e l l e s e l l e a r i t r o is l ' r i t i o 口s e r i a 口f u t s a r e uf t e r i r c 口e s l i : l n o r i r c se l i r i o v e c e 口r s u o v 1 r i d n a r g 口. i 1 1 2 強錨壷串. , L• 問司圃・園田園・圃・・・・圃・田芳歪冨圃圃圃・・・・・圃 園田園・回開園置圃園周園田園眠車 e r i a 口f i l a r e if t r i o v Da vous vousaurez 口pouvoir e l l e epourra l l e e 『 t 口e u t s a r e us t 口attendre s t i t n o r d n e t t sa l i r i o 口v nous s n o r r e n usv 口devoir e j i a r v e ed j 口reusslr es ' l l e t n o r i s s u e sr e l l e , e r i r c 口e u t s a r i r c ue t 口vouloir s t i svoudront t i 口prendre s l i sprendront t i e r i 口d nous s n o r i n usd r e l l i a v a r 口t e l l e a r e l l i a v a r et l l e。 t n o r v e c e sr e l l e. 語ろうとする事柄に対する、話し 手の心的態度を表現する文法的形式が「法jと言われる。 フラン ス語ではこれが動詞の形に表れる。 @直説法 事柄を事実としてありのまま伝える. 彼は彼女といて幸せだ。 e l l 韮 heureuxavece g l I (彼は彼女と一緒にいる。 彼は幸せである。 ) @条件法 非現実な仮定の下での、非現実な帰結を伝える. 彼は彼女といれば幸せなのに。 彼は幸せではない。 ) 一 @接続法 事柄 を事実であるかどうかの判断を加えずに伝える e. (「彼が彼女といて幸せであること」は、私の願望する事柄で あって、事実であるかどうかはポイントではない。 亡 2 J eyou dr a lsd l! Ipo i s s on. 魚料理をいただぎたいのですが。 l 116 法 習 練 合 総 ;条件法融 [ e r d n e r 口p s u o v r l o l u o v ロ. 7 1 1 同協欝. 藍語蝿耐但副面開闘 制調幅白酒憎隠語踊E 胸慨守}回国』別出幅佐謹語盤側面禄1 e t dr n e c s e 口d u s i a r d n e c s e ud t e 口rendr s. ia l lelleverrait s i a r d n e i v e ed ij r i o 口v e l l e r i n e v e 口d e j e r d n e r 口p s u o n s n o i r d n e r nousp 口aimer s l i t n e i a r e m i sa t i r i o v a 口s s e l l e t n e i a r u a ss e l t e r i o v u o Dp e l l e t! ellepour旧 i 血 118 . 蹴強 i t 電 下 ・・園田l湖沼担園田園町圃・晒凶Iii. , 1v ri r a i e n t e l l e 口d i r e e l l ev o u d r a i t l id i r a i t 口devoir j e j ed e v r a i s 口attendr e vous vousa t t e n d r i e z 口mettre i l sm e t t r a i e n t n us。 口 会t r e i l s i l ss e r a i e n t 口descehdre i l idescend. r a i t 口entendre vous vouse n t e n d r i e z ロsortir t u t uso代i r a i s 120 接続法現高[親則動調ほ制 接続法は名詞節、形容詞節、副詞節などの従属節で用いられる。 用 法は p115(コラム「法」つてなんだろう)を参照。 e t r eを除きすべての動詞に共通。 l l. t i o is l e r t 口e ロavoir s t i t n e i sa l i e r t 口e vous voussoyez ロavoir e l l e e r 口会t u t iellealt s i o us t。 t ls i 口etre r i o v 口a vous vousayez 口etre s l l t n e l o ss l i l 123•• S noussoyons 口a v o i r t u t ua i e s 口etre e l les e l l e ss o i e n t 口a v o i r nous nousayons 口avoir j e 口a v o i r vous vousayez 白 色t r e i l l is i t 口a v o i r e l l e s e l l e sa i e n t 口av0i r n0US nousayons 口a v o i r i l s i l sa i e n t ロetre j e 口e t r e e l l e e l l es o i t 口avoir e l l e e l l ea i t 口 会t r e i l s i l ss o i e n t 口a v o i r j e 口合t r e nous ロetre vous 1j ' a i e。 1j es o l s! j'aie noussoyons 1 vouss oyez 口a v o i r 口etre i la i t t u 1t us o i s i 1 2 4 ・ 倖 由 来謂 骨 0 制仰世保 留 J t のl ロetre s l.

次の