オカメインコ 鳥友。 ●主婦の友社刊「簡単!ふわふわボンボンマスコット80」作品提供しました

parrot paradise トップページ

オカメインコ 鳥友

オッケーオカメキャンプへようこそ!オカメインコの中身の人間が何者なのか、語ってみてもいいかな。 鳥好き、潔癖、几帳面、典型的なA型人間が人生どうでもよくなって世界一周の旅へ出発、帰国後キャンプにドハマり 文鳥が家族になったクリスマスの朝 姉がサンタクロースに手紙を書いた。 「サンタさん小鳥を飼いたいです」と。 朝起きると鳥かごに2羽の白文鳥がいた。 当時10歳だった私自身は何のおもちゃを頼んだのか記憶にすらない。 ごめん父よ。 今思えば、生き物を迎えることを両親はよく決断したものである。 クリスマスの日、白文鳥2羽が家族になった。 ピーコとピーちゃんは仲が良く子供が生まれた。 鳥がいない生活など考えられなかった 別れはつらい、でも文鳥6羽の我が子達に助けられ癒され生きてきた。 2003年専門学校を卒業しカメラマンアシスタントとして働きはじめていた。 休みの日にふらっとペットショップをのぞいた時にオカメインコのキラと出会った。 挿し餌から1人餌に切り替わる頃でたった1羽透明のプラケースでウトウトしていた。 運命だったと思う。 キラは文鳥達の性格やしぐさにリンクするところがあってとても不思議な気持ちになったことを覚えている。 その後サンとオビをお迎えし、キラとサンの間に7羽が生まれた。 オビとバズの間にも2羽生まれ、トノとモロは姉の旦那の実家の家族として迎えられ、現在我が家では10羽のオカメインコ達と暮らしている。 カメラマンとして食っていきたいのか カメアシとして働いていた2003年頃、フィルムからデジタル時代へ変わろうとしていた。 大判カメラ「シノゴ」「エイト・バイ・テン」のシートフィルムをご存じだろうか。 働いていたスタジオではまだまだフィルム撮影がメインだった。 その場で写真の写りを確認できるデジタルカメラは便利だ。 フィルムは現像しないと確認できない。 アシスタントの自分は現像所まで雨が降ろうが風が吹こうが自転車を漕いで向かうのだ。 理科室の遮断カーテンわかりますかね。 もうね。 暗室でノッチを確認しながらひたすらフィルムをセットなんかしていると もはや朝なのか夜なのか時間の感覚もなくなってくる。 写真は趣味でいい。 写真で食っていかなくていい。 そう思うようになった。 それなのに何事も「石の上にも三年」だと融通の利かない考え方が当時の自分にはあり、なんだかんだ3年間カメアシ時代を過ごす。 今振り返ればブラックだったな 憧れていた車通勤で新規一転デザイナーとして再出発した。 そう、終電なんて関係なく働き続けられる環境に身を投じたわけだ。 さらに土日も働かないと終わらない仕事の量に思考回路が失われた。 感情はなく、ふと気づくと涙が流れてくる状態で当時の自分は ほぼうつ状態だったと思う。 休みの日は外出することもなく部屋にひきこもり誰とも話さない。 そんな時も我が子のオカメインコ達は変わらずそばにいてくれた。 ありがとう。 抜け出すきっかけは超絶真面目な両親が「辞めなよ」と言ってくれたことだった。 あのままだったら生きることをやめていたと思う。 本屋で出会ったぶっ飛んでるタイトルの本 次の就職先を探しながら日々を過ごしていた。 なにかやりたいことがあるワケでもなく、このままあと何十年生きても このサイクルをくり返すだけだとかなり後ろ向きになっていた。 そんな時に「世界一周しちゃえば?」ってタイトルの本に出会ってしまった。 衝撃だった。 旅に出るなんて一大決心するようなことをずいぶん軽いノリで「世界一周しちゃえば?」と問いかけられたもんだからアホなのかと思った。 でも、読んだ。 どうやら世界一周旅行券なるモノが存在するらしい。 せっかく生まれてきたなら死ぬ前に世界を見ておこう。 そう決めたら気持ちが楽になった。 旅に出ると決めてから2年後に旅立つ 27歳で世界一周の旅に出ることを決めた。 断固たる決意ではあったがすぐには出発しなかった。 いつか人生を振り返るとき「30歳の時バックパッカーだった」って言えたらいいなって思ったからだ。 旅人たちのブログを読み漁り、行きたい国と場所をピックアップし続ける日々。 なにより親に心配をかけてはいけないと思っていた。 2年間「旅にでるから」とジャブで言い続けたのである。 私は365日の旅の工程をカレンダーに書き入れ予定を組み上げた変人である。 移動手段、宿、観光の時期も場所も全てピックアップした。 旅先で出会った旅友が爆笑し変態だねと褒めてくれたほどだ。 2011年11月旅立ち、30歳の誕生日をアルゼンチンで迎え、2012年無事帰国。 現在WEBデザイナーとして日本社会で働いている。 キャンプするオカメインコになりたい 旅友にキャンパーがいてキャンプに連れて行ってくれた。 外でご飯を食べたりお酒を飲むことは心地よく、 なによりみんなでワイワイ過ごす時間が楽しかった。 いろいろ触らせてもらったキャンプ道具。 その機能や収納を考え設計された道具のフォルムに惚れた。 キャンプ道具はいちいち高い、高いモノほどおりこうさんなのだ。 2年かけてひとつひとつ自分の道具をそろえた。 ソロキャンプも楽しめるレベルに達しキャンプ沼にどっぷりハマった。 今の自分は愛するオカメインコ達とキャンプがすべてだ。 オカメインコがキャンプしてたらおもしろいかもと思うようになり、 そこから想像がどんどん膨らんだ。 誤算だったのは、オカメインコのオーダーマスクがぶっ飛び価格であったことだ。 まずは、イラストから実写化目指して日々妄想しながら楽しく生きています!.

次の

[mixi]インコの熱中症

オカメインコ 鳥友

タグ 5つ子 ラッコ リス ランボルギーニ ラブラドール ラブラドゥードル ラバ ラトビア ラグドール リモートワーク ライオン ヨークシャーテリア ヨウム ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド ヤマアラシ ヤギ モロッコ リトアニア ルーマニア モモイロインコ 亀 双子 南極 兵士 兄弟 兄と妹 仲良し 介助犬 中型犬 レバノン 中国 三毛猫 三つ子 ワカケホンセイインコ ロットワイラー ロックダウン ロシア モルモット メインクーン 喧嘩 プロポーズ ベンガル猫 ベンガルワシミミズク ベルギー ベラルーシ ベトナム プール プードル ブルドッグ ペンギン ブルテリア ブルガリア ブリティッシュショートヘア ブラッドハウンド ブラジル フレンチブルドッグ フリージアン ペルシャ猫 ホシムクドリ ミンク マメルリハ ミミズク ミニチュアシュナウザー マンチカン マレーシア マルチーズ マルタ マラミュート マゼランペンギン ホッキョクグマ ポニー ポケモン ボーダーコリー ボルネオ島 ボストンチワワ ボクサー ホホジロザメ 台湾 四つ子 フェレット 異種友(猫とアルパカ) 眠い 白猫 癇癪 異種友(猫と鳥) 異種友(猫と豚) 異種友(猫と猿) 異種友(猫とカワウソ) 異種友(犬と鳥) 結婚式 異種友(犬と馬) 異種友(犬と猿) 異種友(犬と猫) 異種友(犬とヤギ) 異種友(犬とモルモット) 異種友(犬とフェレット) 異種友(犬とハムスター) 紅葉 羊 異種友(犬とイルカ) 雑種 黒猫 鹿 鶏 鳩 鳥 馬 雲 野良猫 虫 野良犬 里親募集 豚 親子 親友 蜂 蛇 異種友(犬とウサギ) 異種友(ライオンとトラ) 大型犬 子牛 家族愛 子鹿 子馬 子豚 子育て 子猫 子犬 子熊 救出 子供 子ヤギ 子パンダ 子ゾウ 姉妹 姉と弟 夫婦 小型犬 救助 異種友(コヨーテとアナグマ) 海外の反応 猿 猫 犬 牛 父親 父の日 熊 海外CM 文鳥 母親 歯ブラシ 柴犬 映画館 日本 旅行 新型コロナウイルス フランス フェネック MLB カメ キエリボウシインコ ガチョウ カンガルー カワウソ カリビアンリーフシャーク カラス カモ カピパラ キツネ カバ カナダ オーストラリアン・シェパード オーストラリアン・ケルピー オーストラリア オランダ オランウータン キジトラ猫 キャバリア・キングチャールズ・スパニエル オカメインコ コビトペンギン サプライズ サッカー ゴールデンレトリバー ゴールデンドゥードル ゴリラ コーギー コヨーテ コッカープー ギリシャ コウモリ コアラ ケニア グレートピレニーズ グレートデン クリスマス クモ オポッサム オオホンセイインコ サモエド アザラシ アメリカ アマグマ アフリカ アヒル アナコンダ アナと雪の女王 アシカ アクアリウム アライグマ アイルランド アイスランド ほっこり お留守番 お掃除ロボ おばあちゃん おじいちゃん アメリカンブルドッグ アルパカ オオバタン ウガンダ オオハナインコ オオカミ オウム エンビセアオマイコドリ ウッドチャック ウサギ ウクライナ インドネシア イギリス インド インコ イングリッシュ・マスティフ イングリッシュ・ブルドッグ イルカ イタリア イタチザメ サメ シェパード フィンランド ニューファンドランド ハリネズミ ハムスター ハチワレ猫 ハクチョウ ハイヒール ノルウェー ネズミ ニュージーランド ハロウィン ナミビア共和国 ナナイロメキシコインコ ドーベルマン ドッキリ ドイツ トルコ トラ ハリーポッター ハンガリー トイフォックステリア ヒップホップ フィリピン ピラミッド ピューマ ピットブル ピカチュウ ピアノ ビーグル ヒグマ バイオリン パンダ パロディ パパ パグ パキスタン バーニーズマウンテンドッグ バハマ トイプードル ディズニーワールド シベリアンハスキー ジャーマンショートヘアードポインター スコティッシュストレート スコットランドストレート スコットランド スウェーデン スイス ジンバブエ ジョージア ジャーマンシェパード スズメ ジェンツーペンギン シーパドゥードル シーズー シロハラインコ シロイルカ ショウジョウコウカンチョウ シャム猫 スコティッシュ・キルト スタッフォードシャーブルテリア ディズニーランド タイハクオウム ディズニー チンパンジー チンアナゴ チワワ ダンス ダルメシアン ダックスフンド タイ スターウォーズ ゾウ セントバーナード セルビア セキセイインコ スロベニア スポーツ スペイン 黒鳥 はいはい、ティコね… (画像はYouTube:より) フィリッパ・バックリーさん宅のオカメインコのティコと、猫のマーレーは大の仲良しです。 マーレーとティコのペアでの最初の投稿は、一番古いもので2008年に遡ります。 2011年の動画には、寝ているマーレーがティコにちょっかいを出されている様子も…。 というわけでティコの相手には慣れきっているマーレーは、寝ていても器用に片手を差し出してティコと遊んであげています。 (画像はYouTube:より) やっぱり眠たいのか手を引っ込めるマーレーに対し、容赦のないティコ。 耳をツンツンして、かじります。 (画像はYouTube:より) 「あ・そ・ん・で!」という声が聞こえてきそうなティコの表情です。 顔の辺りまでトコトコとやって来て、ヒゲにもツンツン。 これは怒るのではと心配になりますが、実はこのペアの間ではいつものこと。 飼い主さんは「ヒゲを毛繕い」と表現していらっしゃるので、愛情表現として成立しているようです。 (画像はYouTube:より) またしても夢うつつで前脚を伸ばすマーレー。 ティコとの遊びが身に沁みついているのですね。 (画像はYouTube:より) まどろんでいるだけで、少し意識があるのではないかと思わせたマーレーですが、飼い主さんに撫でられているこの様子を見る限り、ぐっすりと眠っているようです。 (画像はYouTube:より) その後もピーピーと鳴き声を上げながらツンツンしたり、毛づくろいをしたり、ずっとマーレーにちょっかいを出し続ける困ったティコでした。 飼い主さんがティコを構ってあげても、ティコは飼い主さんを構う気は無し! ときどきマーレーに寝ながら相手にされている方が楽しいようです。 終いには飼い主さんの手に乗せられ、マーレーから引き離されてしまいました。 移動中も近くのマーレーの手にツンツンすることは忘れないティコの、連れ去られ際の満足げな顔がなんとも言えません。 マーレーが大好きなんですね。 ティコとマーレーの年齢などははっきりと書かれていないのですが、こちらのチャンネルの歴史を考えると、どちらも若いとは言えない年齢でしょう。 長いこと一緒にいて、すっかりなじんでいる様子が素敵でした。 なんだかアニメの長寿番組のような味わいのティコ&マーレー・ペア、これからも末永く楽しませて欲しいものです。 海外の人々の反応を見てみましょう ・こんなに落ち着く動画って、初めてだわ。 この鳥さんと猫、大好き。 ・最近になっても、この猫と鳥が同じことをしていると知って嬉しい! ・これは…ただただ素敵だわ! ・2匹ともまだ仲良しだったんだね! こんなに可愛らしいものを見たのは初めてだよ。 ・一緒に遊ぶ姿がなんて可愛いのかしら! とても、とても、とても素晴らしい動画ね。 ・鳥は勝つ。 ティコは黄化個体なんです。 黄化個体にはよくある特徴です。 コメント引用元:•

次の

parrot paradise トップページ

オカメインコ 鳥友

悩みに悩み、マイケルの羽を切りました 鳥は飛ばなきゃ鳥じゃないと思うし マイケルがブンブン飛ぶ姿を見るのは大好き! だけどケージから出たマイケルをまたケージに戻すのは至難の業・・・・ 大概は私の肩でまったりしている鳥ですが いざケージに戻そうとするとその気持ちを敏感に察知して逃げまくります。 素直にケージに戻るのは寝る時だけです。 なので今回二度目のクリップです。 前回と違い今回のマイケルはどうも心が折れたようで 私の心も折れてます・・・・ ううう・・・・マイケルに嫌われた~~~。 でも仕方ない・・・・・仕方無かったのだ!! いや、、、しかし、ここまで私によそよそしくなるとは思わなかった。 ちゅらもあと数ヶ月で羽がすっかり入れ替わる・・・どうしたもんだか・・・・ マイケルとちゅら、、、私の肩と腕にとまっているところをカメラで撮ってみました。 何とかツーショット写真が取れました!初めてのツーショット写真!! マイケルを追いかけてちゅらが近づき マイケルはぎりぎりまで応戦!! しかしちゅらにはかなわず仕方なく場所移動。 ちゅらは少しの間マイケルがいた場所にいますが またマイケルを追いかけていきます。 最初は同時放鳥は難しいと思っていましたので私以外に誰か家族がいるときに 放鳥していましたが今は私一人の時にも2羽一緒に放鳥しています。 今のところ目を離さなければ大丈夫そうです。 マイケルが鳴けばちゅらもマイケルそっくりに鳴いています。 鸚鵡返し、、、いやインコ返し。 インコ同士で会話しているのでしょうか??? インコネタ3連発! これが私のインコハウス! お互いのケージの間には目隠しをしてお互いが気にならないようになっています。 下の段にはおもちゃ箱、敷き紙、カバー、などを収納しています。 これから迎える寒さ対策として各ケージに透明のビニールクロスをかけています。 ケージの下にはお風呂マット。 保温電球は20W。 マイケルは電球の上に乗ったりはしませんがちゅらは上の空間に挟まって遊ぶので 鳥友のmeguさんに相談したところ写真のような設置方法を教えていただきました。 冬の朝の室温が5度になったりする時もあるので ちゅらをお迎えするとき保温電球のワット数には悩みましたが ファームの山城さんにお聞きしたところ20Wで大丈夫と言うことでしたので ちゅらもマイケルと同じ20Wを入れています。 それから文鳥のサイトですが私はこのサイトの文鳥問題26を参考に寒さ対策を行っています。 cam. hi-ho. htm.

次の