この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 意味。 この世おばわがよとぞ思う望月の 歌の解釈

この世をば…道長が詠んだ満月、1千年後の今宵も夜空に [アポロ50年]:朝日新聞デジタル

この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 意味

藤原道長と糖尿病 インスリンと深い関係のある病気、糖尿病。 道長は、現代の医学から見て、糖尿病としか考えられない病を患いました。 その病名は・・・「飲水病」。 この病気が、現代の糖尿病ではないかという推測は当時の記録から容易にできます。 道長は51歳の春からしきりに水を飲むようになり、2ヶ月も経つとさらにその量が増え、口が乾燥して無気力になりながら、しかし食欲は少しも衰えなかった。 道長は10年間この病気に苦しみ、やせ衰え、視力を失い、62歳の生涯を終えたそうです。 視力を失うのも、糖尿病の末期に起こることです。 糖尿病の歴史 「それは糖尿病ではないか?」と考えられる病気と治療法の記録は世界各国に残っています。 紀元前1500年、古代エジプトの医学書『エーベルス・パピルス』。 古代エジプトではこのような薬による治療が行われていたというわけです。 それから約1700年後、紀元2世紀のカッパドキア、現在のトルコ。 人の身体から、とめどがなく水が失われる様子がサイホンのように激しかったのでしょうか。 この記述を書いたのは、医師 アレタエオス。 彼はその著書の中で、この病気にギリシア語で「サイホン」の意味を持つ「ディアベテスdiabetes」という病名をつけました。 そのため、ミルク、薄いかゆ、穀物、果物、甘口のワインと消化の良い栄養のある食べ物を病気を治すための食事として考え出したのです。 紀元200年頃のカッパドキアでは、食事による治療が行われていました。 その400年後の7世紀頃、中国は唐の時代。 孫思バク(そんしばく)という医学者の『千金方(せんきんほう)』にも、現代の糖尿病と似た病気の治療法が書かれています。 16世紀のスイスでは、医師 パラケルススが尿がたくさん出る病気の原因は腎臓にあると考えました。 腎臓が塩気のために乾く。 そう考えた彼は、口の渇きを訴える患者に甘いお酒をすすめました。 それからおよそ200年後の1797年、イギリスのロロという軍医によって新しい治療法が確立されました。 そして、糖尿病のときに大量に出る尿のほとんどは、野菜などの植物性の食品が消化されすぎたものだと考えました。 そこで、胃の働きを抑える薬を飲み、肉などの動物性の食品を食べれば、この病気は治ると考えたのです。 この治療法は『ロロの肉食療法』と呼ばれ、ヨーロッパ全土に広まり、インスリンの発見まで百年以上続けられていたそうです。 インスリンの働き インスリンはすい臓から出ているホルモンです。 私達が口にする食べ物は、ブドウ糖となって吸収され、血液の中を流れていきます。 インスリンは血液中にブドウ糖が増えると、たくさん出てきて、ブドウ糖を全身の細胞にエネルギーとして取り入れる働きをしています。 食事をして上がった血糖値がこの時下がる。 身体の中で、血糖値を下げてくれるのはインスリンだけなのです。 そのおかげで私達は元気に生きることができるのです。 しかし、食べ過ぎが続くと・・・ 血液の中には、いつもブドウ糖がたくさんあることになります。 これが血糖値が高い状態です。 血糖値が高いと、すい臓はたくさんのインスリンを作らなければいけなくなります。 この状態が続くと、すい臓は疲れ、インスリンを作るのを止めてしまいます。 すると、身体の中にブドウ糖がだぶつきます。 これが糖尿病の引き金となるのです。 そして、インスリンは肥満にも関係しています。 血糖値が高い状態が続いて、インスリンがたくさん作られすぎると、身体に脂肪を溜め込んでしまうのです。 当時25歳だったバンティングは、カナダの片田舎の平凡な整形外科医でした。 ある論文との出会いがきっかけとなり、彼は糖尿病研究の道に入りました。 それは、ドイツ人医師 ミンコフスキーが1889年に発表した、 「犬のすい臓を取り出すと、糖尿病になる」 という論文でした。 この論文を読んだバンティングは確信しました。 母校のトロント大学に頼み込むこと3度、翌年の1921年の夏、ついに小さな実験室と研究用の10匹の犬を使うことを許されました。 この時、バンティングの研究に協力したのは医学生・ベスト、当時わずか19歳。 2人は手探りで、犬のすい臓から物質を取り出すための手術を始めました。 それは、すい臓から出ている管を縛る手術です。 すい臓から出ている物質を、すい臓に溜め込み、取り出そうと考えたのです。 手術後、10匹の犬達の体調管理が2人の日課となりました。 朝はエサ作りから始まり、毎日必ず尿検査と血糖値の検査を行い、10匹の犬達を見守り続けたのです。 実験を始めて9週間後、1921年7月27日、ついにすい臓から物質を取り出すことに成功。 いよいよ、その物質の働きを確かめるときが訪れました。 それには、糖尿病の犬に、この物質を注射して糖尿病が治るかを確かめるしかありません。 ここで2人は悩みました。 この研究のためには、自分達の手で犬からすい臓を取り出し、糖尿病にしなければいけなかったからです。 その犬は一週間と生きることができません。 この時選ばれた一匹の犬が、マージョリでした。 研究を成し遂げるためにはマージョリを犠牲にするしかありませんでした。 2人がマージョリからすい臓を取り出すと、マージョリの血糖値は急激に上がりました。 2人はマージョリに、犬のすい臓から取り出した物質を注射しました。 数時間後、マージョリの血糖値は下がり、衰弱していたマージョリは元気になりました。 この物質こそインスリンです。 バンティングとベスト、そしてマージョリをはじめとする10匹の犬のおかげでインスリンが発見されたのです。 その後、2人はヒトの糖尿病を治すべく、研究を続けました。 1922年、当時13歳のレオナード・トンプスン少年が世界で始めてインスリンによる治療を受けました。 この少年は当時、すでに糖尿病の末期で衰弱しきり、明日にも命を落としかねない状態でした。 しかし、治療を始めてから半年後・・・ トンプスン少年はインスリンによって、糖尿病のベッドから奇跡の生還を成し遂げました。 1923年、インスリンの発見は、ノーベル医学生理学賞を受賞しました。 インスリンの改良 歴史上、初めて成功したインスリン治療には牛のすい臓から作ったインスリンが使われました。 それからおよそ50年後の1970年代には、インスリンは豚のすい臓から作られるようになります。 やがて1982年には、ヒトインスリンという、人間と同じインスリンが人工的に作られるようになり、今も使われています。 ヒトインスリンは、私達の身体の中にもいる大腸菌を使って作ります。 大腸菌にヒトインスリンの遺伝子を入れると、せっせとヒトインスリンを作り始めるのです。 北里研究所病院 薬剤部長 厚田幸一郎先生にインスリンの開発について伺いました。 厚田先生「インスリンは、開発されてからまだ85年しか経っていません。 その間にいろんな開発が行われてきました。 現在はヒトのインスリンを遺伝子組み換えの操作によって生合成しています。 以前のようなアレルギー反応が抑えられるようになりました。 」 インスリンは多い人で1日に3回〜4回も決まった時間に自分で注射をしなければいけません。 治療を受ける患者さんの負担がとても大きいのです。 しかし現在、注射を使わないインスリンが開発されています。 厚田先生「2006年の初めにアメリカで、インスリンの吸入薬が認可されました。 ぜんそくの治療薬に使われているものと同じように口から吸入します。 」 口から吸い込んだインスリンは、肺から吸収され、全身に送られるのです。 認可が下りているのはアメリカだけで、まだ使える人も限られているそうです。 厚田先生「呼吸器の疾患のある方には使えません。 吸入式のインスリンだけでは治療ができませんので、注射も併用します。 日本では、5年後をめどに治験が進んでいます。 」 吸入式インスリンが実用化すれば、患者さんの負担は間違いなく軽くなります。 身体への効果、効果が現われる仕組み、安全性が科学的に確認されたことを厚生労働省が認めた食品です。 血糖値が、空腹時110以上125以下、食後2時間で140以上200未満。 これが、糖尿病予備軍とされる人達の血糖値です。 全国に880万人いるといわれています。 この中には、食物繊維 の一種、「難消化性デキストリン」が入っていて、小腸でブドウ糖がゆっくりと吸収されるように働きます。 そのため、食後の血糖値の急激な上昇が抑えられるのです。 ただし、トクホはこれを飲んだから血糖値が上がらないというものではありません。 糖尿病を含めた生活習慣病を予防するためには、やはり生活習慣を見直すこと。 その手助けに、特定保健用食品を上手に使いましょう。

次の

「月」にまつわる話

この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 意味

・「小右記」の藤原道長像 この「この世をば」の歌はいったいどうやって今に伝わったのでしょうか。 実はこの歌は、道長自身が何かに大事に書き留めていたというわけではありません。 道長がこの歌を詠んだとされる場に同席していたという貴族の日記「」に、道長の歌としてたまたま書き残されていたことで、現代にまで伝わった歌なのです。 道長の娘である威子が後一条天皇の后となり、道長の三人の娘が后となったその夜(寛仁 2 年 10 月 16 日)の出来事です。 太閤道長様が、私(実資)を呼んで云ったことは、 「私は歌を詠みたい。 必ずあなたもそれに応じて返歌を作ってくれ。 」 (私は)「どうして応じ申し上げないことがあるでしょうか。 」(と答えた。 ) また道長様は云った。 「自慢の歌だ。 ただしこれは即興だ。 「道長様の歌は優美です。 返歌に応じようがありません。 代わりにみんなでこの歌を声に出して歌いましょう」 この記事を書いた藤原実資は「十訓抄・六ノ三十四」に「小野宮右大臣とて世には賢人右府と申す」と書かれているように、賢人として知られた人です。 この「小右記」には、しばしば道長に対しての批判的な記事も書かれています。 そんなこともあって、この寛仁 2 年 10 月 16 日の記述も「あまりに奢っている道長に実資は呆れてしまった」という文脈で読まれがちですが、少なくともこの部分に限っては、そこまではっきりと「奢っている道長への批判」という感じは出ていないように思われます。 ・「御堂関白記」の 藤原道長 像 実はこの日の出来事自体は、この歌を詠んだとされる道長自身の日記にも書き記されています。 それでは道長自身の日記である「」の同じ日の記述を見てみましょう。 例の歌についての記述は、あっさりしたもので、 「余、和歌を読む。 人々、之を詠ず。 (私は和歌を詠んだ。 人々はこれを声に出して歌った。 ) と書いてあるだけで、これだけではどんな歌だったのか、全くわかりません。 その他大部分は儀式の進行や、備品の設置などについての記述で占められています。 「 奢っている人」というよりは、「 ひたむきに仕事をしている人」の日記という印象を受けます。 当時の貴族の日記は備忘録的な側面が強いものでした。 記述内容の大半が儀式運営のことで占められているということから、道長自身は自分の詠んだ「この世をば」の歌の内容にはあまり執着がなかったのではないかと思われます。 もしかしたら道長本人としては、たまたま宴会的ノリにまかせて即興で披露した「その場限りの盛り上げソング」に過ぎない作品が、代表作のようになってしまったということなのかもしれません。 ちなみにこの「御堂関白記」は、 世界最古の自筆日記として、ユネスコの世界記憶遺産にも登録されていて、 web 上では、 で、書き下し文を読むことができます。 興味のある方は是非、ご自分でも目を通してみて欲しいです。 御堂関白記 を読んで気がつくのは、まずは当時の貴族の習慣「 物忌み(占いや暦が凶である時に、外出や人との対面を避けること)」などの記事が多く見られることです。 道長も普通の平安貴族らしく、ある意味つつましい生活送っていました。 決して「神も仏も恐れない」というようなキャラではありません。 また、漢籍や仏典などの書物の貸し借りを盛んにしており、意外と勉強家な側面もわかります。 そして、人事や儀式などの記事が大変に多く、とても忙しそうです。 日々まじめに働いていることがわかります。 勤勉な政治家かつ官僚としての道長の顔も浮かび上がります。 さらに、作文(漢詩)の会や、宴会の記事なども見られ、今なら余暇的なカテゴリーに入るような方面においても、活動的であったことが伺われます。 一方で、時々、自身の体調不良の記事があるのも気になります。 医学の発達していない時代ですから、健康を維持するのも大変だったろうと思います。 「この世をば〜」の年(寛仁 2 年)にも、何度も体調不良についての記事がありますので、「欠けたることもなし」といいながら、少なくとも体調的にはだいぶ欠けているところがあったように見えます。 ともかくも、「御堂関白記」を実際に読んでみると、「欠けたることも無し」と豪語する驕り高ぶった権力者 というイメージとは違った、道長像が浮かび上がります。 では、さらに別の文献で、道長がどのようなキャラクターとして描かれているか、見てみましょう。 カテゴリー• 211• 467• 462• 1,448• 151• 829• 601• 175• 100• 183• 149• 139• 111• 569•

次の

藤原道長の「望月の歌」の意味は?何を思って詠まれたの?

この世 を ば わが 世 と ぞ 思ふ 望月 の 欠け たる こと も なし と 思 へ ば 意味

確かに、「満潮(みちしお)」のように「満月」を「みちづき」と読めば、「望月(もちづき)」へ意味的にも音的にもスムーズにつながりそうな雰囲気は感じられる。 お餅(もち)との関係は? 素朴な疑問だが、望月(もちづき)、すなわち満月の丸い形と「もち」という発音から想像すると、望月とお餅(もち)は何らかの関係にあるのではないだろうか? この点については、埼玉県加須市の株式会社もちやWebサイトで次のような解説がなされていた。 昔からおもちの名前の由来には、様々な説があります。 谷川士清が「倭訓の栞」で、契沖 江戸時代の国学者 の影響を受けたかどうかわかりませんが、「もちは望月の望である」と述べています。 <株式会社もちやWebサイトより> この解説によれば、お餅(もち)の「もち」は、望月(もちづき)の「もち」に由来しているとの説があるようだ。 望月・満月の丸い形と「もち」を重ねることで、家庭円満や満願成就などにつながる縁起物としての意味合いもあったのではないだろうか。 ちなみに、月でウサギが餅つきをしているという伝説も、この「望月(もちづき)」から「餅つき」が連想されたのではないかと想像される。 中国の月餅との関係は? 望月(もちづき)とお餅(もち)といえば、中国の月餅(げっぺい)も思い出される。 月餅(げっぺい)とは、満月に見立てた丸く平たい中国のお菓子で、中にアンコが入っている。 中国では唐の時代から、中秋の名月を楽しむ「中秋節」に餅を食べる風習があったという。 現在の形の月餅は明の時代に入ってから流行したようだ。 望月(もちづき)と月餅の関係については、起源や由来としての関係性はないと思われるが、餅(もち)と月の関係性や相性の良さが伺われる興味深い伝統文化の一つであることは間違いないだろう。 望月と和歌 最後に、「望月(もちづき)」を用いた有名な和歌をご紹介。 作者は、平安時代中期に摂関家として栄華を極めた藤原 道長(ふじわらのみちなが)。 この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば <『小右記』より/原文漢文> 「この世は、自分(道長)のためにあるようなものだ。 望月(満月)のように、何も足りないものはない」といった意味になる。 「望月(もちづき)」は万葉集でもよく用いられており、奈良時代には既に定着していた言葉であることが伺われる。 関連ページ 夜空の月の満ち欠けとその名前の呼び方・読み方、別名・異名の一覧、意味や由来・語源まとめ.

次の