トラゾドン 不眠。 トラゾドンの睡眠への効果と副作用

デジレルは睡眠薬?

トラゾドン 不眠

デジレル、レスリンは、第二世代の抗うつ薬です。 主成分はトラゾドンで、慢性うつ、睡眠障害、不安の治療に使われます。 効き目は高く、素早いですが、副作用も無視できません。 トラゾドン( デジレル、レスリンは商品名)は、60年近く市場に出回っています。 1961年、イタリアで発見、商業用に開発されました。 第二世代のと呼ばれる、新たな治療法を探そうという努力の結果として生まれました。 それがこのピンクのカプセルで、最近までよく医者が処方していた薬です。 薬の主な効能はパッケージに記載されています。 これは、投与開始後最初の一週間の効果です。 患者にとって魅力的なのは、この抗うつ薬がを促進しないことです。 その他にも考えるべき点がいくつかあります。 この薬は安価だったため、1970~1980年代に大量に売れました。 この時、主な副作用が明らかになりました。 起立性低血圧(立ち上がる時の低血圧)です。 しかし、トラゾドンは摂取量が少量であれば効果的で安全であることが少しずつ分かっていきました。 これにより、現在多くの症状の治療に役立っています。 トラゾドンの作用 多くの神経科医や精神科医が、脳は皆が思っているよりはるかに複雑だと言います。 今でも、抗うつ薬がどのように作用しているか明確には分かっておらず、どのタイプの薬が患者に合うか、最も効果的に働くかを見極めるのは難しいこともあります。 トラゾドンは60年近く市場に出ていますが、支持する人と反対する人がいます。 予測が難しい副作用を警告する人もいます。 逆に、様々な障害に効果があるという研究も多くあります。 医者がデプラックスを処方する医学的症状を見てみましょう。 うつ病(不安症の有無にかかわらない)• 慢性的不眠症• 過度の心配• 重大な睡眠障害を伴う• 悪夢やその他の睡眠障害• 統合失調症• トラゾドンは、心的外傷後ストレス障害の治療に役立つという研究結果もあります。 トラウマからくる不安や、不眠症の患者がこの薬により症状の改善を報告しています。 トラゾドンの働き トラゾドンは第二世代薬で、セロトニンの再取り込みを阻害します。 フェニルピペラジン系の化合物という点で、などの薬と異なります。 これには利点と欠点があります。 まず、利点は 5-HT2A 受容体拮抗薬であることです。 つまり、不安やうつの治療に役立つ薬です。 そして、重大ではありませんが様々な副作用を引き起こすことになります。 トラゾドンの副作用 副作用が全く出ない人もいます。 他の条件(ある種の病気、薬や食べ物の相互作用など)と関連するケースも多く、問題が生じる人もいます。 肝臓、心臓、腎臓に問題がある人に、この薬はお勧めできません。 また、 鎮静剤、心臓の薬、抗生物質、抗凝固剤や天然医薬品と同時には服用できません。 この場合、専門家に相談してください。 トラゾドンの主な副作用は次の通りです:• 体液貯留• 便秘・下痢• ドライマウス• 発疹および皮膚のかゆみ• 発汗および震え• 混乱および不穏• 視界がぼやける• 食欲不振および体重減少• 風邪に似た症状 最後に、 最近の市場には、より副作用が少なく安全な薬も多く出ています。 それでも、精神科医がトラゾドンが主成分の薬を処方するのには理由があります。 それは、不安や不眠、悪夢、心理的ストレスを伴ううつ病に大変効果が高いためです。

次の

B.不眠

トラゾドン 不眠

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 トラゾドン塩酸塩として、1日75~100mgを初期用量とし、1日200mgまで増量し、1~数回に分割経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する トラゾドン塩酸塩錠25mg「アメル」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• サキナビルメシル酸塩投与中• 眼内圧亢進• 痙攣性疾患• 自殺企図• 自殺念慮• 心疾患• てんかん• 排尿困難• 緑内障• 心筋梗塞回復初期• 脳器質障害• 統合失調症素因• 衝動性が高い併存障害• 躁うつ病 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 幼児・小児• 高齢者• 新生児 低出生体重児を含む• 乳児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 小児 0歳〜14歳• 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 50歳以上 50歳〜• 24歳以下 0歳〜24歳• 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 24歳以下 0歳〜24歳 トラゾドン塩酸塩錠25mg「アメル」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 サキナビルメシル酸塩 本剤の血中濃度が増加、重篤な心血管系の副作用<QT延長等> 血圧降下剤 起立性低血圧、失神を含む低血圧 エタノール摂取 本剤の作用が増大、死亡 中枢抑制剤 本剤の作用が増大 バルビツール酸誘導体 本剤の作用が増大 モノアミン酸化酵素阻害剤 本剤の作用が増大 強心配糖体製剤 血清中濃度が上昇 ジゴキシン 血清中濃度が上昇 フェニトイン 血清中濃度が上昇 フェノチアジン系薬剤 血圧低下 クロルプロマジン 血圧低下 ワルファリン プロトロンビン時間の短縮 カルバマゼピン 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 リトナビル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 インジナビル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 タンドスピロン セロトニン症候群 パロキセチン セロトニン症候群 アミトリプチリン セロトニン症候群 アモバルビタール 死亡 クロルジアゼポキシド 死亡 メプロバメート 死亡 アルコール・抱水クロラール・ジアゼパム 死亡 飲食物との組み合わせ注意• アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>.

次の

No. 109 トラゾドン

トラゾドン 不眠

説明を文書で クリニックちえのわではよく行う説明を文書化しています。 文書にするメリットとしては、• 重要なことを漏れなく説明できる• 耳からだけでなく目からも情報が入るので分かりやすい• あとで読み返すことができる などがあります。 今のところあるのは• PTSDの四大症状• 睡眠衛生• トラゾドン の3種類です。 今後順次作成して行きます。 トラゾドンについて さて、この機会にトラゾドンについてお話します。 クリニックちえのわで薬物療法を行っている方は半数程度ですが、トラゾドンは比較的よく使う薬です。 トラゾドンは抗うつ薬ですが、不眠症に対して使われて来た薬です。 睡眠薬、特にベンゾジアゼピンなど他の薬に比べて副作用は少なめですし、特に離脱症状(中断すると起こる不快な症状)が現れにくいのは長所だと思います。 クリニックちえのわでは主に、 抑うつをともなう不眠症に対してトラゾドンを処方しています。 抗うつ薬として使う場合は75mg〜200mg(添付文書による、海外では150mg〜600mg)ですが、睡眠を改善する目的ではは25mg〜100mgと比較的少量で足ります。 ただし、睡眠薬のように、寝る前に決まった量を飲めばよい、という訳ではありません。 使い方について文書を使って説明しているのはそのためです。 トラゾドンについてのエビデンス 抗うつ薬を睡眠の改善に使う、ということは以前から行われていますが、最近、コクランライブラリー(信頼性の高い臨床研究のデータベース)に次のような論文が掲載されました。 (成人の不眠症に対する抗うつ薬) とても興味深い内容ですが、とりあえずトラゾドンに関する部分だけご紹介します。 【背景】• ベンゾやZドラッグのような睡眠薬は睡眠促進のために認可されていますが、耐性と依存を惹き起こす• 睡眠薬に抗うつ薬が広く使われていますが、不眠症には認可されておらず(注)有効性についてのエビデンスも不明 【目的】 成人での不眠症に対する抗うつ薬の有効性、安全性、耐性を評価する 【結果】• 3つの研究で主観的な睡眠アウトカムが改善した• ポリソムノグラフィーやSEで差は出なかった• 有害作用は認めなかった• 少量のドキセピン(日本では未認可)とトラゾドンの短期使用はプラセボより睡眠の質が少し改善した 以上から、 トラゾドンは睡眠障害に対して比較的安全に使用できる薬であると言えるでしょう。 気になるのは高齢者に使用する場合です。 老年医学会の高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015()では 他の抗うつ薬(三環系抗うつ薬、SSRI)、スルピリド、睡眠薬、抗不安薬が「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」に含まれていますが、トラゾドンは含まれていません。 高齢者に対しても比較的安全な薬と言ってよさそうです。 ただし 低用量の三環系抗うつ薬を処方された場合に比べて、SSRIやそのほかの抗うつ薬(ミルタザピン、トラゾドンなど)を処方された高齢者の方が死亡、脳卒中、転倒、骨折などのリスクが高かったという報告がある(p49) とあります。 脳卒中や転倒骨折のリスクの高い高齢者にはなるべく処方しない、処方する場合は少量にとどめて副作用に注意することが必要でしょう。 トラゾドンの説明文 参考までに現在クリニックちえのわで使用しているトラゾドンの説明文を転載しておきます。 使い方については日本では一般的なものですが、すべてに十分なエビデンスがあるわけではありません。 新たな知見や臨床経験をもとに、改訂して行くつもりです。 トラゾドンは抗うつ薬ですが、少量で睡眠を改善する効果があります。 睡眠薬と違って、深い眠りを増やすことで睡眠の質を改善することが期待できます。 効果は個人差があります。 25mg錠を1〜2錠で開始、効果を見て増減して行きます。 主な副作用は翌朝に眠気が残ることです。 日中に眠気が残って生活に支障があるときは減量または中止します。 使い方 飲むタイミング 寝る前に飲むのが原則ですが、効果はゆっくり 2時間ぐらいで眠気 なので、1〜2時間早めに飲む方法もあります。 調整の仕方 開始する 今回は【 】錠から開始します。 追加する 眠れないときは2時間以上あけて1錠追加 2回まで 適量を見つける もし合計【 】錠でちょうどよいときは翌日から寝る前にまとめて【 】錠飲む 翌日の眠気が強いときは0. orgまで.

次の