カフェド シナ モニ。 シナゴーグ

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 3/28 後編

カフェド シナ モニ

基本情報• 【電話番号】077-525-1231• 【営業時間】11:00~17:00• 【定休日】第3水曜日• 【エリア】大津市南部• 【アクセス】 JR湖西線(山科-近江塩津)大津…• 【ジャンル】カフェ このお店のポイント• 「カフェ・ド・シナモニ」は湖西線・大津京駅から100mほどのパレットアトリウム2Fにあるケーキなどのデザートがたっぷりとビュッフェ形式で楽しめる人気のお店です。 白を基調にした清潔感のある広い店内で、美味しいと評判のスイーツを幾種類も存分に味わうことができます。 近隣駅・エリア、人気のジャンルから検索• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

カフェ・ド・シナモニ(地図/大津市南部/カフェ)

カフェド シナ モニ

基本情報• 【電話番号】077-525-1231• 【営業時間】11:00~17:00• 【定休日】第3水曜日• 【エリア】大津市南部• 【アクセス】 JR湖西線(山科-近江塩津)大津…• 【ジャンル】カフェ このお店のポイント• 「カフェ・ド・シナモニ」は湖西線・大津京駅から100mほどのパレットアトリウム2Fにあるケーキなどのデザートがたっぷりとビュッフェ形式で楽しめる人気のお店です。 白を基調にした清潔感のある広い店内で、美味しいと評判のスイーツを幾種類も存分に味わうことができます。 近隣駅・エリア、人気のジャンルから検索• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 3/28 前編

カフェド シナ モニ

桜の季節がまた巡ってきましたね。 刻々と変化する世界の中でも花は咲き、風は吹きます。 時には今日のような雨の日も。 カフェ・ド・シナモニのスイーツビュッフェにやって来ました。 何やらその時だけ普段店頭に並ぶケーキなんかも出されるとの情報もあり、今回は初訪問させて頂きました。 シナモニの詳しい概要はリンクを貼っておきますので興味ある方は是非ともチェックしてみて下さい。 本格的にビュッフェをスタートするのはプレオープン以降ですけど基本的には毎日2部構成で開催されるみたいですから予約さえ取ってしまえば確実かと思われます。 にしても益々コロナの影響で更に動きにくくなってきましたね。 先々の予約も一応入れていますけど開催を中止しますとの連絡を頂いてた場所もちらほら。 こればかりはどうしようもないですし、こちらも大手を振って行ける状況ではないのも重々承知の上なので。 最悪はしばらくお休みさせて頂く可能性も十分ありますが行ける範囲は何とか参加させて頂きます。 ここも正直タイミングとしては辛い状況ですよね。 せっかくのリニューアルオープンなのにまさかコロナがここまで蔓延するとは。 それでも予約は満席みたいですし、開催もして下さった事が非常にありがたいです。 今回は2部での予約だったんですがビュッフェ開始の10分前から受付をスタートさせるみたいですね。 撮影等もありますから早めにお店に伺う事にしました。 スイーツビュッフェの会場となるカフェドシナモニがあるのはパレット皇子山店の2Fになります。 1Fのパレットは通常営業しているケーキ店なのでお間違いなく。 階段を上っていくと、 カフェドシナモニがお目見え。 初訪問なので今までがどんな感じなのかは解りませんが全体的に小綺麗な空間デザインでした。 かなり早い段階で現地に到着してしまいましたがこちらが様子を伺っていると店内からスタッフの女性が声をかけて下さり、予約の旨を告げると案内が始まるまで店内で待たせて貰える事に。 こんな感じでお店の奥まったスペースに待機用の椅子が並べられていました。 シナモニのスイーツビュッフェに関しては何と無く存在だけは知っていましたが詳しい情報等は皆無です。 この日もたまたま横に座られた女性からお話を聞かせて頂けたので助かりました。 待ってる間に数人程度がちらほらと集まり始めてきました。 写真撮影ですが明確に提示されてる訳でもなく、各々始まるまでの間に自由撮影していくようなシステム。 特に意味もなく角度を変えたサムネ。 地味に新しくスマホを購入しました 笑 メインの端末とは別に買ったものなんですけどそれより安い金額なのにカメラの性能が高いらしく今回は試しにそれで撮影してみました。 少しは画質良くなってるかな? 時折撮影をデジカメとか本格的にやってる方もいますけど本当ならそっちの方がいいんでしょうね。 インスタとかに投稿するのがメインなら尚更。 私はブログなんでインスタはあくまで副産物程度ですからスマホで十分。 話が脱線しちゃいましたね。 多少寂しげですがビュッフェ開始時間になると全ての品が補充された状態になっていました。 改めて取り直そうかとも思いましたけど特に変わらないんでスルーです。 では個別のケーキに関してレポっていきますか。 とは言いつつもあまり気持ち的に乗ってこないラインナップなのでレポの必要性が高いもののみですけど。 ちゃんとした、という言い方が正しいかはともかく、ホールサイズのケーキをカットしたタイプのものとは別にいわゆるカットケーキが数種類用意されていました。 あまり好みじゃないんですよね…。 この手のタイプは余程信用性が高い場所以外だと結構な確率で疑惑の品が混ざってくるので。 多分手作りだとは思いますけど絶対そうだという保証もありません 笑 よく見かけるタイプの定番メニューですね。 ふわふわ食感と書かれてるだけあり、シンプルなテイストですがまずまず。 数少ない今回のお気に入り。 かなり濃厚なテリーヌでした。 食感は思ったよりも固め。 苺とホワイトチョコ、どちらも同じくらいな比率になっており、バランスが良いですね。 しっとりとしていて濃厚なテイストが好きな人なら間違いなくハマるやつ。 私も気付けば何度もリピしてました。 冷たく冷やされたスフレタイプのチーズケーキなのですが通常のものとは異なり苺が使われています。 ただ全体としては通常のスフレチーズと大体同じ感じ。 もう少し苺感が強めだと良かったかも知れない。 テイストとしては好きです。 これはわりと好みのテイストでした。 ガナッシュが非常に濃厚なのでチョコ系が好きならオススメですかね。 何処とは言いませんけどこれもフリーカットで有名なとこのケーキと似てるっちゃ似てたり。 調べて貰えれば解りますけどこの手のカットケーキは種類も豊富なのと余程解りやすい品は除けば、判別するのが地味に難しかったりします。 そのまま出してくるとこもあれば上から生クリームやフルーツを乗っけてくるパターンもありますしね。 多分ここは大丈夫だと思いますけど断言も出来ない 笑 残念ながら初回に取り損ねてしまい、その後補充すらされませんでした。 最低でも一人に1つずつはケーキが取れるだけの個数は用意して欲しい。 恐らくですが1部と2部含め、決まった定量しか用意していなかったのでは?他のメニューに関しては後からでもバンバン補充してましたし、もしかするとこのモンブランタルトが人気で店の予想より初回に多く出てしまったんじゃないかと。 それだと後から補充がなかったのも辻褄が合いますしね。 どちらにせよ補充すら満足に行わない場所は私的に論外てすが。 甘酸っぱいストロベリーソースがかけられた定番の苺タルト。 苺は大ぶりで贅沢な盛り付けでした。 タルト台に関しても定番の食感と風味が感じられます。 個人的には苺タルトってそんなに好きなメニューではないんですけど純粋にこれが一番ケーキとしてのクオリティは高かったので結果的に一番食べていましたね。 もうひとつ用意されていたショートケーキ。 まぁ簡単に言えばショートケーキのチョコレートバージョンです。 想像通りのお味ですけど通常のショートに飽きた時にはいいチョイスかも知れませんね。 こちらもド定番のショートケーキですね。 生クリームは厚くなく全体的に薄く塗られているのが特徴的。 けどここはスポンジが美味しいのが伝わります。 パサつきも感じませんし、しっとりとしたテイストが抜群。 トップに絞られた生クリームは甘さがかなり抑えられています。 その下にはミルク風味のクリームと苺ソースというシンプルな構成。 にしてもシュークリームというよりはバゲットのようなパン生地に生クリームを絞った感じですね。 通常のシュークリームを想像していると驚くかも知れない。 品切れした品に変わって途中から新しく追加されたメニュー。 手作り感溢れるメニューなんですけどこれがわりとクオリティの高いもので良かったと感じました。 デコポンをそのままジュレにしているのが解るくらいに濃厚な風味が味わえます。 個数が限定されていた品になります。 中心部分はどちらかと言えばしっとりとしたパイ生地で外側に行く程にサクサクとした歯応えが楽しめる内容になっています。 中の林檎は柔らかく煮詰められており、非常に美味しいです。 お一人様1つのみという表記だったので初回に選択しましたが失敗でしたね…。 私が店を出る時でも余るくらいに用意されてましたので。 これなら初回にモンブランタルトをチョイスするべきでした。 余ってるなら提供してくれてもいいものですが…。 何と無く色々と腑に落ちない感じ。 焼き菓子のコーナー。 マカロンは残念ながは私の好きなねっとりとしたものではなく、砂糖菓子のように固い食感のタイプでした。 始めに用意されてはいたものの一瞬で場から姿を消していました。 恐らく補充はされなかったのでは。 一応これも隅にひっそりと用意されてはいましたが食べてた人いたのかどうか解りませぬ。 種類も少ないですし。 とにかく寂しい。 とりあえずスイーツに関しては以上ですかね。 後編でまとめますけどリニューアルするにあたってのプレオープンという触れ込みで人を集めていたのでこちらもそれなりに期待して来てみましたが正直微妙と言わざるを得ないラインナップでガッカリ。 この感じだとテーマが変わっても再訪問する意味合いは無いですね。 まぁ一度は来てみたい場所だったんで丁度良かったですけど。 後編では残りのメニュー等含めつつ書いていきたいと思います。 なるべく早めに更新する予定なのでチェックして下さるとありがたいです。 そんなに引っ張る内容でもないですしね。 それではまた次回。

次の