炭カナ ss。 「#炭カナ」のイラスト

【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

炭カナ ss

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト.

次の

鬼滅の刃の原作勢さんに質問です。

炭カナ ss

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト.

次の

鬼滅の刃のカナヲは炭治郎を好きで恋愛中?可愛いシーンまとめ!

炭カナ ss

その後、炭治郎はカナエから説明を受けた。 鬼は、ほとんど不死身であること。 生きている限り、どれだけ身体が欠損しようと再生する。 普通の人間よりも、身体能力が上がっていること。 それに対抗するため、鬼殺隊は独自の呼吸というものを使って、身体能力を上げて対抗している。 「えっ、呼吸って……疲れない呼吸のことですか?」 炭治郎は小さな頃、父さんに聞いた呼吸をずっとやっている。 そう、ずっと。 寝ているときも、無意識で出来るようになっていた。 「そうね。 炭治郎くんが鬼だったから気づかなかったけど、それは確かに私たちが使っている呼吸。 それも難易度の高い、全集中の呼吸・常中という技。 それをすれば、他の人とは格段に身体能力が上がるの」 「ああ、だから俺は人よりも運動が出来たんですね」 カナエはそれを聞いて苦笑いをした。 常中をやっていれば、「人よりも少し優れている」程度では必ず収まりきらない。 普通の人の何倍、何十倍もの身体能力を得ているはず。 それに加え、今では鬼となっている炭治郎の身体。 鬼殺隊の中でも、身体能力で炭治郎に勝てる人はいないかもしれない。 「……炭治郎」 「はい? なんですか、冨岡さん」 隣で話を聞いていた義勇が、いきなり割って入ってきた。 カナエは義勇が自分から喋り出したことに驚いたが、その後の言葉にも同じように驚く。 「おにごっこをしよう」 「……はい?」 炭治郎も、カナエと同じように目をまん丸にしていた。 その後、説明もほとんどなしで日が差している外に出て、数メートル離れたところで炭治郎と義勇が対峙する。 それを周りで炭治郎の家族、それにカナエが見守っていた。 「お兄ちゃん、頑張れー! 冨岡お兄ちゃんに負けるな!」 「兄ちゃーん、次は俺ともやろうぜー!」 花子と茂が炭治郎にそう声をかけて、炭治郎は「わかった」と言うように笑顔で手を振る。 「まったく、冨岡くんったら……すいません、葵枝さん。 同僚が炭治郎くんとおにごっこしたいって」 「いえいえ、大丈夫ですよ。 炭治郎も冨岡さんと遊ぶのは、楽しいと思いますから」 炭治郎の母親の葵枝や、兄弟達は楽しそうに二人のおにごっこを見ようとしている。 しかしカナエ、それに当人の炭治郎と義勇は真剣である。 カナエの邸宅は「蝶屋敷」と言って、鬼殺隊の隊士の治療所として開放されている。 そこで度々行われる「機能回復訓練」という、負傷して固まった隊士の身体をほぐす訓練。 その訓練の中に、おにごっこがあった。 義勇も何度もやったことがある。 「じゃあ行くよ。 お兄ちゃんが逃げる方で、冨岡さんが鬼。 よーい……」 禰豆子が声を上げ、始まりの合図をする。 「えっ!? あれ!? 兄ちゃん達、どこ行った!?」 「な、なんか雪がすごい舞ってるけど……!」 炭治郎の家族の中で、二人の姿を捉えている人は誰もいない。 ただ地面にある雪が、爆発でもしたかのように舞っていることしかわからない。 葵枝と禰豆子、それに竹雄も声を出せずに二人がどこに行ったか辺りを見渡している。 唯一、花柱であるかなえだけが、二人の姿を追えていた。 (どっちも全力……それで、冨岡くんが勝てないなんて……) 一対一でやるおにごっこは、普通なら追う方が有利である。 手を伸ばせば当たる距離にさえ持ち込めれば、勝てるはずなのだから。 しかし柱である義勇でさえも、炭治郎にその距離まで持ち込めていない。 その距離になったとしても、圧倒的な反応速度で躱されている。 数分やってから、義勇が止まる。 それに伴って炭治郎も止まるので、ようやく二人の姿がしっかりと見えた。 「あっ、兄ちゃん達いた!」 「どこまで行ってたんだろう? いつ帰ってきたんだろう?」 家族全員は二人が遠くまで行ってしまったのかと思っていたが、二人はずっとこの近辺でおにごっこをしていた。 ただ速すぎて、見えなかっただけだ。 「……胡蝶、二対一だ」 「えっ? 私も入るの? しかも鬼側で?」 「ああ、いいだろう、炭治郎」 「はい! すごく楽しいですね!」 義勇は一人では捕まらないと確信したのか、カナエも呼ぶ。 少し戸惑いながらも、カナエは楽しそうに入ってくる。 「久しぶりにおにごっこするわねー。 炭治郎くん、全力で行くね」 「はい! お願いします!」 そして、また炭治郎の家族には見えないおにごっこが始まった。 「またどっか行っちゃったね……」 「うん……近くですごい、風を切る音みたいのが聞こえるけど、それだけ」 「花子、茂。 暇なら薪になる木の枝でも拾ってきてくれ」 「はーい」 竹雄が二人にそう言って、二人も逆らうことなく自分の仕事をする。 その際に二人は、炭治郎と義勇とカナエがおにごっこをしている範囲の中に入ってしまうが、全くそれに気づかない。 二人がおにごっこの範囲の中に入ってくるが、炭治郎達とぶつかることはない。 そんな失敗をするような三人ではなかった。 しかしやはりというべきか、カナエが鬼側に加わっても炭治郎には勝てなかった。 炭治郎の長い髪の毛一本すら触れない。 鬼殺隊の柱である二人が、本気を出しても。 完璧に連携が出来ているわけではないが、それでも一人よりも二人の方が強いはずなのに。 そして十分後、カナエと義勇が諦め、炭治郎の勝利で終わった。 三人とも全力でやったが、十分程度本気で動いたところで汗一つかいていない。 柱である二人はもちろん、炭治郎も息を荒げてすらいない。 「すごい楽しかったです! 初めて、本気でおにごっこしました!」 「ふふっ、よかったわ。 だけどやっぱり、炭治郎くんって強いのね」 炭治郎は謙遜するが、柱二人が本気でやっても追いつけないのは驚きだ。 鬼としては、下弦の月では収まらず、上弦の月の強さと同等か、それ以上だろう。 (本当に、炭治郎くんが理性を保っていて、人間の心が残っていてよかったわ……) 「炭治郎くん、鬼の説明を全部説明してなかったわ」 どこかの誰かが、いきなりおにごっこをしようと言い始めたから。 その誰かは、全く表情が読めない顔でたたずんでいる。 「あっ、はい」 「鬼は不死身なんだけど、弱点があるの。 それが、太陽の光。 浴びると鬼は例外なく、燃え尽きてしまうわ」 「えっ? だけど、俺は……?」 義勇やカナエに鬼と言われている自分は、現在日の光に当たってもなんともない。 「そう、今まではそうだった。 「そして原初の鬼である、鬼舞辻無惨の目的は……太陽を克服すること。 つまりあなたのことを知られれば、おそらくあなたは鬼舞辻無惨に狙われることになってしまうわ」 カナエは炭治郎の境遇に、心を痛める。 呼吸を使えるという以外は、普通の子だ。 家族思いで、すごく優しい男の子。 それなのに鬼の血を浴びたことによって、鬼となってしまい。 理性を保っているにもかかわらず、このままでは鬼殺隊に狙われてしまう。 そして太陽を克服する存在であるために、鬼舞辻無惨にも狙われることになるだろう。 人間からも、鬼からも仲間がいない。 そう考えると、カナエは胸が張り裂けそうだ。 「あっ、兄ちゃん! おにごっこから帰ってきたんだ!」 そのとき、茂と花子が木の枝を拾って帰ってきた。 炭治郎は二人に近づき、多く抱えてきた木の枝を持ってあげる。 「お兄ちゃん、ありがとう」 「ああ。 二人も、拾ってきてくれてありがとう」 「兄ちゃん、あとで俺ともおにごっこしよう!」 「ああ、いいぞ」 楽しそうに三人は、笑いながら家まで歩いていく。 家の中から、家事をしていた禰豆子と母親の葵枝が出てくる。 そこに木を切っていた竹雄も来た。 カナエはその幸せな家族を見て、少し勘違いしていたことに気づいた。 炭治郎が鬼なのは、間違いない。 そして太陽の光を克服したので、これから鬼舞辻無惨から追われることになる、ということも。 しかし仲間がいないなんてことは、なかった。 むしろ炭治郎には仲間なんかよりも大事な、家族がいる。 絶対に切れないであろう、家族の絆があった。 炭治郎の家族を見て、カナエは殺された両親を思い出し、そして蝶屋敷にいる妹のことを想って会いたくなった。 カナエと義勇は、また来るということを炭治郎に伝えてその山を下りた。 「冨岡くん、このあとどうする?」 「……どうする、とは」 「お館様に、どう報告する?」 「……俺には関係ない」 「えっ、どういうこと?」 すでに自分達の鎹鴉が、お館様に報告しているだろう。 それに報告をするにしても、手紙が下手な俺よりも胡蝶カナエがやった方が、必ずしっかり詳細をお館様に伝えてくれる。 だから、「俺には関係ない」 そう言って義勇は、カナエを残して次の仕事に向かった。 「はぁ……やっぱり冨岡くんは、何を言っているのかわからないわ……」 次の話はこちらです。

次の