桑田佳祐。 哪些华语歌手翻唱过桑田佳佑的歌?_百度知道

哪些华语歌手翻唱过桑田佳佑的歌?_百度知道

桑田佳祐

サザンオールスターズの「桑田佳祐」さんと「原由子」さん。 2人は1982年に結婚し、桑田さんと原さんの間には2人の子供(長男・次男)が生まれています。 そこで今回は、1986年生まれた長男の「桑田祐宜(くわたゆうき)」さんの知られざる出産秘話に関してご紹介したいと思います。 東京・世田谷区にあった井村産婦人科で産まれた祐宜さんは、体重3020グラムと玉のような赤ちゃんだったと言います。 当初、桑田佳祐さん(当時29歳)は「出産予定日は25日頃」とマスコミにも伝えており、予定日よりも2週間も早いのではないかと心配されていました。 しかし、出産日の算定法は幾つかあり、その中には2月10日出産というデータもあったことから、特に早産ではなかったことがわかっています。 原由子さん(当時29歳)が陣痛を訴えたのは、前日の2月9日でした。 産婦人科の井村有斐院長を始め、看護婦が待機し、翌日には元気な赤ちゃんが誕生したのです。 ちなみに桑田さん夫妻が井村産婦人科を選んだのは、サザンオールスターズのメンバーの奥さんが井村産婦人科で出産していることとに加え、岸田今日子さんなどの芸能人がお世話になっていたからでした。 原さんは妊娠が判明して以考、ずっとこの病院で検査を受けて井村院長の指導を受けていたのです。 そのこともあり、出産に付き添っていた井村院長は「おめでとう!丈夫な赤ちゃんだよ」と太鼓畔を押しました。 「赤ちゃん 見た瞬間、非常に男前だと思った。 ロ元とか目鼻立ちは、桑田君に似てハンサム。 色白の所は、由子さんにそっくりだよ」とベタ褒めしたのです。 出産直後、原さんは感激の表情で、「どうもありがとうございました」と井村院長にお礼を言いました。 その時の桑田さんは、原さんの両親らと共に産室の前の待合室で、出産を今か今かと待ち構えていたのです。 そうして赤ちゃんの元気な産声を耳にした時、桑田さんは「感動で背筋がゾクゾクした」とのことで、「由子は偉大だ!由子は偉大だ!」と何度も呟いていました。 やがて桑田さんも産室に入って、赤ちゃんと感激の対面を果たします。 看護婦さんがまだヘソの緒がついている赤ちゃんを抱きあげて「男のお子さんですよ」と見せると、桑田さんは、「やった、やった!」とガッツポーズを取り、喜びを全身で表現しました。 父親になった喜びは誰しも同じだと思いますが、桑田さんの場合は、その喜びがいっそう大きかったのです。 結婚式のインタビューでも桑田さんは、 「子供は1日も早く欲しい。 パースコントロールなんかはしませんよ」 とコメントしています。 けれども、桑田さんと結婚する2年前の1980年5月に、原さんは卵巣のう腫で左側卵巣の摘出手術を受けていました。 2つある卵巣の1つを取り、非常に妊娠しにくい体質になっていたのです。 また妊娠しても、流産する可能性が大きいとされ、それだけに原さんの妊娠が発覚した時も、桑田さんはすぐに原さんを入院させて大事をとってきました。 原さん自身も心配して、出産に関する本を何冊も買って熟読し、桑田さんも同じ本を読み、原さんの買い物や散歩には必ず付き添って行ったと言います。 悪条件を克服し、見事待望の赤ちゃんを前にして、喜びは普通の父親の何倍も大きかったことでしょう。 赤ちゃんの名前は、桑田さんの名前から一字取って「祐宜」となりました。 産まれる以前から「ユウキ」という名前にしようとは決めていましたが、字画の問題などがあり、桑田さんと両親とが漢和辞典とにらめっこして決定したと言います。 実は当時、井村産婦人科には、超音波断層装置という妊娠7カ月以後の妊婦の体を透視撮影して、産まれてくる赤ちゃんの性別を判定する装置があり、原さんもこの超音波断層装置で、先生から「赤ちゃんは男の子」と伝えられていました。 現像された胎児写真を見て「あ、ついてる!」と言って桑田さんと原さんが手を取り合って喜んだというエピソードもあります。 原さんの出産後の経過は順調で、入院中は原さんのベッドの側にベビーベッドを起いて、赤ちゃんのオムツの世話をしました。 桑田さんも病室に付きっ切りで、馴れない手つきで手伝っていたのです。 退院は2月19日。 ほんとうは18日に退院の予定だったのですが、その日が仏滅だったとのことで、桑田さん縁起をかついで1日延期し、19日は大安に退院したのでした。 さてさて、そんな祐宜さんも2019年5月現在で33歳になる年齢です。 2013年頃にはインディーズの4人組ロックバンド「READ ALOUD(リード・アラウド)」でボーカル兼ギターを担当するなど、両親と同じく音楽の道に進んでいました。 現在、祐宜さんがどのような仕事をしているのか、またこれからどのような活動をしていくのか? 気になるところです。 Sponsored Links.

次の

サザン桑田佳祐が「政治風刺はやめない」宣言 『紅白』でも安倍批判で物議

桑田佳祐

桑田佳佑-明日晴れるかな 日劇「求婚大作戰」主題曲 印象中初聽到這首歌應該也是在中廣音樂網聽到的吧... 喜歡這整首歌的旋律還有桑田佳佑那滄桑沙啞又帶點鼻音的獨特嗓音及唱腔,也喜歡他尾音抖音的處理方式,非常有自己的風格,有別於傳統日本演歌那種顫抖尾音的歌唱技巧;雖然聽不懂裡面日文歌詞內容,不過就是覺得好聽。 尤其是桑田佳佑那一聲尖叫後的那段間奏音樂聽來更是大快人心,也將聽歌的情緒帶到最高潮。 更喜歡的就是當這首歌的尾聲又再度揚起與前奏一樣的那段鋼琴獨奏音樂,那種的前後相呼應,不由讓人有種「由絢爛漸漸歸於平淡」的心境轉變。 桑田佳佑很多動聽的歌也都被港台男歌手拿來翻唱,像范逸臣的「piano」翻唱自「旅姿六人眾」、蘇永康的「他愛了我好久」翻唱自「海嘯」、張學友的「 每天愛妳多一些」翻唱自「真夏の果實」等等...... 我倒是沒看過「求婚大作戰」,自從十幾年前看過「東京愛情故事」、「愛情白皮書」、「同班同學」、「東京仙履奇緣」、「一個屋簷下」、「危險戀人」等等.... 那年代的幾齣日劇後,之後很長一段時間不曾再看過其他日劇,更別說韓劇了 我不知哪來的排韓心態作祟,堅持不看韓劇。 直到最近這兩三年才又有機會跟著小妹看「一公升的眼淚」、「不結婚的男人」、「華麗一族」這幾部日劇。 不過說真的,日劇再怎麼看感覺還是比台灣的戲劇來得有質感。 不管嚕...

次の

博客來

桑田佳祐

サザンオールスターズOfficial Siteより 本日放送される『第69回NHK紅白歌合戦』。 当初は「目玉不足」が叫ばれていたが、「特別枠」により、米津玄師やサザンオールスターズなどの出演が次々と決まっていき、平成最後の『紅白歌合戦』にふさわしい華やかさが出てきた。 今回の『紅白歌合戦』の最後を締めるのはサザンオールスターズ。 大トリの嵐の後に登場し、「勝手にシンドバッド」「希望の轍」の2曲を歌う予定だ。 サザンオールスターズの『紅白歌合戦』への出演は2014年以来4年ぶり5回目だが、大晦日恒例のカウントダウンコンサートからの中継である場合が多かった。 しかし、今回はNHKホールでの歌唱となる。 『紅白歌合戦』でサザンオールスターズがNHKホールのステージに立つのは、なんと1983年以来35年ぶりとなるという。 サザンオールスターズが前回の『紅白』出場時に起こした大騒動 先に述べた通り、サザンオールスターズの『紅白歌合戦』出場は2014年以来だが、4年前の出場時に大騒動を起こしている。 この年にサザンが歌ったのは、2013年リリースのシングル「ピースとハイライト」。 この曲には、<教科書は現代史を/やる前に時間切れ/そこが一番知りたいのに/何でそうなっちゃうの?>、<歴史を照らし合わせて/助け合えたらいいじゃない/硬い拳を振り上げても/心開かない>、<都合のいい大義名分(かいしゃく)で/争いを仕掛けて/裸の王様が牛耳る世は…狂気(Insane)/20世紀で懲りたはずでしょう?/燻る火種が燃え上がるだけ>といった歌詞が含まれており、安倍政権下における日本社会の右傾化や歴史修正主義の広がりを風刺した曲としてリリース当初から話題となっていた。 そういった風刺はミュージックビデオでより露骨に描かれており、習近平国家主席とオバマ大統領(当時)、朴槿恵大統領(当時)と安倍首相、それぞれのお面を被った人物が取っ組み合いのケンカをしているのを、戦隊ヒーローに扮したサザンのメンバーが仲裁し、最後には国のリーダー同士が握手をするというシーンがある。 問題となった2014年の『紅白歌合戦』にサザンは、横浜アリーナで行われていたカウントダウンコンサートからの中継というかたちで登場。 その際、桑田佳祐はチョビ髭をつけて登場した。 歴史修正主義や、東アジアの緊張を煽ろうとする安倍政権やその支持者を批判した歌詞ともあいまって、ネトウヨ層が激怒。 放送直後から大炎上した。

次の