スタンダードプードル。 優雅で気品溢れるスタンダードプードルの歴史や魅力とは?性格・人気のカラー・子犬の安い地域などをご紹介

スタンダードプードルの魅力はどんなところ?しつけ・価格・性格は?

スタンダードプードル

スタンダードプードルの平均寿命は? スラリと伸びた足にカールした体毛が特徴的なスタンダードプードルは、日本ではお馴染みのトイプードルの原型の犬種で、寿命は12年~15年と言われています。 大型犬の中では標準的な寿命で、古来からの原型を失わず現代まで保持された事である程度頑丈な体を持っています。 スタンダードプードルの寿命と長生きするコツ スタンダードプードルは元々泳ぎが得意など運動神経が良い犬種です。 その為基本運動量が多く、運動不足になるとストレスで攻撃的になったり破壊的行動が増える可能性があります。 しっかり運動をしてエネルギーを発散させてあげれば穏やかな精神状態を保てるので運動時間はしっかり確保してあげましょう。 スタンダードプードルは家族に対して愛情深い性格です。 購入をする際は室内犬としての飼育がベストなので、室内の環境を整えてあげましょう。 コミュニケーションをしっかり取る事が必要な犬種なので長時間ひとりで過ごさせる事はお勧めしません。 ひとりぼっちの時間はスタンダードプードルにとって閉鎖的な性格を作ってしまう原因となります。 遊びが大好きな犬種なので、飼い主が定期的に運動や遊び、トレーニングに連れ出してあげると良いでしょう。 スタンダードプードルの体毛は細く緻密で縮れています。 絡まりやすい毛質なので放置するとフェルト状に固まってしまうのでほぼ毎日ブラッシングをしなくてはなりません。 Sponsored Link スタンダードプードルのかかりやすい病気は? スタンダードプードルがかかりやすい病気は日々の予防やお手入れで予防できるものもあります。 その反面遺伝性の疾患や先天性のものもある為、定期的な健康診断が必要です。 アジソン病は副腎皮質ホルモンが不足する事で発症し、腎皮質機能低下症とも呼ばれています。 クッシング症候群はアジソン病とは反対に副腎皮質ホルモンが多量に分泌される事で引き起こされます。 胃捻転は大型犬に良く見られる病気で、命の危険がある為発症すると緊急性が高い病気です。 皮脂炎線は遺伝性の皮膚疾患でスタンダードプードルに良く見られる病気です。 関節が弱い犬種の為、股関節形成不全や膝蓋骨骨折などの関節系疾患を発症しやすい傾向があります。 スタンダードプードルの病気のサイン 病気はどんなに予防していてもかかってしまう事があります。 愛犬が重大な病にかかった場合、早期発見と早期治療が重症化するかしないかを分ける鍵となる事もあるので普段から健康チェックを忘れない様にしましょう。 アジソン病を発症すると元気がなくなり、食欲不振などの症状が見られます。 クッシング病はその逆で沢山の水を飲み、沢山フードを食べたり、多尿などの症状が現れる事があります。 そして食欲とは反対に痩せてしまいます。 胃捻転は吐き気、嘔吐、大量のよだれなどの症状が出ます。 股関節形成不全は歩行に異常が出て、ふらついたり、躓いたりします。 皮脂炎線は発症すると頭部、頸部、背中が脱毛し、乾燥した鱗の様な状態になります。 深刻な症状になると二次的皮膚感染お起こしたり、皮膚が厚くなり不快な臭いを発します。 スタンダードプードルの老化のスピード 平均寿命が12年~15年のスタンダードプードルは7歳を過ぎた辺りから老化を感じる事があるそうです。 活発な動きが減って寝てばかりいる、食欲が落ちてフードを残す様になった等、老齢化が進むと様々な弊害があるので、運動量や食事の内容を見直す必要があります。 スタンダードプードルの老化に伴う外見の変化 スタンダードプードルの老齢化が進むと、外見にも変化が見られる様になります。 引き締まった体は弛み、お腹が垂れてきます。 運動量が減る為、肥満化する事もあるでしょう。 お尻の肉が落ちて、全体的に痩せた様な状態になる事もあります。 体毛は艶が無くなり、瞳が白内障で白く濁る事もあります。 スタンダードプードルに似た犬種 、ミニチュアプードル、ミディアムプードル 老犬におすすめの食べ物は? スタンダードプードルにとって最適なフードを選ぶポイントは栄養バランス、グルテンフリー(穀物を一切使わない)、ヒューマングレード(人間が口にするものと同等の品質の食材を使用)の3つです。 運動能力が高いスタンダードプードルには動物性タンパク質が豊富なフードを選ぶ必要があります。 その他にも関節のケアに必要なグルコサミンや、コンドロイチン、眼疾患予防にビタミンやミネラル、皮膚のケアに必要な鶏脂やサーモンオイルなどが含まれたフードを選ぶと良いでしょう。 アレルギー物質によって発症するアレルギー性皮膚炎を予防する為、グルテンフリー、ヒューマングレードのフードを選ぶ必要があります。 老齢化したスタンダードプードルは食欲不振になる事がある為、フードをふやかしたり、缶詰やパウチタイプのフードを混ぜて食欲を刺激しましょう。 ラム肉やささみ肉等を茹でて与えても良いでしょう。

次の

スタンダード・プードルの特徴・性質、飼った場合の費用、動画をチェック!

スタンダードプードル

契約解除の際は仔犬代金のみの返金となります。 (ワクチン代、空輸代、交通費は自己負担) (B)死亡の場合(感染症・伝染病) 譲渡日より7日以内に感染症・伝染病が原因で死亡した場合は、同種、同様の仔犬と代替え保証または、契約解除とさせていただきます。 契約解除の際は仔犬代金のみの返金となります。 (ワクチン代、空輸代、交通費は自己負担) (A)(B)二か所以上の獣医師の診断書が必要となります。 治療費及び諸費用はお客様負担になります。 *先天性疾患の場合 譲渡日より14日以内に通常の生活に重大な支障をきたす先天性疾患が認められた場合は、同種、同様の仔犬と代替えまたは、契約解除とさせていただきます。 契約解除の際は仔犬代金のみの返金となります。 (ワクチン代、空輸代、交通費等は自己負担) ただし、二か所以上の獣医師の診断書が必要となります。 治療費及び諸経費はお客様負担となります。 なお先天性疾患とはペットとして飼育不可能な状態を言います。 臍ヘルニア・鼠径ヘルニア・ペコ・股関節形成不全膝蓋骨脱臼・レッグヘルペス・噛み合わせ・皮膚トラブル・アレルギー・涙やけ・チェリーアイ・弱視・毛色の変化・サイズなど予測のつかないものは除きます。 幼少時、治療が必要かどうかの判断のつきにくい生体は保証及び治療費負担は致しません。 *当犬舎では、譲渡前に必ず獣医師による簡易的健康診断を行い譲渡しております。 万が一、疾患の見落としがあった際には譲渡日より7日以内に獣医師の診断書を提出下さい。 診断書は、【現在の状態】【今後どのような症状に発展するか】を明記してもらって下さい。 生後49日未満であっても購入検討のために犬舎見学をすることは可能です。 犬舎見学 可能(あらかじめ日時の予約が必要) 出来るだけ前日に予約をお願い致します。 当日は、お断りする場合があります。 犬舎見学時 もしくは子犬の引き渡し時に、子犬とブリーダーに対面する必要がございます。 両親PRAクリアなので、子犬もクリアです。 巣立ちまでにブルー、シルバー、グレー どのカラーになるのかハッキリ分かりません。 どのカラーになっても大切にしてくださる オーナー様からのお問い合わせ宜しくお願い致します。 シルバーかなぁ?って感じですが… 3月3日現在、体重2. 1キロです。 性格は、控え目な子です。 健康診断を受けてからの、お引き渡しになります。 安治川ブリーダーの評価(15件の評価) ミニチュア・ダックスフンド ロング (ID:190613029)におきまして、 「 非常に良い」と評価されました 2019年07月24日 17時56分 ダックスフンドを飼いたいと思い探している時にブリーダーズさんの子犬の情報見ました。 すぐにブリーダーさんに見学を申し込みました。 見て、抱いてしまったら可愛くて購入を即決しました。 問い合わせから引き渡し迄メール等で丁寧に対応してくださり有り難うございました。 わからない事は相談にのっていただけるので心強いです。 ブリーダーさんが大切に育てた花ちゃんを家族の一員として大切に育てていきたいと思います。 (香川県 女性) ミニチュア・シュナウザー(ID:190324035)におきまして、 「 非常に良い」と評価されました 2019年05月24日 15時45分 犬を飼うことを決心し、ペットショップで見聞したり、インターネットで調べるうちにブリーダーさんから直接頂くことがベストだと思いました。 また『ブリーダーズ』さんの会社の概要や方針等に納得し、ブリーダーさんから購入することに決めました。 今回は、遠方のために見学は断念し、不安はありましたが、出張対面引き渡しということになりましたが、ブリーダーさんは、そのような不安を毎日のようにメール等により、和らげてくださいました。 この間、ブリーダーさんの考え方や取り組み方が垣間見え、引き渡し日もご夫婦で実家へ連れてきていただき、直接お会いしましたが、このブリーダーさんで本当に良かったと安心しました。 インターネットでの子犬の購入も、このようなブリーダーさんと意思疎通が図れ『ブリーダーズ』さんのような会社が存在すれば、問題はないと考えます。 素敵な「ソラ」君を家族の一員として迎え入れ、楽しく、忙しく、頑張っている毎日です。 (島根県 男性) ミニチュア・シュナウザー(ID:190324034)におきまして、 「 非常に良い」と評価されました 2019年05月18日 21時40分 今回、とても可愛いミニチュアシュナウザーを迎えることができました。 ゴールデンウィーク中にも関わらず、すぐに対応してくださったので、スムーズに面会することができました。 お家も清潔で、また、不安点や疑問点もすぐに教えてくださったので、安心して新しい家族を迎えることができました。 ありがとうございました!(香川県 女性) ミニチュア・ダックスフンド ロング (ID:190406006)におきまして、 「 非常に良い」と評価されました 2019年05月05日 20時06分 ゴールデンウィーク期間中にも関わらず、問い合わせに対するご返信もすぐにしていただけました。 空輸での購入に対する不安な気持ちもありましたが、親身に対応して下さいました。 実際に迎えた子犬もシャンプー済、爪切り、ひげも切ってあり、清潔な状態にしていただいておりましたので、安心して迎えることができました。 今後の事にも相談に乗っていただけるとの事で、とても心強く思います。 (愛知県 男性) トイプードル(ID:190202004)におきまして、 「 非常に良い」と評価されました 2019年03月13日 06時21分 問い合わせから引き渡しまで丁寧で変更等があった際も迅速に対応して下さいました。 犬を飼うのも初めてで購入後も不安でしたが、相談しやすく状況に応じてアドバイスを頂けるので、安心しています。 (広島県 女性) ブリーダーからのコメント この度は、遠方よりお越しいただき、ありがとうございました。 これから、色々大変だと思いますが、この子を宜しくお願い致します。 2019年03月13日 07時51分.

次の

スタンダード・プードルの特徴・性質、飼った場合の費用、動画をチェック!

スタンダードプードル

スタンダードプードルの歴史 プードルはフランスの国犬であることからフランス原産と考えられてきましたが、実は古くから東西ヨーロッパ全体にプードルと思われる犬が存在していました。 歴史的研究が進んだ結果、発祥はロシアまたは中央アジア北部であり、長い時間をかけて地域の犬と交雑されながらヨーロッパを横断し、ドイツからフランスへ入る頃には現在のプードルに近い形になったというのが現在の有力な説とされています。 16世紀までのプードルは、現在のかそれよりやや大きいサイズだけに限られており、使役犬として荷車を引き、水猟犬としてカモ狩りに従事するなどの働きをしていました。 胸回りや足先など体の一部を保護するための被毛を残してカットされる独特のトリミングは、水猟犬としてのニーズから行われたのが始まりとされています。 ドイツで猟犬として働いていた彼らは、フランスでも当初は猟犬として入り、カモ猟の犬という意味の造語で「caniche」と呼ばれました。 17世紀に入る頃になると、小さく作られたが、フランス上流階級のあいだで愛玩犬として人気を博すようになりました。 プードルはこの時期までに、すべてのサイズバラエティが存在していたと考えられています。 賢く、訓練性能が良く、人に親しむプードルたちはスタンダード以外のサイズも、サーカスで芸を見せたりトリュフ探しに使われたりするなど様々な目的で使役され、その場に合った改良をされてきたものと考えられます。 しかし、トイサイズまでのミニチュア化の経緯は今もって不明なままです。 実猟に使われる機会が減ってきたスタンダードプードルは、足場の悪さに耐える足腰の強さと知的判断能力を生かして、近年では災害救助犬としての活躍に注目されています。 サイズのバラエティは多くとも、それぞれのプードルの能力には違いがなく、あえて言うならば大型のスタンダードプードルはほかの3サイズに比べて神経質な面が少ないというくらいです。 身体構成もサイズによって比率が異なるだけで、そのまま縮小・拡大できるバランスとなっています。 訓練性能や知能、基本的な性格も各サイズ共通しています。 近年ではトイプードルよりさらに小さいやなども登場しています。 サイズを縮小して愛玩犬化してもなお、プードルらしい資質が失われず、矮小化に伴う遺伝病リスクを慎重に避けながら発展してきたプードルは世界中の家庭と多様な場面で、現在も愛され続けています。 スタンダードプードルの飼い方 美しく優雅な容姿ですが、プードルはもともと猟犬ですので、体力があります。 好奇心も強いので、ありあまる体力を放置しておくと、暇つぶしと欲求不満で、室内やケージ内を荒らすなどのいたずらをしてしまうことがあります。 サイズに合わせて十分な散歩と、ゲーム的な運動や、環境が許せば水泳などもさせてあげましょう。 毛が抜けないから手入れが楽だと考えられがちなプードルですが、抜け毛がまったくないわけではありません。 また、独特の細かいカールにより絡まりやすいため、ブラッシングをしないとフェルト状になってしまいます。 できれば毎日、少なくとも週に2~3回はブラッシングを行いましょう。 頭や手足、胸の被毛を丸く大きく残すプードル独特のトリミングは、ある程度の長さが必要です。 このトリミングを予定している場合は、毛が絡まらないように伸ばしておかなくてはいけません。 スタンダードプードルの毛色 プードルの毛色は単色(ソリッドカラー)を理想としていますが、濃淡については認められています。 ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、カフェオレ、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあります。 スタンダードプードルの気を付けたい病気 プードル全般において、アジソン病、クッシング症候群など、副腎にかかわる内分泌由来の疾患が好発するとされています。 アジソン病はスタンダードプードルで、クッシング症候群はほかのサイズのプードルが好発犬種です。 アジソン病は少しずつ元気がなくなり、弱ってきます。 クッシング症候群は多飲多尿などの症状があり、脱毛や肥満、元気がなくなるというものです。 診断には血液検査が必要ですので、最近元気がなくておかしいと思われたら、具体的な理由がなくても受診するようにしましょう。 サイズに関わらずプードルは骨折の多い犬種として知られています。 スタンダード以外のサイズに多く、体力を過信することにより高すぎる場所から飛び降りるなど、ドッグスポーツでの運動中に起こることも多いようです。 運動能力の高い犬種ではありますが、関節炎の起きやすい犬種でもありますので、着地の際など体重の負荷がかかることを考えて、無理のない運動を心がけましょう。 スタンダードプードルの価格相場 グループサイト、『』における、スタンダードプードルの直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約 28万円、最高価格は 44万円、最低価格は 13万円です。

次の