ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ。 【ノーサイドゲーム】ネタバレと原作の結末あらすじ。黒幕はまさかのあの人!

ノーサイドゲーム ドラマ原作あらすじやキャスト相関図!大泉洋が池井戸潤と初タッグ!

ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ

脇坂と風間の関係 サイクロンズ戦に向けて、練習を重ねるアストロズ。 浜畑はブレイブス戦で痛めた膝のリハビリのため、別メニューの練習をしていた。 そこに練習の様子をメモしている怪しい男性を見かけ、声をかける。 その男は、今年からブルズのGMを務める赤木一輝(櫻井翔)だった。 他のGMたちに相談すると、アストロズのチーム改革を見習うべきだと言われ見学に来たのだと言われる。 未来のためにできることをしたいと言う赤木と、一緒に改革を進めようと固い握手を交わすのだった。 木戸の元を訪れた君嶋は、木戸に意見する富永に遭遇する。 ワールドカップの成功が全てだと言い、国内のリーグについては改革は必要ないと言い放つ富永。 富永が帰った後、改革案について木戸に意見する君嶋。 何人ものGMが、君嶋の改革案に賛同していることを伝えると、心が動く木戸だった。 滝川の元を訪れた君嶋は、脇坂について何か分かったのかと聞かれ、調べたことを報告する。 脇坂と風間は、高校時代の同級生だったのだ。 蹴球協会の改革への第一歩 トキワ自動車の取締役会が開かれ、脇坂はアストロズの予算を半分に削減する提案をする。 予算を削減すれば、プラチナリーグに出場できなくなるという意見もある中、蹴球協会の運営方針が変わらない以上、回収できない予算をそのままにすることはできないと言う脇坂。 しれに対し君嶋は、昨年からチケットの売り上げも上がったとともに、優勝争いを繰り広げるまでに成長したことを報告する。 それでも協会が変わらないことを挙げ、予算削減案にたいする決議を求める脇坂。 そこに木戸からメールが入る。 取締役会と並行し、蹴球協会でも理事会が開催されていて、富永が解任されたのだった。 木戸は君嶋の意見に心を動かされ、日本のラグビーを守るために改革案に乗り出したのだ。 君嶋のその報告により、アストロズの予算削減案は非承認となる。 面白くない脇坂は、アストロズの件は終わったのだから出て行くようにと促すが、島本がそれを制止する。 最終議案は君嶋から提案されたものだと説明する島本の言葉に、驚く脇坂だった。 カザマ商事買収事案についての、コンプライアンス上の問題が生じたと説明する君嶋。 カザマ商事の隠蔽工作に、ある人物が関わっていたと説明を続ける。 座礁事故の際に、自社のバンカーオイルに問題があることに気づいた風間は、ある人物に相談したと言う。 その人物はオイルの隠蔽についての助言を行うとともに、その件を隠したまま買収案を滝川に持ちかけるよう指示したのだった。 そして買収直前にその件を指摘することによって、滝川を失脚させたと説明し、「そうですよね、脇坂常務。 」と言う君嶋。 根拠がないと反論する脇坂に、証人を呼んであると言い、その人物を招き入れる。 失脚する脇坂 そこに現れたのは、風間だった。 何でも話すと言い、脇坂を指差しながら「この男の指示で全てやったんだ。 」と言う風間。 脇坂は自分の出世のために、風間を利用して滝川を失脚させたのだった。 君嶋は脇坂に対し、正々堂々と戦うことができない卑怯者だと言い、「あなたこそこのトキワ自動車から、さっさと出ていけ!」と一喝するのだった。 プラチナリーグの優勝戦であるサイクロンズ戦が始まり、選手たちにラグビーや人生の素晴らしさを教えてくれたことを感謝する君嶋。 そして出会えてよかったと言い、優勝を誓う選手たち。 観客席も満員の中、試合が始まる。 開始早々に佐々のタックルや七尾のトライで得点をあげる。 好調な滑り出しを見せる一方で、七尾がラックに入れないメンタル面を心配する柴門。 サイクロンズは里村がポジションを離れ、攻撃のラインとして加わることで、攻撃人数を優勢に戦う作戦を使ってくる。 サイクロンズとの攻防戦 次々とパスを繋ぐサイクロンズ。 タックルを決めてボールを奪いながらも、倒されるアストロズ。 そんな中七尾は、意を決してラックに飛び込んでいき、ボールを奪い返すことができた。 精神面での恐怖感を克服し、浜畑と顔を見合わせる七尾だった。 だがその後は、七尾の動きをことごとく読まれ、封じ込まれて反撃できずにいた。 しかもアストロズが作り出したノールックプレイまで、里村が使ってくるのだった。 屈辱感を味わいながら前半戦を終えるアストロズに、観客席全員がアストロズの応援歌を歌う。 後半は浜畑が出場することになる。 グランドに向かう浜畑のケガを気遣う君嶋に、「俺の選手生命は今日で終わりです」と告げる浜畑。 あなたに会えてよかったと言う浜畑を、抱きしめる君嶋だった。 後半戦が始まり、浜畑と七尾のダブルスタンドオフにより、攻撃の幅を広げるアストロズ。 七尾のドロップゴールも決まり、2トライ差まで詰め寄る。 その後相手の裏をかき、岬のトライが決まる。 だがサイクロンズも負けてはいなかった。 一進一退の攻防が続き、残り2分1トライで逆転するところまで追いつめるアストロズ。 里村をアストロズ全員で止め、みんなでパスを繋ぎ、ボールを持った浜畑が走る。 タックルを受けながらも、ボールを死守し、七尾にパスを繋ぐ浜畑。 そして七尾が逆転のトライを決め、見事アストロズが優勝するのだった。 君嶋は本社に復帰し、経営戦略室長としてアストロズを支えることとなる。 君嶋に代わってGMとなったのは、今季で引退した浜畑だった。 「ノーサイドゲーム」最終話10話のTwitterの反応 の余韻から覚めない。 ヤバイ になりそう。 歩くのがやっとなので昔を思い出してますます涙が止まりませんでした! — 古川佳宏 GQqSJncK31of1HW 今からノーサイドゲーム最終回をおみまいされたいと思います。 あー、観たら終わっちゃうんだなぁ。 悲しい。 *2020. 17現在 ではPC,スマホ,タブレット、TVで視聴可能です。 そして、登録後2週間以内に解約すればお金はかかりません。 (もちろん月額925円(税抜き)を払って、そのまま会員を続けても問題ありません。 ) そのやり方を詳しく説明いたします。 以下はスマホの画面の画像ですが、PCでも基本的には同じです。

次の

『ノーサイド・ゲーム』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ

トライアル期間中は無料で見れます! スッタフ・キャスト 原作 — 池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」 脚本 — 丑尾健太郎 演出 — 福澤克雄 主題歌 — 米津玄師『馬と鹿』 君嶋隼人 — 大泉洋 君嶋真希 — 松たか子 岸和田徹 — 高橋光臣 七尾圭太 — 眞栄田郷敦 佐倉多英 — 笹本玲奈 星野信輝 — 入江甚儀 鍵原誠 — 松尾諭 脇坂賢治 — 石川禅 吉原欣二 — 村田雄浩 新堂智也 — 藤原光博(リットン調査団) 富野賢作 — 佐伯大地 藤島レナ — 阿部純子 中本理彩 — 山崎紘菜 吉田夏帆 — 南端まいな 本波寛人 — 天野義久 浜畑譲 — 廣瀬俊朗 安西信彦 — 齊藤祐也 佐々一 — 林家たま平 友部祐規 — コージ(ブリリアン) 里村亮太 — 佳久創 有馬真吾 — 村田琳 笠原豪 — 笠原ゴーフォワード 柴門シオリ — 川田裕美 青野宏 — 濱津隆之 「多むら」の女将 — 鳳稀かなめ 島本博 — 西郷輝彦 柴門琢磨 — 大谷亮平 津田三郎 — 渡辺裕之 風間有也 — 中村芝翫 滝川桂一郎 — 上川隆也 中本元気 — 勝山翔 玉木俊太 — 榎本鉄平 高輪祐太 — 眞弓葉詩 飯野雄貴 — 飯野雄貴 西荻崇 — 田沼広之 岬洋 — 鶴ケ﨑好昭 林田公一 — 株木孝行 立川悟 — 水本竜弥 端本太郎 — 端本太郎 大和航平 — 北川勇次 仲村慎祐 — 仲村慎祐 伊吹誠介 — 伊吹誠介 森本竜馬 — 森本竜馬 石川悠太 — 石川悠太 秋元太一 — 板垣悠太 小野勘太 — 邉津勘太 戸村銀太郎 — 髙橋銀太郎 岩爪航 — 岩爪航 井上卓哉 — 井上卓哉 新井龍一 — 新井龍一 阿久根潤 — 阿久根潤 工藤元気 — 工藤元気 スポンサードサーチ 『ノーサイド・ゲーム』9話 あらすじ トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。 経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。 君嶋はある資料を用意していた。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。 しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。 そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。 tbs. html) ここからネタバレあらすじ イギリスで起きたタンカー座礁事故の原因はカザマ商事のオイルだった。 カザマはその事実をオイルの調査を行なった森下教授に金を積んで隠蔽していた。 カザマ商事買収に関する会議にて、君嶋はカザマ社長が森下教授に支払った金の受領書と青野の証言の資料を準備し、会議に臨席。 論破された滝川・・・。 君嶋は滝川がカザマの不正を知らなかったことに驚き、面食らう。 一方で、脇坂は出世。 常務となった。 脇坂は来年度以降のアストロズの予算縮小を伝える。 アストロズは勝ち続け、ホームページからのチケットは前年比230%、広告収入も得ている。 昨年よりも収益を上げていた。 なのになぜ、予算縮小なのか・・・。 脇坂はラグビー部を潰そうとしていた。 「俺は気に入らないものは全て切り捨ててきた。 最終的にラグビー部は廃部だ。 」 ラグビー部に何がどう足りないのか理論的に攻めてきた滝川と違い、脇坂は「ラグビー部なんて潰せばいい」の一刀両断。 君嶋は唖然とする。 君嶋の様子がおかしいことに気づいた浜畑。 君嶋は予算縮小のことや全てを話す。 しかし、アストロズのみんなは、目の前の試合をやるだけだと言う。 そんな中、アストロズでは柴門が、七尾の弱点を発見した。 七尾はの弱点はジャッカル。 七尾はこのジャッカルの最中に足を怪我したため、苦手なようだ。 そして勝負のブレイブス戦を迎える。 ブレイブスはジャッカルが得意なチームだ。 スタメンはずっと七尾だったが、浜畑にチェンジした。 ジャッカルへの対応は、七尾より浜畑の方が上だ。 しかし、試合中、浜畑は怪我をしてしまう。 七尾は交替を申し出るが、浜畑はそのまま出場。 「この試合勝たな優勝できん 俺の足なんてどうだってええのや。 俺は勝つ。 逃げて負けるのは死ぬより嫌や。 分かったら黙って見とけ。 」 後半に入っても両者一歩も譲らず、ブレイブスのわずかなリードで残り15分を迎えた。 浜畑の頑張りでアストロズの勝利。 試合後、君嶋は滝川がアストロズの試合を見にきていることに気がついた。 「脇坂がラグビー部を潰そうとしているようだな。 新たな敵が現れたというわけだ」 「正直、滝川さんの方がよほどよかったです。 あなたにはラグビーの愛情があった。 ラグビー部を本当に潰そうと思えばもっと早くできたはずです。 滝川さんの指摘はいつも厳しくはありましたが、正しかった。 今思えば、滝川さんは全てに対してフェアだった」 滝川の父はラグビーをやっていた。 実は滝川もラグビーをしてみたいと思っていた。 しかし家業が傾きラグビーはできなかった。 学生時代はバイトに明け暮れていた滝川・・・そしてカザマへの恨みにつながる。 「やはりどこかでカザマを見返してやりたいという思いがあったのだろう。 奴から会社をなんとかして奪い取ってやりたいと」 とカザマへの恨みを語りつつ、ラグビーは正々堂々戦う素晴らしいスポーツだと愛を語る。 「カザマのオイルの件、よく調べたな。 感服した。 」 と負けを認める滝川。 「カザマの銀行口座の明細まで用意しているとは、さすがだ。 」 カザマの銀行口座を君嶋は知らない・・・。 ハッとする君嶋。 勘づいた滝川。 脇坂の仕業だ。 「一つだけ言っておく。 君を府中工場に飛ばしたのは、私じゃない。 君はいつも論的だったが、君のような人材こそ経営戦略室に必要だと私は常々思っていた。 それは今もかわらない」 一番信じていた人が一番の敵だった。 『ノーサイド・ゲーム』9話 感想・レビュー 滝川を追い出し常務となった途端、手のひら返しの脇坂。 君嶋を上手く使って、邪魔な滝川を追い出し、今度はラグビー部を潰そうとしている・・・・。 こわっ・・・・・! でも今思えば、そんな感じしてたなあ。 「分かってるんだろうな君嶋。 一旦断った以上、声をかけることはもうないぞ。 」 6話のこれにはゾッとしたもん。 これで信頼できる上司感を失った。 いきなりいい人になる滝川 「あなたにはラグビーの愛情があった。 ラグビー部を本当に潰そうと思えばもっと早くできたはずです。 滝川さんの指摘はいつも厳しくはありましたが、正しかった。 今思えば、滝川さんは全てに対してフェアだった」 と君嶋は言ってましたが そんな感じあった? チケットは前年比230%、広告収入も得ている今、滝川に予算案出してたら、すんなり予算案通るってことだよね。 まじであんまり想像つかないや フツーに急いでラグビー部を潰そうとしている風に見えたけどなぁ〜👀 確かに滝川の言っていることは正しかったけど、ラグビーに愛情があったとまでは思えない・・・。 でも滝川さんみたいな人、リアルかもしれない。 厳しくて意地悪してきている風に見えても、実はいい人って結構いる。 『ノーサイド・ゲーム』10話(最終回) あらすじ カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)はこれまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。 次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案するという。 これが可決されればアストロズは廃部に追い込まれてしまう。 君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。 そしてついに決戦の日を迎える。 tbs. html).

次の

【ノーサイド・ゲーム】5話のあらすじネタバレと感想!君嶋とサイクロンズが窮地に!?

ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ

『ノーサイド・ゲーム』10話(最終回) あらすじ カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)はこれまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。 次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案するという。 これが可決されればアストロズは廃部に追い込まれてしまう。 君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。 そしてついに決戦の日を迎える。 tbs. html) ここからネタバレあらすじ 見覚えのない男がアストロズの練習を見学している。 部員たちはサイクロンズのスパイかと疑うが、彼はブルズというチームの新人GM・赤木(嵐の櫻井翔)だった。 どうやら君嶋のチーム改革はラグビー界で有名らしく、参考にするといいと言われたらしい。 プラチナリーグの改革案を出す君嶋。 赤木をはじめとするGMたちも賛同。 専務理事・木戸(尾藤イサオ)も、ラグビー界の未来を考えてやっと重い腰を上げた。 しかし日本蹴球協会の会長・富永(橋幸夫)は断固として反対・・・。 そんな中、君嶋はトキワ自動車の取締役会議に出席していた。 脇坂(石川禅)がアストロズの廃止を公言、提案し、多数決をとることに。 そ子へ、日本蹴球協会の会長・富永が失脚したというニュースが入る。 これで アストロズの存続は決まった。 さらに君嶋は、最終議案でコンプライアンスの提案を行う。 君嶋は、脇坂がカザマ商事のタンカー事故の隠蔽に関わっていたことを突き止めていた。 カザマの社長(中村芝翫)と脇坂は高校時代の同級生だったのだ・・・! 事故を起こしてしまった風間社長は、脇坂に相談。 脇坂はこの件を利用して、滝川(上川隆也)を失脚させ、自分が出世することを思いついた。 カザマがオイルのデータを偽装したのも、滝川に買収を持ちかけたのも全て脇坂の指示。 「ふざけるなあああ君嶋ぁぁ」 と叫ぶ脇坂。 「根拠もないのにくだらんことをするなぁ!」 「根拠もないのにこんなことはしませんよ」 カザマ社長が出てきた。 カザマは滝川から「その男はお前にとっての友達なんかじゃない。 捨て駒だったんだよ」と言われて大激怒し、役員会議に証人として出席。 これでもう脇坂は言い訳ができない。 「正々堂々とぶつかることもできないあなたはただの卑怯者だ。 そんなあなたにトキワの未来を語る資格はない。 あなたこそ、このトキワ自動車からさっさと出て行け!!!!!!」 弁解の余地のない脇坂は失脚。 そして、君嶋はどうしても負けられない戦いに挑む! アストロズVSサイクロンズの最終決戦。 ついに君嶋の奥さん・真希ちゃん(松たか子)も試合を観に来た。 さすがはサイクロンズ。 前半はやられまくるアストロズ・・・。 移籍した里村に情報がダダ漏れ。 さらに七尾はマークされ続け、膝を怪我した浜畑はベンチ。 後半に入り、紫門監督(大谷亮平)は、七尾を交代にせず、浜畑を入れる。 浜畑の怪我を心配する君嶋。 「俺の選手生命は今日で終わりです。 GMに心から感謝しています。 アストロズがここまで来れたのもあなたのおかげです。 ありがとうございました。 俺もあなたに会えてよかった」 君嶋と浜畑はハグ。 アストロズは、七尾に加えて浜畑が入ったことで、ダブルスタンドオフとなった。 基本は七尾がセンターで浜畑がスタンドオフ。 七尾にマークがつけば浜畑が、浜畑にマークがつけば七尾を中心に攻めればいい。 攻撃パターンが一気に2倍に増える。 紫門がこの1年必死に考えた戦略だった。 浜畑が相手を惹きつけているうちに、七尾がゴールを決める。 試合はうまく進む。 だが、浜畑が負傷・・・。 それでも浜畑はチームを引っ張る。 最後にゴールを決めた七尾! アストロズ優勝!!!!! 喜ぶ君嶋!紫門!社長!滝川!観客たち!!!! その後、君嶋は本社に復帰し、経営戦略室長に就任。 アストロズの部長となった。 そしてなんと、GMに就任したのは浜畑。 『ノーサイド・ゲーム』10話(最終回) 感想・レビュー 予想通りのラストでした。 前々回で脇坂が黒幕だとバレ、最終回ではかなり早い段階で脇坂と日本蹴球協会の会長をやっつけた。 「あとは、サイクロンズやっつけるだけじゃん。 どうせ勝ってハッピーエンドでしょ」 という予想通り優勝してハッピーエンド! それでもやっぱり感動したし、面白かった。 スポーツの力と、米津玄師の力はすごいね・・・・! 櫻井翔が他チームのGM役で登場! 嵐の櫻井くんが「謎の男」役で最終回に出演すると聞いていたのですが、 これじゃあ謎の男じゃなくて不審な男じゃねえか😂 櫻井くんの役どころは他チームの新GM。 勉強のためにアストロズを見学に来ていました。 勝手に見学とかしていいものなの? 社会人ならアポ取れよ・・・。 とか思っちゃったけど、「お!嵐じゃん!」と視聴者を惹きつけるシーンではあった。 そんな櫻井くんは、浜畑役の廣瀬俊朗さんと大学時代の同期らしいです。 け、慶應大学って逸材の集まり・・・・すげえ。 でもまあ、浜畑さんは最後の最後まで棒読みだったなあ・・・。 最後のセリフの「はい。 あの人のこと俺、尊敬してますんで」が、最大レベルの棒で驚いた・・・。 トキワ自動車の未来は君嶋にかかっている トキワ自動車って普通にやばい会社だよな・・・。 大学時代にムカついた同期生を見返すため、私怨で買収計画を進めた滝川(上川隆也)。 滝川を失脚させるため、高校の同級生を利用して滝川に買収を持ちかけ、オイル調査の隠蔽も指示していた脇坂(石川禅)。 滝川は最後にいい奴感出して来たけど、やってること普通に小物😩 大学時代に見下して来た相手がおいしい話を持ちかけてくるはずがない・・・。 なぜ、もっと疑わなかったのか? そして、脇坂は最大級でやばい。 嫌いな滝川を失脚させて自分が出世するために、こんな大それたことをするなんて。 騙されたカザマもカザマだなぁ・・・😩 滝川に買収持ちかけてトキワとカザマが合併したところで、脇坂になんのメリットもないもん。 私利私欲にまみれた汚い大人たちの争い以外の何者でもなかった。

次の