浜崎あゆみマサ専務。 エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発「毎週末のように一緒に吸っていた」《証拠音声・LINE公開》

浜崎あゆみの松浦勝人への歌詞を時系列で!関係は不倫から始まった?

浜崎あゆみマサ専務

「演技の初々しさがリアルな浜崎あゆみっぽくて、良かったです」 まず、アユ役を務める安斉さんの存在感が光っていた。 安斉さんは2019年にエイベックスからデビューしたものの、メディア露出は極力避け、歌手として楽曲を配信するなど音楽活動に特化した芸能活動を行っており、今回のドラマ出演によってそのベールがはがされた「超大型新人」と言える存在だ。 正に、役者としての能力は未知数の状態でドラマの世界に飛び込んだ安斉さん。 そのためか、ネット上ではツイッター上を中心に、「安斉かれんの演技が大根すぎてやばいwwww」といった手厳しい声は多いが、その一方で、「演技はお棒さんだったけど喋り方とかあゆに似せてるっぽいし歌も上手」と、作中で「DEPARTURES」(globe)のアカペラを披露した安斉さんを絶賛している。 また、別のアカウントからも、「演技が下手とか言ってる奴おるけど逆にそこが初々しい感じでいい」「演技の初々しさがリアルな浜崎あゆみっぽくて、良かったです 来週も楽しみです」と、デビュー直後の浜崎さんのリアルな姿を映し出しているのではないかとする声は多く、総じて言うと好意的な声が多いのが特徴的だ。 併せて、三浦さんに対しても「マックスマサを真摯に演じきる三浦翔平、とても好感が持てます」といった高い評価が寄せられているほか、「三浦翔平さん、マサめちゃくちゃハマり役じゃない... ?」と指摘する声も上がっているほどだ。 「田中みな実さんはなぜ眼帯...... ?」の答えが出た!? さらに、ダブル主演の安斉さんと三浦さんを取り巻く脇役たちへの評価も熱い。 とりわけ目立つのが、「もう田中みな実と高嶋政伸の演技が面白すぎて」といった、俳優の高嶋政伸さん(53)とフリーアナウンサーの田中みな実さん(33)だ。 高嶋さんはMAXマサが所属する「a victory」の社長・大浜役で出演。 第1回では役員会議で会社の経営方針をめぐって専務であるMAXマサと激しく対立するなど、今後、MAXマサとアユの目の前に大きな壁として立ちはだかることが予想される描かれ方をしており、今後が注目される役どころだ。 また、田中さんが演じるMAXマサの秘書・姫野礼香役だが、こちらにも視聴者の注目が集まった。 姫野役をめぐっては、放送前から「眼帯をしている秘書」として視聴者の間で話題になっており、「田中みな実さんはなぜ眼帯...... ?」との声が上がるなどしていたが、作中では田中さんがその眼帯を生かし切っているシーンがあった。 ドラマ中盤、MAXマサと専務室でと2人きりになった礼香は「2人だけの時は専務じゃなくて、マサって呼んでいいのよね」と言い放った後、眼帯をしていない左目でMAXマサをギロギロと凝視。 離婚はまだかと言い寄るなど、公使を混同した態度でMAXマサを篭絡しようとしたが、その際の左目の動きは正に鬼気迫るものだった。 加え、右目が眼帯で隠れていることでその動きが強調され、田中さんの左目の動きは狂気を帯びたものに。 礼香が眼帯をするようになった理由が今後、作中で明らかにされるかは不明だが、礼香というキャラを確立するために眼帯が一役買っていることは間違いないようだ。 これら、強烈すぎる個性を持った出演者たちに対し、視聴者からは「浜崎あゆみのドラマ安っぽすぎてみてられへん」といった声も上がっているが、それより目立つのは「このドラマ馬鹿にしすぎやろ爆笑 まぁ笑えるけん見るけどさ」「浜崎あゆみのドラマ見てるんやけど演出と演技が昼ドラみたいで面白い」と、その「ヤバさ」「昼ドラっぽさ」ゆえに、次回以降もついつい見てしまいそうだとする声も続々と上がる事態に。 もはや、浜崎さんのファンはもちろん、アンチすらも巻き込み始めた「M 愛すべき人がいて」は、さながら、「夜の昼ドラ」として、最終回まで駆け抜けるのかもしれない。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

エイベックス社長松浦と浜崎あゆみの馴れ初めがすごい!現在の家族情報や薬事件も深掘り

浜崎あゆみマサ専務

流川は、次々と女の子に声を掛けて、VIPルームに連れて行き、その中に、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿がありました。 マサは女の子の顔を見て次々と切り捨てていき、そのやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。 今まで出会った美人やスタイルのいい女子とは違う! 堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされて、アユに運命的な何かを感じました。 一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也・モデルは小室哲哉)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の 大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。 ドラマ『 』 YouTubeに出たPR動画。 演じる人気プロデューサー輝楽天明の姿もチラリズム。 ライバルの嫌がらせ アユは所属していた芸能事務所「中谷プロ」を辞めて、マサの指示で単身ニューヨークに渡って、厳しいレッスンを受けます。 レッスンを終えて帰国した後、マサの熱心なアユへの指導は、特別扱いしているように映り、デビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを受けることになる。 アユをディスコに誘った友人・玉木理沙(久保田紗友)も歌手デビューを目指してレッスンを受けるが、アユに嫉妬して、嫌がらせをします。 マサを愛している秘書・ 姫野礼香(田中みな実)も嫉妬から、アユに嫌がらせをします。 信頼関係が恋に 嫌がらせされる中、自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じて、耐えながらレッスンに打ち込みました。 いつしかマサへの信頼感が恋心に変わっていました。 マサには妻がいましたが離婚、しかし、美人たちと派手に遊び続けていました。

次の

アイドル活動をしている僕は、“浜崎あゆみ”らしさとは「引き裂かれていること」だと確信した

浜崎あゆみマサ専務

流川は、次々と女の子に声を掛けて、VIPルームに連れて行き、その中に、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿がありました。 マサは女の子の顔を見て次々と切り捨てていき、そのやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。 今まで出会った美人やスタイルのいい女子とは違う! 堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされて、アユに運命的な何かを感じました。 一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也・モデルは小室哲哉)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の 大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。 ドラマ『 』 YouTubeに出たPR動画。 演じる人気プロデューサー輝楽天明の姿もチラリズム。 ライバルの嫌がらせ アユは所属していた芸能事務所「中谷プロ」を辞めて、マサの指示で単身ニューヨークに渡って、厳しいレッスンを受けます。 レッスンを終えて帰国した後、マサの熱心なアユへの指導は、特別扱いしているように映り、デビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを受けることになる。 アユをディスコに誘った友人・玉木理沙(久保田紗友)も歌手デビューを目指してレッスンを受けるが、アユに嫉妬して、嫌がらせをします。 マサを愛している秘書・ 姫野礼香(田中みな実)も嫉妬から、アユに嫌がらせをします。 信頼関係が恋に 嫌がらせされる中、自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じて、耐えながらレッスンに打ち込みました。 いつしかマサへの信頼感が恋心に変わっていました。 マサには妻がいましたが離婚、しかし、美人たちと派手に遊び続けていました。

次の