エクセル ショートカット 削除。 ショートカットキーでファイルやフォルダーを完全に削除する

【Excel・エクセル】ダブりデータを消す!重複の削除の使い方

エクセル ショートカット 削除

ゴミ箱からExcel 復元 注:Del+Shiftキーを押してエクセルを完全削除する場合、ゴミ箱にないことをご注意ください。 完全に削除する時のファイル復元は下記の方法をご参考ください。 システム復元で削除したエクセルを取り戻す パソコンのバックアップがある場合、パソコンのバックアップを利用 してエクセルを復元できますが、パソコンのバックアップを取っていない人が多いではないでしょか。 スタートメニューメニューから「コントロール パネル」をクリックして開いてください。 そして、「システムとセキュリティ」をクリックしてください。 「アクション センター」の項目で「コンピューター システムを以前の状態に復元」をクリックします。 「システムの復元を開く」をクリックして、「推奨される復元」や「別の復元ポイントを選択する」を設定してパソコンの復元時点を選択してください。 システム復元でエクセルを取り戻す でも、パソコンを前の状態に復元することはこの間のすべての操作がなくなることを意味します。 この操作を行う前に、大事なデータをUSBやHDDにコピーして保存するほうがおススメです。 エクセル復元ソフトで削除したExcelを復元 パソコンのバックアップを取っていない場合、専門的なエクセル復元ソフトで削除したExcelファイルを復活することが可能です。 ここで皆さんに紹介するAiseesoft社のソフトは専門的なデータ復元ソフトとして、削除したエクセルだけでなく、Del+Shiftキーで完全削除したエクセルの復元に対応しております。 Excelのほか、削除したWord、写真、動画、音楽などのファイルの復元にもサポートします。 二つの復元モードを提供しておりますので、ファイルの復元率を向上させます。 Step 1エクセル復元ソフトをダウンロード 下記のダウンロードボタンをクリックしてエクセル復元ソフトをパソコンにインストールして実行してください。 削除したエクセルを復元 以上は削除したエクセルを復元する三つの方法でした。 エクセルの復元に関する方法はほぼ以上の内容となります。 自分の場合によって最適な方法でエクセルを復元してみましょう。 うっかりしてエクセルが削除してしまったほか、Microsoft Excelが動作を停止することにより、Excelがなくなった場合、までご参考ください。 FAQ:エクセル 復元に関する問題について 質問1:間違ってexcelが上書きされてしまった、ファイルは復元できますか? 答え1:[自動バックアップ] オプションが有効である場合は、ファイルの操作中にそのファイルの複数のバージョンを自動的に保存できます。 逆に、[自動バックアップ] オプションが有効ではない場合は、ファイルは復元できません。 質問2:Excelの自動バックアップファイルはどこ? 答え2:オフィスソフトは社内で最も使われているソフトとして、様々な仕事で使われています。 もしも誤ってExcelスプレッドシートを閉じてしまった時やパソコンが強制終了された時でも、通常は、データ損失を避けるために、Excelファイルのバックアップが10分間隔で自動的に保存されます。 重要なExcelファイルが失われたら、まずはその自動保存ファイルから復元することを試してください。

次の

消せないデスクトップショートカットを削除

エクセル ショートカット 削除

Contents• 行・列の挿入 行や列を1つ挿入するショートカットキーです。 「+」だから挿入と覚えます。 行・列の削除 行や列を1つ挿入するショートカットキーです。 ショートカットキー(操作) CTRL+ -(マイナス) 解説 これもよく使いますから、行や列の挿入とセットで覚えましょう。 【参考】行と列、どっちが縦でどっちが横? 行と列、どっちが縦でどっちが横かわかりますか? 行は横に二本線があるから横、列は縦に二本線があるから縦、と覚えます。 結論、「行は横」「列は縦」です。 むすび 行・列の挿入・削除はよく使うショートカットキーです。 これだけでも効率化が見込めますからしっかりと覚えましょうね。 ひとつひとつは小さな効果かもしれませんが、塵も積もれば山となる、です。

次の

Excelのショートカットキー!これだけは覚えたい10選 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル ショートカット 削除

もくじ• [Ctrl]+[-]を押します。 サンプルでは3行目と4行目に行を追加したいと思いますので、その場合は4行目の行を選択します。 列を削除する マウスで列を選択するか、[Ctrl]+[ Space]で列を選択後、[Ctrl]+[-]で削除します。 [Ctrl]+[-]を押します。 セルを削除する セルを選択後[Ctrl]+[-]でセルが削除されます。 [Ctrl]+[-]を押します。 セルを削除する場合は以下のようなダイアログが表示されるので削除パターンを選択してください。 削除と同じようにダイアログが表示されるので挿入パターンを選択してください。 範囲指定内のセルを挿入、削除する セルを範囲指定して削除する場合は以下の範囲指定のショートカットを組み合わせると効率よく挿入と削除ができます。 削除したい範囲が決まったら、[Ctrl]+[-]を押して削除をします。 ダイアログが表示されるので挿入パターンを選択してください。 セルが挿入されました。 値があるセルまで列方向に範囲指定してセルを削除する 列方向の場合も上記と要領は同じです。 削除したい範囲が決まったら、[Ctrl]+[-]を押して削除をします。 ダイアログが表示されるので削除パターンを選択してください。 セルが削除されました。 セルが挿入されました。 初心者の方はこちらもどうぞ。

次の