頭痛 対処。 薬の使い過ぎによる頭痛 予防・対処法と簡単セルフチェック

【片頭痛のセルフチェック】原因や症状、治し方、予防薬、予防法

頭痛 対処

群発頭痛とは 群発頭痛は、偏頭痛や緊張型頭痛と比較すると 有病率が少ない(0. 1%~0. 4%程度?)ため、聞き慣れないかもしれません。 一度、頭痛が起こると、 一定期間に集中して毎日のように 決まった時間(夜から睡眠時が多い)に頭痛を起こすようになり、 痛みも群発地震のように猛烈であることから、群発頭痛と名付けられました。 睡眠中に頭痛が発症する場合は、 睡眠に恐怖を感じるようになります。 群発頭痛は働き盛りの 20~40歳代の男性に起こりやすく、性別では、男性が女性より 3~7倍程度有病率が高いです。 群発頭痛の痛みの原因 群発頭痛の根本的な原因はまだわかっていません。 数種の仮説があります。 視床下部(ししょうかぶ)に原因があるという説 (群発頭痛の頭痛時、 視床下部が活性化していることが証明されている)• 三叉神経(さんさしんけい) と血管の関連性が原因という説• 三叉神経の過剰興奮が原因という説• 内頸動脈(目の後ろにある) の拡張が原因という説 群発頭痛の群発期 頭痛が群発頭痛である場合、一度頭痛が起こると、 ある一定期間決まった時間に頭痛が起こるようになります。 ある一定期間を 群発期と呼びます。 群発期はたいてい 2~4週間ですが、 数カ月続く場合もあります。 (反復性群発頭痛) 群発期を過ぎると、頭痛は起こらなくなります。 (寛解期) 群発期の頭痛を引き起こす原因 群発頭痛の群発期に頭痛を起こす原因は アルコールで、 飲酒後1時間くらいで頭痛が現れやすいといわれています。 アルコールの量には関係なく、群発期の飲酒はほぼ100%起こるようです。 ただ、なぜ飲酒が頭痛を誘発する原因になるのかはよくわかりません。 おそらく、アルコールが血管や神経を刺激するのでしょう。 群発頭痛の症状 群発頭痛の頭痛 群発頭痛の頭痛は、持続時間は15分~3時間程度と比較的短いですが、「目をえぐられるような」「ハンマーで頭を叩かれたような」と表現されるくらいの激しい痛みの症状が特徴です。 群発頭痛の頭痛以外の症状 群発頭痛は、頭痛以外に次のような症状をともなうことが多いです。 目の充血、涙• 鼻水、鼻づまり• まぶたの腫れ• 顔の汗• 興奮、落ち着きのなさ 群発頭痛と偏頭痛、緊張型頭痛の違い 偏頭痛、緊張型頭痛と群発頭痛を比較すると、群発頭痛の特徴が見えてきます。 — 偏頭痛 緊張型頭痛 群発頭痛 有病率 8. 1~0. 医療用の限られた薬のみ、群発頭痛に効果があることがわかっています。 イミグラン注射薬• イミグラン点鼻薬• ゾーミッグ 保険治療で使える群発頭痛の薬は、 イミグラン注射のみです。 イミグラン点鼻液や ゾーミッグが、群発頭痛にある程度効果があることがわかっていますが、健康保険の適応はありません。 群発頭痛の対処法 群発頭痛の対処法は、主に2種類です。 頭痛がおこったときに服用(注射)する群発頭痛薬• 群発頭痛が起こらないように群発期に服用する群発頭痛予防薬 群発頭痛薬イミグラン注射【皮下自己注射】 イミグラン注射(正式名称:イミグランキット皮下注3mg)は、偏頭痛と群発頭痛の 両方に保険適応がある唯一のトリプタンであり、 唯一のスマトリプタン注射薬です。 群発頭痛は短時間に猛烈な痛みが起こるため、トリプタンの中で最も速く効く(最高血中濃度到達時間は 約18分)イミグラン注射が特に有効です。 イミグラン注射の血中濃度推移 出典:イミグランキット皮下注3mgインタビューフォーム イミグラン注射の有効率 データの出典:イミグランキット皮下注3mgインタビューフォーム(臨床試験) 群発頭痛が起こったときに、イミグラン注射を腕の外側や太ももの外側に皮下に 自己注射します。 イミグラン注射の注射針(26G)は、インスリンの注射針(32G~34G)と比較してやや太いため痛いです。 注射による痛みという副作用が起こります。 注射針について イミグラン注射は 室温保存で大丈夫です。 群発頭痛予防薬 群発頭痛の特効薬である イミグラン注射は非常に値段が高く、 1本あたり3000円くらいします。 3割負担の方のイミグラン注射1回の服用コストは 約1000円です。 つまり、群発頭痛が起こるたびに約1000円必要になり、経済的負担も強いられます。 一方、群発頭痛予防薬は比較的安く、群発頭痛の 頻度や 痛みの度合いの軽減効果が期待できます。 ワソラン(ベラパミル)• デパケン(バルプロ酸)• リーマス(炭酸リチウム)• クリアミン(エルゴタミン製剤) 群発頭痛予防薬は経験的に使用されています。 偏頭痛予防薬についてはこちらの記事 群発頭痛予防薬ワソラン ワソランはもともとは不整脈や狭心症などに使用される カルシウム拮抗薬と呼ばれる薬です。 ワソランは、 ベラパミルを主成分とする群発頭痛予防薬としても使用します。 (保険が使える) しかし、なぜワソランに群発頭痛予防効果があるかは、はっきりわかっていません。 まとめ• 群発頭痛は比較的有病率は低い(不明)ですが、頭痛発作が起こると 猛烈な痛みが起こるため、日常生活に支障をきたす• 群発頭痛には数種の仮説があるが、根本的な原因はまだわからない• 群発頭痛には、群発期とよばれる一定期間に連続して頭痛を起こす• 群発頭痛の薬のよる対処法は、群発頭痛薬の服用(注射)もしくは、群発頭痛予防薬の服用• イミグラン注射が保険適応の唯一の群発頭痛薬。 イミグラン点鼻薬やゾーミッグもある程度効果があるようである• 群発頭痛予防薬はワソランを使うことが多い.

次の

群発頭痛の原因、症状、対処法(治療薬イミグラン注射と予防薬ワソラン)

頭痛 対処

・寝起きに頭痛がする原因は?子供の場合は? ・寝起きの頭痛で吐き気やめまい、寒気がする原因と治し方。 ・寝起きに前頭部や後頭部が痛む原因と治し方。 ・寝起きの頭痛でこめかみや目の奥、首痛がする原因と治し方。 ・寝起きの頭痛の予防方法は? Sponsored Link 寝起きに頭痛がする原因は?子供の場合は? 寝起きに起こる頭痛は、主に 偏頭痛か 緊張型頭痛かに分けることが出来ます。 偏頭痛と緊張型頭痛では、原因や対処方法が違いますから、 まずは自分の頭痛のタイプを知ることが大切です。 偏頭痛(片頭痛)の特徴 名前のとおり、頭の片側が痛みます。 痛みの特徴は、ガンガンと脈打つような感じで若い女性に多くみられる頭痛です。 偏頭痛が起こるタイミングは・・・ ・デスクワークや長時間のスマートフォン利用をしている ・不安や悩みがある ・几帳面な性格 体のコリを感じる時には、緊張型頭痛であることが多いです。 頭痛時には、頭だけでなく肩や首のコリがないか確認してみましょう。 緊張型頭痛の原因 緊張型頭痛の原因は、筋肉の緊張やストレスです。 偏った姿勢や長時間同じ姿勢を続けると血行が悪くなり、疲労物質が蓄積されます。 神経がこの溜まった疲労物質に圧迫されて頭痛が起こるのです。 複合型その他 人によっては偏頭痛と緊張型頭痛の両方が起きる人もいます。 また、二日酔いや熱などで起こる頭痛もありますから、頭痛が起こるタイミングや症状などをよく観察して、判断しましょう。 子どもの頭痛 子どもの頭痛も、大人と原因は同じです。 ただ、 子どもは痛みを上手く表現できない事が多いので、周囲が子どもの様子を見て判断するしかありません。 例えば、まぶしい光を嫌がったり、音に敏感になったりする子は片頭痛なのかもしれません。 また、母親が片頭痛の場合、娘も片頭痛になる確率が高くなります。 子どもが頭痛を訴える場合は、 寝過ぎや寝不足になっていないか、テレビやゲームなどを長時間していないかなど、生活習慣を見直してあげましょう。 寝起きの頭痛で吐き気やめまい、寒気がする原因と治し方。 吐き気やめまい、寒気を伴う頭痛は、偏頭痛であることが多いです。 ストレスや睡眠不足、PMS、月経、貧血、二日酔いなどの場合も、同じような症状が現れますから、思い当たることがないか振りかえってみてください。 偏頭痛の場合は、次のような対処で痛みを緩和することができます。 (1)冷やす 首の真後ろのくぼんだところを冷やしてみてください。 首の後ろを冷やすと、頭の血管が収縮するので、片頭痛の痛みを抑えることが出来ます。 (2)薄暗く静かな場所で安静にする 片頭痛の症状が出ているときに、光や音などの刺激を受けると症状が悪化します。 薄暗い場所、静かな場所を選んで、安静にしましょう。 (3)コーヒーなどカフェインをとる コーヒーや紅茶に含まれるカフェインをとると、血管を収縮させることが出来ます。 特に、寝起きの頭痛には効果がありますから、 コーヒーや紅茶などカフェインの入った飲み物を飲んでみてください。 Sponsored Link 寝起きの頭痛でこめかみや目の奥、首痛がする原因と治し方。 目の奥の痛みを伴う頭痛は、偏頭痛であることが多いです。 偏頭痛の場合は、前項で紹介した方法で痛みを緩和することができます。 その他に、 目の痛みが起こっている時には、冷たいタオルなどでアイマスクをして横になるのもお薦めです。 寝起きに前頭部や後頭部が痛む原因と治し方。 後頭部の下の方で痛みが始まり、それが額の方にまで広がってくるような頭痛は、 緊張型頭痛であることが多いです。 寝姿勢が悪かったり、睡眠中に身体が冷えたりして筋肉が固くなってしまうと、頭痛の原因になります。 また、緊張型頭痛という名前のとおり、緊張状態が続いたり、ストレスが慢性化していたりする場合にも起こりやすくなると言われています。 ストレスを溜めることで、痛覚が過敏になって脳が痛みを感じやすくなっているということも考えられます。 緊張型頭痛の場合は、次のような対処で痛みを緩和することができます。 (1)筋肉を動かす 頭痛が起きてからでもできるのがマッサージやストレッチです。 筋肉をほぐすことで、頭痛が和らぎます。 (2)温める 肩や首などを温めると、頭痛が和らぐことがあります。 起床後すぐの入浴は体によくありませんから、ホットタオルなどで肩を中心に温めましょう。 (3)寝姿勢を整える マットレスや枕を見直すなどして、 睡眠中に首や肩が凝ることのないようにしてみましょう。 寝起きの頭痛の予防方法は? 偏頭痛、緊張型頭痛共に、睡眠の質が悪いと起こりやすくなります。 寝具や寝室の環境、睡眠前の生活習慣などを見直して良質な睡眠をとるように心がけましょう。 偏頭痛が起こりやすい人は、目覚める前から寝室に光が入るようにするなどして、急に朝日を浴びることがないように心がけましょう。 緊張型頭痛が起こりやすい人は、毎日入浴して体をしっかり温めるたり、日中ストレッチをするなどして、筋肉をほぐすように心がけましょう。 頭痛には片頭痛と緊張型頭痛があり、それぞれ原因と治し方が違います。 片頭痛は、冷やしたりカフェインをとったりすることで治まることが多く、緊張型頭痛は、温めたりストレッチをして体をほぐすといいようです。 自分の頭痛がどちらなのかを見極めて対処してくださいね。

次の

寝不足の頭痛は要注意 睡眠不足のリスクと影響 7つの対処法と3つの予防法|Good Sleep Labo

頭痛 対処

頭痛は風邪や疲れを通して経験する方が非常に多く、比較的身近な症状のうちのひとつです。 しかし、頭痛で日常生活に支障が出たり、原因によっては命の危険にさらされたりすることもあるため、正しい知識を身につけて適切な対処をすることが大切です。 経験したことのないくらい激しい頭痛が突然起こった• 数週間~1か月かけて徐々に頭痛が悪化した• 頭痛と一緒に吐き気もあってつらい• 転んで頭をぶつけた後、頭痛がひどくなった このような症状が見られた場合、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。 原因になる病気の中には、やなどのや、・などの重大な病気も含まれているため注意が必要です。 吐き気や嘔吐、けいれん、、様子がおかしい、しびれ、麻痺などの症状が激しい頭痛とともに現れている場合には一刻も早い受診が必要です。 頭痛を起こす病気 頭痛の原因となる病気には、主に以下のようなものがあります。 特に注意したい頭痛の原因となる病気 二次性頭痛の中でも特に緊急度の高い病気には、以下のようなものがあります。 くも膜下出血 とは脳の表面のくも膜という膜の下に出血が起こる病気です。 多くは脳の血管にこぶ(動脈瘤)ができ、それが破裂することによって起こります。 慢性硬膜下血腫 まんせいこうまくかけっしゅ は、脳と硬膜とよばれる脳を包んでいる膜の間に血がたまり、頭痛や吐き気を引き起こす病気です。 血がたまっている場所によっては麻痺やしびれ、けいれんなどの症状を伴うことがあります。 1〜3か月など、長い時間をかけてじわじわと血がたまっていくのが特徴で、きっかけはほんの軽いなどであることも多いといわれています。 頭部直後は無症状ですが、約1週間かけて症状が悪化するのが特徴です。 血液をサラサラにする薬を飲んでいる、血管が脆くなっている高齢者などに特に多く、頭痛などの症状にも気付きにくいこともあるため、注意が必要な病気です。 脳腫瘍 は頭蓋の内側に悪性、または良性の腫瘍ができる病気です。 腫瘍が大きくなると周囲の正常脳を圧迫して頭痛や吐き気、嘔吐のほか、視力障害の症状が現れることがあります。 初期には症状が乏しいことも多く、また頭痛が現れたとしても比較的よくある症状のため見過ごされがちともいわれています。 徐々に悪化する頭痛には注意が必要です。 急な頭痛の原因として考えられる病気 二次性頭痛のうち、上で述べた特に危ない病気以外には主に以下のようなものがあります。 発熱などに伴うもの 細菌やウイルスに感染したことによって発症する、風邪やなどの感染症にかかると、発熱とともに急な頭痛が生じることがあります。 考えられる病気は多岐にわたりますが、高熱とともに頭痛が激しい場合や後頚部痛を伴うような場合には、早めに医療機関を受診したほうがよいでしょう。 急性副鼻腔炎 きゅうせいふくびくうえん は鼻の周りの骨で囲まれた空洞部分(副鼻腔)が細菌やウイルスに感染して炎症を起こす病気です。 前頭部や頬を軽くトントンと叩くと痛みが増悪することがあります。 発症すると粘り気のある黄色っぽい鼻水や痰が出たり、額や眉間に痛みを感じたりすることがあります。 急性緑内障発作 きゅうせいりょくないしょうほっさ 急性発作は眼圧が急上昇し、急激な視力の低下や吐き気、頭痛や目の痛みなどを引き起こす状態を指します。 典型例では、発作時に結膜の充血や瞳孔(黒目の部分)が開いて見えることがあります。 放っておくと視力障害を起こすため注意が必要です。 今までと言われたことのない方でも発症することがあります。 繰り返す頭痛の原因として考えられる病気 一次性頭痛の原因として分類される病気には、主に以下のようなものがあります。 緊張型頭痛 緊張型頭痛は、筋肉の緊張など心身のストレスが原因となって起こるといわれている慢性的な頭痛のことを指します。 首から後頭部・側頭部にかけて広い範囲に締め付けられるような痛みが特徴で、頭痛のほか、や目の疲れが出ることもあります。 入浴により筋肉の緊張が和らぐと頭痛が軽減することが多いです。 また日頃から頭痛を感じることの多い人であっても、特に長引いていたり、普段と違って別の症状が伴なったりする場合にも一度受診を検討するようにしましょう。 原因によっては専門科目が異なる場合もありますが、頭痛を主な症状として受診する場合には脳神経外科がもっとも適しています。 しかし、脳神経外科は総合病院などでなければ受診が難しいことも多いため、近くにない・すぐにかかることができないなどの場合には、まず近くの内科や、かかりつけの医療機関で相談してみるのもよいでしょう。 受診の際は突然発症の頭痛かどうか、頭痛の出始めた時期、痛む場所や頻度、痛み方、頭痛以外の症状、頭痛が出る前兆がある場合にはその点も併せて医師に伝えましょう。 頭痛は外部から見えない症状ですので、症状の伝え方が非常に重要になります。 できる限り詳しく話せるよう、症状を記録しておくこともおすすめです。 日常生活上の原因と対処法 頭痛は病気以外にも日常での行動・習慣が原因で引き起こされることがあります。 ストレスなどによるもの 強いストレスで自律神経が乱れ、頭痛が起こることがあります。 ストレスの強いときには 適度な運動を取り入れたり、リラックスできる時間を過ごしたりすることでストレス解消に努めましょう。 ストレスが強い場合は環境を変えることも有効です。 ストレスの解消方法は人によってさまざまですので、普段から自分なりの解消法を考えておくとよいでしょう。 肩こりや目の疲労 長時間同じ姿勢で机に向かってパソコンを見つめ続けるなどしていると、筋肉に疲労がたまり、肩こりやを感じることがあります。 肩こりや目の疲労を感じたら 肩こりやは頭痛を引き起こす原因になることがあります。 肩こりやが気になり始めたら、軽く肩や首の筋肉をのばすストレッチをするとよいでしょう。 また、作業中に適宜休憩を入れることも大切です。 ホルモンバランスの変化 女性は月経前後のホルモンバランスの変化によって頭痛が起こることがあります。 ホルモンバランスの影響かなと思ったら 月経前後の期間は何事も無理をせず、ストレスをためないようにしましょう。 月経前後の症状がつらく、日常生活に影響が出るようであれば婦人科で相談するのもひとつの方法です。 寝不足 睡眠が不足すると自律神経が乱れ、頭痛を引き起こしやすくなります。 寝不足を感じたら 質のよい、十分な睡眠時間を確保できるよう、普段から夜更かしや長すぎる昼寝などはしないようにしましょう。 寝る前のスマートフォンなどの使用もできれば控えたいものです。 また、寝過ぎることも頭痛を招く原因になりますので注意が必要です。 よくならないときには 日常生活を見直しても症状に改善が見られない場合には、思いもよらぬ原因が潜んでいる場合も考えられます。 症状が続く場合には無理をせずに医師に相談しましょう。

次の