鶴見 川 シーバス。 鶴見川でルアーフィッシング

鶴見川シーバス バチ抜け調査と気が付いたこと

鶴見 川 シーバス

鶴見川 テロ対策法施行により東京湾のオカッパリポイントマップが大幅に変わってしまいました。 しかしオカッパリシーバス情報はなかなか公表されないのが現実で、一旦誰かに教えたらまるでハイエナが死肉に群がるかの如くのべつくまなくルアーが放り込まれ、まるで釣れないフィールドと化してしまう。 ここで紹介する鶴見川下流域はそんな悲惨な川の典型です。 私もタックルベリー川崎店の店長に「シーバスがガンガン釣れるところを知らないか?」と聞かれ「絶対誰にも教えるな」と念を押した上で最河口域のとあるポイントを教えました。 するとこの バカ店長は来る客全てにベラベラ教え、1年しないうちに釣れないフィールドにしてくれました。 かなり有名になって手垢にまみれた鶴見川ですが、それでも釣り方さえわかっていれば釣れるので敢えて紹介することにしました。 鶴見川 鶴見川で釣果を伸ばすコツはズバリ「橋を攻める」ことと「辺地を攻める」こと。 これは橋の上などから水面を覗けば簡単にわかります。 見当たらなかったらそこはパスして次の橋を目指します。 1尾反応があったらその周辺に20〜30は確実にいるのでカラーローテーションをして粘ります。 秋の場合イワシなどの小魚に付くので、橋ごとに広く探っていきます。 居れば1投で反応がありますので同じポイントに5投も投げれば結果は出ます。 辺地と光と影の境目を攻めて反応がなければさっさと次のポイントに移動してサカナの居所を掴むことが肝心です。 従ってルアーは多くをローテーションするのではなく信用できる1本で探る事が肝心です。 私の場合ラパラCD-7赤ヘッドを大量に持ち反応があるところを探して最河口まで行ってしまいます。 注意しなければいけないことは住宅地と工場のど真ん中で夜釣りをするので、くれぐれも大声で騒がない事。 私有地で立入り禁止だったりするので明るいうちにチェックしておきましょう。 また型のいいシーバスが掛かるとつい興奮してしまいがちですが、やはり周辺の迷惑にならないように気を配りたいところです。

次の

鶴見川

鶴見 川 シーバス

神奈川県鶴見区を流れる鶴見川は神奈川でも相模川と並ぶシーバスがよく釣れることで人気のポイントです。 電車でのアクセスが良いのも鶴見川が人気の理由でしょう。 鶴見川はシーバスだけでなく、比較的河口から近い場所にバス釣りが楽しめるポイントも存在します。 鶴見川の特徴として、中流域まではブラックバスとシーバスが混在しており、ブラックバス・シーバスの何方かを狙っていると、もう一方が釣れてしまう事は良くあります。 鶴見川はシーバス・ブラックバス共に釣れる場所が絞られるので、あまりランガンして歩き回らなくても良い釣り場と言えます。 鶴見川は初心者にもおすすめの釣り場で、護岸が整備された場所も多く、地形変化もやストラクチャー豊富な点、電車やバスでのアクセスが良い点が挙げられます。 車を利用する釣行では、鶴見川周辺には駐車場所が少ないので注意が必要です。 鶴見川はブラックバス以外に、ナマズの生息数も多く、バス釣りをしているとナマズが釣れることも良くあるそうな。 ナマズを釣るなら少し上流の方が良いとも言われていますけどね。 今回は、鶴見川のシーバスとブラックバスの釣り場を紹介します。 鶴見川のシーバスが釣れるポイント 鶴見川河口両端は工業地帯であり、鶴見川河口に位置する「ふれーゆ」と、少し河口から上流にある首都高速神奈川1号線の高架から、臨港鶴見川橋付近までが主な鶴見川のシーバス釣りのポイントになる。 yahoo. html ふれーゆ裏こと「鶴見川河口 末広水際線プロムナード」は、鶴見川河口からほど近く、シーバスが釣れるポイントです。 ふれーゆ裏はシーバスの回遊が豊富なポイントであり、入れ替わりが多いためか釣られている割にスレている個体は少ない印象を受ける。 春と秋なら1回の釣行で3〜5本のシーバスが釣れることも珍しくはない。 ふれーゆの駐車場が利用できるため、車でのアクセスも良く、シーバス以外の釣りでもサビキ釣りや投げ釣りで非常に人気の釣り場である。 そのせいか土日祝日のふれーゆは非常に混雑するためルアー釣りどころではない。 平日でも日中は混むのでシーバスを釣るならナイトゲームがおすすめだ。 首都高速上流 首都高速神奈川1号線横羽線の上流にあるシーバス釣りの人気ポイントで、付近には国道駅や花月園前駅があるので電車釣行派の人にもおすすめ。 下流には鶴見線の高架橋が見える。 この橋の周りもシーバスのポイントとなるが、鶴見線の高架橋の真下は柵が設置されて立ち入れない。 鶴見川の右側で釣るなら複数の船が係留されているので船のロープにも注意しよう。 首都高上流 鶴見大橋から直ぐ上流に位置する、広い遊歩道沿いのポイントで、フェンスもあり初心者でも安全にシーバス釣りが楽しめます。 花月園前駅からも徒歩10分程度と近く、シーバスを電車釣行で狙う人にもおすすめのポイントですよ。 水深は非常に浅く50mほど投げても3mくらいしかない。 他に人が居なければ足元の護岸と平行にキャストして、護岸際を探りたい。 河岸は上流の橋まで数百メートルと広いので、護岸の足元を探るテクトロも有効だ。 yahoo. html 鶴見川の注意点として、夏場は草がボウボウ伸び放題で、水辺に近づけなくなる場所があります。 草を掻き分けて水際に近くなら、足を踏み外して落水しないように注意して下さい。 また、土手の上にスクーターなどを駐車していると、警察注意されることがあります。 水中は急に深くなる場所もあり、上手く釣れるポイントを探して釣りたいものです。 太尾公園周辺 太尾南公園付近には大きな流れ込みが2ヶ所あり、必ずチェックしておきたいポイントです。 鶴見川のブラックバスは、数が多く無い割には毎日叩かれまくっており、かなりタフコンディションのバスばかりと言った印象。 鶴見川でバスが釣れたら1匹の価値は非常に大きいですね。 ソウルシャッドにはレンジ別に何種類かラインナップされていて、ただ巻くだけで設定されたレンジを泳いでくれるので使いやすい。 ソウルシャッドは何処で使っても、個人的に1番釣れると思うルアー。

次の

鶴見川◆鶴見川でのシーバスポイントについて◆のページ

鶴見 川 シーバス

神奈川県鶴見区を流れる鶴見川は神奈川でも相模川と並ぶシーバスがよく釣れることで人気のポイントです。 電車でのアクセスが良いのも鶴見川が人気の理由でしょう。 鶴見川はシーバスだけでなく、比較的河口から近い場所にバス釣りが楽しめるポイントも存在します。 鶴見川の特徴として、中流域まではブラックバスとシーバスが混在しており、ブラックバス・シーバスの何方かを狙っていると、もう一方が釣れてしまう事は良くあります。 鶴見川はシーバス・ブラックバス共に釣れる場所が絞られるので、あまりランガンして歩き回らなくても良い釣り場と言えます。 鶴見川は初心者にもおすすめの釣り場で、護岸が整備された場所も多く、地形変化もやストラクチャー豊富な点、電車やバスでのアクセスが良い点が挙げられます。 車を利用する釣行では、鶴見川周辺には駐車場所が少ないので注意が必要です。 鶴見川はブラックバス以外に、ナマズの生息数も多く、バス釣りをしているとナマズが釣れることも良くあるそうな。 ナマズを釣るなら少し上流の方が良いとも言われていますけどね。 今回は、鶴見川のシーバスとブラックバスの釣り場を紹介します。 鶴見川のシーバスが釣れるポイント 鶴見川河口両端は工業地帯であり、鶴見川河口に位置する「ふれーゆ」と、少し河口から上流にある首都高速神奈川1号線の高架から、臨港鶴見川橋付近までが主な鶴見川のシーバス釣りのポイントになる。 yahoo. html ふれーゆ裏こと「鶴見川河口 末広水際線プロムナード」は、鶴見川河口からほど近く、シーバスが釣れるポイントです。 ふれーゆ裏はシーバスの回遊が豊富なポイントであり、入れ替わりが多いためか釣られている割にスレている個体は少ない印象を受ける。 春と秋なら1回の釣行で3〜5本のシーバスが釣れることも珍しくはない。 ふれーゆの駐車場が利用できるため、車でのアクセスも良く、シーバス以外の釣りでもサビキ釣りや投げ釣りで非常に人気の釣り場である。 そのせいか土日祝日のふれーゆは非常に混雑するためルアー釣りどころではない。 平日でも日中は混むのでシーバスを釣るならナイトゲームがおすすめだ。 首都高速上流 首都高速神奈川1号線横羽線の上流にあるシーバス釣りの人気ポイントで、付近には国道駅や花月園前駅があるので電車釣行派の人にもおすすめ。 下流には鶴見線の高架橋が見える。 この橋の周りもシーバスのポイントとなるが、鶴見線の高架橋の真下は柵が設置されて立ち入れない。 鶴見川の右側で釣るなら複数の船が係留されているので船のロープにも注意しよう。 首都高上流 鶴見大橋から直ぐ上流に位置する、広い遊歩道沿いのポイントで、フェンスもあり初心者でも安全にシーバス釣りが楽しめます。 花月園前駅からも徒歩10分程度と近く、シーバスを電車釣行で狙う人にもおすすめのポイントですよ。 水深は非常に浅く50mほど投げても3mくらいしかない。 他に人が居なければ足元の護岸と平行にキャストして、護岸際を探りたい。 河岸は上流の橋まで数百メートルと広いので、護岸の足元を探るテクトロも有効だ。 yahoo. html 鶴見川の注意点として、夏場は草がボウボウ伸び放題で、水辺に近づけなくなる場所があります。 草を掻き分けて水際に近くなら、足を踏み外して落水しないように注意して下さい。 また、土手の上にスクーターなどを駐車していると、警察注意されることがあります。 水中は急に深くなる場所もあり、上手く釣れるポイントを探して釣りたいものです。 太尾公園周辺 太尾南公園付近には大きな流れ込みが2ヶ所あり、必ずチェックしておきたいポイントです。 鶴見川のブラックバスは、数が多く無い割には毎日叩かれまくっており、かなりタフコンディションのバスばかりと言った印象。 鶴見川でバスが釣れたら1匹の価値は非常に大きいですね。 ソウルシャッドにはレンジ別に何種類かラインナップされていて、ただ巻くだけで設定されたレンジを泳いでくれるので使いやすい。 ソウルシャッドは何処で使っても、個人的に1番釣れると思うルアー。

次の