お も て 歌 の こと 現代 語 訳。 【百人一首 62番】夜をこめて…歌の現代語訳と解説!清少納言はどんな人物なのか|百人一首解説サイト

【百人一首 62番】夜をこめて…歌の現代語訳と解説!清少納言はどんな人物なのか|百人一首解説サイト

お も て 歌 の こと 現代 語 訳

〈昔、ある男が、元服して、奈良の旧都の、春日の里に、(そこを)領地を持っている縁で、鷹狩りに行った。 その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。 この男、垣間見てけり。 〈その里に、とても若々しく美しい姉妹が住んでいた。 この男は(その姉妹を)覗き見てしまった。 ) 思ほえず、ふるさとにいとはしたなくてありければ、心地惑ひにけり。 〈思いがけなく、(この姉妹が)この古い都にとても不釣り合いなようすだったので、(男は)心が乱れてしまった。 〉 男の、着たりける狩衣の裾を切りて、歌を書きてやる。 その男、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。 〈(そこで)男は、(自分が)着ていた狩衣の裾を切って、歌を書いておくる。 その男は、しのぶずりの狩衣を着ていた。 [春日野の若紫のすり衣 しのぶの乱れ限り知られず] 〈春日野の若い紫草で染めたこの狩衣のしのぶずりの乱れ模様のように、(あなた方を)恋しくしのぶ(私の)心の乱れは限りないほどです。 〉 となむ、おいつきて言ひやりける。 ついでおもしろきことともや思ひけむ。 〈とすぐに詠んで贈った。 (男は自分が一目ぼれをして和歌をすぐさま送ったという)事の次第を趣き深いと思ったのだろうか。 」は作者の意見であり、業平に対して「自分でもかなり上手く和歌を送ることができたと思ったんじゃないの?」となげかけているのである。 [みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに 乱れそめにし我ならなくに] 〈陸奥の国のしのぶずりの乱れ模様のように、誰のせいで私の心は乱れ始めたのか。 私のせいではないのに。 (他ならぬあなたのせいですよ。 )〉 といふ歌の心ばへなり。 昔人(かくじん)は、かくいちはやきみやびをなむしける。 〈という歌の意味をふまえたものである。 昔の人は、このように(勢いの)激しい優雅な振る舞いをしたのである。 〉 語句の意味 [みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに 乱れそめにし我ならなくに] ・「みちのくのしのぶもぢずり」は「乱れ」を導く序詞 ・「そめ」は〈初め〉と〈染め〉の掛詞 ・「そめ」の掛詞である〈染め〉は「しのぶもぢずり」と縁語の関係 (縁語…意味の関連する語を意図的に用いる技法。 掛詞によって言い掛けられた意味が縁語となることもある。 ) 内容の説明 『伊勢物語』は初めて冠(位)を、つまり役職を与えられ、一人前の男性として「男」が歩んでいくところから物語は始まります。 それが第一段の「初冠」です。 『伊勢物語』の主人公は「男」としか書かれていませんが、なぜ在原業平と言われているのかというと、『伊勢物語』は在原業平の歌や逸話をもとに作られているからです。 また第一段に限っても、平城の京とは前の都であった奈良を指しており、前の都(奈良)を領地に持っているということは、平城天皇の息子の在原業平の話なのかなと、当時の人はピンときたのです。 業平はそこで、美しい姉妹の家をのぞきます。 ここで、「思いがけず、昔の都には不釣り合いだ」と書かれているのは、もう都ではなくなった場所=廃れた場所と美しい姉妹が不釣り合いで、「こんな廃れた土地に美しい姉妹がいるなんて…!」と驚いてしまったのです。 そのうえ「乱れ限り知られず」と心が乱れる様子をより強めている。 (私が今着ているのは春日野の紫草で染めたしのぶずりの衣ですが、〈あの陸奥のしのぶずり〉の乱れ模様と同じようにしのびたいのに~という意味になる) 最後の一文の「いちはやきみやび」は「激しい優雅なふるまい」と現代語訳出来ます。 しかし「みやび」とは、上品で優雅なことであり、「激しい(熱烈である)」と並んで表現されることに違和感を覚えてしまいます。 そこで、それぞれをまとめると、.

次の

【百人一首 62番】夜をこめて…歌の現代語訳と解説!清少納言はどんな人物なのか|百人一首解説サイト

お も て 歌 の こと 現代 語 訳

俊恵(しゅんゑ)いはく、「五条三位入道のもとに詣でたりしついでに、 俊恵が言うことには、「五条三位入道(=藤原俊成)のところに参上した機会に、 『御詠の中には、いづれをかすぐれたりと思す。 『あなた(俊成)がお読みになった歌の中では、どの歌がすぐれているとお思いですか。 よその人さまざまに定め侍れど、それをば用ゐ侍るべからず。 他の人はいろいろと評定しておりますが、それを取り上げようとは思いません。 」 まさしく承らんと思ふ。 』と聞こえしかば、 確かに伺いたいと思う。 』と(私が俊成に)申し上げたところ、 『夕されば 野辺の秋風 身にしみて うづら鳴くなり 深草の里 『夕方になると、野原を吹き渡る秋風が身にしみて、うずらが鳴いているようだ。 この深草の里では。 これをなん、身にとりてはおもて歌と思い給ふる。 』 この歌を、私にとっては代表的な和歌と思っております。 』 と言はれしを、俊恵またいはく、『世にあまねく人の申し侍るは、 と(俊成が)おっしゃったので、(私)俊恵が再び言うことには、『世間で広く人が申しておりますことは、 面影に 花の姿を 先立てて 幾重(いくへ)越え来ぬ 峰の白雲 桜の姿を思い浮かべて、いくつもの山を超えて来たことだ。 (桜のように見える)峰の白雲よ。 これを優れたるように申し侍るはいかに。 』と聞こゆれば、 この歌を優れているように申してますが、どうですか。 』と申し上げると、 『いさ、よそにはさもや定め侍るらん。 知り給へず。 『さあ。 他の人はそのように論じているのでしょうか。 (私は)存じません。 なほみづからは、先の歌には言ひ比ぶべからず。 』とぞ侍りし。 」 やはり自身では、先の(「夕されば~」の)歌には言い比べることはできません。 』とございました。 」 と語りて、これをうちうちに申ししは、 と語って、これを(俊恵が私に)内密に申したことには、 「かの歌は、『身にしみて』という腰の句いみじう無念におぼゆるなり。 「あの歌は、『身にしみて』という第三句がひどく残念に思われるのです。 これほどになりぬる歌は、景気を言ひ流して、ただそらに身にしみけんかし これほどに(すばらしく)なった歌は、景色をさらりと詠んで、ただなんとなく身にしみただろうな と思はせ たるこそ、心にくくも優にも侍れ。 と感じさせる方が、奥ゆかしく優美でもあるのです。 さはと言ひ表したれば、むげにこと浅くなりぬる。 」 そうだと表現しているので、ひどく和歌の趣が浅くなってしまった。 」 とて、そのついでに、「わが歌の中には、 と言って、その機会に(俊恵が作者に対して言うことには)、「私の歌の中では、 み吉野の 山かき曇り 雪降れば 麓(ふもと)の里は うち時雨(しぐれ)つつ 吉野の山が一面に曇って雪が降ると、麓の里は時雨が降っていることだ。 これをなむ、かのたぐひにせんと思う給ふる。 これを、私の代表的な和歌にしようと思っております。 もし世の末に、おぼつかなく言ふ人もあらば、 もし後の世に、(俊恵の代表的な和歌が)はっきりしないと言う人があったならば、 『かくこそ言ひしか。 』と語り給へ。 」とぞ。 『(俊恵自身は)このように言った。 』とお話しください。 」と(言われた)。

次の

無名抄『深草の里/おもて歌』現代語訳

お も て 歌 の こと 現代 語 訳

小式部内侍が大江山の歌の事 ・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記 ・ (古文記事一覧)>ひと目でわかる ・ 下の画像クリックで次の画像に進む。 」と声をかけて、部屋の前を通り過ぎられたところ、 小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山から生野を通って行く道が遠いので、まだ天橋 立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。 と歌を詠んだ。 思いがけず驚きあきれて、「これはどうしたことだ。 」とだけ言って、返歌することもできず、袖を引き放して逃げてしまわれた。 小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。 [ 原文 ] 和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、 定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、「丹後へつかはしける人は参りにたりや。 」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、 小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天橋立 とよみかけけり。 思はずにあさましくて、「こはいかに。 」とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖をひきはなちて逃げられにけり。 小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。 [ 品詞分解 ] ・ 和泉式部 … 名詞 ・ 保昌 … 名詞 ・ が … 格助詞 ・ 妻 … 名詞 ・ にて … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ ほどに … 接続助詞 ・ 京 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 歌合 … 名詞 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ よみ … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 定頼 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 中納言 … 名詞 ・ たはぶれ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ へ … 格助詞 ・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 人 … 名詞 ・ は … 係助詞 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 ・ や … 係助詞 ・ と … 格助詞 ・ 言ひ入れ … ラ行下二段活用の動詞「言ひ入る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 局 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 前 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 御簾 … 名詞 ・ より … 格助詞 ・ なかば … 名詞 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 直衣 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 大江山 … 名詞 ・ いくの … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 道 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 ・ ば … 接続助詞 ・ まだ … 副詞 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ も … 係助詞 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 ・ 天橋立 … 名詞 ・ と … 格助詞 ・ よみかけ … カ行下二段活用の助動詞「よみかく」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形 ・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ こ … 代名詞 ・ は … 係助詞 ・ いかに … 副詞 ・ と … 格助詞 ・ ばかり … 副助詞 ・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 返し … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ も … 係助詞 ・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひきはなち … タ行四段活用の動詞「ひきはなつ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 小式部 … 名詞 ・ これ … 代名詞 ・ より … 格助詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 世おぼえ … 名詞 ・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来(く)」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の