パタ ニティ ブルー。 Pathanamthitta Vacations

Pathanamthitta Vacations

パタ ニティ ブルー

日本においても「子育ては男女一緒に行うもの」という意識が少しずつ浸透しつつあり、男性が育児に参加する家庭は増加傾向にあります。 また、育児時間、育児短時間勤務、子の看護休暇、育児休業などを男性が取得できるよう、男性の育児参加制度を整備する企業なども増えています。 しかし、男性が育児参加制度を利用することは、女性が同制度を利用するのに比べてまだまだハードルが高いことが多いものです。 男性の育児参加制度の整備が不十分な企業もありますし、利用しようとすると上司から難色を示されたり、酷い場合には退職を促されたりすることもあります。 制度利用は認められても、周囲の風当たりが強くなったり、人事評価を制度利用を理由に下げられたりする例も散見されます。 子どもの看護のために休暇をとることさえままならないというパパも少なからずいます。 こうした、育児参加を希望する男性を阻む行為がパタニティハラスメントです。 この記事では、パタニティハラスメントの概要、男性の育児休業の取得率と取得希望、パタニティハラスメントの事例について紹介します。 パタニティハラスメント(パタハラ)とは パタニティハラスメントとは、育児のために休暇や育児参加制度の利用を希望する男性に対する嫌がらせのことです。 厚生労働省は、パタニティハラスメントを「育児参加を希望する男性へのハラスメント」と定義し、ワークライフバランスの実現を阻み、離職や仕事の生産性を低下させる原因と位置づけています。 パタニティハラスメントは、英語の「paternity(父性)」と「harassment(嫌がらせ)」を組み合わせた日本における造語で、パワーハラスメントの一つとして位置づけられており、「パタハラ」と略されることもあります。 日本では、マタニティハラスメント(妊娠や出産をした女性に対する嫌がらせのこと、略称はマタハラ)が社会問題として取り上げられるようになりましたが、パタニティハラスメントも男性の育児参加を阻む重大な問題です。 パタニティハラスメント(パタハラ)の原因 パタニティハラスメントは、男性の育児参加の重要性が社会的に認識されるようになり、実際に育児参加を希望する男性が増えたにも関わらず、「男性は育児よりも仕事を頑張るものだ。 」という一昔前の「当たり前」が、働く人の中に強く残っていることによって起こります。 いくら国が男性の育児参加を推進し、企業などが男性の育児参加制度を表面上整備しても、中で働く人の意識が変わらないことには何も変わらないのです。 一般的に、パタニティハラスメントは、同性(同性)の上司や同僚によって行われると思われがちですが、実は、異性(女性)からのパタニティハラスメントも少なくないことが分かっています。 パタニティハラスメントの難しさは、「男性は育児よりも仕事を頑張るものだ。 」という意識が男性にも女性にも残っているところにあります。 男性の育休取得率と取得の希望 男性の育休取得率と取得希望を見てみましょう。 男性の育休取得率 厚生労働省は、2016年度の男性の育休取得率は3.16%だと発表しています(2017年5月30日発表)。 同省が男性の育休取得率の調査を始めた1996年以降一番高い取得率ですが、女性の育休取得率81.8%と比較すると、その低さが一目でわかります。 男性の育休取得率の推移は、以下のとおりです。 1996年度:0.12%• 1999年度:0.42%• 2002年度:0.33%• 2004年度:0.56%• 2005年度:0.50%• 2007年度:1.56%• 2008年度:1.23%• 2009年度:1.72%• 2010年度:1.38%• 2011年度:2.63%• 2012年度:1.89%• 2013年度:2.03%• 2014年度:2.30%• 2015年度:2.65% 取得率は少しずつ上がっていますが、「2020年までに男性の育休取得率を13%にする。 」という政府の目標とは大きくかい離しています。 男性の育休取得希望 男性の育休取得希望については、生命保険会社などがアンケート結果を公表しており、いずれの調査結果を見ても半数を超える男性が育休取得を希望していることが分かります。 それにも関わらず男性の育休取得率が伸びない背景には、上で紹介した周囲の意識の問題に加え、育児休暇を取得できる男性の意識も絡んでいます。 育休を取得したいけれど取得しない男性の意識(懸念や心配など)には、以下のようなものがあります。 出世に響く• 評価が下がる• 周囲の目が気になる• 自分の代わりはいない• 経済的に困窮する• 上司や同僚の理解が得られない• 育休取得後、職場復帰できないかもしれない• 家族に反対される いずれも育休取得を希望する男性が、育休取得を思いとどまる理由として挙げているものです。 一方で、一度育休を取得した男性の多くは、再度の育休取得を希望しているという調査結果があり、男性の懸念や心配が杞憂の場合もあることを示しています。 パタニティハラスメント(パタハラ)を経験した人の割合 では、どのくらいの男性がパタニティハラスメントを経験しているのでしょうか。 日本労働組合総連合会は、「パタニティハラスメントに関する調査(2014年1月23日)」の結果を公表しています。 この調査結果からは、被調査者(子どもがいる男性1000人)の11%がパタニティハラスメントを受けた経験があると回答し、10.8%に周囲にパタニティハラスメントを受けた人がいると回答したことが分かります。 氷山の一角ではありますが、パタニティハラスメントの状況の一端を示すものとして価値はあるでしょう。 参考: パタニティハラスメント(パタハラ)の事例 パタニティハラスメントの具体的な事例を見ていきましょう。 パタニティハラスメントの事例1:Aさんの場合• 育児参加制度(育児休業)の利用について上司に相談した• 直属の上司からは「出世は諦めるんだな。 」、「会社に戻って来れると思うな。 」などと言われた• 同僚に相談したところ「自分のことしか考えていないんだな。 」、「残された自分たちの身になってみろよ。 」などと言われた• 悩んだ末に会社を退職し、1年間育児をした上で別の会社に就職した パタニティハラスメントの事例2:Bさんの場合• 育児参加制度(育児短時間勤務)を申請して利用を開始した• 利用開始後、上司や同僚から「一人だけ早く帰れて良いよね。 」、「時間になったらやりかけの仕事を周りに投げられるなんて、良い身分だな。 」などと言われるようになった• 会社内の相談窓口に相談したところ、後日、上司から相談したことを責め立てられた• 精神的に不安定になって休職し、3か月後に退職した• 専業主婦の妻と赤ちゃんを養えなくなり、実家に帰ることになった パタニティハラスメントの事例を2つ紹介しましたが、実際の職場ではもっと生々しい事例がいくつもあります。 まとめ パタニティハラスメントは、男性の育児参加を推進する社会の流れと逆行する解消すべきハラスメントです。 しかし、長らく続いてきた「男は育児より仕事を頑張るものだ」という考え方が根底にあり、変えることは容易ではありません。 また、男性自身が出世や評価などを気にして積極的な育児参加をためらってしまう状況も大きな課題です。 いきなり職場の人間の意識がガラッと変わることはありませんが、育児参加を希望していることを表明しないことには何も変わりません。 まずは周囲の育児参加制度利用経験者などから情報収集し、上司や同僚への説明を尽くすなど、希望する育児参加ができるような状況を一歩一歩作り出すことが大切です。 ikujilog.

次の

注意!パパもなる産後うつ「パタニティブルー」とは?原因と3つの解消法

パタ ニティ ブルー

【ママからのご相談】 先月出産をしました。 初めての育児でバタバタしていますが、最近ちょっとパパの様子がおかしいのです。 ひどく落ち込んで見えることもあります。 もうすぐパパも育児休暇をとる予定なのですが、少し心配です。 どうしたら良いのでしょうか。 大切なのはコミュニケーション。 ご相談ありがとうございます。 ライターの川中利恵です。 まずはご出産おめでとうございます! 嬉しくも大変な日々がスタートしていることと思います。 それとは別にパパの様子がおかしいとのこと。 とても心配になりますよね。 産後、ママが育児ブルーになった話はよく聞きます。 一般的にホルモンバランスや環境の変化による、いわゆるマタニティブルーです。 しかしその一方で、パパも育児ブルーになることがあることを、ご存じでしょうか? パタニティブルーってなんだろう? パパの産後うつ『パタニティブルー』は、最近注目を浴び始めました。 わが子の誕生後、幸せなはずなのに、睡眠障害や頭痛、肩こり、口の渇き、胃痛などの身体症状が出て、かつ不安やうつ状態に陥り、苦しむパパが増えているのです。 比率としてはマタニティブルーよりは少ない10%前後と言われていますが、イクメンブームが盛り上がるにつれ、増加しつつあると言われているのです。 (1)生活の変化 産後は、生活が一変します。 赤ちゃんはいつだって待ったなし。 夜泣きなどで眠れない日もありますし、夫婦で過ごしていた大人中心の生活から子どもに合わせた生活になります。 さらに、小さな命を預かる責任の重さも加わりますよね。 その心理的負担は、ホルモンバランスの変化がないパパにも当然あります。 (2)夫婦の時間が減る ママが忙しくなるため、寂しさを覚えることも原因であると言われています。 ママにしてみればパパが二の次になるのは当然なのですが、パパにとっては一大事! 夫婦の会話が減り、夜の営みも疎かになることで心の距離が離れてしまったと感じてしまうことも……。 また、ママがうつ状態に陥ることで、同調してしまうケースもあるようです。 (3)仕事と育児のバランス 育児休暇を取ろうと奮闘するパパであれば、子育てへのジレンマはより大きくなります。 男性の育児休暇取得率は低く、2011年度に2%を越えたものの、2012年度には再び1%を切ってしまいました。 まだまだ社会的な認知や基盤が整っておらず、狭き門です。 たとえ勝ち取れても、次は、「夫が働き、妻が育児をする」という固定観念に基づいた世間の偏見が待っています。 長期休暇によるキャリアへの影響を懸念し、将来に不安を感じる方が多いことは、男女ともに共通のジレンマなのです。 いずれにせよ、個人差が大きいため、パタニティブルーの原因は、特定が難しいと言われています。 コミュニケーションが予防と解決のカギ! パタニティブルーに陥らないためには、まずは妊娠中から、産後の生活についてイメージしておくことが大切だと言われています。 やはりある程度、生活の変化に対する心構えがあるだけでも、感じ方は大きく変わるためです。 そして、もう一つ。 互いの気持ちを話し合い、分かち合うことが最も大切なことです。 「ママだから」「パパだから」という固定観念からか、「これぐらい当たり前」「我慢しなくては」と、葛藤があっても飲み込んでしまうことが一番の問題になるのです。 ママだってママ1年生なのですから、パパも同じです。 母性や父性は赤ちゃんと一緒に育つものと考え、当たり前はないと思ってちょうど良いのかもしれません。 何よりも大切なのは、赤ちゃんとみんなが笑顔でいられる生活です。 それでもつらさが改善しない場合は、専門家の門を叩くことをおすすめします。

次の

パタニティハラスメントの意味とは?厚生労働省のパタハラ事例と対策

パタ ニティ ブルー

スポンサーリンク 意外と多い!ママに嫉妬 特に男の子を出産したパパにあると言われていることですが、パパが赤ちゃんに嫉妬をして産後うつを発症することがあります。 ママからすれば「はぁ?意味がわからない」と逆に怒りの導線に火を付けてしまいそうですが、ここはぐっと我慢してパパの話を聞いてあげましょう。 パタニティブルーを解消する3つのポイント こうしてみると、パパの産後うつであるパタニティブルーもマタニティブルー同様に精神的な不安やストレスが大きな要因となっています。 外ではしっかり仕事をしなくてはいけない、家ではパパとして夫としてしっかりしかくてはいけない…そうした責任感が引き金になることも。 そうしたことを踏まえてパタニティブルーの対処・解消法をご紹介します。 産前から産後の生活をイメージしておく 女性に比べて男性は、妊娠中に産後をイメージすることが難しい傾向にあります。 十月十日、お腹の中で赤ちゃんと過ごすママとは環境が違うのでそれは仕方ないことです。 とはいえ、全く意識しないとなると…生まれた後にあたふたしてしまうことでしょう。 ある程度は私生活において変化があることは覚悟しておきましょう そうすれば実際に赤ちゃんとの暮らしが始まった時に心持ちに余裕ができます。 ママだから、パパだからという線引きをしすぎない ご家庭によっては育児に際してルールを決めることもあるでしょう。 赤ちゃんのお世話をする上で、役割分担を決めておくことは決して悪いことではありません。 しかし、ガチガチに線引きしてしまって「そこはママの担当だよ」とか「パパがやるべきでしょ」とどちらかに投げてしまう理由になるのは問題です。 誰でも急に忙しくなったり手が離せないことはあるもの。 「ママはこうあるべき」「パパなんだからしっかりして」そういう物言いや考え方をしないようにしましょう。 あまりガチガチにしてしまうと辛いのに「我慢しなくちゃ」「自分の仕事だ」と不満を飲み込み、それがストレスになって精神的に追い込まれてしまいます。 線引きしすぎず、ケースバイケースで柔軟に夫婦で協力しあうようにしてくださいね。 夫婦のコミュニケーションを大切に マタニティブルー・パタニティブルーの改善・対処で最も重要な事は「コミュニケーション」です。 お互いの不満や不安を語りあえ、解決しあえるような風通しの良い夫婦関係を作っていきましょう。 「男だから、パパだから弱音をはけない」なんてことはありません。 時にはママに愚痴や本音を言って、聞いてもらうことだって大切なんです。 何も言わずに急に落ち込んだり爆発したりする方がのちのち大きな問題になってしまいます。 お互いに話を聞く、何かあったら言う、そういう関係を築きましょう。 おわりに 初めての赤ちゃんを育てるパパ・ママは育児1年生! 要領の良い悪いはあるものの、いきなり完璧に子育てをこなせる親なんてどこにもいませんよね。 目標は高く持つべきかもしれませんが、ムリをする必要なんてどこにもないんです。 日々、赤ちゃんが成長するのと同じように、みなさんもパパやママとしてゆっくりと成長していきます。 大切なのは赤ちゃんが笑顔でいられる家庭、大人になって心に残る幸せな原風景をつくってあげることです。 心や体に負担をかけて完璧でいるよりも、みんなが明るく笑えるような関係を築いていきましょう。

次の