自分に合う仕事がわからない。 【タイプ別&方法別】やりたい仕事が分からない時の探し方を転職のプロ5人が解説!|転職実用事典「キャリペディア」

【新卒~2年目~3年目】仕事ができない自分を変えるには?対処法&最終手段を徹底解説

自分に合う仕事がわからない

【作:百田ちなこさん】 「今の仕事が自分に合っていない」 とモヤモヤした気持ちを抱えながら働いていませんか? 「でも働かないと生活できないし…」と転職するのか我慢するのかという狭間で悩んでいる方は少なくありません。 転職サイトや求人情報誌とにらめっこをして夜更かしをしたり、転職経験者に相談したり・・・。 売り手市場の今、転職に対して不安をもつのは、「自分に合った仕事」「自分が何をしたいのか」という明確なプランがなかなか見つからないからでしょう。 自分に合った仕事を見つけるきっかけ作りからスタートしてみましょう。 自分に合わないとすぐ転職をしてしまう人の3つの特徴とその理由 どんな人でも好きで転職を繰り返したい人はいないですよね。 転職を考えるときは将来を悩み、迷った挙句転職せざるを得なかったという結果でしょう。 自分に合わないと転職を繰り返してしまう方にはこのような3つの特徴があります。 あなたは当てはまるのはどんなタイプでしょうか? ネガティブ思考 転職を考えるきっかけは様々ですが、 「社風が合わない」「人間関係が辛い」「給料が仕事と見合わない」などが挙げられます。 中でも社風が合わない場合は、毎日を過ごす会社のことなので我慢しづらいものでしょう。 会社には会社によっての独自のルールや雰囲気が存在しますが、その社風に自分が馴染めない場合は疎外感を強く感じてしまいます。 そんなときネガティブになりすぎて批判的な気持ちになったり、自分はダメな人間なんだと責めたり・・・。 1度ネガティブなイメージを持ってしまうとどんどん深みにはまってしまうのが人間。 もともとネガティブ思考な性格の方や、会社でのパワハラや人間関係によってネガティブになってしまった等の理由があります。 転職を考えるきっかけを自分のせいにせず、人生の転換期なんだとポジティブにとらえることができれば転職成功の近道となるでしょう。 仕事の軸が定まっていない 大手企業、高給与など表面だけで仕事を決めてしまった方に多いパターンで、入社後「こんな会社だと思わなかった…」と後悔してしまい早期退職。 その後も無事に転職できるも「やっぱり合わない」とまたもや退職。 自分にとって筋の通った条件がしっかりと定まらないまま入社してしまい、会社のキャリアプランと自分のキャリアプランがミスマッチしてしまうことから起こります。 また、入社前に会社のことをよく調べず入社してしまったということも理由のひとつです。 入社したいと思う会社についてはホームページや口コミサイトなどでよく調べ自分のキャリアプランを実現できる会社かどうか確認しましょう。 100%自分の望む条件の会社へ入社するのは無理ですが、「ここだけは譲れない」という仕事に対する軸を明確に定めなければいけません。 自己分析不足 あなたは自分自身を理解していますか? 転職を繰り返す方の多くは自分自身の理解が不足し、性格的にあっていない仕事をしているという特徴がありますが、自分に合っていないのに会社に合わせて我慢し続けるのは、遅かれ早かれ自滅への道が待っているだけです。 なんとなく自己分析を終わらせてしまった、適職診断までしなかった、早く就職しなければと焦りがあった方などが、自己分析不足が理由で転職を繰り返してしまいます。 自分に合う仕事の見つけ方 入社して後悔しないような自分に合う仕事を見つけるにはどうすればよいのでしょうか? 2つのポイントをご説明します。 自己分析をする 前述したように自己分析不足は入社後の後悔につながります。 はじめに自分の長所や短所、強みをしっかりと洗い出すことで、仕事への適正ややりがいを見つけやすくなります。 自己分析は入社前にするだけでなく、仕事にやりがいをかんじられなくなったときや転職を考えたときなど入社後にも役立つツールです。 キャリアビジョンとキャリアプランを明確にする 「将来どんな人生を送りたいか」と自分のありたい姿をイメージするキャリアビジョンを描き、キャリアプランを明確にすることが大切。 入社する会社のキャリアプランと自分の描くキャリアプランがマッチングしているか、ある程度近いものかがポイントになってくるでしょう。 目標があればモチベーションを高く保ち仕事をすることもできますし、キャリアプランに向かって有意義な日々を過ごすことにもつながります。 1年後、3年後とプランを達成することでキャリアビジョンの実現への近道となるでしょう。 何を基準に仕事を探す? 転職を考えた際、何を基準に仕事を探すか?ということがポイントになります。 これが転職軸と呼ばれるもので、譲れない条件や大切にしたいことの優先順位をつけることが大切です。 「お金」が仕事選びの基準 「今よりもっと給料の高い会社に」と今の給料に不満があり転職軸にお金を重視する方は少なくありません。 せっかく転職するのだから給与アップを狙いたい、結婚を考えるようになり安定した給与の会社へ転職したいと様々ですが、お金を転職軸のポイントにした場合、今よりも潤いのある生活ができるのがメリット。 しかし給与だけに注目して転職先を決めてしまうと、自分の適性に合っていなかったり職場環境や待遇などがブラックだったりという可能性もあるので注意が必要です。 「やりがい」が仕事選びの基準 給料が高くても仕事にやりがいを感じなければ仕事をしていても楽しくありません。 やりがいを感じ達成感を味わえる会社に出会えることに基準を置いた場合、仕事は楽しいと感じる反面、給料が少ないことに不満を感じることも出てくるかもしれません。 「スキルアップ・キャリアアップ」が仕事選びの基準 将来のキャリアビジョン達成を目指すため、スキルアップやキャリアアップを狙って転職をする方もいらっしゃいます。 例えば、販売職として現場を経験した後、経営も学びたいと経理職へキャリアチェンジする、今よりもっとスキルの高い仕事を経験したいなど、今の会社ではこれ以上のキャリアアップを期待できないなどが挙げられます。 転職によってスキルアップやキャリアアップへの道が開け将来の収入アップが期待できる反面、入社時は一時的に収入ダウンするデメリットがあります。 「ワークライフバランス」が仕事選びの基準 朝から晩まで仕事をしていてプライべートの時間が取れない…という悩みを持ち、仕事以外の時間も充実させたいと給与ダウンしてもワークライフバランスのとれた会社へ転職するのもひとつの方法。 サービス残業がなく、定時に帰社できる、休みが確保しやすいなどいわゆる職場環境がホワイトな会社です。 趣味や自己研鑽の時間、家族と一緒に過ごす時間が充実するため人生を豊かに過ごすことができ、定時に帰社することで疲労の軽減にもつながります。 自己研鑽の時間を充実させ資格取得すれば将来的なキャリアアップも可能となるでしょう。 しかし、残業時間が少なくなることで収入ダウンや転職によるキャリアダウンといった一時的なデメリットはあるかもしれません。 「会社の規模」が仕事選びの基準 収入や待遇なども大切ですが、転職では会社の規模も重要なポイントとなります。 自分にスキルや強みがない場合、規模の小さい会社から規模の大きい会社への転職は難しいため、将来転職の可能性があるなら若いうちに大手企業や業界での有力企業へ転職しておくほうがベター。 規模の大きい会社は社員教育に力を入れていたり職場環境が良かったりとメリットも多くあります。 仕事探しは「何を基準にするか」で今後のキャリアプランへも大きく影響します。 自分がどんな人生を送りたいかという優先順位を決めることでそれに合った仕事が異なります。 仕事を探さないといけないと焦り、闇雲に求人情報に応募したり、ブラック企業へ入社してしまったり、結局自分に仕事が合っていなかったと入社後に後悔だけが残ってしまうでしょう。 仕事探しの基準となるブレない転職軸を明確に定めておくことが大切です。 自分の強みをみつけるには? 人それぞれにより仕事を探す基準は異なりますが、どこに基準を置いてもライフイベントの予測をし、将来的なキャリアプランを立てることで収入や貯蓄額のプランが具体的に見えてくるでしょう。 「自分がどんなふうに働きたいか」という転職軸を基準にするためにはキャリアの棚卸しと自分の強みを見つけることが大切です。 自分の強みを見つけ、どの業界が向いているのかの目安として参考できる適職診断ツールをご紹介します。 自分の希望する診断で適正が低いと診断されても一つの目安なので、軽い気持ちでチャレンジしてみてくださいね。 ストレングスファインダー(書籍) 人がもつ性格を34の資質に分類し、Top5の資質を導き出します。 Top5の資質は自分の強みとなり、仕事や生活での活かし方が詳しく解説されています。 資質は才能と捉えられ、短所を克服することではなく長所(才能)を伸ばしていこうというポジティブな診断で自己分析だけでなく自己肯定にも効果的です。 自分自身を客観的に見ることができれば生き方の方向性が見え転職軸も作りやすくなるでしょう。 書籍を購入すればウェブテストが利用できるのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか? グットポイント診断(リクナビNEXT) 国内最大手リクナビNEXTの会員限定の自己分析ツール、グットポイント診断は選択形式の質問を進めることで深層心理に潜む自分の特徴や強みを導き出します。 18種類ある性格特徴から「あなたらしい」を5つ教えてくれるので、あなたらしく働ける仕事探しにぴったり。 自分の特徴や強みは、仕事探しの自己分析や自己PRにも大いに役立つでしょう。 リクナビNEXT会員なら無料で診断できるツールですが、SPIのノウハウが生かされた本格的な診断ツールなので、自己分析を始めるとき、何からすればいいか分からないという方は無料でお試ししてみましょう。 リクナビNEXTへの求人応募時には診断結果を活用できるのもメリットですね。

次の

自分に合う仕事が分からない…そう悩むあなたが今からできること

自分に合う仕事がわからない

スポンサードリンク 仕事っていったい何をしたらいいかわからない…。 自分に合った仕事の見つけ方 、探し方がわからないという悩みをもったあなた。 いまの仕事をずっと続けるのは嫌だ、何か自分がもっとモチベーションの上がる仕事をしたいと思っている人も多いと思います。 そうは思っていても 自分のやりたい仕事がないという人が、どうやってやりたい仕事を見つけていけばいいのでしょうか。 収入や労働時間、勤務条件など、諸条件ばかり目がいってしまいがちかもしれませんがが、自分がやりたいと思うことを職業にしたいという気持ちも大きいことでしょう。 では、いったい何をポイントに探せばいいのでしょうか。 好きなこと、楽しいこと、将来の夢など、それさえもわからなくなっている人や、本当にやりたい仕事がないという人が、 やりたい仕事をどうやって見つけていけばいいのかを紹介します。 1.やりたくないことは何? やりたい仕事を考える前に、まずやりたくないことは何ですか。 やりたい仕事というのは、やりたくない仕事の裏返しである可能性も高いのです。 やりたい仕事がないと立ち止まってしまう前に、やりたくないこと、そしてその理由を整理してみましょう。 1)具体的な職種ではなく、作業や行動を挙げる やりたくないことを考える際に、真っ先に職種で挙げるのは避けましょう。 なぜなら、職種名で挙げようとすると、自分がイメージしやすい仕事だけを挙げる傾向があるからです。 「営業」といっても業務内容は様々で、営業の職種全てやることが同じとは限りません。 やりたい仕事、やりたくない仕事どちらにしろ、いきなり職種に落とし込まずに環境や行動という広い観点で考えることがポイントです。 例えば、「人と話すのが嫌い」「細かい作業が好きではない」「ずっと同じことをやっているのは飽きてしまう」など簡単なことで構いません。 「人と話すのが嫌い」であれば、接客や営業ではなく研究、企画といった数字を管理することが多い仕事の方が楽しいと思うかもしれません。 あるいは、「人に指示されるのが嫌い」ということであれば、上下関係の強い大きな組織よりも個々人の裁量が大きいベンチャー企業の方がモチベーションを高めることに繋がる可能性もあります。 2)ストレスを感じることは? やりたくないことが思い浮かばない場合は、ストレスを感じることという視点で挙げてみるのもいいと思います。 「机にずっと向かっているとイライラする」「人に指示されると感情的になってしまう」など、日常的な自分の感情の変化を観察してみてください。 今の業務内容や職場環境の中で、特にストレスだと感じることであればヒントになると思います。 3)すぐに拒否してしまう求人は? 様々な求人を見て、やりたくないと感じる求人があれば、その理由を整理してみてください。 なぜ自分がやりたくないと思ったのかを掘り下げていくと、自分が何を大事にしているかが見えてきます。 例えば、メーカーの海外営業職とサービス業の国内営業職の求人を見て、メーカーの海外営業職はやりたくないと感じた場合、海外に関わることが好きでないのかもしれません。 求人を見ていると何となく興味がわかないというぼんやりした感情が出てくることも多いと思いますので、そういった感情の背景を自分で分析するようにしましょう。 スポンサードリンク 2.テンションが上がることは何? 今度は、やりたい仕事に繋がる感情を見つけるために、少しでもプラスの感情が出ることを分析してみましょう。 ずっと継続してやってきたことがない、夢中になれることがないという人でも、テンションが上がること、感情が高まることであれば日常の中でも見つけられるのではないでしょうか。 1)ワクワクすることは何? あなたのテンションが上がる、ワクワクすることは何ですか。 仕事でもスポーツでも最高のパフォーマンスを出せるのは、自分のテンションが高く維持されている、ワクワクして楽しいという状態の時です。 例えば、「チームで何かに取り組んでいる時」が楽しいと思うなら、チームで数字目標に向かっていく営業主体の組織がいいかもしれません。 あるいは、「細かいモノを作ること」に夢中になってしまうのであれば、メーカーの技術職やITのエンジニアなどを選択肢としてみるのもいいと思います。 プロのアスリートで結果を残している選手たちが、仕事の義務感だけでそこまでの結果が出せるでしょうか。 彼らはワクワクしている、そのスポーツをやりたいという気持ちでやっているからこそ最高の結果を出せるのです。 自分が何にテンションが上がるのか、あるいは時間を気にせず楽しんでしまうことは何かをじっくり考えてみましょう。 2)お金を払ってでもやりたいことは? お金の出費があってもやりたいことはありますか? 仕事というのはお金をもらってやることですが、本来自分が楽しいと思う、やりがいを感じることは、お金をもらえなくてもやりたいと思えることのはずです。 例えば、旅行ならお金を払ってでも経験したいと強く思っているなら、なぜそう思うのかを掘り下げてみましょう。 新しい世界に触れるのが好きなのかもしれませんし、旅先で人と会話するのが面白いのかもしれません。 意外なところに自分の感情のスイッチがあるかもしれません。 3.仕事という枠に限定しない やりたい仕事は何かと仕事・職種に直結して考えると難しいかもしれませんが、仕事という枠に限定せず自分の感情が高まることが何かを考えてみてください。 どんなポイントで自分のテンションが上がるのかが理解できると、自分がどんな作業をすることが向いているのか、どんな環境に身を置くといいパフォーマンスが出せるのかが見えてきます。 それは職場以外でも、過去の自分を振り返っても構いません。 学生時代の過去の自分の感情や、選択の理由を分析してみてもいいと思います 4.仕事とやりたいことは必ず一致するものなの? やりたい仕事がないという人は、仕事とやりたいことを一直線で考えている場合が多いです。 もちろん、それが一直線でつながる場合はいいですが、必ずしもそうなるわけではありません。 まずは、仕事や収入という観点抜きにして、どんなことに興味を持ち、どんなことをやってみたいと思っているのか感情を整理してください。 1)仕事に何を求める? 仕事に何を求めるかという点でも仕事の選び方は変わってきます。 収入を重視するのか、労働時間や労働条件を大事にしているのか、自分の興味関心を優先しているのかによって、やりたい仕事の意味は異なります。 仕事を選ぶ上であなたが何を優先しているのか、これだけは譲れないという条件を整理してみてください。 2)やりたいこと=仕事の必要性は? やりたい仕事がないという人は、やりたいことと仕事がつながらないものなのかもしれません。 それが良い悪いではなく、「やりたいこと=仕事」でなければいけないという既成概念を外して根本から考えてみてください。 例えば、「アクセサリーを作りたい」という場合、労働時間が融通のきく仕事を選び、空いた時間でアクセサリーを作るという生活スタイルを選ぶこともできます。 あるいは、「英語を話すのが好き」という人が英語を使える就職先を探す必要はないかもしれません。 社外の英会話コミュニティに参加して、会社に属していなくても自分の気持ちを満たすことはできるかもしれません。 やりたい仕事=生活の収入源である必要は必ずしもないはずですので、やりたい仕事がないのではなく、やりたいことと仕事がすぐに結びつかないだけかもしれません。 3)第三者の客観的な意見も参考に 仕事とやりたいことのバランスが自分の中ではっきりしない場合は、転職エージェントな第三者の意見を聞いてみるのもいいと思います。 エージェントは転職市場を知った上でアドバイスをしてくれるので、何を大事にし、何を優先すべきかの意見がもらえるかもしれません。 また、自分の分析した内容を事前に伝えておけば、自分の感覚にあった求人を紹介してくれます。 まずは転職業界No. 1のを検討してみましょう。 ただし、転職エージェントのアドバイスもいろいろです。 最後は自分の考えや価値観を大切にしてください。 自分の夢、将来こうなっていたい自分をイメージしてみる やりたい仕事がないという人が意識するべきポイントは、自分の感情の変化を観察すること、そしてその理由を探ることです。 そのために、「やりたくないこと」「テンションが上がること」「ワクワクすること」「つい時間を忘れて没頭してしまうこと」「お金を払ってでもやりたいこと」といった観点で行動や作業を挙げてみてください。 そして、なぜそう感じるのかという理由を掘り下げて、自分の傾向を理解してください。 その感情の変化を客観的に理解できたら、仕事として結びつくものがあるか、労働環境として選んだ方がいい条件があるのか、様々な求人内容を見ながらでもいいので整理してみましょう。 自分にはこれしかできないから、過去の経験から・・・といった自分の既成概念は一旦外して、自分の感情に向き合って対話してみてください。 そうすることによって、今まで自分で気づいていなかった自分の特徴に気づくことができ、興味のなかった仕事に興味を持つことができるかもしれません。 やりたい仕事がないというのは多くの人が持っている悩みですが、やりたいことがないのではなく、仕事として結びつく選択肢が思い浮かばないだけという場合も多いです。 世の中には自分の知らない仕事・労働環境・働き方がまだまだ多く存在しているということを忘れずに、自分の視野を広げて考えてみましょう。

次の

自分に合う仕事がわからない時の選び方5選!決め方の基準・ポイントは?

自分に合う仕事がわからない

自分に合う仕事-適職が大切な理由 就職活動をしている誰しもが自分に合う仕事に就きたいと考えるものではないでしょうか。 自分に向いている仕事を見つけることは、新卒の就活において一番重視されるべきことといえます。 とはいえそもそも、なぜ自分に合う仕事-適職を見つける必要があるのでしょうか。 適職という視点で就活を考えてみましょう。 理由1. 合う仕事をしないと辛くなる 自分に合わない仕事をしていると、能力適性が低いため向いてる仕事に比べて仕事の上達が遅く、成果が上がりにくくなります。 そうなれば、上司から注意される機会も増えますし、同期にコンプレックスを感じるでしょう。 働くことにおもしろさ、やりがいを感じにくく、仕事に対するモチベーションを維持できません。 その結果ますます仕事がいやになり、仕事のスキルも身に着かないでしょう。 最終的にはストレスから体調を崩したり、鬱で休職・退職することにもつながりかねません。 理由2. 合う仕事に就かないと早期退職をしやすい 厚生労働省が毎年発表する新卒就職者の離職率に関する統計データによると、3年以内に退職する早期退職者や転職者の割合は約30%にのぼり、それどころか年々増加の傾向にあります。 なかには数か月、数日で退職してしまうケースも耳にします。 自分に合う仕事、会社に就職できなかったことが原因での早期退職が大半と思われますが、せっかく時間や労力をかけて内定を勝ち取ったのに、即退職となるのはやはり非効率です。 また、早期退職した場合、職歴がほぼ無いという、会社によっては不利な条件で新しく就職活動をする必要があることも頭に入れておく必要があるでしょう。 理由3. 合う仕事を見つけることで企業とのミスマッチを防げる 自分に合う仕事を探すことで、企業とのミスマッチを防げます。 入社後のミスマッチはわずか数年で離職してしまう理由の一つで、これを未然に防ぐことで長く安定した働き方が可能です。 実際に、仕事が自分に合わないという理由で初職を辞めてしまう方は多く見られます。 自分に合う仕事を探すことで早期離職の防止につながり、自分だけでなく企業側にもメリットが生まれるのです。 その仕事が本当に自分に合っているかどうか、実際に働いてみないと分からない部分も多々あります。 それでも、自分に合う仕事かどうか、事前にある程度予測するとしないとでは大違いです。 予測しておけば入社後に起こり得るトラブル回避法をあらかじめ用意でき、正しく対処できます。 入社前の予測は、ミスマッチの発覚を未然に防ぐ有効的な手段の一つなのです。 理由4. 合う仕事を見つけることで面接対策になる 合う仕事であらば就活の際の自己アピールに説得力が増します。 自分に合う仕事を探すなかで、必然的に自分の特徴を探ることになります。 この過程で自分の持っている特徴を正確に把握し言語化することで、履歴書やエントリーシート、面接で使えるようになります。 今まで何となく感じていた自分の特徴をはっきりと言語化する機会はなかなかありません。 言語化する作業はかなり重要なポイントで、説得力と真実味がある自己アピールができるようになります。 自己アピールに説得力が増せば採用担当者に強く訴えかけることができ、合格率をアップできます。 採用担当者は就活生の自己アピールを重要視しているパターンが多く、自己アピール力を磨いておけば結果的に就活成功につながっていくのです。 理由5. なぜ、上記のような数字が出ているのか。 それは自分に合った仕事だと思えない仕事をしているためや、自分がどんな貢献をしているのかどうかわからないためだと言われています。 アメリカと異なり、日本は社会人になってようやく仕事をし始めて、自分に合った仕事がどのような仕事なのか考えることが多いです。 近年では、長期インターンシップを実施する企業も多くなりつつありますが、現状はあまり変わっていないことが上記の数字からもわかるでしょう。 方向性が定まらないようですと、どんなことをやれば良いのかさえわからず、探し方に苦労するのも無理はありません。 ではなぜやりたい仕事が見つからないのか?それは自分に合った仕事を知らないのが原因の場合があります。 適職がわからないようでは数ある職業の選択肢の中からマッチする仕事を見つけるのも困難です。 そこで、自分に合う仕事を見つけるためのヒントをいくつか出していきます。 項目に沿って考えをまとめていってみましょう。 自分の長所を生かせる仕事 人それぞれ何かしらの長所を持っています。 例えば、誰とでも打ち解けることができる、1つのことに没頭できる、手先が器用で細かい作業が好きなど、長所というのは多種多様です。 それが自分の強みということですが、強みを活かせる仕事ですと比較的マッチしやすいはずです。 自分の性質を活躍させられるわけですから仕事内容とのギャップも生じにくいでしょう。 そして、自分の長所を生かせる仕事をしていると仕事が楽しくなり、仕事がはかどることが多いでしょう。 そうしているうちに、会社から評価され、自分の給与や立場が上がり、仕事をよりして自分の仕事で貢献したいという思いも強くなるでしょう。 自分の長所を活かせる人の多くが、そういった好循環のスパイラルになり、部長や役員になる人も多いでしょう。 趣味を活かした仕事 普段からハマっている物事があるのならば、趣味の方向性で考えていくのもおすすめです。 「好きこそ物の上手なれ」という諺がありますが、好きなことには熱中しやすく上達も早まります。 好きな気持ちや楽しい気持ちを持ちながら働けることで幸せを感じられ、実際に趣味を発展させて仕事に繋げるケースも少なくありません。 例えば、車が好きな人は、車の営業などで趣味として知っていることが営業のトークとして使用することができます。 そして、成果に繋がると、余計に勉強をしようと思うことでしょう。 もともと趣味として、勉強していたりすることだと思うので、苦もなくできることが多いでしょう。 資格を活かせる仕事 何らかの資格を持っている場合はそれを活かせる仕事で考えていくのも良いでしょう。 そもそもその資格を取得したのは、自分で必要だと思ったからのはずで、そのジャンルへの志向も持っているということです。 また、資格を取れるだけの実力もあるわけですので一定の適正も備えていると見ることができます。 学生時代に国家試験を取るために勉強した人もいるでしょう。 企業からの採用も資格を持っていると採用しやすいこともあり、即戦力として見られるケースもあります。 自分に合った仕事かどうかは少しずれる話しになるかもしれませんが、自分の努力を仕事に活かそうとすることで、その仕事が自分に合った仕事になる可能性もあります。 憧れの職業 子供の頃から憧れている職業や大人になってから関心を持つようになった職業があるのなら、その仕事を目標に考えてみるのも考え方のひとつです。 憧れの気持ちが持てる仕事は興味を強く持てている証明で、仕事への意欲も湧きやすいのではないでしょうか。 しかし、憧れとのギャップで早期退職が生まれてしまっているので現状です。 憧れの仕事をイメージではなく、企業分析や業界分析をしてイメージではなく、実態を把握してから憧れの職業へ就職することをおすすめします。 家族と同じ仕事に就く 家族が就いている仕事に目を向けて考えてみるのも良いかもしれません。 身近な人の職業は親しみを持ちやすいものですし、実際にどんな仕事なのか話も聞くことができます。 一例として参考にしやすく、近い仕事ゆえに興味が持てることもあるはずです。 その際にしておいたほうがいいことは、必ず良い面と悪い面の両面を見る必要があるということです。 実際に家族が働いているとしても、その家族と同じ職場で働くことはまれでしょう。 早期退職の多くが、人間関係で退職しているので、仕事内容だけでなく、どの会社で家族と同じ仕事に就くのかも検討してみましょう。 就活生は適職の見つけ方に苦戦することが多いですが、企業の情報なども参考にしながら自分に合う仕事を探しましょう。 見つける前に. リストアップをして考えを整理 好きな気持ちが持てる仕事ですと比較的楽しさも感じやすいはずです。 そこで、自分の好きなことをリストアップしてそこから適性診断に繋げてみるのもおすすめです。 例を挙げてみると、趣味が読書で本への親しみがある場合ならば、書店員や出版業界、図書館、編集者、作家、イラストレーター、印刷業など、関連する職業をいくつか見つけることができます。 興味があることに対しては仕事としても親しみやすく楽しめる気持ちも持ちやすいはずです。 したがってまずはリストアップして自分の内面を探ってみるようにしましょう。 自分のことは知っているようで意外と知らない面もあるもので、一度深く向き合ってみることで新たな発見に期待ができるのです。 ところで、高い志向が持てるジャンルが分かったのなら深く掘り下げて考えてみることも大切です。 例えば前述したように趣味が読書の場合にしても様々な関連する職業があることがわかりますが、同じようにどんな職業が関わって業界が成り立っているのかをリサーチすることで仕事との出会い繋がります。 本が好きというとシンプルに、売る仕事でもある書店員に職種を狭めがちですが、実は多彩は職業が裏に存在するわけですから視野を広げて考えていきましょう。 見つけ方1. やりたくないことやその理由を知る 自分の好きなことを知ることが大切な一方、逆に嫌いなことについても理解しておくと仕事探しをしやすくなります。 やりたくないことを整理しておけば職業の絞り込みがスムーズになる上、自分の考え方を客観的に見つめることができるはずです。 嫌いなことや、やりたくないことを整理する際には、なぜそのように考えてしまうのかについてもまとめておくようにしましょう。 どうしても拒絶する理由があるのならば仕方ありませんが、単なる好みの問題や我儘のような理由の場合は再考してみることも必要かもしれません。 仕事は100%自分の願望を叶えることが難しい面もあり、あれが嫌これも嫌と拒否してしまうとなかなか決まらない現実もあるのです。 天職を目指したい気持ちを持ちつつも、ある程度は我慢や妥協をする姿勢を持つことも必要です。 そのため、やりたくないことがある場合でも理由次第では、やっても良い方向へと修正していくことも必要ですし、柔軟な姿勢で対応していくことで仕事探しも捗りやすくなるでしょう。 就職活動を始める前に、まずは自己分析を行い自分の長所や能力、価値観や所持しているスキルを正確に理解しましょう。 自己分析で判明した自分の特性は、仕事内容や職場環境、企業が求める人材と照らし合わせる材料となります。 マッチング率が高ければ高いほど、自分に合う仕事であると判断できます。 自分の特性の探し方は、まず過去の印象的な出来事を複数思い出して書き出します。 次に、その出来事に対して取り組んだ内容や出来事に至った経緯、エピソードや困難だったこと、解決のために行った対策方法、出来事を通じて学んだことやよかった思い出を書き出していきましょう。 最後に、分析内容を整理します。 複数のエピソードで共通点を見つけてその内容を整理することで、自分の持つ特性が明確になってくるのです。 幼少期から現在までの自分史を作り、自分の特性を探してみましょう。 これまでの自分を分析 今の自分が形成されているのは、過去の人生の歩み方が大きく影響しています。 したがって、自分の過去を振り返ってみることで、なぜやる気が出ないのか、何がやれないことなのかなどのヒントを探れるはずです。 これまでの人生を考えてみるために、自分はある出来事に対峙した時にどんな判断を下してきたのか、どんなことに楽しさを感じてきたのか、あるいは何に時間を費やしてきたのかなど、深く向き合ってみるようにしましょう。 自分という人間を客観的に顧みることで性格や性質、趣味趣向などを知ることができます。 良い面も悪い面も明らかにして傾向をリサーチすれば対策も考えやすくなります。 もし自分ではよくわからない場合は身近な人に相談をしてみるのも良いでしょう。 自身で考える自分という人間と、人から見られる自分という人間は必ずしも一致するものではなく、人からは思いもよらない印象を持たれていることもあるのです。 自分では知らなかった良いところや悪いところなどにも気付けることがあるはずです。 正しく客観視できれば理解もより深めていけます。 過去の自分と今の自分 過去の自分を考えてみると、今の自分にも共通している部分が見つかることがあります。 そして共通項が見つけられることでそれを仕事探しに活かせるかもしれません。 なぜなら過去から現在にも共通しているポイントというのは、自分の中に一貫して存在する特性であり、それが自身の強みになり得るからです。 人は人生の中で様々な変化を引き起こしながら日々を生き、その変化が成長と呼ばれることもあります。 しかし変化をして成長することだけが大切なわけでもないはずです。 自分の中でずっと変わらない何かというのは不変的に存在し続け、そして自分を支えてきた芯のような存在でもあります。 例えば、昔から人を喜ばせることが好きで、今も変わらず同じ考えを持っているのならば、根っから人の笑顔を見ることが好きということでしょう。 人を喜ばせることができる仕事ですとそれが自分の喜びに繋がり、やりがいも感じやすいはずです。 一貫して持っていた気持ちに通じる仕事こそ適性があると判断できます。 未来の自分をイメージする 未来の自分を考えてそこから適職を探し出す方法もあります。 仕事の探し方というと、リアルタイムの今の自分を主体に考えてしまいがちです。 もちろんその時の感情や考え方などを重視して仕事を選んで行くのも悪くありません。 しかし今の自分を見詰めるだけでは、適職を診断することに難しさを感じる人もいるはずです。 そこで考えてみたいのが未来の自分の状況です。 これから先の自分の人生に想像を巡らしてみることで、これからの道筋を照らしていけるかもしれません。 例えば沢山の人に囲まれながら楽しそうに働いている自分が見えるのならば、それは自身が希望する未来へのイメージであり、なりたい自分と言えるでしょう。 もしそのような未来を描いた場合、どのような道筋を辿ることで実現ができそうなのか考えてみることが大切です。 つまり逆算して考えることで今後の方向性を探ることができます。 そして今回の例を元に考えてみると、まず人と関わり合いのある仕事を中心に考えてみるのが良いでしょう。 どんな風に人と接しどんな服装で働いているのかなど、具体的にイメージすると、より方向性が絞りやすくなるはずです。 楽しく働くには仕事ができるようになることも必要ですから、段階的にスキルや知識も伸ばしていかなければいけません。 そのためには基礎から学べる仕事を選び成長への架け橋とするのも有効です。 こんな風に未来を考えてみることで、これからのステップを導き出すことができます。 今の自分のことばかりに集中すると躓いてしまうこともありますので、思考を広げ、将来の自分を描いてから自分をそこへ導いていくプロセスを考えてみましょう。 自分を客観視するのは難しいですが、他社の長所は比較的目に入りやすく、印象に残ります。 自分では気が付かなかった意外な特性が見つかるかもしれません。 特に親しい人なら忌憚のない意見が聞けるので、自分のいいところはどこか質問してみましょう。 普段あまり関わりのない人に質問をしても表面的な部分しか見えていないので自己分析に使える回答は期待できませんし、社交辞令でまったく違う特性を言われてしまうかもしれません。 親しい人から聞いて理解した特性を、仕事内容や企業が求める人材像、職場環境といった要素と照らし合わせてみましょう。 マッチング率が高ければ自分に合う仕事と判断できます。 他己分析については、以下の記事に詳しく書いています。 他己分性のやり方などは掴めていない方は参考にしてみましょう。 他己分析について 他己分析は自己分析と異なり、自分が理解していない領域を他人の力を借りて、見つけることができるやり方になります。 ぜひ、他己分析をすることをおすすめします。 見つけ方その3:診断ツール ここまで自分の適職を診断するための様々な考え方について触れてきました。 そして大事なのは自分のことをよく理解して考えることです。 一番身近なはずの自分自身という存在にも関わらず、意外と知らないことも多くあり、それが迷いを生じさせてしまう原因になり得ます。 しかし自分のことを知らずしてマッチする仕事を発見するのは困難でしょう。 闇雲に仕事探しをしても自分に合っているのか判断しにくいですし、探し方に迷い続けることで歩むべき方向性もわからなくなります。 しかし一度立ち止まりじっくりと自分を見直すことで、どんな仕事が合っているのか判断を下しやすくなるのです。 ただ、それでもやりたいことがわからないと嘆く人もいるかもしれません。 仕事の相性の判断は一筋縄にはいかない面もありますので、本当にこの仕事が良いのか、それとも別の仕事が良いのかなど、まとまらない考えに悩まされることもあるでしょう。 そのような場合は適性審査を受けて考えてみるのもおすすめです。 深く自分のことを知るためのきっかけとなるサービスで、どんなことに適性を持ちどういった仕事にその適性を活かせそうなのかをリサーチすることができます。 客観的に自身を見詰め直せると共に、どんな職業があるのかという発見にも繋がります。 思いもよらない仕事が発見できることもあり新しい道が開けるかもしれません。 これから進むべき道の選び方に迷っているのならば活用してみて損はないでしょう。 私達ジェイックでも、診断ツールを開発し、提供しています。 以下の記事に詳しく詳細を紹介しています。 就活生はポイントにそって適職を見つけるようにしましょう。 ポイント1:自分の長所を活かせるか 自分に合う仕事を探すポイントの一つが、自分の長所を活かせるかどうかです。 長所というのは持っているスキルやできることだけでなく、性格上の長所も重要となります。 長所は上手く活かせば自分の強みとなり、仕事を進める上で強力なサポーターになるでしょう。 長所は人によってさまざまで、他人と話すのが好き、細かい作業を正確にできるなど、その人にしかない長所があります。 就職活動を進める前に、まず自分のことをよく振り返ってみましょう。 今まで気が付かなかった新たな長所が見つかるかもしれません。 自分で自分の長所を探すのは難しいという方は、家族や友人など周りの人に聞いてみるといいでしょう。 このような長所を活かせる仕事というのは、いわば強みを活かせると同義で、自分に合っている仕事の可能性が高いと言えます。 既に持っている性質を活躍させられるのは仕事内容にギャップやズレを感じにくく、ストレスがほとんどありません。 ポイント2:自分のスキルを活かせるか 自分の性格や価値観も大切ですが、これまで身に付けたスキルや能力にも注目してみましょう。 スキルや能力を積極的に活かせる仕事は成果が出やすく、達成感も得やすいです。 何かしらの資格を持っているならその資格に関連する仕事を探すのも一つの方法で、マッチング率が高くなります。 資格を持っているということはある程度その方面のジャンルに興味を持っているという証で、これは仕事のモチベーションにつながります。 長く安定した仕事に就くためには、仕事に対しての興味ややる気も重要な要素との一つとなるのです。 また、資格を取得できるだけの実力があるという証拠でもあるので、現場で即戦力として活躍できるかもしれません。 ポイント3:憧れていた仕事であるか 自分の夢を仕事にするのはなかなか難しいこと、というイメージがありますが、憧れは仕事へのモチベーションとやる気につながる重要なポイントです。 子どもの頃から憧れている職業や、これまでの人生の中で新たに興味を持った職業は、自分に合う仕事を考える上で大きな助けとなります。 憧れを持っているということはそのジャンルに対して強い興味を持っているという証拠でもあり、興味は知識や技術の修得へつながり仕事をする上で大きな手助けとなるでしょう。 自分に合う仕事を探すなら、今まで憧れていた仕事や業界を視野に入れた転職活動をするのも有効的な手段です。 憧れの仕事に完全にマッチするのは困難でも、関連職業や近いジャンルも視野に入れれば、憧れていた職業に関わることができます。 ポイント4:自分が望むことと一致しているか 自分が望んでいることと企業が提示している条件がマッチすれば、その仕事は自分に合っていると言えます。 自分が本当に望むものは何か、今一度振り返ってみましょう。 これだけは譲れない、こんな働き方をしたいという希望を具体的にリストアップしてみてください。 その上で、企業が望んでいる働き方と企業が提供する職場環境をチェックしてみましょう。 リストアップした内容とマッチング率が高ければ高いほど、自分に合う仕事である可能性は高いです。 自分の望むことがはっきりと分からない場合は、過去を思い出してみてください。 自分が最も自分らしく居られ、なおかつ成果を出していた時期を振り返ります。 そのとき、周りはどのような環境でどのような条件があったかを思い出してみると、自然と自分が望むことが見えてきます。 それでもはっきりと判断できないのであれば、自己分析などで明らかにしてみましょう。 ポイント5:貢献できると感じられるか 自分の特性や長所を活かせる仕事でなくても、貢献できていると感じられる仕事は長続きしやすいです。 自分に合う仕事を探す際には、貢献できるかどうかという視点で探してみるのも有効的な手段と言えます。 具体的に貢献できる仕事と言うのは、仕事を通じて社会や地域の人たち、仕事関係の仲間や取引先など、社会の役に立っているということを感じられる仕事のことです。 仕事をする上で関わるすべての人たちに対して、何かしらの部分でプラスに働いていれば貢献できていると判断できます。 他者への貢献度は自身の幸福度の高さにつながります。 貢献度が高ければ高いほど幸福度も比例して大きくなり、仕事に対するやる気の源となります。 貢献できると感じられる場面が多い仕事は長く続けられるので、自分に合う仕事であると言えるでしょう。 ポイント6:社風や理念に共感できるか 職場の社風や理念に共感できるかどうか、この点も仕事が自分に合っているかどうかを判断する重要な材料の一つです。 現場の社風や理念への共感度が高ければ高いほど、自分の理想とする働き方に自然と近付けるでしょう。 企業全体の理念は企業の公式ホームページで確認できます。 公式ホームページがない場合、求人情報に掲載されているので確認しましょう。 企業理念を知っておくと書類選考や面接にも活かせるので、積極的に調べて覚えておいてください。 一方、職場単位での理念や社風は表に出ている情報だけでは分からないところが多々あるので、OB訪問やセミナーを積極的に活用しましょう。 企業の公式ホームページに掲載されている社員インタビューも参考になります。 ポイント7:自分が成長できるか 仕事をするのはお金を稼ぐため、と完全に割り切るのは難しく、お金のためだけで合っていない仕事を長く続けられるケースは稀です。 お金だけでなく、仕事を通じて自分の糧になるものがあるか、仕事を通じて自分が成長できるかという点も、自分に合う仕事かどうか判断する一つの基準になります。 職場の雰囲気がよく企業理念に共感できたとしても、得られるものがお金以外になければ長続きは難しいでしょう。 自分のキャリアプランを実現するために必要な能力や経験が得られるか、という視点に立って仕事を探す方法が有効的です。 自ずと自分に合う仕事が探し出せるでしょう。 理想とするキャリアプランを持っていない方やキャリアプランが曖昧な方は、自己分析を進めると同時にキャリアプランの詳細を立てるのがおすすめです。 就活生が陥りやすい注意点を紹介しているので、就職する前に必ず確認してみましょう。 注意点その1:視野を広く持つ 就職活動を進める上で注意したいのが、視野が自然と狭まってしまうことです。 「自分に合いそうな仕事」や「自分に合いそうな企業の特徴」など、希望を1つに絞ってしまうと視野がどんどん狭くなってしまいます。 自分の希望と企業の提示する条件のマッチ数が少なくなるほど自分に合う仕事からは遠ざかり、早期離職の可能性が高くなってしまうでしょう。 また、希望を絞りすぎると応募した企業にすべて落ちてしまった場合、最初から業界研究を行わなければならず非効率的です。 このような事態を防ぐためにも、就職活動中は常に視野を広く持つよう意識することが大切です。 また希望している就職先の特徴を幅広く考えておくことで、自分が予想もしていなかった意外な企業や職種との出会いの可能性が高まります。 注意点その2:完璧に合う仕事を追い求めない 日本国内では未だに新卒至上主義の考えが浸透しており、既卒や第二新卒、転職組の活動を狭めているケースは珍しくありません。 このような風潮から、ここで失敗したら後がないと精神的に追い詰められてしまう方が多く居ます。 しかし、失敗を恐れるあまり就職活動で完璧を求めすぎるのはデメリットです。 失敗を防ぐためには完璧に自分に合う仕事でなければならない、という考えを持ってしまうと些細なことが気になり応募すらできない危険性が出てきます。 就職活動が遅々として進まず、結果的に就職活動の阻害要因となってしまうのです。 もし、完璧に自分に合うと思った企業を見つけたとしても、入社後にミスマッチが見つかると大きなストレスとなります。 完璧に自分に合う企業が見つかるのはかなり稀なことで、思い込みのケースの方が圧倒的に多いのです。 転職によるキャリアアップが珍しくなくなってきた現在、昔より転職活動がやりやすい環境になっています。 入社後にうまくいかなかったとしてもやり直しのチャンスはあるので、就職活動で完璧を求めすぎないように気を付けましょう。 注意点3. 避けていた仕事にも目を向ける 自分に合った仕事を求めて職を転々とする人もいます。 その中で良い仕事と出会えてそのまま定着できる人がいる一方、なかなか方向性が定まらないというケースもあります。 後者のパターンの場合、どこかに存在するであろう天職を追い求めがちですが、時には方向転換をして探し方を考えてみることも大切です。 1つ意識してみて欲しいのが、これまで避けてきた仕事にトライしてみることです。 仕事探しの方向性は、わからないなりに興味が向く職業で考えていくものですが、ただその際の絞り方が良くないことで天職に巡り合うチャンスを失っていることも考えられます。 食わず嫌いという言葉がありますが、これは食べたことがなく味もわからないにも関わらず嫌いと決め付けてしまうことです。 仕事もこれと同じで好き嫌いや向き不向きを自分の中で診断してしまい、避けてしまうことがあります。 食べてみると意外と美味しいことが分かることがあるように、実際に働いてみると意外と自分に合っていると気付けることもあるのです。 もっと幅広く目を向けてみても損はないはずですし、視野を広げるために避けてきた仕事にも着目してみるようにしましょう。 なお、仕事の合う合わないや好き嫌いなどは早計に判断しないことが大事です。 特に天職を求めがちな人の場合、僅かな期間で答えを出してしまう傾向があります。 天職ならば最初から楽しく感じられるはず、と思ってしまうかもしれませんがそんなことはありません。 慣れない内は大変なことや辛いこともありますので、その仕事の本当の良さはなかなか知ることができないのです。 それにも関わらず早々に答えを出すと本当の相性を知ることができないままとなり、しかも二度とその職種には戻らず本当にマッチする仕事が見つからなくなる可能性もあります。 じっくりと判断することが大切で、焦ることのない行動が求められるのです。 自分に合う仕事を探そう!迷ったらプロに相談もあり 自分に合う仕事を探すことは自分について知ることでもあります。 自分を知ることは就活において重要な要素です。 しかし、自分を知る過程で不安が出てくる場合もあります。 そんなときは就活のプロに相談するのも一つの方法です。 就職エージェントサービスのジェイックは入社後の定着率が91. 3%と非常に高く、このようなサービスを利用するのはかなり効果的と言えます。 困ったらプロに相談して、自分に合った仕事を探してみましょう。

次の