この動画はご利用いただけません。 【Twitter】「このコンテンツは利用できません」となり動画が再生出来ない原因と対処方法について

【YouTube】「この動画はご利用いただけません。」で規制動画を見る方法

この動画はご利用いただけません

Twitterでもこういう悩みの声が多いですね。 片方の動画は浦和レッズが活躍している動画なのですが、何故日本から動画が視聴できないのでしょう。 視聴できない原因は二通りあります。 一つ目は、Youtubeが 地域限定としてブロックをかけている場合です。 Youtubeのヘルプを見ると、以下のような文言が書かれています。 ・動画の所有者が特定の国でのみコンテンツを利用できるように選択している(通常はライセンスや権利が原因)。 ・各地域の法律に準拠するために、YouTube 側で特定のコンテンツをブロックしている可能性がある。 このように、地域ごとの法律にひっかからないように 制限しているケースが多いようです。 プロキシという単語はあまり聞き覚えがない方も多いと思います。 「プロキシ」という単語は「代理」という意味で、インターネット接続するときに使う中継サーバーのことを指します。 要はプロキシを使えば日本からYoutubeに接続しても、他の国のユーザー扱いにできるわけです。 Youtubeで地域限定の動画をブロック回避して見る方法、いかがでしたでしょうか。 地域限定の動画は「お住まいの地域では著作権上の問題で権利所有者によりブロックされています。 」「この動画は、お住まいの国では公開されていません。 」と表示されて再生することができませんが、プロキシを設定して別の国からのアクセス扱いにすれば問題なく再生することができるようになります。 紹介したサービスをブックマークに保存したり、Google ChromeユーザーならTouch VPNをインストールしておけば、こういった動画で視聴ブロックされた時にすぐ対応できるので導入をおすすめします。 また今回ご紹介したサービスは海外のサービスであったり、外部のサービスとなっていますのでご利用は自己責任でお願いいたします。

次の

【Twitter】「このコンテンツは利用できません」となり動画が再生出来ない原因と対処方法について

この動画はご利用いただけません

公開日: 2019年03月02日 最終更新日: 2020年02月21日 アマゾンの提供する動画配信サービスの「 Amazon Prime Video アマゾン・プライム・ビデオ 」と言えば、お手頃な値段で定額見放題やレンタルで動画視聴を楽しめるサービスです。 そんな「Amazon Prime Video」を使っていると、ために「 このタイトルは現在利用できません」、「 現時点では、コンテンツプロバイダーとの契約により、このタイトルを購入できません。 」と書かれていて視聴できない作品があります。 結論から言うと、「このタイトルは現在利用できません」と書かれている作品は、なんらかの理由で 視聴することができません。 では、一体なぜAmazon Prime Videoで視聴できない作品があるのか、今回はその理由を考えていきましょう。 Amazon Prime Videoのこのタイトルは現在利用できませんとは? 「Amazon Prime Video アマゾン・プライム・ビデオ 」にある、「このタイトルは現在利用できません」、「現時点では、コンテンツプロバイダーとの契約により、このタイトルを購入できません。 」と書かれた作品は一体なぜ視聴できなくなっているのでしょうか。 まずは、2019年3月2日時点で Amazon Prime Videoで視聴できなくなっている主なコンテンツをピックアップしてみます。 ざっと見たところでは、「」、「」、「」、「」、「」といった ワーナー・ブラザースの配給作品が視聴できないようになっていました。 なぜワーナー・ブラザーズの作品がAmazon Prime Videoで視聴できなくなっているのかは 分かりません。 考えられる理由としては、「 1. 単に一時的に準備中?」か、もしくは「 2. プロバイダとの配信契約が切れた?」かのどちらかがありえます。 理由1. 単に一時的に準備中? 1つ目のAmazon Prime Videoで視聴できないタイトルがある理由は、「 単に一時的に準備中?」です。 これはシンプルに、 動画の再エンコードやコンテンツの何らかのアップデートを行なっているため、 一時的に視聴できない状態になっているという理由です。 要するに 工事中であるということになります。 もしも一時的に準備中であって視聴できないのであれば、 何日かすれば自然に視聴できるようになります。 「今すぐ見たい!」という人には残念ですが、再び利用可能になるのを待つか、他の動画配信サービスを利用するのが良いかもしれません。 理由2. プロバイダとの配信契約が切れた? 2つ目のAmazon Prime Videoで視聴できないタイトルがある理由は、「 プロバイダとの配信契約が切れた?」です。 これは、Amazon Prime Videoに作品を提供しているプロバイダとの間で 何らかの理由で契約が切れてしまって配信できない状態にあるという理由です。 例えば、2019年2月3日時点では、ワーナー・ブラザーズの作品がAmazon Prime Videoで視聴できなくなっているので、 ワーナーとアマゾンの間になにか契約の問題が生じているのかもしれません。 関係ないかもしれませんが、ワーナー・ブラザーズは積極的に新作タイトルを「 Netflix ネットフリックス 」に提供していて、2019年3月現在は「 レディ・プレイヤー1」や「 ランペイジ」、「 ジャスティス・リーグ」などがNetflixで 見放題で視聴することができます。 もしかすると、 ワーナーはNetflixに優先的に作品を提供するために、アマゾンへの提供を 停止しているのかもしれません 確証はありません。 もしもこのようにプロバイダとの契約が切れて配信できない場合は、待てど暮らせどAmazon Prime Videoで視聴可能にならない可能性もあります。 そのため、「 Amazon Prime Videoで見たい作品が視聴できない!」という場合は 他の動画配信サービスを利用するのがオススメになります。 最後に 今回は、『 Amazon Prime Videoのこのタイトルは現在利用できませんとは?視聴できない理由は』についてご紹介しました。 このように、Amazon Prime Videoで見たい作品が「このタイトルは現在利用できません」、「現時点では、コンテンツプロバイダーとの契約により、このタイトルを購入できません。 」と表記されている場合は 視聴することができません。 急ぎでなければ配信が再開されるのを待つのも良いと思いますが、「 今すぐ見たい!」という場合は 他の動画配信サービス iTunes Store、Netflix、Huluなど を利用しましょう。 皆さんも、Amazon Prime Videoと他の動画配信サービスをうまく組み合わせて快適に動画を視聴しましょう。

次の

YouTubeアプリで「この動画はご利用いただけません」と表示された時の対処法

この動画はご利用いただけません

現在地を変更するための適切なツールが必要というだけです。 このようなツールを利用すれば 「この動画は、お住いの国では公開されていません」というエラーメッセージは表示されなくなります。 毎月わずか数ドル払えば VPNを利用して地理制限とオサラバできます。 ネット上のすべてのビデオを見られるようになるのです。 世界中に多数のサーバーを用意している 仮想プライベートネットワーク( VPN)をご利用ください。 は 中で最高評価のVPNで、世界中のサイトの 地理制限を通過できることが実証されています。 コンテンツが 利用可能な地域のサーバーを選択します。 サーバーに接続しましょう• ページを更新します• 大好きな番組や映画を お楽しみください! では、この仕組みについて見ていきましょう。 また、すべてのVPNがエラーメッセージに対抗できるのでしょうか? 以下では VPNと地理制限について詳しくご説明し、制限を避ける方法をご紹介します。 VPNの仕組み 世界中どこにいても自由にコンテンツにアクセスする最善の方法はIPアドレスを隠すことです。 そのために 最も効果的で簡単な方法は仮想プライベートネットワーク( VPN)を利用することです。 VPNは任意の場所にあるサーバーに接続してくれるツールで、こうすることでアクセスしているサイトはあなたが全く別の国にいると認識するのです。 このツールを使うと 検閲法や政府機関、インターネットサービスプロバイダ( ISP)を通過できるほかにも、旅行中に母国のコンテンツにアクセスしたり、母国から外国のコンテンツにアクセスしたりすることができます。 最高のVPNサービスは軍事レベルの暗号化を使用しており、誰も端末をトラッキングしたりハッキングしたりすることはできません。 プレミアムサービスを利用すると個人情報をハッカーやマルウェアなどの監視から隠しておくことができます。 自分の地域でコンテンツが利用不可能だとサイトが判断できるのはなぜ? ストリーミングサービスを利用するとき、 サイトは IPアドレスであなたの現在地を把握することができます。 実際の住所と同じように、IPアドレスには地理的な位置情報が含まれており、サイトや政府、ISPにあなたがどこにいるのがという情報を伝えます。 例えば、アメリカの公共Wi-Fiを利用している時と、オーストラリアのホテルでインターネットを利用しているときにはIPアドレスは違うのです。 ストリーミングサービスなどがあなたのIPアドレスを取得すると、 その地域のライセンスデータベースと照らし合わせ、エラーメッセージを表示するかどうか判断されるのです。 地理制限を理解しましょう このような事態が発生するのはHuluやネットフリックスなどの正当なストリーミングサービスのせいではありません。 このような会社によっては世界中にすべての番組を放送できた方が有利なのです。 しかし残念ながら、どこでコンテンツが利用可能か左右するのはコンテンツを作成した人です。 ネットフリックスや Huluなどのストリーミングプラットフォームは営業を続けるために著作権法に従う必要があります。 幸運なことに、事態はゆっくりと変わり始めています。 例えばヨーロッパ連合(EU)では、 欧州議会は新しいコンテンツ可搬性法を導入しています。 今年以降、ヨーロッパ圏内では全地域で同じコンテンツを利用可能になるのです。 政府やインターネットサービスプロバイダ(ISP)によるブロック コンテンツのブロックはコンテンツの作成者だけのせいではありません。 一部の政府や ISPは不適切と思われるコンテンツを制限しています。 例えば、国の宗教観と一致しないコンテンツや、政府に対抗するような話題を掲載しているサイトなど、色々なものが制限されています。 特に中国、ロシア、イランでは国民が何にアクセスできるのか厳しく規制されていることが知られています。 このような国に旅行する場合、旅行者にも同じような規制が適用されるので注意しましょう。 エラーメッセージが表示されることで有名なサイトは? 利用可能な地域以外からアクセスしようするとエラーメッセージが表示されるサイトは何千個もあります。 制限している 理由はいくつかあります。 その一部をご紹介しましょう。 あなたがアクセスしている国の宗教的な信念に反するコンテンツだから• 暴力的または性的な内容のコンテンツを含んでいるから• 政府に反抗するメッセージを表示するから VPNを選ぶ際に注目したいポイント 地理制限を通過するにはVPNで身を守る必要がありますが、すべてのVPNが同じというわけではないので慎重に選ぶ必要があります。 VPNの中には無料のものもありますが、有料サービスと同じ機能はありません。 Wizcaseでは 以下のような特徴のあるをオススメします。 1 多数の国に多数のサーバーを配置しているVPN 検閲法を通過したいなら、 コンテンツが利用可能な国にあるサーバーに接続できる必要があります。 つまり、アメリカやイギリス、オーストラリアなど、その他にもコンテンツを利用可能な世界中の国にサーバーを配置しているVPNサービスが必要です。 2 複数層の暗号化 匿名性を守りたいなら、 複数層の暗号化を使用しているようなVPNが必要となります。 こうすることで、端末へのハッキングを防止し、銀行口座情報、住所、社会保険番号などの個人情報を盗まれないようにすることができます。 3 厳しいログなし方針 一部の VPNはあなたがアクセスしたいサイトに関するログを記録し、サードパーティに情報を転売するだけでなく、場合によっては警察にこのような情報を引き渡すこともあります。 最善の解決策は、一切ログを記録していないVPNを利用することです。 しっかりしたプライバシー設定と厳しいログなし方針のあるVPNサービスをご利用ください。 まとめ 嫌になるようなエラーメッセージを避ける最高の方法はIPアドレスを変更することです。 適切なVPNを使えば位置情報を変更すると同時にネットのデータを追加でセキュリティー対策することができます。 オススメのVPNは です。 業界でも最高の通信速度なのでバッファーなどの問題は発生しません。 では、世界中どこからでも 自由にテレビ番組、映画、その他の動画をお楽しみください!.

次の