シェア リング エコノミー と は。 これさえ読めばわかる!シェアリングエコノミーとは?

シェアリングエコノミーの拡大は社会にどのような影響をもたらすのか

シェア リング エコノミー と は

市場規模と最近の動向 矢野経済研究所が行った調査によると、国内 シェアリングエコノミーの市場規模は、年間約20%増加、2020年には1000億円を超えると予測されています。 出典: こうした増加の背景として、旅館業法施行令の一部緩和や2017年の民泊新法(住宅の空き部屋を有料で旅行者に貸し出す「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法)の成立などで、民泊市場への参入事業者が増えたこと、2016年に『 シェアリングエコノミー協会』が設立され、 シェアリングエコノミーに対する認知が広がったことなどが関係しています。 実際に2019年のラグビーW杯日本大会により訪日外国人が増え、民泊、カー シェアリング、ライド シェアなどの需要が高まりました。 お金を共有するクラウドファンディングの分野においては、SNSを中心として注目度が上がり、スタートアップやベンチャー企業、個人など、資金調達方法として広く知られています。 シェアリングエコノミーが成長している理由 不況や消費税増税などによる消費意欲の減退に伴って、新たな選択肢としてモノを「共有」できる シェアリングエコノミーサービスが加わったことが挙げられます。 またスマートフォンの普及により、場所や時間に囚われることなく簡単に申込みや利用ができること。 そして、 シェアリングエコノミーにより個人が収入を得られる、という副業的側面も、利用増加を後押ししているでしょう。 シェアリングエコノミーサービスの「認知」と「利用」 4人に1人が「認知」している 出典: PwC コンサルティング合同会社が行った「国内 シェアリングエコノミーに関する意識調査 2019」によると、「 シェアリングエコノミーを知っている」「聞いたことがある」と認知している人は4人に1人という結果が得られました。 「移動手段」、「モノ」の順で高く認知 出典: 最も認知されているカテゴリーは、自動車や自転車などの「移動手段」が74. 4%、次いで洋服や家電などの「モノ」が71. 6%です。 他のカテゴリーに関しても2017年から2018年にかけて大きく成長をしています。 2018年は シェアリングエコノミーが広く認知された年だと言えるでしょう。 実際に「利用」したのは7人のうち1人の割合 出典: 「利用したことがありますか?」という質問に対し、利用経験のある人は15. 全体としては認知よりは少ないものの、利用経験者は年々増加傾向にあります。 「モノ」以外のカテゴリーの認知者利用率が課題 出典: シェアリングエコノミーサービス利用経験者を対象に、実際に利用したカテゴリーを調査すると、「モノ(58. 2%)」が最も多く、次いで「場所・空間(35. 4%)」、そして「移動手段(27. 5%)」の順となっています。 「モノ」以外のカテゴリーの認知者利用率の伸長ははまだまだ順調とは言い難く、認知から利用への行動へと繋げるには、まだまだ課題があることが伺えます。 シェア シェアとは、インターネット上で自分が見つけて気に入ったホームページやブログ、あるいは、Facebookなど自分自身が会員登録しているSNSで自分以外の友達が投稿した写真、動画、リンクなどのコンテンツを自分の友達にも共有して広めたいという目的をもって、SNSで自分自身の投稿としてコンテンツを引用し、拡散していくことをいいます。

次の

認知度の高まりをみせる「シェアリングエコノミーサービス」。消費者調査からみる今後の課題は?|ferret

シェア リング エコノミー と は

シェアリングエコノミーとは? 「シェアリングエコノミー」とは、現在急速に市場シェアを拡大しているビジネスモデルだ。 どのようなビジネスモデルなのかを簡単にいうと 「個人などが所有している遊休資産をシェアする仕組みを提供し、その遊休資産を必要としている人に価値を生む」ということである。 たとえば、使用していない空室を旅行者に提供する、使っていない車を必要とする人に貸すなどだ。 また、特定のスキルをシェアしたり、誰かの代わりに買い物を代行したりするなどもある。 また、クラウドファンディングなどお金のシェアを実現するシステムも存在している。 シェアリングエコノミーの範囲は広いが、モノ・場所・移動手段・スキル・お金という5つのカテゴリーに分類されるのが一般的である。 なぜ、こうしたビジネスモデルのシェアリングエコノミーが急速に拡大したのかというと、 インターネットをはじめとしたIT技術の進歩があったためである。 つまり、遊休資産を有する多くの人と、それを利用したい多くの人を結びつけるプラットフォームとしての機能をインターネットやIT技術によって比較的容易に、かつ大規模に実現できるようになってきたからだ。 現在は、スマートフォンひとつあればインターネットにアクセスでき、今後さらに遊休資産を提供する側、利用する側の数が増えていくことが予想される。 1-1. ソーシャルネットワークの発展で信頼度が上がった また、ソーシャルネットワークの発展もシェアリングエコノミーを支えているといわれている。 というのも、多くのシェアリングエコノミーにおいて、遊休資産をシェアする側は個人であったり、あるいはプラットフォームを提供している会社が認知度の低いベンチャー企業であったりすることが多く、信頼性に問題があったからだ。 しかし、ソーシャルネットワークによって口コミや評価が確認しやすい状況ができたことで、ある程度安心して遊休資産をシェアしたり、利用できたりしやすくなった。 こうした点でソーシャルメディアがシェアリングエコノミーの市場規模の拡大に寄与したといわれているのだ。 シェアリングエコノミーのメリットとデメリット 2-1. メリット 利用者のメリットとしては、低い料金でサービスを利用出来ることだ。 例えば、旅行に行った場合、宿泊場所をホテルより低い料金で利用することが出来て、食事などの他の部分にお金をかけられる、といったように通常よりコストを抑えられることがメリットだろう。 また、選択肢を広げられることもメリットといえる。 カーシェアの場合、購入の場合では選択肢とならない高級車でも、大事なタイミングで利用するなどの選択肢となる場合があるのだ。 提供者側としては、管理コストを下げられることが大きいだろう。 保有しているだけでも維持費がかかる資産は多い。 そうした維持費をまかなえるだけでなく、利益を生み出すビジネスにもなりえるのはとても魅力的だ。 また、評価の高いITツールを利用することで、個人で貸し出すより安全に、手数料などを抑えてビジネスを成立させることが出来ることもメリットだろう。 2-2. デメリット デメリットは、知らない相手に資産を貸し出すこと、また知らない相手から借りることであろう。 高額な遊休資産が盗難の被害にあうなどのリスクが考えられる。 そうした場合の責任を誰が補償するのか、が大きな課題である。 こうしたデメリットに対応する機能やサービスもある。 2-2-1. ユーザ同士のレビュー評価 まず前述のとおり、口コミや星をつけるといったレビュー評価機能で、相手の過去の取引に対する評価が分かることである。 SNS連携機能があるサービスも多く、相手の情報をより詳細に確認することで、信頼度をあげることが可能となったことだ。 2-2-2. シェアリングエコノミーに対応した保険制度 シェアリングエコノミーの提供者側に向けた保険制度も出てきている。 東京海上日動火災保険では、「シェアリングエコノミーに対応した自動車保険」を業界初となる2017年より販売している。 損害賠償責任の額が、自動車保険の支払い額で超過している額や免責で支払い出来ない場合に不足分を補償するサービスである。 拡大が予想されるこのビジネスにおいては、今後もサービスが増えていくだろう。 具体例1:場所をシェアする「Airbnb」 シェアリングエコノミーの代表的な存在のひとつで、日本においても「民泊」という言葉を定着させたのが「Airbnb(エアビーアンドビー)」である。 Airbnbは2008年アメリカのサンフランシスコで誕生した会社であり、現在では、宿発施設だけでなく土地や島、テントなど、扱う範囲を広げるなど事業を拡大し、世界190カ国以上で事業を展開している。 提供している主なサービスは、部屋や家を借りたい人(ゲスト)と一時的に部屋や家を貸し出したい人(ホスト)を結び付けることである。 このサービスは借りる側からすると 滞在先でホテルなどを利用するより安い料金で宿泊できるメリットがあり、貸す側にとっては 固定資産税や余計な維持費がかかっていた物件を有効活用できるメリットがある。 Airbnbはホスト側とゲスト側の両方がサービスに登録する必要があり、ホスト側の情報だけでなくゲスト側の口コミや評価も共有されている仕組みとなっているのが特徴だ。 そのため、土地勘のない海外旅行の際でも比較的安心して宿泊の予約ができるメリットがある。 また、ホスト側もゲスト側を選べる仕組みのため、通常のホテル経営などより部屋や家などを提供しやすいといわれている。 日本においても似たような「場所」をシェアするシェアリングエコノミーとして「STAY JAPAN」や農家への民泊と体験農業を扱っている「とまりーな」などがある。 具体例2:スキルをシェアする「AnyTimes」「TimeTicket」 日本では「スキル」を扱うシェアリングエコノミーとして「AnyTimes」というサービスがある。 AnyTimesでは、語学のスキルを持っている人がレッスンをするサービスを提供したり、ハウスキーピングなどの調理代行をしたり、インテリアのアドバイスをしたりしている。 つまり、 さまざまなスキルを持った人と、そのスキルを持った人から何かを教わったり、してもらいたいなどの人を結びつけるサービスを提供しているのだ。 これと似ている他のシェアリングエコノミーとしては、「TimeTicket」が人気だ。 TimeTicketは 個人の余っている時間を30分単位で売買できるユニークなサービスである。 たとえば「今週の日曜の午後はすごく暇だ」といったときに、その時間を家事や育児支援などさまざまなことをしてもらいたい人に提供できる。 専門的なスキルを提供すると高額になる傾向があり、「プロのカメラマンが一眼レフカメラの使い方を1時間レクチャーする」といったものから「WEB集客戦術について講義する」など実に多種多様な「タイムチケット」が販売されている。 具体例3:場所・移動手段をシェアする「シェアリングシティ」 地方自治体がシェアリングエコノミーを取り入れている例もある。 千葉県千葉市は大きなホールやイベントに適した土地が多い地域で、首都圏に近いということもあって毎年多くの人が訪れている。 しかし、商業的に成功しているケースもあるものの、公共施設のなかには赤字を抱えている場合もある。 そこで千葉市では、自治体の公共施設をネット上で予約できるシェアリングシステムを提供しはじめた。 誰でも手軽にイベントスペースを活用できることから、眠っていた施設の活性化が期待されている。 5-1. 自治体からも注目 このシェアリングエコノミーの試みは、同じように赤字を抱えている自治体などから注目を集めている。 岩手県釜石市は2019年にラグビーのワールドカップが開催されることになっている。 しかし、宿泊施設は十分ではないうえに、交通手段も大勢の観客を想定して整備されていない。 このことから、釜石市はシェアエコノミーを取り入れ、空き家となっている民家や、空室のある施設を提供することに決めた。 また、カーシェアやライドシェア(自転車の相乗り)などの仕組みも整備し、ワールドカップの成功に向けて準備を進めている。 釜石市が連携している企業には「Airbnb」「TABICA タビカ 」「COGICOGI(コギコギ)」「シェアのり」などがある。 今後、このような シェアリングエコノミーを取り入れた地方自治体の取り組みと連携したビジネスが増えていくことも予想されている。 具体例4:お金をシェアする「Makuake」 クラウドファンディングで「お金」をシェアすることも出来る。 Makuakeでは、開発したい製品を動画や画像でサイトユーザにアピールし、賛同してくれるユーザから支援をしてもらえる。 無事に製品化できたら、その製品が届いたり、特典がもらえたりするという還元方法だ。 個人で小さな事業を行っている場合、資金を集めることはとても大変である。 ネットを利用して多くの人に情報発信をすることが出来れば、かなり負担は減ることになる。 シェアリングエコノミーの市場規模 「平成28年版情報通信白書」(総務省)によると、2013年におけるシェアリングエコノミーの世界市場の規模は約150億ドルとされている。 この規模が2025年には20倍の約3350億ドルになると予想されているため、シェアリングエコノミーのビジネスモデルは急速に普及していくといえるだろう。 また、矢野経済研究所によると、国内の市場規模は2016年度の約500億円から2021年に2倍の約1000億円超にまで成長すると予想されている。 NTT系列のシンクタンクである情報通信総合研究所によると、2016年で国内の市場規模はサービス提供による収入ベースで1兆1812億円であり、将来的には2兆6323億円に成長するといわれている。 こうした試算の差はシェアリングエコノミーの定義の違いによるものであるが、いずれにしても急速に広がっていくことが予想される。 モノ・場所・移動手段・スキル・お金という5つのカテゴリー以外にも、画期的なビジネスモデルのアイデアを出す会社が起業し、シェアリングエコノミーの範囲を拡大させていく可能性もあるだろう。 シェアリングエコノミーのビジネスモデルを注視しよう! 世界中の人々を結びつけたIT技術は、シェアリングエコノミーという新たなビジネスモデルを実現した。 すでに、世界中でビジネスを成功させている企業があり、日本でもさまざまな企業が誕生している。 急速に市場規模を拡大させているシェアリングエコノミーのビジネスモデルは、多くの人から注目されているのだ。

次の

シェアリングエコノミーとは?メリットとデメリット、日本で利用できるサービス事例4選

シェア リング エコノミー と は

シェアリングエコノミーとは?わかりやすく解説。 活用例と進化する価値観 シェアリングエコノミーって言葉お聞きになったことありますか?「シェア」とは共有する、分配する、市場を独占するこのような意味で使われますね。 「車をシェアする」この場合は共有の意味。 「売上をシェアする」この場合は分けるという意味。 「市場シェアを独占する」この場合は市場占有率のほとんどを独占したという意味。 最近ではSNSでも「シェアする」を使うそうで、この場合は自分の投稿に引用したり、拡散する意味だそうですね。 最近よく耳にするシェアリングエコノミーとは? おうちのお金管理においてどんな有効活用ができるのかお伝えしたいと思います。 シェアリングエコノミーはインターネットの普及により実現 今の時代はインターネットの活用が完全に避けては通れない時代となりました。 ほんの数十年前には無かった価値観、サービスも今は当たり前のように存在します。 物であふれ、便利な世の中になった証拠だなと思います。 シェアリングエコノミーとは 物・サービス・場所などを、多くの人とインターネットを通じて共有・交換する社会的な仕組みの事です。 シェアリングエコノミー市場は拡大傾向 これからシェアリングエコノミー市場は総務省の「平成28年版情報通信白書」によると、2015年度では398億円から2020年には697億円にも拡大すると発表されています。 経済産業省は1月7日、国際標準化機構(ISO)で日本政府が提案したシェアリングエコノミーに関する国際規格を開発する新たな技術委員会の設立が承認されたと発表した。 平成31年1月7日 日刊工業新聞 日本は「シェアリングエコノミー市場で世界先陣を切っちゃいます」と宣言までしていますね。 シェアリングエコノミーの例 日本人としては『シェアリングエコノミー』を知っておかなければ時代の流れに流されてしまいますね。 まずは、どんなシェアサービスがあるのでしょう。 モノのシェア 必要な時に借りたり、不必要なものを売ったりするサービスコストが抑えられるだけでなく持ち物を減らせますので収納場所もすっきりしそうですね。 内容 利用料金等 月間利用者は1000万人以上 日本最大のフリーマケットアプリ 出品時、購入時の手数料は0円 メルカリ利用料は販売手数料の10%のみ レナウンの新サービス 男性ビジネスウェアを月額性で2年間スーツをレンタルできるサービス。 すぐ思い浮かぶのは民泊ですね。 民泊とは自宅の一部や全部、空き別荘やマンションの一室などを 他人に有償で貸し出すサービスです。 民泊に関しては個人の民泊事業で違法者が増えたため、2018年6月に「住宅民泊事業法」が策定され今では個人事業者ではなく、大手企業が民泊事業に参入しています。 貸会議室や仕事場を共有するサービスもありますよね。 内容 特徴 世界中の宿泊施設だけでなく、体験やレストランの予約もできる 191か国500万件の予約可能な施設情報が集まるプラットフォーム 民泊 住宅宿泊事業法、特区民泊、旅館業法に塘路臆された民泊のみを扱う日本最大級の民泊予約サイト ビルの屋上 利用されていないビルの屋上を活用し貸し切りでバーベキューができるなどのスペースを提供できるサービス 個人間駐車場の貸し借りをマッチングできるサービス 全国の月極駐車場や個人の駐車場を一時利用できる。 予約も可能 移動のシェア 移動のシェアは実費を割り勘にする「相乗り」、車を共有する「カーシェア」に分けられます。 あらかじめドライバーは相乗りサイトに登録をしガソリン代、高速代などを実費を割り勘にする方法。 それ以上の礼金は必要ありませんが長時間の運転の場合は利用者側も休憩時間にお茶などを差し入れる配慮は必要です。 相乗りを利用すれば交通費が節約できるだけでなく、自分で運転しないので運転免許を持っていない人高齢者にも便利なサービスとなりそうですね。 また、車は所有したいけど乗る機会が少ないならば自家用車を個人間で貸し借りするサービスを利用されてはいかがでしょう。 車の所有は駐車場、自動車保険、税金など家計負担割合が大きいですがこうしたサービスを利用すると大幅な家計費削減につながりそうです。 内容 特徴 カーシェアリング タイムズ24が運営。 スマホで乗りたい車を簡単に検索できる 車を借りたい人と貸したい人、個人間カーシェアができるプラットフォーム。 車を使わない時の有効活用で副収入が得られる 相乗り(ライドシェア) 日本最大級の長距離ライドシェアサービス。 ドライバーと同じ方向に同乗者を募り、移動にかかる実費を割り勘にする 日本国内では高級車サービスとレストラン料理のデリバリーなどを提供 スキルのシェア 空いた時間に家事や育児を手伝ったり、得意なイラストを描いたり、IT関連などの専門性の高い仕事を請け負うなど、スキル提供者と利用者を結ぶインターネットサービスが盛んです。 このサイトのにある私のイラストもこうしたサービスで実物よりも素敵に描いて頂きました。 とても丁寧なやり取りをして頂きお昼ごろに依頼をして夕方には出来上がるほどの腕に感動したのを覚えています。 内容 特徴 仕事を頼みたい人と、仕事が欲しい人のプラットフォーム。 Web制作、デザイン、ライティングなど様々な仕事がある 18歳以上なら無料で会員登録が可能。 報酬は案件によってまちまち。 登録料や月会費はなく、報酬からシステム利用料として5~20%が引かれる 子どもの送迎、預かりを顔見知り同士で助け合うアプリサービス。 子育てをはじめとした地域の問題解決にも取り組んでいる 登録料は無料。 シェア友を作り、困ったときは一斉配信で支援できる人を募る。 謝礼は1時間500円~700円 知識、スキル、経験を売り買いできるプラットフォーム。 恋愛相談から占い、キャッチコピーやロゴの作成など 登録料は無料。 サービスのやり取りはオンラインのみで1対1の非公開制 お金のシェア クラウドファンディングってお聞きになったことありますか? これはお金のシェアは事業などのアイディアを持つ人がインターネットを通じて多数の人から資金を集める事です。 「寄付」のようなイメージですね。 社会貢献度の高い事業活動の資金や新しく飲食店などをオープンするにあたっての資金を募り、開店後、寄付した人はそのお店の特別サービスを受けられるような形もあります。 自分が支援したお店ですから、愛着も湧きそうですよね。 投資型クラウドファウンディング 「投資」型のクラウドファウンディングもあります。 企業の売上を分配金として受け取るとか株式を持ち配当を得るタイプです。 不動産事業などでは家賃売り上げを出資金に応じて金利が付くものもあります。 初心者さんが実行されるのであればこのクラウドファウンディングは厳密には投資ではなく 「投機」です! 投機とは?こちらも参考にしてみてくださいね。 「投機」ですから、リターンを目的とするのではなく、こうした事業に参加する価値を目的にするくらいのお気持ちで実行されるのをお勧めします。 仕組み 報酬 サイト名 非投資型 寄付型クラウドファウンディング 社会貢献度の高い事業の推進目的でインターネットを通して広く寄付を集める なし(お礼のお手紙、活動報告書など) など 購入型クラウドファウンディング 発案者が事業資金を調達し事業を実現できたら、商品やサービスを提供する 商品、サービスなど など 投資型 事業投資型クラウドファウンディング 出資者は匿名組合契約を介して事業に対し資金提供を行う 売上に基づいた分配金を受け取る など 株式投資型クラウドファウンディング 非上場企業が株式を発行し、出資者は株式を取得する 株式と配当 など 融資型クラウドファウンディング 出資者の資金を匿名組合契約に基づき、不動産開発業者などに融資 金利 など シェアの背景には「物」に対する価値観の変化 シェアリングエコノミーが発展する要因として、私は2つの価値観が変わって来たと思っています。 1.物を所有する欲求から「共有」でも良いという価値観へ 自分の車を持ちたい素敵な服をたくさん持ちたいなど持っている事の安心感、喜びなどの感情が薄れているのではないでしょうか。 コストが削減できるなら「共有」で十分。 それよりも、いろんな経験してみたいと今は所有より経験欲求の方が大きいようですね。 個々の力を発揮しつつ「協力」し「尊重する」価値観へ 終身雇用、年功序列賃金ではなく実力報酬制の時代になってからもう数十年が経過する中、今は「個の時代」とも言われており個人のスキルや考え方が重視される時代になりました。 いくら個人が高いスキルや考え方を持っていても、一人だけでは生き残れません。 シェア リングエコノミー がこれからも拡大する前提として、私はサービスを提供するはもちろん。 受ける人にも「互いを尊重する心」が無いとサービス自体が成り立たないと思っています。 お金を払う人が優位に立ち、わがままを言うのは当たり前と言った考え方ではサービス提供する側にブレーキが働いてサービス自体が拡大できないからです。 個人間のスキル提供である仕事の依頼、育児サービスしかり、カーシェアでも貸出時間を守るモラルなど。 これからの時代はどっちが上か、下かといった動物的な価値観よりも、尊重や尊敬といった人間の心が問われる時代になってきますし、本当の豊かさが求められる時代になって行くのではないかと思っています。 シェアリングエコノミーは家計を助ける存在です シェアリングエコノミーの特徴はどれもコストが抑えられること。 これは家計にとって大歓迎です。 企業のサービスだけでなくメルカリやランサーズなどのインターネット上のサービスは「あなたが持っているもの」を働かせてお金に換える。 「個人間でも」サービスを提供できる。 こんな発想が新しいですよね。 シェアリングエコノミーサービスの利用はコストを抑える効果だけではなく、あなたの持ち物、あなたのスキルやアイディアがお金を生み出すことにもつながります。 あなたもシェアリングサービスが提供できないかちょっと考えてみてはいかがでしょうか? シェアリングエコノミーはこれから「常識」となってきますね。 新しい時代の足音を感じますね。

次の