ご自愛ください。 季節柄・時節柄の意味や使い方とは?季節の変わり目に使える例文も

「ご自愛ください」の意味と使い方|ビジネスにて目上の人への使い方

ご自愛ください

普段何気なく使っている「ご自愛ください」ですが正しい意味をご存じの方は少ないかもしれません。 「ご自愛ください」の「自愛」とは自分のことや自分の健康状態、身体を大切にするという意味です。 字の通り「自分を愛する」という意味があります。 「ご自愛ください」という敬語は相手に向けて使う言葉なので「ご自身のお身体や、ご自身を大切になさってください。 」という意味が込められています。 相手のことを気遣う敬語なのです。 一般的には手紙やメールの結びに健康を気遣う意味合いで使われています。 特に、寒さが厳しい12月から2月あたりは風邪やインフルエンザが流行する時期なので、手紙やメールを送る相手の健康状態を気遣って「ご自愛ください」という敬語を文章の結びに使われる方が多いかと思います。 「ご自愛ください」は敬語として使える? 「ご自愛ください」は敬語として使えます 世の中には敬語だと思って使っていた言葉でも実際には敬語では無かったというケースが多々ありますよね。 ですから普段何気なく「ご自愛ください」を使っていた方も間違った敬語なのではないかと不安に思っていらっしゃるかもしれません。 結論から申し上げますと「ご自愛ください」は敬語として使えます。 相手の健康や身体を気遣う言葉なので相手を選ばずに使える丁寧な表現となります。 逆に近しい間柄だったり、部下などに使う言葉としては少々丁寧すぎる印象を受けます。 仕事での取引先の方や、会社の上司、先生など自分より目上の方に使用するのがポピュラーです。 まずは電話や会話など実際に相手の声を効いてやりとりする場合の使い方と例文です。 (例)上司「最近寒くなってきたな」あなた「本当ですね。 空気が乾燥しているので風邪が流行しているようですよ。 」上司「そういえば最近ノドがいがいがしていてな。 」あなた「大丈夫ですか?風邪のひき始めの可能性がありますからご自愛下さい。 」 いかがですか?「ご自愛ください」は相手の体調を気遣う敬語ですから寒さが厳しくなり、風邪やインフルエンザが流行する冬にはよく使う場面があるかと思います。 実際に体調を壊していない相手にも体調管理を促す意味で「ご自愛ください」は使用することができます。 」あなた「そうなんですか」上司「毎日忙しそうだよ」あなた「私も就職活動中あまりの忙しさから体調を崩した事があるので、くれぐれもご自愛くださいとお嬢さんに伝えて下さい。 」 今までご紹介した例文は直接相手に向けての言葉でしたが、今回ご紹介したのは上司の娘という直接的なものではありませんでした。 「ご自愛くださいと伝えてください。 」というケースは正しい使い方なのかと疑問に思うかもしれませんが、これは使用しても大丈夫です。 むしろ「娘の健康にまで気を遣ってくれるのか」と感心されるかもしれませんよ。 このように、「ご自愛ください」は様々なシーンや場面、相手に使用することができる大変使い勝手のいい言葉なんですね。 正しい使い方や例文を覚えておくと良いでしょう。 取引先の方へのメールなどでなにか結びの言葉が必要になるケースがありますよね。 そんな場合に「ご自愛ください」は使用できる便利な敬語なんです!どんな相手にも不快感を与えることなく使用できますよ。 (例)「先日はお忙しい中打合せの時間を取ってくださり誠にありがとうございました。 桜も葉桜となり、季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。 」季節の変わり目や寒さが厳しい時期などのビジネスメールには結びとして「ご自愛ください」と挿入すると良いでしょう。 今回の例文にも使用した「くれぐれもご自愛ください」という敬語の「くれぐれ」ですが、「ご自愛ください」の意味を強める働きがあります。 木枯らしの吹く季節となってまいりました。 お風邪などお召しになりませぬよう、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 」 最後にご紹介するメールで使える「ご自愛ください」の使い方は「何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 」という表現です。 誰がどう見てもかなり丁寧な表現であることがお分かり頂けるかと思います。 特別な相手やかなり目上の相手に対してはこのように丁寧な表現の「ご自愛ください」とするケースがあります。 先ほどご紹介した「くれぐれも」や「どうぞ」は敬語の度合いや表現の意味合いにたいした差はありませんでしたが、今回ご紹介した「何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 」という表現は敬語の意味合いがかなり強くなりますから安易に使わない様に注意しましょう。 ビジネスメールや手紙、会話の端々などで使用することができ、相手にも好印象を与える敬語なので是非マスターしておきたいですよね!そんな「ご自愛ください」ですが使う際にいくつか注意点があります。 まず一つ目に挙げられるのは「ご自愛ください」を使う相手です。 「ご自愛ください」は相手のことや健康状態を気遣う意味を持つ表現の敬語なので、主に目上の方に使います。 よく使われるのはビジネスメールの結びとしてや、暑中見舞いなどの手紙です。 ただ、幅広いシーンや年代層の方に使用できる敬語ですが、あくまでも敬語は敬語なので仲のいい友人や後輩や部下といった方にはふさわしい言葉だとは言えません。 そんな方には「寒くなってきたので、体調に気をつけてね。 」などといった言葉が良いでしょう。 意味は「ご自愛ください」と同じでもナチュラルな表現です。 そんな時には「ご自愛ください」と似た意味の敬語を使用しましょう。 まず最初にご紹介する「ご自愛ください」の類義語は、「ご健康を心よりお祈り申し上げます」です。 こいらはビジネスメールや手紙だけでなく、年賀状や暑中見舞いといったハガキにも使用できる結びですね。 「ご自愛ください」と同じ意味の敬語ですが、ストレートな表現方法です。 例えば、「ご自愛ください」は親戚の方への年賀状などには少し堅苦しくて使うのを控えたくなりますが、「ご健康を心よりお祈り申し上げます」だと親戚への年賀状でも使いやすいような印象がありますよね。 この言葉も敬語なので親しい友人や部下には普通は使わない言葉になります。 あまり聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれません。 「おいといください」は「お労り下さい」と同じ意味の敬語になります。 相手の健康や身体のことを気遣う敬語なので、意味は「ご自愛ください」と変わりありません。 いつもメールの結びに「ご自愛ください」しか使っていないなと感じたら、たまにはこの「おいといください」を使用するのもいいかもしれません。 こちらも相手の健康を気遣う敬語ですから、基本的に上司や先生、取引先の方といった目上の方に向けて使用するようにしましょう。 同じ意味で仲のいい友人や後輩などに言葉をかける際は、「気をつけてね」くらいにしておくのがベストでしょう。 「ご自愛ください」と間違えやすい単語 「ご自愛ください」と間違えやすい単語:「ご慈愛」 それでは最後に「ご自愛ください」と間違えやすい単語についてご紹介します。 間違えてしまうと意味合いが全く変わってくるので覚えておくようにしましょう。 「ご自愛ください」と間違えやすい単語は「ご慈愛」です。 よく「慈愛の心」なんて言葉を耳にしますよね。 「ご慈愛ください」は「ご自愛ください」と音が同じなので、会話で使用するなら間違う可能性はありませんが、メールや手紙では注意が必要です。 特にメールの変換ミスでは使ってしまう可能性があるので、メールを送信する前にきちんと見直しをする事が必須になります。 音は同じでも、「ご慈愛ください」とすると「あなたの愛情を私にください」という意味になってしまいます。 これでは「ご自愛ください」と意味合いがかなり変わってきてしまいますよね!以下に「ご自愛ください」と同じようにビジネスで頻出する言葉の記事を記載しました。 確認してみましょう! RELATED ARTICLE 「ご自愛ください」を使用して大人な文面を! 社会に出て働くとなると、ビジネスメールや手紙を送る機会が多くなるかと思います。 内容は仕事関連の事なので文章に困らないかと思いますが、困ってしまうのは挨拶や結びの言葉ですよね。 一体どんな言葉を結びとして使えば相手の失礼にならず正しい結びになるか悩む方も多いかもしれません。 そんな時に「ご自愛ください」という相手の健康を気遣う敬語を覚えておけば便利です!「ご自愛ください」は色々な場面や相手に使用できる敬語なので目上の方に使用するには失礼にあたりませんし、類似する表現の敬語も種類が豊富なので「いつもご自愛くださいだとテンプレートみたいだな」と思っても安心です。 電話や会話といった直接相手と言葉を交わす場面だけでなく、メールや手紙に年賀状といったハガキでも「ご自愛ください」は使用する事ができます。 正しい使い方や注意点をマスターして、あなたも大人な文面を使えるようになりましょう!•

次の

正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

ご自愛ください

ご自愛くださいの意味 まずは、「ご自愛ください」という言葉の意味を解説していきます。 自身の健康に気を付けるという意味 「ご自愛ください」に使われている「自愛」という単語ですが、自身の体調に気をつける・自分を大切にするといった意味があります。 つまり、「ご自愛ください」とは「あなたの体調に気を付けて、自分を大切してください」といった意味になります。 手紙やメールなどでは、最後に結びの言葉として「ご自愛ください」のような相手を気遣う言葉を記すのがマナーです。 用件を伝えて終わりにするのではなく、マナーに則って正しく美しい言葉を使えるように意識しましょう。 英語での読み方 英語で「ご自愛ください」という言葉を表現すると、「Please take care of yourself」という文になります。 「yourself」は「自分自身」という意味ですので、「自分自身にお気遣いください=ご自愛ください」という表現が適切と言えます。 ご自愛くださいの使い方 次に、「ご自愛ください」という言葉の使い方について、詳しく解説していきます。 元気な人に使う表現 「ご自愛ください」は相手の体調を気遣う言葉ですので、基本的に現在は健康な人に向けて使います。 すでに病気などを患っている人に対して、「体調に気をつけて」と伝えることは不適切な表現になります。 あくまでも、健康な人に「体調を崩さないように気をつけて」と伝えるための言葉ですので、お見舞いなどでは「回復をお祈りしています」などの言い回しを使いましょう。 上司や目上の人に使える 「ご自愛ください」という言葉はかしこまった表現ですので、ビジネスシーンでも上司や取引先に向けて使うことができます。 仲の良い友だちや目下の人に対しては「体に気をつけて」と簡単な表現でも問題ありません。 ビジネス文書で使う例文 それでは、ビジネス文書で「ご自愛ください」という言葉を使う際の例文をご紹介していきます。 ご自愛のほどお願い申し上げます 「厳しい寒さが続きますが、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」 「暑さ厳しい折、ご自愛のほどお願い申し上げます」 上記のように、季節によって暑さや寒さを表す言葉の後に、「ご自愛のほどお願い申し上げます」と続けるのが一般的です。 くれぐれもご自愛ください 「ご多忙かと思いますが、くれぐれもご自愛ください」 「残暑が厳しいですが、くれぐれもご自愛ください」 「くれぐれも〜ください」とは心をこめて依頼・懇願するという意味です。 相手の体調を気遣う気持ちをより丁寧に表した言葉になります。 ご自愛をお祈り申し上げます 「お風邪など召されぬよう、ご自愛をお祈り申し上げます」 こちらも同様に、相手の体調が悪くならないよう気遣う表現です。 季節の言葉などの後に続けて記します。 ご自愛くださいの類似表現 次に、「ご自愛ください」と似た意味の言葉をご紹介していきます。 基本的に、「ご自愛ください」よりも簡易的な言葉遣いになりますので、仲の良い友達や目下の相手に使うことが多いです。 お体お気をつけ下さい 「体調を崩さぬよう、お体お気をつけください」 「ご多忙かとは存じますが、お体お気をつけください」 意味としては「ご自愛ください」を使った場合とほぼ同じですが、やや口語的な表現になります。 使い方としても「ご自愛ください」と同様に、季節の言葉や相手の状況について述べた後に、「お体お気をつけください」と記します。 お体をお大事にしてください 「季節の変わり目ですので、お体をお大事にしてください」 「お体お気をつけください」と同様に、少しくだけた表現です。 相手との親密さや立場によって、「ご自愛ください」との使い分けをしましょう。 ご健勝をお祈り申し上げます 「皆様のご健勝をお祈り申し上げます」 「ご多幸とご健勝をお祈り申し上げます」 「健勝」とは、「元気であること、健やかであるさま」といった意味です。 よって、「ご健勝をお祈り申し上げます」は「健康であることを祈っています」ということを丁寧に伝えるための表現になります。 ご自愛くださいの反語 最後に、「ご自愛ください」とは逆の意味を持つ言葉をご紹介します。 ご慈愛ください メールなどを打つ際に「ごじあい」と入力すると、「ご自愛」と「ご慈愛」2つの候補が出てきます。 どちらも「愛」という漢字が含まれていますので、似たような意味を持つかと思うかもしれません。 しかし、この2つは全く逆の意味になります。 「自愛」は自分の体を大切にするという意味ですが、「慈愛」は慈しみを注いで可愛がる心を指します。 よって、「ご慈愛ください」といった場合は、「(相手に対して)自分へ愛情を注いでください」という意味になってしまいます。 相手を気遣う言葉であるはずの「ご自愛ください」が、誤って相手に愛情を求める表現になってしまいますので、変換ミスや覚え間違いには注意しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご自愛ください」という言葉の意味や使い方について、しっかりと理解し相手や状況に合わせて使えるようにしていきたいですね。 また、似た意味の表現や逆の意味になってしまう言葉もありますので、合わせて理解し、デキるビジネスマンを目指していきましょう。

次の

【季節別】「ご自愛ください」の意味と使い方|目上/年賀状

ご自愛ください

「どうぞご自愛ください」は相手を選ばず使える文ですが、丁寧な印象なので、友人や同僚よりは目上の方や上司に使うことが多くなります。 「どうぞご自愛ください」は、どのような相手に、どう使えば良いのでしょうか。 ここでは、相手別に「どうぞご自愛ください」の使い方をご紹介します。 目上 目上の方への手紙やメールに、「どうぞご自愛ください」の結びの文を添えるのは正しい使い方です。 目上の方へは「どうぞご自愛ください」に加えてさらに、のちほどご紹介する時候の挨拶を季節によって使い分けると、より丁寧で時期を踏まえた文章になります。 また、より丁寧に使いたい場合は「どうぞ」の代わりに「何卒(なにとぞ)」を使い、「何卒ご自愛ください」とします。 上司 上司に対しても、手紙やメールの最後に「どうぞご自愛ください」が使えます。 状況に応じて、目上の方と同じように時候の文を添えるのも良いでしょう。 さらに丁寧さをプラスするには、「くれぐれも」をつけ、「くれぐれもご自愛ください」としたり、「ご自愛くださいませ」、「ご自愛くださいますよう」、「ご自愛くださいますよう、お願い申し上げます」としたりする方法もあります。 入院中、病気の方 「どうぞご自愛ください」は相手の体調を気遣う言葉なので、入院中や病気の方にも使いたくなりますが、実は「どうぞご自愛ください」は入院中・療養中の方に使ってはいけません。 「ご自愛ください」には「今後も変わらず、お元気で」という意味が含まれているため、既に病気や怪我をされている方に使うのは間違いです。 その場合は「どうぞお大事になさってください」、「一日も早いご回復をお祈りいたします」といった文にします。 敬語 「どうぞご自愛ください」は丁寧な表現なので敬語だと思われがちですが、「どうぞご自愛ください」の「どうぞ」は正確には敬語ではなく、丁寧語となります。 また「ご自愛ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語、「ください」は丁寧語です。 「どうぞ」をさらに丁寧に、敬語表現で表すには「何卒(なにとぞ)」を使います。 「どうぞご自愛ください」を敬語で表すと、「何卒ご自愛ください」となります。 年賀状 年賀状には、寒い冬に相手の健康を願う意味を込めて、「どうぞご自愛ください」が多く使われます。 年賀状の場合は、昨年お世話になったことへのお礼の言葉、「今年もよろしくお願いします」という文章の後に、時候の文を入れて「どうぞご自愛ください」を使用します。 例として、「寒暖の差が激しくなっておりますので、どうぞご自愛ください」、「厳寒の折、風邪など召されませぬよう、どうぞご自愛ください」などが挙げられます。 「どうぞ」と「どうか」ご自愛くださいの違い 「どうぞご自愛ください」は、季節を問わず結びの言葉として使える便利な言葉です。 しかし、「どうぞご自愛ください」の前に時候の挨拶を足すことで、さらに季節感をプラスして活用できます。 「どうぞご自愛ください」を季節によって使い分けるには、どのような言葉を足せば良いのでしょうか。 ここでは季節別の「どうぞご自愛ください」の使い方をご紹介していきます。 春 春は季節の変わり目であり、年度の変わり目でもあるため、天候や新年度に関して体調をいたわる言葉を足します。 例として、「花冷えの季節、風邪など引かれませんよう、どうぞご自愛ください」、「陽春のみぎり、どうぞご自愛ください」、「何かと忙しい季節の変わり目かと存じますが、どうぞご自愛ください」などの文が挙げられます。 また、5月は暦の上では夏なので、「暑い季節に向かいます。 どうぞご自愛ください。 」などとします。 夏 夏は暑中見舞いや残暑見舞いに、「どうぞご自愛ください」を使うことが多くなります。 例として、暑中見舞いなら「これからも暑さが続きますので、どうぞご自愛ください」、「猛暑厳しき折、どうぞご自愛ください」となり、残暑見舞いなら、「暑さはまだしばらく続きそうです。 どうぞご自愛ください。 」、「残暑厳しき折、どうぞご自愛ください」となります。 6月ならば、「梅雨空が続きますが、どうぞご自愛ください」とします。 秋 秋は残暑を気遣う文と、冬に向けて寒さに配慮する文が入り交じります。 残暑が厳しい時期なら「残暑なお厳しき折、どうぞご自愛ください」、「夏の疲れが出やすい時節、どうぞご自愛ください」となります。 寒さが増してくる時期なら、「秋が深まりゆく季節、どうぞご自愛ください」、「秋冷の折、どうぞご自愛ください」、「向寒の折、どうぞご自愛ください」、「本格的な寒さに向かう時節、どうぞご自愛ください」となります。 冬 冬は寒さや年末の忙しさに対して気遣いを表す文を添えます。 例として、「寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください」、「年末ご多忙の折ではございますが、どうぞご自愛ください」となり、寒さが厳しくなるにしたがって、「厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ください」、「厳寒の折、どうぞご自愛ください」となります。 また、2月は暦の上では春のため、「春とはいえ厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ください。 」とします。 「どうぞご自愛ください」は、手紙やメールの最後に使用し、相手の健康を気遣う意味が込められた一文です。 「どうぞご自愛ください」は相手を選ばず使える文ですが、丁寧な印象のため、友人や同僚よりは目上の方や上司に使うことが多くなります。 また、さらに丁寧な敬語表現にする場合は、「何卒ご自愛ください」とします。 「どうぞご自愛ください」はさまざまな場面で使えますが、病気や入院中の人に対して使ってはいけません。 また「どうぞご自愛ください」の前に季節に合わせた文を足すことで、季節感を出し、より相手に気遣いを表せます。 「どうぞご自愛ください」の使い方を学んで、日常に活用しましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の