お盆 法事。 新盆・初盆とは?お供え・金額・服装などをQ&Aで解説 [初盆・お盆の過ごし方] All About

お葬式で使う提灯と法事で使う提灯は意味や種類が違うの!?

お盆 法事

お盆には、故人や ご先祖様がこの世に戻ってくると言われています。 故人やご先祖をお盆入りの初日に迎え入れ、お盆が終わるとお見送りをします。 そして故人やご先祖を迎え入れるために供物を捧げたり、お坊さんを自宅に招き読経してもらうなどします。 このようなお盆の一連の流れをお盆法要といいます。 お盆はいつからいつまで? お盆は一般的には 7月または8月の13日から16日の4日間に行われます。 このお盆の時期は地域によって風習が違うため異なってきますが、一般的に多いのが8月に行われるお盆です。 新盆と通常のお盆の違いとは? では新盆と通常のお盆の違いとはなんでしょうか。 新盆とは故人が亡くなって四十九日法要を終えて初めて迎えるお盆のことを言います。 新盆は通常のお盆よりも盛大に行われるのが一般的とされています。 親族や故人と近しい友人を自宅に招き、供養を十分に行います。 お盆の供物を捧げたり、お坊さんを自宅に招き読経をしてもらい新盆を迎える故人を偲びます。 地域によっては、新盆のことを初盆という場合もあります。 また 新盆で使用する提灯は白提灯と呼ばれ、通常のお盆で使う盆提灯とは違う特別なものですので注意しましょう。 お盆法要は毎年行うの? それでは お盆法要の流れを詳しく解説していきます。 お盆を迎える準備 お盆にはご先祖様を迎え入れるために 特別な準備が必要です。 精霊棚の飾りつけ まずは精霊棚の飾り付けをしましょう。 精霊棚は盆棚とも呼ばれ、お供え物を飾る棚とされます。 精霊棚に飾るものとして精霊馬や精霊牛の準備も必要です。 精霊馬や精霊牛は割り箸や爪楊枝を足として、キュウリで精霊馬をナスで精霊牛を作るのが一般的です。 また、精霊棚の上にはその時に取れた作物や、故人が好きだった果物も供えると良いとされています。 お供え物の準備 また、お盆には特別なお供え物の準備も必要です。 上記で述べた以外にお盆には 「五供」を供えるのが良いとされています。 五供とは「香」「明かり」「花」「水」「食物」のことを言います。 お線香を上げ、灯燭でお仏壇を明るく照らしましょう。 そしてお花、お水、食べ物をお供えするのが良いとされていますのでその準備をしましょう。 食べ物の中でも特にお盆には、お団子をお供えすることが多いです。 これは迎え団子や送り団子と言い、ご先祖様を迎え入れたり送り出したりする時に必要であると考えられているからです。 お墓参り お盆入りの初日13日に家族でお墓前りにいきましょう。 ご先祖様の御霊お迎えするのは早い方が良いとされていますので、 朝にお参りにいくことが多いです。 お墓参りのあれこれについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 迎え火 ご先祖様の御霊を迎え入れるために「迎え火」を行いましょう。 これは、 ご先祖様の御霊が迷わないように自宅に導くという意味合いがあります。 盆提灯に火を灯し、玄関先でオガラを焚いて迎え火を行いましょう。 また、マンションなどで火を焚けない場合でも、盆提灯がその役割を果たしてくれます。 また、迎え火はお墓前りに行った後の夕方に行われます。 あたりが暗くならないうちに行うと良いとされています。 これもご先祖様の御霊お迎えするのは早い方が良いとされているからです。 棚経 お盆の中日には棚経を行いましょう。 お盆さんを自宅に招き、 お経を上げてもらい、ご先祖様の御霊を供養しましょう。 また、親戚なども自宅に招きみんなでお墓まいりに行ったり、会食をしたりする場合もあります。 送り火 お盆の最終日の16日には「送り火」をしましょう。 これは、 ご先祖様の御霊を最後まで送り届けるという意味合いがあります。 迎え火をした同じ場所でオガラを焚いて送り火をしましょう。 この時、最後まで燃え尽きるのを見届けましょう。 火を焚くことが難しい場合は盆提灯の明かりを消すことで「送り火」としましょう。 また、一般的に送り火が行われるのは8月16日の夕方です。 地域によってはできるだけ遅い時間帯に行うのが良いとされるところもあり、ご先祖様の御霊ができるだけ長くこの世にとどまっていてほしいという思いが込められています。 お盆法要の香典の包み方 新盆の法要に招かれた際には香典を包むのが一般的とされています。 しかし、 お盆法要の香典の包み方でお悩みの方も多いと思います。 お盆法要で失礼のないように香典を包めるように以下で解説していきます。 香典の金額相場 お盆の香典の金額相場は地域によって異なってきますが、大体 5千円から1万円程度とされています。 また、新盆でない場合は香典ではなく大体3千円から5千円程度の品物をお供えすることがほどんどですので、そちらも覚えとくと良いでしょう。 法事には様々な種類があり、包むご香典の金額に毎回迷ってしまいますよね?こちらの記事では法事の香典の金額について、相場・書き方・マナーを理由も含めて細かく解説しています。 是非ご覧ください。 香典の書き方 お盆に包む香典の書き方にもきちんとしたマナーがあります。 一歩間違えるとマナー違反とされる場合もありますので注意が必要です。 表書きの書き方 香典袋の表書きは 「御仏前」「御佛前」と書きましょう。 この場合は薄墨は使わず、普通の墨で書くようにしましょう。 香典袋の下段には名前をフルネームを記載しましょう。 この時、上段に書いた「御仏前」などの文字より少し小さめに書くとバランスが良いです。 中袋の書き方 香典の中袋には金額を記載しましょう。 中袋の表面または裏面の右側には包んだ金額を書きましょう。 この時、金額は漢字の旧字体を使うのが一般的とされています。 数字の頭には「金」と付けて、最後には「圓也」と書くようにしましょう。 また、 中袋には住所氏名を書く場合もあります。 これは、お盆法要の出席者が多い場合などに香典袋から中袋を出した時にわかりやすいようにするためです。 中袋に住所氏名を記載する場合は、裏面の左下に記載するようにしましょう。 香典の渡し方 香典をお盆法要に持参する場合は 袱紗に包むのが正式なマナーです。 香典を渡す際には香典をふくさから取り出し、渡す相手からみて正面になるように香典の向き変えます。 そして香典を両手で持ち、相手に渡しましょう。 この時、「ご霊前にお供え下さい」などと一言添え一礼して渡すのが良いとされています。 お盆法要のお布施の包み方• お盆とは、故人やご先祖様を御霊をこの世に迎え入れる「迎え火」から始まり、送り出す「送り火」に終わる法要行事である• お盆法要は必ずしも毎年行わなければならないという決まりはなく、ご先祖様を思う気持ちが大事である• お盆法要には決まった流れがあり、お盆の時に特別に準備するお供え物などもある• お盆法要の香典の大体5千円から1万円程度である• お盆法要の香典の書き方にも正しい書き方があり、また渡し方にも大切なマナーがある• お盆法要のお布施には正しい包み方がある• お盆法要にふさわしい服装は通常のお盆と新盆の場合とで異なる お盆の法要の流れとその法要での服装や準備方法について理解していただけましたでしょうか。 今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お盆の香典袋はどうやって選ぶ?表書きの書き方や金額相場もご紹介|終活ねっとのお坊さん

お盆 法事

故人が亡くなってから、四十九日、一周忌、三回忌などの法事が行われますが、そのなかに初盆(新盆)があります。 初盆は、他の法事と違い、準備するもの、供養する期間などとは少し違う法事、供養を行います。 初盆の法事は亡くなってから一度だけ行なわれるので、初盆の法事を理解している人は少なくありません。 「初盆は亡くなった年にするの?それとも次の年?」 「初盆の法事では何を準備すればいいの?」 「初盆の法事ではどんな服装をすればいいの?」 など、初盆についてこんな疑問があるのではないでしょうか。 ここからは、初盆(新盆)とは、初盆(新盆)の法事をする時期、初盆(新盆)の法事で準備するもの、初盆の法事の流れ、お盆の法事で気をつけたいマナーと注意点など、初盆(新盆)についてみていきます。 故人の霊がはじめて家に帰ってくるので、普段のお盆よりは丁寧に迎えることになります。 四十九日が終わる前にお盆がきてしまったときは、次の年のお盆が初盆(新盆)になります。 また、地域によっては初盆(はつぼん)とは呼ばずに、新盆(にいぼん、しんぼん)と呼ばれることもありますが、どちらも同じ意味になります。 お盆の時期がなぜ2つあるのかというと、明治時代以前に使われていた旧暦では、お盆が7月13日から16日までになり、明治時代以後に使われている新暦では、8月13日から16日までが、お盆の時期になっていて、旧暦の風習が残った地域も少なくないからです。 ここからは、準備するそれぞれのものについてみていきます。 ・お布施 初盆(新盆)の法事で準備するものにお布施などのお金を準備する必要があります。 お布施は初盆の法事で読経をしてくれる僧侶に対してお礼の意味を込めて渡すもので、一般的には 10,000円から20,000円が相場になります。 お布施とは別に お車代、 御膳料も用意するのが一般的で、それぞれの相場は お車代が5,000円から10,000円くらいで、 御膳料も5,000円から10,000円くらいになります。 お車代は法事を行なう会場までの交通費になり、御膳料は読経が終わった後に参列者をもてなす料理の席に同席していただくためのものになります。 なので、 お布施などすべて含めて用意する金額は、20,000円から30,000円が相場になります。 ・会食 初盆(新盆)の法事で準備するものに会食があり、この会食は初盆の法事に参列していただいた人へのお礼の意味があります。 初盆の法事で準備する会食ですが、自宅で法事を行う場合は自分たちで用意をしたり、ケータリング料理や宅配弁当などを利用することもあります。 また、会食だけを別な場所で行うこともあり、例えば懐石料理や日本料理のお店で食事をしたり、葬儀会館で法事を行う場合は葬儀会館で法事用の精進料理も用意することがあります。 ・返礼品 初盆(新盆)の法事で準備するものに返礼品があります。 初盆の法事に参列する場合、ほとんどの人が香典を持参されるのですが、香典をいただいた人へはお返しとして返礼品を渡す必要があります。 ただ、法事に参列してくださった人へは、法事後に会食で料理を振舞っているので、それがお返しの意味になるのですが、食事とは別に1,500円から3,000円くらいの引き出物を用意して、食事後に持って帰っていただくのが一般的になります。 ・精霊棚、盆提灯などの用具 初盆(新盆)の法事で準備するものに精霊棚(しょうりゅうだな)と盆提灯(ぼんちょうちん)などの用具があります。 精霊棚 精霊棚は 盆棚(ぼんだな)とも呼ばれ、先祖の霊を迎えるための祭壇になります。 精霊棚に供えられるものには、その年に収穫されたナスビやキュウリなどの野菜に割りばしや爪楊枝(つまようじ)を使って、馬や牛の形に作ったものを供えるのが一般的です。 近年では、仏具店などでお盆飾り用として、真菰(まこも)やおがら(麻がら)、ハスの葉や牛馬がセットになったものが売られています。 飾り付け方は、位牌を仏壇から精霊棚の真ん中に移動させて、真菰を棚の上に敷いて、牛馬を飾り、ハスの葉には野菜や果物をのせ、おがらはお供え物に添えるお箸して一緒にお供えします。 また、地域によっては、ほおずきや栗の葉、枝豆やサトイモ、お米などを供えたりしているところもあります。 盆提灯 盆提灯は、先祖や故人の霊が家に戻ってくるときに迷わないように、目印になるように灯される提灯のことです。 盆提灯には、白提灯と絵柄の入った提灯の2種類があります。 白提灯は初盆専用の提灯で、玄関先や縁側の軒先などに飾られ、お盆が終わった後は、送り火と一緒に燃やしてしまうので、一度きりの盆提灯になります。 絵柄の入った盆提灯は、仏壇もしくは精霊棚の左右に飾るのが正式になり、一対で用意するのが一般的になります。 最近ではデザイン性が高く、インテリアとも合うような創作提灯も多く、提灯に家紋をつけることもあります。 絵柄の入った提灯は白提灯と違い、お盆が終わってから燃やすことはなく、きれいに掃除をして来年のお盆に使うのでそれまで保管をします。 ここからは、初盆の法事の流れを順を追ってみていきますが、ここでは全国的にお盆と認識されている8月13日から16日までの時期を例にしてお伝えしていきます。 事前準備として、8月12日までに精霊棚やお飾り用のセット品、盆提灯を購入するなどの準備をしてください。 ・迎え盆(お迎えする日) 8月13日は、先祖や故人の霊をお迎えする日になり、 迎え盆とも呼ばれます。 まずは、精霊棚を用意して、位牌を仏壇から精霊棚の真ん中に移動させ、お飾り用の真菰(まこも)やおがら(麻がら)、ハスの葉や牛馬を飾り、野菜や果物などをお供えします。 また、地域によってはお墓まいりをして、霊を迎えに行くという風習があるところもあります。 夕方には、初盆専用の白提灯を玄関先や縁側の軒先などに飾り、白提灯に迎え火を灯し、先祖や故人の霊をお迎えします。 ・お盆の法事 お盆の法事は8月14日から15日のどちらかで法事を行います。 どちらの日のするかは、参列していただける人、僧侶の都合に合わせて決めるようにしてください。 法事では参列していただいたお礼に会食をすることが多いのですが、どうしても会食を行えないときがあります。 会食を行えないときは、折詰めのお弁当、日本酒などが入った小瓶を会食の代わりのお礼として、参列者にお渡しするようにしてください。 また、お盆の期間中はできることなら家族そろってお墓参りをするようにしましょう。 ・送り盆(お送りする日) 8月16日は先祖や故人の霊をお送りする日になり、 送り盆とも呼ばれます。 迎え盆で迎え火を灯した場所と同じ場所で、送り火を灯します。 この日は先祖や故人の霊が家で過ごす最後の日になるので、お送りする時間はできるだけ遅い時間にするようにしてください。 また、地域によっては灯篭流し(とうろうながし)、精霊流し(しょうろうながし)をするところもありますが、これらも送り火の一つになります。 まずは、法事に限らず一般的なマナーとして、時間に遅れないということ、当日にキャンセルをしないということがあります。 一般的なマナー以外にも、法事の会食がはじまる時に献杯が行われるのですが、献杯はお祝い事で行なわれる乾杯とは違い、グラスを当てて音を出してはいけないなど、気をつけたいマナーや注意点があります。 ここでは、お盆の法事の服装やお盆の法事を毎年するのかなどについてみていきます。 ・お盆の法事の服装 初盆の法事の服装は、地域などの風習や慣例によって違いはありますが、一般的には喪を表現する喪服を着用します。 男性は、黒や紺のスーツに白いワイシャツ、黒などの地味な柄のネクタイを合わせます。 女性も黒や紺のスーツやワンピースなどに、黒などの地味なストッキングを履くようにしてください。 男性、女性ともに、派手なアクセサリーや時計の着用は避け、靴も黒いものを選ぶようにしましょう。 一周忌をすぎると、喪の表現を軽くしていく傾向にあるので、初盆以降のお盆の法事を行うときは、服の色も薄く、簡略していっても問題はありません。 ・お盆の法事は毎年するの? 一年に一度は必ずお盆の時期はやってきますが、お盆の法事は毎年するの?と思われることがあると思いますが、結論から言いますと、仏壇に位牌がある限り、お盆の供養に終わりはありません。 とはいえ、お盆の法事は亡くなった年しかしない、一年おきに法事をする、毎年法事をするなど、地域やお寺によって考えや風習により異なることがあります。 ですので、お盆の法事を毎年するのか同課については、親戚の人、同じお寺の檀家さんなどに相談することをおすすめします。 初盆を含め、お盆の時期に行う法事、供養では準備するものなどが一周忌や三回忌などの法事と違うので、戸惑うことがあるかもしれませんが、お盆の時期に家族や親族が集まり法事を行うことは、先祖、故人の供養にもなりますので、できる限り行うようにしてください。

次の

お盆の法要で気をつけるべきことは?法要の常識とマナーまとめ

お盆 法事

お盆とは? お盆というのは、ご先祖様を供養する儀式で、正式には 「盂蘭盆(うらぼん)」と言います。 「ご先祖の霊がこの世に里帰りする」大切な時期と考えられており、ご先祖様の霊を招いて供養します。 帰ってくる祖霊を迎える行事は、例えばメキシコの死者の日など世界の各地に見受けられます。 日本のお盆の風習も、中東からシルクロードを渡って伝わってきたと言われています。 新盆と旧盆、お盆の時期がいくつもある理由 お盆には主に7月の「新盆」と8月の「旧盆」があります。 明治維新の後、日本の近代化を押し進めていた明治政府は明治6年、暦をそれまで用いていた太陽太陰暦(たいようたいいんれき)から、欧米と同じように太陽暦(たいようれき)に変更しました。 一説には、当時財政難に苦しんでいた明治政府が、1年が13ヵ月ある旧暦から12ヵ月の新暦とすることで、1ヵ月分の公務員の給与が削減できるという事情もあったといわれています。 しかし、明治5年の12月3日が突然、明治6年の1月1日になってしまったので、混乱もあったようです。 この時、お盆の時期も今の7月になりました。 でも、旧暦では農閑期にあったお盆も、1ヵ月も早まると農作業も忙しい時期と重なってしまいます。 そこで地域によっては 「月遅れ盆(旧盆)」、8月15日をお盆としましょうということになって現在に至っています。 さらに旧暦のお盆の時期に合わせる、地域の産業に合わせるなど、各地によって、さまざまなお盆の時期があるようです。 仏教説話でのお盆のはじまり お盆のはじまりについては諸説あります。 仏教では目連尊者(もくれんそんじゃ)のお母さんの次のような説話が知られています。 昔、お釈迦様のお弟子の目連尊者が、神通力を使って亡き母の様子を見てみると、なんと地獄に落ちて、飢えと渇きに苦しんでいました。 驚いた目連尊者がお母さんを助けようと水をあげても、お母さんの口に入る前にあっという間に乾いてしまい、飲むこともできません。 お釈迦様に相談すると、お母さんの生前の悪い行いによって、地獄の苦しみにあっていると教えてもらいました。 その後、お釈迦様の教えに従って、おおぜいの僧侶を招き、食べものや飲み物をお供えして供養をしたところ、地獄に落ちたお母さんは、極楽に往生できました。 以来、この日は、 父母やご先祖様に感謝をささげる大切な日になりました。 お盆の時期にお寺ではよくを行っています。 施餓鬼というのは、餓鬼道という地獄に落ちてしまい、飢えと渇きに苦しんでいる亡者(餓鬼)に食事を施して供養するものです。 「この日に行わなければならない」と決まっているわけではありませんが、一般的にはお盆の時に ご先祖様への追善供養として行われることが多いようです。 お盆の準備と迎え方 精霊棚を飾る 12日夕刻、または13日午前中。 をすませます。 精霊棚は盆棚、先祖棚ともいい、仏壇の前や座敷の縁側に近いあたりに小机を置き、その上に真菰(まこも)のござや白布を敷いて、先祖の位牌と供物を置きます。 迎え火を焚く 13日夕刻。 盆堤灯に火を灯 します。 家の門口や玄関で素焼の焙烙 ほうろく にオガラという麻の茎を折っ てつみ重ね、火をつけて燃します。 これを迎え火といいます。 その煙に乗って先祖様が家に帰ってくるのをお迎えします。 送り火を焚く 16日、または15日。 家に迎えた精霊をお送りします。 迎え火をたいたのと同じ場所で、16日 または15日 にもう一度オガラ をつみ重ねて火を焚きます。 これを送り火といいます。 お盆のお供え、精霊馬と鬼灯の提灯 精霊棚、盆棚には、水を入れた鉢、新鮮な野菜や果物などをお供えします。 精霊馬、精霊牛 また、きゅうりとなすにおがらや割りばしなどで足を付けて、馬や牛を作ります。 それぞれ 精霊馬、精霊牛といいます。 ご先祖様に「馬に乗って早く来てくださいね」「帰りは牛に乗ってゆっくり帰ってくださいね」という想い が込められています。 また、ご先祖様は馬に乗って、牛には荷物を乗せるという説もあります。 鬼灯 鬼灯(ほおずき)を飾るのは、ご先祖様が戻って来る時に提灯のように足元を照らすためとか、迎え火や送り火を表していると言われています。 7月9日、10日には東京・浅草の浅草寺で ほおずきの市が立ち夏の風物詩となっています。 この日に浅草観音に参拝すると4万6千日(しまんろくせんにち)参拝したのと同じご利益があるといわれています。 新盆の迎え方と盆提灯 四十九日の忌明け後、初めてのお盆を新盆といいます。 仏様になった故人が、「亡くなってから初めて里帰りをする」大切な行事です。 四十九日より前にお盆が来る場合は、初盆は翌年となるのが一般的です。 「新盆」と書いて「はつぼん」「にいぼん」または「あらぼん」などと読みます。 それ以外にも、新盆には「あらそんじょ」「にいじょうろ」「ねじょうれい」など、さまざまな呼び方があります。 新盆の場合、故人を通常のお盆よりも手厚く供養するのが一般的です。 例えば、普通のお盆では模様の入ったを飾るのに対し、新盆では 絵柄の無い白提灯を飾り、僧侶や近親者を招いて初盆法要を営みます。 この白提灯はお盆が終わると、送り火で燃やしたりお寺に納めたりするようです。 なお、親せきや縁者から盆提灯やお香典、供物などを贈られることもありますが、お返しは必要ありません。 また、盆提灯を贈る立場の場合は、最近は住宅事情などもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。 お盆法要へのお香典の目安 お盆法要に伺う際は、お香典を持って行きましょう。 お香典の表書きは「御仏前」もしくは「御供物料」です。 5千円から1万円くらい。 お葬儀のお香典と同額程度が目安と言われています。 お盆 とお彼岸の違い一覧表 日常の生活に密着していて、しかも大切な仏教の行事には、お盆のほかにもあります。 ときどきごっちゃになってしまうので、簡単な対照表にまとめてみました。 お 盆 お彼 岸 意 味 ご先祖様が帰ってくる期間 仏教徒として正しく過ごしながら、ご先祖様に想いを馳せる期間 回 数 年に1回(夏) 年に2回(春・秋) 時 期 7月13日~16日(地域によっては8月) 春彼岸 : 春分の日の前後3日間 秋彼岸 : 秋分の日の前後3日間 やるこ と 精霊棚を飾る 迎え火・送り火を焚く 施餓鬼会・盂蘭盆会 お墓参り お仏壇、仏具の掃除 彼岸会 お墓参り 夏の風物詩もお盆由来のものがたくさん 日ごろよく耳にすることで、お盆に由来するものは、実はたくさんあります。 盆踊りのように「盆」と付くものもあれば、なかなか簡単には結び付かないものもあります。 お中元 日本で初めて公にお盆の行事が営まれたのは、推古天皇の時代と言われています。 その後、聖武天皇の時代に、宮中行事として執り行われるようになりました。 江戸時代になると庶民の行事としても盛んになります。 このころ、「盆礼」といって親族や知人の家を訪ね、贈り物をするようになりました。 これが、今の「お中元」につながっていると言われています。 盆踊り 盆踊りのはじまりは平安時代、空也上人の踊念仏がお盆の行事と結びついたと言われています。 このほか、古くからそれぞれの地域で伝わってきた信仰の儀式が盂蘭盆と結びついたというようにいろいろな説があります。 新盆を迎える家の前で、頬かむりで顔を隠した人が亡くなった人に扮して踊ったりと、死者を供養するための踊りという意味があるようです。 また、盆踊りのやぐらの上に盆棚を飾るという地域もあると言われています。 「大文字焼き」と「精霊流し」 観光客もにぎわうや北九州各地の「精霊流し」もお盆の行事。 送り火の一種です。 夏の風物詩、打ち上げ花火も、精霊送りの行事から生まれたそうです。 盆義理 静岡県浜松市など遠州地方では、新盆を迎える喪家のところに喪服を着て、お香典を持ってお悔みに行く、「盆義理」という風習があります。 喪家ではお盆の時期になると祭壇を飾り、盆義理に訪れる弔問客にお渡しする返礼品も用意します。 また、この時期、車で盆義理に向かう人々が多く、渋滞が起こることもあるそうで、「盆義理渋滞」と呼ばれています。 葬儀社ではお盆の前には新盆を迎える喪家の方のため、提灯だけでなくお盆の祭壇や返礼品の展示なども行います。 ある意味、お葬式をもう一度行うようです。 ただ、お盆の場合、各家庭に祭壇を設置する時期が重なるため、人員の確保やスケジュールの調整など担当者の苦労も大変なもののようです。 まとめ お盆の迎え方は宗派によっても異なりますし、仏教行事である一方で、それぞれの地域の風習という面もあります。 詳しくは菩提寺に聞いてみましょう。 ちなみに、2019年は7月13日お盆の入りが土曜日、15日が「海の日」で祝日のため3連休。 また、8月は月遅れ盆直前の11日が「山の日」。 しかも日曜日なので、8月12日は振り替え休日となり、カレンダー通りでもお盆前に3連休が見込まれます。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の