どんな とき も wifi デメリット。 【徹底比較】どんなときもWiFiとWiMAXのメリット・デメリット|WiMAXの最安値を比較!

どんなときもWiFiの評判からわかった全デメリット【2020年6月】

どんな とき も wifi デメリット

投稿日:2019年7月15日 更新日: 2020年4月4日 「 どんなときもWiFi(どんファイ)最高~、どこでもネット繋がるし、常に速度が速いし~」 と、今では各方面から称賛の声(口コミ)が聞こえてきます。 実際に今年に入ってから露出が出てきた会社で、佐藤二郎さん主演のCMや 「どんファイ」といった広告もバンバン出している勢いのある会社で現在非常に多くの方々がブログを書いていたり動画をアップしています。 「そんなにいいポケットWiFiなのか!?どれどれ調べてみようかな... 」 と興味本位で調べていましたら、いいことばかりでなく実は 【3大】デメリットを見つけてしまいました。。。 その3大デメリットである• 下り最大速度が150Mbpsと 遅い!?• 25ヶ月目以降は 料金が上がる!?• 端末は 「レンタル」のため返却必須!? どんなときもWiFiの契約を検討する上で、これらの事実をしっかりと理解をしていないと 「最悪の事態」になりかねません...。 今回はこれらのデメリットを徹底的に解剖していくのと、 実際に契約している方々の生の口コミや評判もピックアップしながらデメリットとメリットを天秤にかけたさいに 本当にどんなときもWiFiで契約してもいいのかどうかを客観的に分析していきます。 なお当ブログは、どんなときもWiFiを契約・使用・そして 様々な実験をして使い勝手や 【4つ】のリアルな速度も記事や動画にアップして検証したので、これらもより深くお伝えしていきます。 どんなときもWiFiは2月に起こった通信障害をきっかけに会社としての品格・誠意が露呈していきました。 常に対応が後手後手で遅く、対応内容も我々消費者の斜め上(悪い意味で)を行くようなものばかりで多くの方の心が離れていきました。 すぐさま納得のいく対応・補償、そして何より「新規受付停止」を行わなかったのが 今回の大きな騒動の要因だと私は考えております。 いち早く既存の利用者の満足のいくサービスの提供と会社としての信頼を取り戻すべく行動をしていただきたいです。 今回のどんなときもWiFiの騒動について別記事で詳しく書いていますので、気になる方はそちらをご覧ください。 他回線の端末との速度比較表 【持ち運びできるWi-Fiで比較】 下り最大 上り最大 WiMAX(W06) 1. 2Gbps 75Mbps Pocket WiFi(603HW) 612Mbps 37. 5Mbps どんなときもWiFi(D1) 150Mbps 50Mbps 表の通り、どんなときもWiFiは他の機種回線よりも 「スペック上は」かなり遅いです。。。 そしたら双方のスピードテストを各地(沖縄)で測定比較していたというサイトがありましたらので一部引用いたします。 6Mbps 7. 44Mbps 10. 3Mbps 0. 25Mbps 国際通り 22. 6Mbps 16. 7Mbps 26. 9Mbps 5. 25Mbps 若狭海浜公園 18. 9Mbps 13. 9Mbps 4. 39Mbps 0. ポケットWiFiは外出先はもちろん、このような観光地に旅行や出張に行ったときにも重宝しますので、 どこでも安定的に繋がるは魅力的ですね! リアルな速度2:家の中でも安定感は凄かった 別記事「」で2階建ての戸建ての中「7か所」でWiMAXとどんなときもWiFiの速度比較をしました。 1Mbps 12. 6Mbps 26. 4Mbps 0. 3Mbps 13. 1Mbps 2. 80Mbps 0. 6Mbps 6. 6Mbps 12. 5Mbps 0. 79Mbps 0. 8Mbps 8. 83Mbps 10. 6Mbps 1. 58Mbps 0. 7Mbps 5. 32Mbps 3. 14Mbps 0. 13Mbps 平均 12. 1Mbps 9. 86Mbps 4. 95Mbps 0. 18Mbps 結果、 どんなときもWiFiが下り上り共に圧勝でした!家のいたる場所で計測するとこんなにも差が出るか!?というぐらいWiMAXの不安定さが目立ちました。 そしたら面白い比較が何件かあったのでご紹介します。 曇り空という天候不良も影響してるとは思うが。 東京ならどこでも超高速のイメージでしたが、現実例として上記のような結果が。。 地下でも悠々電波も入るし速度も安定。 某Wは地下やビルの内部ではなかなか電波が入り辛かったがどんなときもWiFiなら何ら問題がない。 逆に電波が入らない場所を探す方が大変だと思う。 総括すると「リアルに」早かった スペック上ではWiMAXやその他回線に完敗でしたが、実測としてはこのように、 WiMAXより速かったり、 電波が劇的に入りやすかったり、4K動画が見れたりなど 「4つのリアルな速度」で どんなときもWi-Fiは使いやすかったです。 大デメリット2:25ヶ月目以降は料金が上がる!? この画像を見て分かる通り、どんなときもWiFiは2年間は3,480円ととても安く利用できるのですが、3年目からは500円値上がりして3,980円になってしまいます...。 せっかく性能が良くて通信制限もない回線なのに、料金が高くなるのは非常に残念です。 料金が上がるのはWiMAXも一緒だった(表で解説) 実は3年目から料金が上がるのはWiMAXも一緒でした。 どれくらい変わるのかを分かりやすく見てもらいたかったので表を作りました。 1~3ヶ月 4~24ヶ月 25ヶ月~ JP WiMAX 2,800円 3,500円 4,100円 どんなときもWiFi 3,480円 3,480円 3,980円 料金だけ見るとさほど違いがなく(というかWiMAXの方が2年間では安い)のですが、決定的違いが• どんなときもWiFi: 2年契約• ほとんどのWiMAX: 3年契約 どんなときもWiFiの方が契約期間が1年も短いではないですか!?!? 契約期間の短さから 「とりあえず2年間の契約」を考えれば、WiMAXの3年契約に比べてだいぶ 「心的楽さ」を得られますね。 大デメリット3:端末は「レンタル」のため解約時は返却必須!? どんなときもWiFiの端末や備品などはすべて「レンタル品」のため、解約時には必ず返却しないといけません。 それについてはホームページの重要事項説明(. pdf形式)でもしっかりと書かれていますので一部抜粋します。 ご契約の変更・解約について】 3. 端末の返却について 本サービスの端末はレンタル品です。 契約解除後の端末は、解約月の翌月 5 日までに返却することとし、返 却期限までに返却がない場合、返却時に故障・破損が見られる場合、以下のレンタル端末一式の返却に欠 品がある場合は、 機器損害金 18,000 円 税抜 を当社に支払うものとします。 防御策としては、棚の中に使わないものを一式保存 いざ解約して返品しようとしても 「あれ?USBケーブルが違うぞ?」 「箱捨てちゃってた... !」 「取説どこだ~~~」 など、おそらく解約時には2年間もの月日が経っているのでこういったことが起こる可能性がおおいにあります。。。 なので防御策として、「とにかく保存!」あるのみです。 一番おすすめの方法は、 本体だけを箱から出して後は棚の中にしまっておく。 USBケーブルはダイソーなどの100均で調達!すれば本体だけ無くさなければ問題ありませんね。 「3大」デメリットと「4つ」リアルな速度の小まとめ ここで一旦3大デメリットと4つのリアルな速度の小まとめを行います。 【3大】デメリット• 下りは最大150Mbpsと遅い• 3年目以降の料金が高くなる• レンタル品だから返却しないと高額違約金 【4つ】のリアルな速度• 各沖縄エリアでWiMAXより速かった• 自宅内7ヶ所でWiMAXより安定的に速かった• 都内近辺でWiMAXより繋がりやすかった• 4K動画が見れるぐらい速かった このようにまとめてみると、3大デメリットの「大」がちっぽけに見えてきました。 というのも、 ・「 下りは最大150Mbpsと遅い」はあくまでスペック上の話で、 4つのリアルな速度を見ればWiMAXよりも十分に安定した速度が期待できます。 ・「 3年目以降の料金が高くなる」は2年契約という考えでいけば、 2年間ずっと3,480円で使えるので全然問題ありません。 ・「 レンタル品だから返却しないと高額違約金」については、端末自体を大事に使うのはもちろんですが、その他箱や付属品は全て使わずに 棚に大事にしまっておけば全く問題ありません。 このように、 一見「ハズレWiFi」に見えましたがしっかりとした深堀とリアルな速度を見れば、むしろ 近年まれにみる「アタリWiFi」だということが分かりましたね。 では次にどんなときもWiFiの具体的なスペックや「3日間の通信制限なし」について解説していきます。 やはり前評判がいいこともあり、月額が安いのはもちろん、 「3日間の通信制限」がないことや 「使い放題」のところが一番の見どころになっています。 さらにタレントの「佐藤二郎さん」や「今田美桜さん」を起用しており、企業の本気度が感じます。 私個人的に大好きな佐藤二郎さんが出ており、YoutubeのCMでもお得意のアドリブで大暴れしていました笑 佐藤二郎さんならもっと暴れてもいい気がしましたが、少し抑え目にされてましたね笑 本当に3日間通信制限なしなのか!? 「天下のWiMAXですら、3日間10GBまでの通信制限があるのに、ぽっと出のどんなときもWiFiがそんな思い切ったことできるのかぁ??」 というお声が聞こえてきそうだったので、どんなときもWi-Fi公式サイトに通信制限に対して記載がありましたので調べたことを一部抜粋します。 どんなときもWiFiなら他社wifiルーターのような 月間容量制限や通信制限を一切設けておりません!動画、ゲームなどのデータを大容量消費するコンテンツも安心してたっぷりとご利用いただけます。 大容量通信をされる方は注意 しかし、全ての方が使い放題対象というわけでなく一部の方は制限をすることがあるといっています。 こちらも公式サイトから一部抜粋すると、 違法ダウンロード、不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合、通信速度を制限する場合があります。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね 384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 引用: つまりは、やんちゃをしなければ 大抵の方は制限を受けることがないということですね。 普通にネットがしたい方には無縁な話なのであまり気にしなくてよさそうです。 料金はかなり安い! どんなときもWi-Fiの凄いところが、「使い放題」で「3日間の通信制限なし」なのにも関わらず 月額が3,480円という格安価格なのです。 何度もいいますがどんなときもWi-Fiにはそういった制限がないので、お得な上に自由なWi-Fiですね。 エリアがバカ広い!? どんなときもWi-Fiは 「クラウドWiFi」という通信技術を使っており、簡単に言うと ソフトバンク・au・ドコモのエリアに対応しるため、エリアが超広いです!またSIMごとに繋がりにくいエリアがあっても他の繋がりやすいSIMに自動で割り当てますので、いつでも快適にインターネットが利用できるため「普通に安定したネットがしたい」方や「移動中にネットがしたい」方にはかなりおすすめできる回線です。 口コミはどうか ツィッター検索で実際にどんなときもWiFiがどうつぶやかれているか検索してみました。 ポケットWi-fiより、 体感は早いくらい。 これで無制限はやばすぎる。 3月サービススタードだが、 もっと早めに気づけばよかった。 — DaybreakA511 A511Daybreak どんなときもWiFi使い始めてみました! 今のところ全く問題なく使えます! 動画もちゃんとストレスなく見れる。 しかも速度も決して悪くないみたいでなかなかよさそうです。 デメリットとメリットを天秤にかけた結果• 3つの大デメリットがあったが、 1. 速度: 4つのリアルな速度から、かなり良かった 2. 3年目の料金: 2年契約と考えれば問題ない 3. 3日間通信制限なし・使い放題のWiFiは「どんなときもWiFi」• 月額が3,480円とかなり安い• エリアが3大キャリア網なので超広い• 口コミも噂通りで良かった• 起用タレントが私の大好きな佐藤二郎さんだった と、通信の制限なしでどんなときでも使える、まさに「どんなときもWiFi」。 タイトルであげた 「3大デメリット」がありましたが、よくよく詳しく見てみると 「4つのリアルな速度」から安定的に速く使えることも分かりました。 一見「ハズレWiFi」かなと思いましたが、むしろ 近年まれにみる「アタリWiFi」でしたね。 ちゃんと調査しておいて良かったです(ニッコリ) またどんなときもWiFiは私が大好きな佐藤二郎を起用しているのはセンスを感じます笑 WiMAXの弱点である 「3日間の通信制限」「広く細かいエリア」「月額が安く一定」を見事にカバーしているので、 WiMAXはちょっと... という方にはとてもおすすめな回線です。 そういう方は是非どんなときもWiFiをとてもおすすめできる回線です。 簡単申込方法とオプションの選び方 それでは、今回ご紹介したどんなときもWiFiの簡単な申込方法と、オプションの選び方についても画像つきで解説していきます。

次の

【もっと知ろう!】どんなときもWiFiのメリットとデメリット、評判を徹底調査!

どんな とき も wifi デメリット

【 更新】注意事項 どんなときもWiFiは、2020年4月3日から 新規お申し込みを停止しています。 2020年 現在、どんなときもWiFiだけでなく、同じくクラウドSIM技術を利用した無制限WiFi、「限界突破WiFi」「MugenWiFi」の新規お申し込み停止などの問題が 相次いでいます。 完全無制限のポケットWiFiは今後も安定的にサービス提供できるのか現段階では不明です。 当サイトでは、モバイルWiFi各社の特徴と料金を徹底的に比較し、 最新のおすすめモバイルWiFiをランキング形式でご紹介しています。 モバイルWiFi選びに絶対失敗しない3つのポイントも解説していますので、あなたに最適なモバイルWiFiを必ず見つけることができますよ。 どんなときもWiFiに代わる 実質無制限のモバイルWiFiをお得に契約したいという方は、以下のぺージを是非ご参考にしてみてください! 2019年3月よりデータ容量が完全無制限のモバイルWi-Fi、どんなときもWiFiがサービスを開始しました! 有名芸能人の広告を使っていることもあり、既にどんなときもWiFiをご存知という方も多いのではないでしょうか。 しかし、新サービスとなると「 本当に快適に使うことができるのか不安」と契約をためらってしまいますよね。 実際に、私も良い評判・悪い評判どちらも比較し、納得した上で契約しないと気が済みません。 そこで、当ページでは実際にどんなときもWiFiの契約者の口コミ・評判を徹底調査。 どんなときもWiFiの契約を検討しているという方に向けて、実際の 契約者の口コミ・評判からメリット・デメリットを紹介します。 どんなときもWiFiを契約しようか悩んでいたという方は必見です。 まずは、簡単にどんなときもWiFiの特徴からご紹介していきます。 どんなときもWiFiとは?特徴を簡単に紹介! まず初めに、どんなときもWiFiの評判・口コミを確認する前に、まだどんなときもWiFiを知らないという方に向けて、簡単に特徴をご説明します。 完全無制限のモバイルWi-Fi どんなときもWiFiの最大の特徴は、月間データ容量無制限で利用できるモバイルWi-Fiサービスということ。 今までのモバイルWi-Fiは、3日で10GB、1日3GB、月7GBといった速度制限があるサービスのみでしたが、 どんなときもWiFiは速度制限などは無く、完全無制限で利用することができます。 ただし、違法ダウンロードなどの不正利用や、著しくネットワークを占有する大容量通信があった場合にのみ速度制限となる可能性はあるので注意しましょう。 トリプルキャリアの回線を使えるクラウドSIM技術 どんなときもWiFiは、 ルーターの利用場所に応じて、ソフトバンク、ドコモ、auの3大キャリアの回線に自動接続します。 そのトリプルキャリアの回線を自動で接続する仕組みを可能としたのが、 クラウドSIM技術です。 しかし、どんなときもWiFiはクラウドSIM技術によって、クラウドサーバー上に複数のSIMカードを用意することができるようになり、あらゆるSIMカードの対応エリアでのインターネット通信が実現。 それにより、利用エリアごとに繋がりやすいSIMを自動で使い分けることが可能となりました。 どんなときもWiFiなら海外でもそのままモバイルルーターの利用が可能! どんなときもWiFiのルーターD1は、 世界107カ国でそのまま利用可能。 海外で利用することで、別途料金は発生しますが、改めてモバイルWi-Fiルーター端末をレンタルしなくても良いというのは、出張や旅行で海外に行くという方に非常に好都合です。 さらに、海外利用の場合の料金は使った日だけの請求となるのも安心できるポイント。 簡単にどんなときもWiFiの特徴を説明してきましたが、いよいよここからが本題です。 実際に、どんなときもWiFiを利用している契約者の評判・口コミを見ていきます。 どんなときもWiFiの評判・口コミは?メリットをご紹介! ここからは、どんなときもWiFiに関する評判・口コミを見ていきます。 まずは、良い口コミ・評判の方から見ていきましょう! どんなときもWiFiの良い評判・口コミをご紹介! 1. クラウドSIMの採用で広い通信エリアをカバー どんなときもWiFi 以前使ってたWiFiよりも快適。 しかも安い。 ドコモ系格安Simや、ソフトバンク本家につながって、エリア的にも問題なし。 どんなときもWiFiの強みであるクラウドSIM技術により、ソフトバンクのLTE回線が弱い場合はドコモやauの回線、逆にドコモやauの電波が弱いときはソフトバンクに接続するなど、幅広いエリアでモバイルWi-Fiを利用することができます。 3大キャリアの回線を利用できることもあり、 日本で最も繋がるモバイルWi-Fiと言っても過言ではありません。 他社より月額料金が安い どんなときもwifi来た! 速度制限が全くないのに、この通信速度! iPadでnetflixみて、iPhoneでyoutube再生しても、通常画質で再生されてる! 検索もサクサク! これで、月額3500円。。。。 しかし、クレジットカード払いで2年割が適用された場合、月額3,480円で利用することが可能です。 この料金は、 月間データ容量を無制限利用できるモバイルWi-Fiの中では最安級となっています! さらに、どんなときもWiFiは料金体系が分かりやすいというのもポイント。 同じ契約プランで、クレジットカード払いもしくは、口座振替を選ぶだけなんです。 ただし、口座振替で契約した場合は、割引適用後でも3,980円と料金が比較的高く、振込手数料もかかってしまいます。 そのため、どんなときもWiFiを契約する際は、 より安い料金で利用できるクレジットカード払いがおすすめです。 無制限でインターネット通信ができる どんなときもWiFi契約してみた。 下り30Mbps、上り8Mbpsくらい出る。 WiMAXの方が早かったけど、無制限使い放題の魅力には勝てないな。 サービス開始したばかりなので、今後問題が無いことを願う。 — もよよ yumomotommm やはり、完全無制限、使い放題という口コミ・評判も見られました。 どんなときもWiFiは国内の利用なら、通信制限なしで利用できます。 他社のように月7GB、使い放題でも3日で10GB、1日3GBといった制限が全く設けられていません。 映画や動画、ゲームであっても1日中使うことができます。 前述した通り、違法ダウンロードや過度なデータ容量を使った場合は例外で通信制限がかかることもあります。 とはいえ、普段インターネットを楽しむ分には、通信制限を気にしなくて良いので安心してモバイルWi-Fiを利用することができます。 今まで、海外でモバイルWi-Fiを利用するとなると、渡航先の国々に対応したルーター端末やSIMカードをレンタルする必要がありました。 しかし、どんなときもWiFiは1台であれば1つのルーターで世界107カ国利用可能。 複数の国へ渡航するという場合でも、どんなときもWiFiのルーター端末1台あれば安心です。 いかがでしたでしょうか。 どんなときもWiFiのモバイルWi-Fiとしての「快適さ」に関する口コミ・評判が多く見られます。 また、シンプルでわかりやすい契約プランと、安い月額料金に関する口コミ・評判も多くありました。 これらの良い口コミ・評判を踏まえた上で、次にどんなときもWiFiの悪い口コミ・評判に関して見ていきます。 デメリットも?どんなときもWiFiの悪い評判・口コミ! 良い口コミ・評判のみであれば、どんなときもWiFiは理想的なモバイルWi-Fiですが、中には悪い口コミ・評判も観られました。 そんなどんなときもWiFiの悪い口コミ・評判を見ていきます。 どんなときもWiFiの悪い評判・口コミを紹介! 1. どんなときもWiFiの端末はレンタル So-netから乗り換えで、ブロードWiMAXかどんなときもwifiにしようと思ってる どんなときも〜は速そうだけど、レンタルなのに1年以降は自然故障でも自己負担らしいのがちょっと 1年でレンタル終了なら理解できるんだけどそうじゃない所が、他にもおかしなルールありそうな懸念 — konami onami konamililydoyel どんなときもWiFiのルーター端末はレンタルです。 もちろん、契約期間中であれば自由に使うことができますが、 解約をした場合、端末の返却が必須となります。 他社のモバイルWi-Fiルーターは、解約後の返却は不要であることがほとんど。 そのため、どんなときもWiFiは解約の際に、少し面倒というデメリットがあります。 また、 仮に返却できない場合や、端末が故障している場合は、機器損害金として18,000円の費用が発生する可能性があるので注意が必要です。 あくまで、どんなときもWiFiのルーター端末はレンタルであることを忘れないようにしましょう。 2年縛りがあって違約金も高い どんなときもWiFi 使い放題、3キャリア対応、かなり安くて魅力的だけど、2年縛りと違約金がかなり高いのが残念。 — キン mhhwf0712 レンタルの場合、契約期間に縛りがないのが一般的です。 しかし、どんなときもWiFiは 契約期間は2年間、そしてレンタルとは言え解約に伴う違約金が必要となります。 契約期間ごとの、解約違約金は以下の通りです。 0~12ヶ月 19,000円 3~24ヶ月 14,000円 25ヶ月目 0円 26ヶ月~ 9,500円 WiMAXのように端末を購入するモバイルWi-Fiサービスと比較すると、解約違約金の金額は決して高くありませんが、どんなときもWiFiがレンタルであることを考えると「契約期間が長く解約料が高い」というデメリットとなってしまいます。 3年目からは月額利用料金がアップ 完全無制限で話題を呼ぶ「どんなときもWiFi」が気になるが自動更新の2年契約に加えて3年目からは月額料金が上がるのが非常に難点。 一応本体貸し出しのレンタルWiFiなのだから契約期間なし、または最低2年利用でその後は解約自由とかそれくらいの条件でないと食思が動かない。 しばらくはWiMAXで我慢。 実際の料金は、クレジットカード払いのプランで月額3,980円、口座振替のプランで4,410円となってしまいます。 クレジットカード払いのプランであれば、3年目以降は長期割の適用で基本月額料金の4,410円よりは安くなりますが、2年目までの3,480円と比較すると500円程高くなることは事実。 そのため、長期的にモバイルWi-Fiを使いたいという方にとっては、どんなときもWiFiの料金体系はデメリットです。 また、どんなときもWiFiのキャンペーンはお得感がないという点も、他のモバイルWi-Fiと比較されるポイント。 現在、どんなときもWiFiは「 2年割」、「 長期割」の2種類のキャンペーンを行っています。 2つのキャンペーン内容は以下の通り。 長期割キャンペーン 25ヶ月目以降から適用される割引です。 2年割のように24ヶ月といった制限はありませんが、毎月430円の割引が適用となります。 ただし、こちらもクレジットカード払いのデータ放題プランだけが対象となります。 そして、25ヶ月目以降は24ヶ月目までの月額料金よりも高くなるので注意が必要です。 長期割でのどんなときもWiFi月額料金 データ放題プラン クレジットカード 月額3,980円 ベーシックデータ放題プラン 口座振替 月額4,410円 どんなときもWiFiの2つのキャンペーンは、どちらも確実にお得となるキャンペーンですが、WiMAXの数万円キャッシュバックキャンペーンと比較するとどうしても見劣りしてしまいます。 とはいえ、実際には毎月の料金が確実にお得となるキャンペーンですのでのでご安心下さい。 どんなときもWiFiのWiFiの悪い口コミ・評判はいかがでしたか。 悪い口コミ・評判に関しては「 2年縛り」に関するものが多い印象でした。 次いで、「 違約金が高いこと」や「 レンタルであること」に関する口コミ・評判も見られました。 最後に、これまで見たどんなときもWiFiの口コミ・評判をまとめていきます。 メリット・デメリットまとめ 当ページでは、どんなときもWiFiの評判・口コミからわかるメリット・デメリットを紹介しましたが、いかがでしたか。 最後にどんなときもWiFiのメリット・デメリットをまとめます。 しかし、「通信エリアが広いこと」や「月額料金が安いこと」、「データ容量無制限」などというメリットを考えると、 どんなときもWiFiは非常におすすめできるモバイルWi-Fiです。 どんなときもWiFiを契約しようとお考えの方のご参考になれば幸いです。 また、今回の口コミ・評判をご覧頂き、「もっと詳しくどんなときもWiFiの詳細を知りたくなった!」「どんなときもWiFiを契約したい!」という方は下記ページをご覧ください。 当ページを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

次の

どんなときもWiFiのデメリットが12個もあったので解説します

どんな とき も wifi デメリット

どんなときもWiFiは、新型コロナウイルスの影響により、在庫不足で入荷待ちの状況です。 6月5日時点では申し込みが停止となっています。 しかも、 無制限が魅力だった通信容量は1ヶ月25GB以上で速度制限になる(一部のユーザー)という規約に変わりましたので、無制限を探していた方にはオススメできないWiFiになってしまいました。 そこで、今も無制限で提供しているモバイルWiFiを紹介しておきます。 6月5日時点では 「ギガWi-Fi」がオススメです。 「ギガWi-Fi」は 月額3,250円で使えるデータ量無制限のモバイルWiFiなので、1年目3,480円、3年目3,980円の どんなときもWiFiよりも1年目から230円安く使えます。 最大速度150MbpsはどんなときもWiFiと同じなので、どんなときもWiFiが制限有りになった今、ギガWi-Fiが圧倒的におススメのモバイルWiFiになっています。 ギガWi-Fiは安さで大人気だったMugen WiFiの3,280円よりも30円安いので、今後人気になることが予想されるモバイルWiFiです。 安くて使い放題のモバイルWiFiがあると知り、申し込みが殺到し始めているようなので、 申し込みが遅くなると在庫切れになる可能性が非常に高い状況です。 モバイルWiFiが必要な方は、ギガWi-Fiが今も申し込み可能なのか、急いで公式サイトを見に行きましょう。 ゆっくりしていると申し込めるWiFiがなくなっていくかも知れませんよ。 どんなときもWiFiで中継器が必要になるシーンってどんな時? どんなときもWiFiはモバイルWi-Fiルーターなので、どこにでも持ち運ぶことができます。 固定の光回線を「コンセント式の固定回線」とするなら、どんなときもWiFiは「電池式の持ち運び回線」だと思えば分かりやすいですね。 そんなどんなときもWiFiが「延長コードの役目」である中継器を必要とするのは、どのような場合でしょうか? 具体的な利用シーンについて確認しておきましょう。 自宅の建築資材や広さによっては、ルーター本体の場所によってカバーしきれないエリアが出てきます。 もちろん、端末本体を持ち運んでしまえば解決できる問題ですが、Wi-Fiを使いたい時に、いちいち端末本体の場所を気にするのは面倒です。 それなら、 中継器を置き家中をカバーできるようにしてしまいましょう。 中継器が家中をカバーしてくれたら、どんなときもWiFiのルーターは同じところに常時置いておき、出かける時だけ持っていくというシンプルな運営が可能になります。 この5台までとう縛り、絶対的なルールに思われがちですが、実は中継器のタイプによっては、簡単に接続台数を増やすことができます。 イメージとしては「延長コード」の中でも「タコ足配線がついたタイプ」を想像してもらうと分かりやすいかもしれません。 昨今では、スマホ・パソコン以外にも、ゲーム機や家電など、多くのものがWi-Fiを必要とします。 友人や親せきが遊びに来た時のことを考えても、同時接続数に余裕があるほうが圧倒的に便利です。 しかし、前に説明した通り、どんなときもWiFiには、 「家中をカバーしきれないかもしれない」「同時接続数に限りがある」というデメリットがあります。 光回線の代わりとして家族全員でシェアするならば、どちらのデメリットも切実な問題ですね。 そんな家族でシェアしたい時こそ、中継器を導入してみましょう! 中継器を使うことで電波が届くエリアは広がり、ものによっては最大接続数も増やすことができます。 中継器の購入費用はかかりますが、家にもう1回線ネットを契約するよりははるかに安く済むので、中継器の購入費用くらいはすぐに回収できますよ。 ネットをオンラインゲーム用でも使うという家庭では、光回線は必須だと覚えておきましょう。 最近はNURO光に注目が集まっていますが、 僕はソネット光で300メガ出ているので、月額のことを考慮すると2020年時点で申し込むならソネット光で十分かと思っています。 中継器では物足りない!我が家には光回線が必要だ!と感じている方は、僕が契約しているソネット光を第一候補にしてみて下さいね。 ソネット光の速度を測った時の記事はこちら。 かず店長 どんなときもWiFiで中継器を子機にするデメリット 様々なシーンでの活躍が期待される中継器ですが、もちろんメリットばかりではありません。 「やらかしちまった……」と後から後悔しないためにも、デメリットも確認しておきましょう。 ということで、どんなときもWiFiで中継器を子機にするデメリットについてお話ししていきます。 そのため、つなげる台数が増えたといっても、最終的にそれを支えているのが親機のどんなときもWiFiであることは変わりないため、 中継器を使って同時に接続する台数が増えれば、速度はその分遅くなります。 先ほどの「延長コード」の例えで考えてみましょう。 「延長コード」を使えば、コンセントの口数を増やすことができますし、コンセントの位置も移動できます。 しかし、使いすぎるとブレーカーが落ちてしまいますよね。 中継器とどんなときもWiFiも、これと同じような関係にあります。 どんなときもWiFiの速度を調査した時のデータでは、23Mbps前後が平均速度といった感じでしたので、接続台数が増えることで23Mbps以下の速度になるであろうことは覚悟しておきましょう。 設置場所を間違えると、充分に効果が得られないこともあるからです。 さらに言うならば、中継器には電源が必要です。 ここという場所が見つかってもそこに電源が無ければ中継器が置けません。 しかもコンセントがあって電源が確保できたとして、その電源は基本的に常時ふさがってしまいます。 今まで他に使っていたコンセントだった場合、タコ足を用意するなどの対応が必要になります。 ということで、 適した設置場所を見つけるにはある程度の手間と時間が必要なので、これはデメリットのひとつといえるでしょう。 どんなときもWiFiで中継器を子機にするメリット 中継器は「電波を改善する方法」として、決して万能ではありません。 しかし、他の方法と比べた時に、中継器にしかないメリットもたくさんあります。 つづいては、どんなときもWiFiで中継器を子機にするメリットについてお話ししていきます。 そんなどんなときもWiFiの弱点ともいうべきが、「家中をカバーしきれないかもしれないこと」そして「最大接続数が5台までであること」です。 中継器はそのどちらのデメリットも補うことができるので、 どんなときもWiFiとの相性が抜群です。 現在どんなときもWiFiの導入を検討している方は、ぜひ中継器とセットで購入してみてください。 どんなときもWiFiの魅力を最大限引き出すことができますよ。 こんなどんなときもWiFiの弱点を改善する手段としては、「光回線に変える」「メッシュWi-Fiを導入する」など、中継器の他にも考えられる方法があります。 極端な話をすれば、どんなときもWiFiを2つ契約することでも、簡単に解決することができるでしょう。 ただし、「光回線に変える」「メッシュWi-Fiを導入する」となると、月額コストや数万円の初期費用がかかります。 一方、 中継器の価格は数千円程度なので、低コストでどんなときもWiFiの弱点を改善できるのです。 しかし中継器は、メーカーやタイプが違っても問題なく利用できるものがほとんどです。 そのため、 「1台だけの導入から始めて、後から2台目を購入する」「2台目は1台目とは違う特徴を持つ機器を検討する」などといった利用方法でも使えます。 とにかく多くの接続台数を確保したいなら、WEX-1166DHP2もおすすめ。 最大台数は64台とかなりの台数であり、家族全員のスマホも、IoT家電も、遠慮しないで接続することができます。 さらに、親機と子機のWPSボタンをプッシュするだけで接続する機能がついており、スマホ側でも余分な設定は必要ありません。 アンテナの向きを変えることで、電波の向きを使いやすく変更することもできます。 価格は楽天市場で6,200円程度~。 まとめ データ上限なし・価格もお手ごろなどんなときもWiFiですが、最大接続数や電波の届く距離など、弱点がないわけではありません。 そんなどんなときもWiFiの弱点をフォローしてくれるのが中継器です。 中継器の多くは、電波をより遠くまで届けてくれるだけでなく、最大接続数をも増やしてくれます。 さらに他の手段と比べて低コストですし、導入の手間も少ないです。 値段も特徴も中継器によって様々なので、先ほど紹介した中継器を比較して、ぜひ希望にあった最適な中継器を見つけてくださいね。 中継器でどんなときもWiFiの欠点が補えることが分かったという方は、どんなときもWiFiの申し込みに進みましょう。

次の