大沼 商品 券。 全国百貨店共通商品券

大沼デパート(山形)が自己破産!倒産した時の商品券の扱い

大沼 商品 券

阪急オアシス• 長崎マルタマ• イズミヤ(一部店舗・専門店を除く)• 天満屋ストア• デパートリウボウ空港店• エムアイプラザ各店(三越伊勢丹グループ)• 三越伊勢丹サテライトショップ各店• 岩田屋サロン各店• キラリナ京王吉祥寺(一部専門店を除く)• 京王百貨店サテライト各店• シーズンクローゼットまるひろ ららぽーと富士見店• 福屋各分店• 各藤崎店・ヴィーフジサキ各店• 小田急百貨店サテライト各店• カナート・はやし(一部店舗を除く)• ロンモール布施・近鉄ぷらっと(一部店舗を除く)• ウィング高輪WEST• ウィング新橋• ウィング久里浜• 函館空港売店(中合)• 井筒屋サテライトショップ各店 注意事項 下記百貨店(10社)が発行していた共通商品券につきましては、現在、ご利用できませんので、ご注意ください。

次の

大沼商品券の還付申請、期限に注意 12日まで、申し込み2割「確認して」|山形新聞

大沼 商品 券

大沼デパート 山形 が自己破産!倒産報道に衝撃! 山形市にある大沼デパートが自己破産を申請。 倒産・閉店したことが報道されると大沼デパートに親しみがあった人に衝撃が走りました。 あまりにも突然の倒産。 あまりにも突然の閉店。 創業300年を超す老舗で、山形県内唯一の百貨店「大沼山形本店」(山形市)が26日の営業を最後に閉店し、同店を経営する大沼(長沢光洋・代表取締役)は27日、山形地裁に自己破産を申請した。 日本百貨店協会によると、全国の県庁所在地で協会加盟の百貨店がなくなったのは、山形市が初めてという。 同店は市の中心街にあるデパートとして、長年県民に親しまれてきたが、郊外型店舗との競争激化やネット通販の拡大などで売り上げが減少。 経営再建を進めていたが、昨秋の消費税率引き上げで業績悪化に拍車がかかり、資金繰りに行き詰まったという。 引用:朝日新聞デジタル 1月26日の営業を最後に、1月27日に自己破産を申請。 1月27日付けで自己破産による倒産。 そして閉店となりました。 大沼デパートが自己破産!倒産した場合の商品券はどうなる? 大沼デパートが自己破産により倒産したとあって、大沼デパートの商品券を持っていた人は、商品券がどうなるのか不安ではないでしょうか。 引用:読売新聞 現在、大沼デパートの商品券は利用が停止されているようです。 大沼デパートの商品券、半額は還付される なんと、 すでに発行していて使用されていない大沼デパートの商品券は5億円分もあるということです。 大沼は4月の新入生向けのランドセルや学生服などの注文を受けている。 顧客に商品を優先的に引き渡せるように管財人に依頼するとしているが、19年2月時点で残高が3億9000万円だった友の会の積立金や、 発行残高が5億円の商品券などについては半額は保全されるが、残りの取り扱いは未定。 債権者説明会は6月に開く予定だ。 引用:日本経済新聞 発行された商品券は、半額は保証されるようですが、残りについてはどうなるかまだ決まっていないようです。 この記事によると、説明会が6月に開かれる予定となっているようなので、商品券を大量に保有している人は、必ず出席したほうがいいですね。

次の

Home

大沼 商品 券

大沼と大沼友の会の倒産によって、使用できなくなった両社発行の商品券や買い物券。 券の所有者は「返金はあるのか」と不安を募らせる。 制服やランドセルといった商品を注文済みの客もいるが、商品の引き渡しはどうなるのか。 大沼は、自社商品券のほか全国の百貨店約500店で使用できる「全国百貨店共通商品券」を発行してきた。 また大沼友の会は客が一定額を1年間毎月積み立て、満期時に友の会が0. 5カ月分を足した合計額分を買い物券として客に還元していた。 だが破産申請の時点で、大沼商品券と買い物券はもちろん、大沼発行の共通商品券についても、全国全ての店で使用できなくなった。 商品券や買い物券と友の会積立金に関しては国の還付制度があるが、額面の半分程度しか戻らない可能性が高いという。 券はいずれも基準日残高の2分の1以上の額を供託することが義務付けられており、還付はその供託金が原資となるため2分の1程度が目安となる。 今回の基準日は昨年9月末だが、10月以降も商品券・買い物券は使われているため、現在の総未使用残高と積立総額によって、券所有者や会員一人一人に割り当てられる還付額が変わることになる。 商品券の還付申請は券そのものを東北財務局に、友の会買い物券と積立金の還付申請も買い物券自体や積み立て状況の分かる通帳などの書類を東北経済産業局に提出することが求められるため、それまで手元に保管する必要がある。 手続き方法と受付時期は通常、倒産から1~2カ月以内に官報で告示され、60日以上の受付期間が設けられる。 債権者は両局から届く証明書を基に、山形地方法務局で手続きをすれば還付を受けられる。 完了まで1年程度かかる見込みという。 一方、大沼の受注商品は状況により対応が異なる。 制服やランドセルなど子どもの新生活に関わる物品については「祝い事を破産で汚したくない」と、受注済みの商品について大沼側が破産前の24日、業者に代金を支払って発注客に届くように手配している。 他の注文商品は原則、代金を支払ったかどうかなど個別の対応となるため、大沼は対象の客に問い合わせるよう求めている。 問い合わせは商品券が東北財務局金融監督第三課022(721)7079、友の会買い物券と積立金が東北経産局消費経済課022(221)4917。 商品関連については大沼023(622)7111。 佐藤市長は「市民が愛着を持ってきた百貨店を存続させようと呼び掛けてきたが極めて残念」と語った。 会談は冒頭以外は非公開で、終了後に取材に応じた。 後藤会頭は「(商工会議所として)市長とともに買い物での支援を呼び掛けるなどしてきたが、破産に至ってしまい残念。 地域経済、市民生活への影響が最小限となるよう行政、関係機関と連携し万全を期したい」との談話を出した。 一方、吉村美栄子知事は文書で「突然のことで大変驚いている」とし、従業員や取引先向けの相談窓口の設置や県の制度融資を活用した支援などに取り組むとした。 山形新聞からお知らせ• 【2020年8大事業】 山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。 詳しくは、• 山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。 公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。 アドレスは、• 読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。 詳しくは、から。 検索機能も備えています。 アクセス方法は• 他社DB横断検索が便利な、、•

次の