恐縮 です 意味。 「恐縮」の意味は?ビジネスでの正しい使い方と類語をマスター

「恐縮ながら」とは?意味や使い方!例文や解釈

恐縮 です 意味

恐縮の意味と類語や対義語や英語は? 恐縮の意味:誠に申し訳ないという意味を表す 「恐縮」の「恐」という文字は、音読みでキョウ、訓読みではおそれる・おそろしいと読みます。 「恐」という文字には「おそれる、こわがる」という意味があります。 一方、「縮」という文字は、音読みでシュク、訓読みでちぢむ・ちぢまると読みます。 「縮」には「心がいじける」という意味があるそうです。 これらの2つの文字が組み合わさってできた「恐縮」という言葉には、「見も縮まるほど恐れ入ること。 相手に厚意を受けたこと、迷惑をかけたことを誠に申し訳ないと思うこと」という意味があります。 本来の「恐縮」の意味は「恐れて身がすくむこと」ですが、現在、こちらの意味でこの言葉を使用することはあまりありません。 ある出来事に関して感謝の気持ちを示すという意味があります。 使い方としては「先日は大変お世話になりました。 誠にありがとうございます。 」などの形で使用します。 「誠に恐縮です」などの類語表現よりシンプルです。 自分の身には過ぎたことで、信じられないという意味で使用します。 使い方としては、「貴社からお褒めの言葉を頂けるとは、恐れ多いことでございます。 」などという形で使用します。 かなり改まった、丁寧な響きのある表現です。 他人の親切や厚意に対して感謝の気持ちを示すという意味があります。 使い方としては、「おかげさまで、先日の商談を無事に終えることができました。 」などという形で使用します。 ビジネスでも良く使用される汎用性の高い表現です。 恐縮の対義語:堂々とした態度を表す言葉 恐縮という言葉の対義語には、複数あります。 具体的には、「大胆」「不敵」「堂々」「勇ましい」「毅然」などがそれに当たります。 これらの言葉に共通するのが、全て「堂々とした態度や様子、相手に対して恐れを感じない様子」を表す言葉であることです。 使い方としては、「あの人は大胆だ」などという形で使用します。 」です。 このafraidという言葉は、形容詞で「恐れる、怖がっていること」という意味で使われています。 butの後に、自分が相手に依頼したいことなどを続けます。 例えば、「I'm afraid, but could you give me a call later? 」で「恐縮なのですが、後で私に電話してもらえますか?」という意味になります。 「すみません」という意味の「Excuse me. 」をより丁寧な表現にしたのがこの表現ですね。 恐縮の英語表現の2つ目が、「I truly appreciate that. 」です。 日本語に直訳すると、「本当にそれに感謝します」ですが、日本語的に意訳することで「誠に恐縮です」という意味で使用することができます。 相手に厚意に対する深い感謝を示したい時に用いると、効果的です。 」です。 日本語に直訳すると「もしあなたが嫌でなければ」という意味です。 転じて、日本語の「恐縮ですが」という意味でも使用できます。 例えば、「Could you help me here, if you don't mind? 」「恐縮ですが、ここを手伝ってもらえませんか?」という形で使用できます。 相手の気持ちや意思に配慮しながらも、丁寧に相手に物事を依頼できる表現です。 自分の上司や取引先の自分より年齢や役職が上の人に対して使用します。 具体的な使い方としては、「恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 」「このようにご丁寧なお品をいただき、誠に恐縮です。 」などがあります。 何か相手から厚意を受けた際に、それに感謝やお礼を述べたいときに使用します。 具体的には、「誠に恐縮です。 」「恐縮の限りでございます。 」などという形で使います。 かなり改まった響きの感謝の言葉になります。 具体的には、しばしばイベントの不参加、辞退、休みに対して了承を得たいときに使用します。 「恐縮ではありますが、不参加とさせて頂きます。 」などの形で使用します。 この表現を使うことでかしこまったニュアンスを出せます。 特に相手からの返事や何かに対する了承が欲しい場合などに「お忙しいところ恐縮ですが、近日中にご回答頂けますと幸いです。 」「お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。 」などの形で使用します。 非常に汎用性の高い例文です。 「恐縮ですが」のより丁寧でへりくだった形の表現で、相手に対して自分が非常に申し訳ない想いを抱いているということを強調できます。 具体的には、「お忙しいところ誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 」などの形で使用します。 この表現を使用すると、かなり格式ばった印象、固い印象を相手に与えます。 取引先のかなり上の役職にある人にメールを送る場合、あるいは自分が相手にかなり無理な案件を依頼している場合に使用するようなイメージで使用すると良いでしょう。 身近な人に使うと逆に失礼になりますのでその使用は控えましょう。 相手に対して、申し訳ない気持ちを強調して伝えることができます。 具体的には「恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願いします。 」「恐縮ではございますが、ご検討のほど、よろしくお願いします」などの形で使用します。 何か自分が相手に依頼したいことの前にこの「恐縮ではございますが」をつけて使うと良いでしょう。 また、メールや手紙などの結びの文としても上で挙げた例文が良く使われます。 ビジネスシーンに合わせて、ぴったりな表現を使用してみましょう。 「恐縮」という言葉にはすでにありがたく「思う」という意味が含まれています。 このことから、「思う」の謙譲語である「存じます」を重ねて使用することはできません。 仮に、この「恐縮に存じます」をその形のまま訳してみると「恐縮に思い思います」という日本語として成り立たない文章になってしまいます。 この事実を知らず、誤用している人が多い表現ですので、間違って使用しないよう注意しましょう。 この表現は使いやすいので色んな場面で使えるのは事実ですが、あまりに同じフレーズを連発しすぎると、逆に相手に無礼に当たる場合もあります。 同じ文面などで何度もこの表現を使いたい場合は、他の表現に置き換えましょう。 例えば、謝罪の意を示したい場合は、「大変申し訳ありません」と言った方が誠実な印象を与える場合もあります。 その時その時の状況によって臨機応変に表現にもバリエーションを持たせてみましょう。 少しの工夫で、相手に「この人は色んな表現を知っている知的な人なんだな」と思わせることができます。 口語で使うと、自分では丁寧さを演出したつもりが逆に相手に無礼な態度、あるいは冷たい印象を与えてしまうことがあります。 使うのは手紙やメールなどにとどめておきましょう。 口語で「恐縮です」と同じ意味として使える表現としておすすめなのが「恐れ入りますが」です。 この表現は、「恐縮ですが」とほぼ同意語として使用できます。 手紙やメールなどの文書以外で口語で使用する場合は、この「恐れ入りますが」を上手く活用してみましょう。 書き言葉と口語の使い分けは重要です。 他の多くの丁寧表現や類語表現と同様ですが、いくら相手を敬う表現だとしても、連発しすぎると逆に相手に無礼だったり、不快感をあおったりすることになり逆効果となってしまいます。 その表現の意味や使い方や意味がしっかり理解できた!と思ったら、次は自分がその表現を使いすぎていないか?をチェックしてみましょう。 幸い、書き言葉で活躍する「恐縮ですが」という言葉は、メールや手紙などに書くことが多いので校正ができます。 メールや手紙を相手に出す前に、よくチェックすると良いですね。 この表現は、基本的に「自分を小さく見せて、相手を大きく見せる」ことを意味する表現です。 普通の感覚の人なら、「この人は自分に気を遣っているのだな」と分かりますが、それが分からない人もいます。 特にビジネスのシーンでは、丁寧な言葉や謙譲語を使う人を逆手に取って相手をわざと追い込むような人がいます。 「この人はいつも自分が悪い、劣っていると自分で言っているのだから、私もそのつもりで対応しよう」と思うのです。 相手を立てるのは良いですが、やりすぎるとただの自尊心が低い人になってしまいます。 特にメールなどのやり取りは、書面と同じで全てのやりとりが記録として残ります。 後で「そんな態度を取ったつもりはありません」と言っても、「ここに記録が残っていますよ」と言われれば、太刀打ちできません。 丁寧な表現も常にその頻度と表現方法を気を付けて使用することを心掛けてください。 「恐縮ですが」を効果的なコミュニケーションに生かそう! この記事では、主に「恐縮ですが」という表現の意味や使い方、例文や英語表現などについて詳しくお送りしてきましたが、いかがでしたか?日本語には数多くの敬語や丁寧語などの表現があり、その使い方を習得し、それを活用することはビジネスをはじめとした様々な人間関係構築に際して必須のスキルとなります。 「恐縮ですが」という表現には複数の類語や、注意すべき点があるので難しく感じた人もいたかもしれません。 しかし、この表現も時間をかけて学び、活用することを繰り返していけば必ず使えるようになるものです。 特に社会人になりたての人や若い人には難しく感じることもあるかもしれませんが、是非参考にしてみてください。 「恐縮ですが」と同様、書き言葉でも使用できる表現に「お大事になさってください」があります。 下記の記事では、その詳しい使い方と類語、注意点などを詳しく解説しています。 こちらの記事も是非チェックしてみてくださいね!.

次の

「恐縮です」は正しい?恐縮の意味とビジネスシーンでの使い方【例文あり】

恐縮 です 意味

ビジネスシーンで使う「恐縮」の意味 ビジネスシーンでは日常生活で使用しない単語を使う機会も多く、神経を使うという方も多いのではないでしょうか。 なかでも「恐縮」は使用頻度の高い言葉の一つです。 決まり文句としてよく目にする言葉である反面、その意味を考えずに使用している人も多いことでしょう。 「恐縮」は読んで字のごとく、恐れによって身が縮こまるという意味を表します。 また相手に迷惑をかけた際や厚意を受けた際に申し訳なく思うこと、という意味も持っています。 ビジネスでは後者の意味で使用されることが一般的でしょう。 特に、「すみません」に代わる書き言葉として「恐縮」が用いられることが多いのですが、ほかにも様々なシーンで活用をすることが可能です。 そこで、実際にどのような場面で「恐縮」が使われているかをシーン別に見ていきましょう。 「恐縮」を使う2つのシーン 「恐縮」は大きく分けて以下の2つのシーンでよく使用されます。 感謝を伝える際の「恐縮」 相手から厚意を受けた場合に用いられる「恐縮」は、感謝の気持ちを伝える役割を果たします。 上司や取引先からお褒めの言葉を頂戴した際や、高い評価を受けた際に「お褒めいただき恐縮です。 」「高いご評価を賜り、恐縮しております。 」のように使われます。 この場合、感謝やお礼を伝える「ありがとうございます。 」「感謝いたします。 」と同じ意味で用いられますが、身に余る高評価だったと感じる場合に「恐縮」を使う人が多い傾向にあるようです。 依頼をする際や了承を得るときに使われる「恐縮」 文章の前半で「恐縮ですが…」を使う場合、相手に何かを依頼するケースや了承を得たい場合がほとんどです。 」や「私事で大変恐縮ですが、来週は出張のため不在となっております。 」のように使用されます。 「すみませんが」「申し訳ありませんが」「お手数ですが」の代わりとして用いられ、相手への配慮を示す役割も果たします。 「恐縮」を使うときに気を付けること 定型文として使用されることが多い「恐縮」は、無意識に使用していると相手に違和感を与えてしまう可能性があります。 そこで「恐縮」を使う際には以下の2点に注意しましょう。 「恐縮」は基本的に書き言葉で使用する 取引先との会議や電話でのやりとりの際に「恐縮」を使用するケースもあることでしょう。 しかし、基本的に「恐縮」は書き言葉として使用されることが多い単語の一つです。 書き言葉を会話中に用いると相手に冷たい印象を与える可能性がありますので、話し言葉の際には「恐れ入りますが」などの表現に言い換えた方がよいでしょう。 「恐縮」は多用しない 先ほどもご紹介したように、「恐縮」には感謝を伝える役割のほかに依頼をする際や了承を得るときなど様々な意味で使用できる言葉です。 使い勝手がいい言葉である反面、使い慣れてくると同じメールや書面のなかに何度も用いてしまうことがあります。 しかし同じ単語を繰り返し使うことで文章自体が稚拙に感じられたり、内容が伝わりにくくなることもあるため注意が必要です。 そのため何度も同じ単語を用いないよう、メールや書面を送る前には必ず一度確認をしましょう。 知っておきたい「恐縮」の類語 様々なシーンで活用できる「恐縮」ですが、繰り返しを避けるためには類語や代わりに使用できる単語を覚えておくと便利です。 そこで、「恐縮」の代わりに使用できる言葉や表現を以下にまとめました。 感謝を伝える「恐縮」の類語 大変おそれ多いことでございます。 もったいないことでございます。 痛み入ります。 心より感謝いたします。 依頼するときや了承を得るときの「恐縮」の類語 恐れ入りますが… 申し訳ございませんが… お手数をおかけいたしますが… また、上記のほかに「恐縮」を強調する表現もおさえておくと文章にバリエーションを持たせることができます。 ただし、これらの強調表現は堅苦しい印象を与えるため、話し言葉やメールでは用いられることが少ない言葉です。 「恐縮」を強調させる表現 恐縮至極に存じます。 恐縮の至りでございます。 恐縮しきりでございます。 これらの表現を頭の片隅に置いておき、臨機応変に用いることができるとビジネスメールや書類もスマートに仕上げることができるでしょう。 まとめ ビジネスシーンの頻出単語である「恐縮」は当たり前のように使用しがちですが、意味をしっかり理解して用いないと締まりのない文章になってしまうことがあります。 そこで、今回ご紹介した使用方法や例文、類語を参考にしながら、今後のビジネス文書を作成する際の参考にしてみてはいかがですか。

次の

「恐縮」の意味とは?類語、対義語や使い方、例文を紹介!

恐縮 です 意味

恐縮の意味と類語や対義語や英語は? 恐縮の意味:誠に申し訳ないという意味を表す 「恐縮」の「恐」という文字は、音読みでキョウ、訓読みではおそれる・おそろしいと読みます。 「恐」という文字には「おそれる、こわがる」という意味があります。 一方、「縮」という文字は、音読みでシュク、訓読みでちぢむ・ちぢまると読みます。 「縮」には「心がいじける」という意味があるそうです。 これらの2つの文字が組み合わさってできた「恐縮」という言葉には、「見も縮まるほど恐れ入ること。 相手に厚意を受けたこと、迷惑をかけたことを誠に申し訳ないと思うこと」という意味があります。 本来の「恐縮」の意味は「恐れて身がすくむこと」ですが、現在、こちらの意味でこの言葉を使用することはあまりありません。 ある出来事に関して感謝の気持ちを示すという意味があります。 使い方としては「先日は大変お世話になりました。 誠にありがとうございます。 」などの形で使用します。 「誠に恐縮です」などの類語表現よりシンプルです。 自分の身には過ぎたことで、信じられないという意味で使用します。 使い方としては、「貴社からお褒めの言葉を頂けるとは、恐れ多いことでございます。 」などという形で使用します。 かなり改まった、丁寧な響きのある表現です。 他人の親切や厚意に対して感謝の気持ちを示すという意味があります。 使い方としては、「おかげさまで、先日の商談を無事に終えることができました。 」などという形で使用します。 ビジネスでも良く使用される汎用性の高い表現です。 恐縮の対義語:堂々とした態度を表す言葉 恐縮という言葉の対義語には、複数あります。 具体的には、「大胆」「不敵」「堂々」「勇ましい」「毅然」などがそれに当たります。 これらの言葉に共通するのが、全て「堂々とした態度や様子、相手に対して恐れを感じない様子」を表す言葉であることです。 使い方としては、「あの人は大胆だ」などという形で使用します。 」です。 このafraidという言葉は、形容詞で「恐れる、怖がっていること」という意味で使われています。 butの後に、自分が相手に依頼したいことなどを続けます。 例えば、「I'm afraid, but could you give me a call later? 」で「恐縮なのですが、後で私に電話してもらえますか?」という意味になります。 「すみません」という意味の「Excuse me. 」をより丁寧な表現にしたのがこの表現ですね。 恐縮の英語表現の2つ目が、「I truly appreciate that. 」です。 日本語に直訳すると、「本当にそれに感謝します」ですが、日本語的に意訳することで「誠に恐縮です」という意味で使用することができます。 相手に厚意に対する深い感謝を示したい時に用いると、効果的です。 」です。 日本語に直訳すると「もしあなたが嫌でなければ」という意味です。 転じて、日本語の「恐縮ですが」という意味でも使用できます。 例えば、「Could you help me here, if you don't mind? 」「恐縮ですが、ここを手伝ってもらえませんか?」という形で使用できます。 相手の気持ちや意思に配慮しながらも、丁寧に相手に物事を依頼できる表現です。 自分の上司や取引先の自分より年齢や役職が上の人に対して使用します。 具体的な使い方としては、「恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 」「このようにご丁寧なお品をいただき、誠に恐縮です。 」などがあります。 何か相手から厚意を受けた際に、それに感謝やお礼を述べたいときに使用します。 具体的には、「誠に恐縮です。 」「恐縮の限りでございます。 」などという形で使います。 かなり改まった響きの感謝の言葉になります。 具体的には、しばしばイベントの不参加、辞退、休みに対して了承を得たいときに使用します。 「恐縮ではありますが、不参加とさせて頂きます。 」などの形で使用します。 この表現を使うことでかしこまったニュアンスを出せます。 特に相手からの返事や何かに対する了承が欲しい場合などに「お忙しいところ恐縮ですが、近日中にご回答頂けますと幸いです。 」「お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。 」などの形で使用します。 非常に汎用性の高い例文です。 「恐縮ですが」のより丁寧でへりくだった形の表現で、相手に対して自分が非常に申し訳ない想いを抱いているということを強調できます。 具体的には、「お忙しいところ誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 」などの形で使用します。 この表現を使用すると、かなり格式ばった印象、固い印象を相手に与えます。 取引先のかなり上の役職にある人にメールを送る場合、あるいは自分が相手にかなり無理な案件を依頼している場合に使用するようなイメージで使用すると良いでしょう。 身近な人に使うと逆に失礼になりますのでその使用は控えましょう。 相手に対して、申し訳ない気持ちを強調して伝えることができます。 具体的には「恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願いします。 」「恐縮ではございますが、ご検討のほど、よろしくお願いします」などの形で使用します。 何か自分が相手に依頼したいことの前にこの「恐縮ではございますが」をつけて使うと良いでしょう。 また、メールや手紙などの結びの文としても上で挙げた例文が良く使われます。 ビジネスシーンに合わせて、ぴったりな表現を使用してみましょう。 「恐縮」という言葉にはすでにありがたく「思う」という意味が含まれています。 このことから、「思う」の謙譲語である「存じます」を重ねて使用することはできません。 仮に、この「恐縮に存じます」をその形のまま訳してみると「恐縮に思い思います」という日本語として成り立たない文章になってしまいます。 この事実を知らず、誤用している人が多い表現ですので、間違って使用しないよう注意しましょう。 この表現は使いやすいので色んな場面で使えるのは事実ですが、あまりに同じフレーズを連発しすぎると、逆に相手に無礼に当たる場合もあります。 同じ文面などで何度もこの表現を使いたい場合は、他の表現に置き換えましょう。 例えば、謝罪の意を示したい場合は、「大変申し訳ありません」と言った方が誠実な印象を与える場合もあります。 その時その時の状況によって臨機応変に表現にもバリエーションを持たせてみましょう。 少しの工夫で、相手に「この人は色んな表現を知っている知的な人なんだな」と思わせることができます。 口語で使うと、自分では丁寧さを演出したつもりが逆に相手に無礼な態度、あるいは冷たい印象を与えてしまうことがあります。 使うのは手紙やメールなどにとどめておきましょう。 口語で「恐縮です」と同じ意味として使える表現としておすすめなのが「恐れ入りますが」です。 この表現は、「恐縮ですが」とほぼ同意語として使用できます。 手紙やメールなどの文書以外で口語で使用する場合は、この「恐れ入りますが」を上手く活用してみましょう。 書き言葉と口語の使い分けは重要です。 他の多くの丁寧表現や類語表現と同様ですが、いくら相手を敬う表現だとしても、連発しすぎると逆に相手に無礼だったり、不快感をあおったりすることになり逆効果となってしまいます。 その表現の意味や使い方や意味がしっかり理解できた!と思ったら、次は自分がその表現を使いすぎていないか?をチェックしてみましょう。 幸い、書き言葉で活躍する「恐縮ですが」という言葉は、メールや手紙などに書くことが多いので校正ができます。 メールや手紙を相手に出す前に、よくチェックすると良いですね。 この表現は、基本的に「自分を小さく見せて、相手を大きく見せる」ことを意味する表現です。 普通の感覚の人なら、「この人は自分に気を遣っているのだな」と分かりますが、それが分からない人もいます。 特にビジネスのシーンでは、丁寧な言葉や謙譲語を使う人を逆手に取って相手をわざと追い込むような人がいます。 「この人はいつも自分が悪い、劣っていると自分で言っているのだから、私もそのつもりで対応しよう」と思うのです。 相手を立てるのは良いですが、やりすぎるとただの自尊心が低い人になってしまいます。 特にメールなどのやり取りは、書面と同じで全てのやりとりが記録として残ります。 後で「そんな態度を取ったつもりはありません」と言っても、「ここに記録が残っていますよ」と言われれば、太刀打ちできません。 丁寧な表現も常にその頻度と表現方法を気を付けて使用することを心掛けてください。 「恐縮ですが」を効果的なコミュニケーションに生かそう! この記事では、主に「恐縮ですが」という表現の意味や使い方、例文や英語表現などについて詳しくお送りしてきましたが、いかがでしたか?日本語には数多くの敬語や丁寧語などの表現があり、その使い方を習得し、それを活用することはビジネスをはじめとした様々な人間関係構築に際して必須のスキルとなります。 「恐縮ですが」という表現には複数の類語や、注意すべき点があるので難しく感じた人もいたかもしれません。 しかし、この表現も時間をかけて学び、活用することを繰り返していけば必ず使えるようになるものです。 特に社会人になりたての人や若い人には難しく感じることもあるかもしれませんが、是非参考にしてみてください。 「恐縮ですが」と同様、書き言葉でも使用できる表現に「お大事になさってください」があります。 下記の記事では、その詳しい使い方と類語、注意点などを詳しく解説しています。 こちらの記事も是非チェックしてみてくださいね!.

次の