イスカ。 ISUCA

【キャンペーンモデル】BESSの家・G

イスカ

こちらの商品は、 1〜2日以内(取り寄せの場合は2〜4日)の出荷となります。 軽量、コンパクト、優れた保温性能のために、超軽量ナイロンと最高品質のホワイトグースダウンが使用されているシュラフです。 快眠のために設計された「3D」構造は、寝袋の内側と外側の生地を異なったサイズで裁断・縫製を行うディファレンシャルカットが採用され、中に入れるダウンの量をエリアごとで最適化を図ることによって、軽量性と保温効率が高められるようになっています。 身体の形態に沿ったシルエットは保温性能の低下の原因となる無駄なスペースを抑えつつ、内部の適度な余裕により睡眠中の動きを妨げません。 夏の中級山岳でのテント泊や避難小屋での宿泊に最適なモデルです。 冬のインナーシュラフとしてもおすすめします。 フルサイズのジッパーは暑い季節に便利です。 出入りがしやすく、暑い時の温度調節も簡単で、緊急時の脱出にも配慮。 頭部を包む立体的な形のフードに作られており、圧迫感が少なく低温時の保温性に優れています。 経験や体力、使用状況によっても非常に大きな個人差が発生します。 寒さに不安な場合は、より保温性の高いシュラフをご検討されることもおすすめいたします。 ご注文後に在庫が無い場合は、メーカーに在庫がある場合はお取り寄せさせてい ただきますが、メーカーにも在庫が無い場合は大変申し訳ございませんが、キャンセルとさせて頂きますので予めご了承願います。 商品ページの納期表示に従い発送をさせて頂いておりますが、都合により納期に変更が生じる場合がございますので、予めご了承願います。 送料について お届け先1ヵ所につき、全国一律480円。 1回のご注文金額の合計が7,560円(税込)以上で送料無料サービスを適応させて頂きます。 詳細はご利用ガイドページにございます、『 』をご覧下さい。 お支払いについて お支払い方法は、クレジットカード・銀行振込・郵便振替・代金引換からお選びいただけます。 詳細はご利用ガイドページにございます、『 』をご覧下さい。 返品・交換について 商品の返品・交換は未使用の場合のみの取り扱いとなります。 返品・交換を希望される場合は、商品到着後7日以内にメールにてご連絡をお願いします。 詳細はご利用ガイドページにございます、『 』をご覧下さい。 その他の注意事項 商品のご注文は、日本国内でのお取引に限らせて頂きます。 当店で販売しているアウトレット商品は一部店頭展示品を含む場合がございます。 使用上は問題ありませんが、汚れやキズがついている場合がございますので予めご了承ください。 商品注文時に関する注意事項等は、ご利用ガイドページにございます、『 』をご覧下さい。 サイトのご利用にかかるパケット通信費はすべてお客様負担となりますので予めご了承ください。 パケット定額サービスでのご利用をおすすめします。

次の

寝袋・シュラフの専門メーカー ISUKA (イスカ)

イスカ

イスカの嘴(はし)と食い違い 今時、「イスカの嘴と食い違い」などと芝居がかった言い回しを耳にすることはないのではないかと思いますが、用例としては室町時代に遡るというのですから、長い間使われてきたのですね。 意味は、ものごとが食い違って思うようにならないこと。 それにしても、最近では、よほどの鳥好きでないと、イスカが鳥であることを知らないのではないかと思うのですが、さらに、くちばしが食い違っているなんてことを見たことがある人間は限られているのではないでしょうか。 それが、大昔に芝居の台詞になったり、一般的に使用されていたりするというのは、おもしろいものです。 イスカは、スズメより少し大きいくらいなので、運良く出会ったとしても、よほど近くで見ないと、肉眼ではくちばしが食い違っているのを確認するのは難しい。 くちばしが、右に食い違うか左かは、決まりはないようです。 松ぼっくりに特化したくちばし イスカの好物は、マツ科の種子ですが、松の球果は硬い種燐に覆われているため、これをこじ開けて種子を取り出すために、食い違ったくちばしが役立っている。 実際にイスカの食事風景を観察してみれば、まず、頑丈なくちばしで松ぼっくりを枝から切り離し、食べやすい枝に運んでから、種子を取り出して食べます。 これだけ、松の種子を食べることに特化したくちばしだと、最近のマツクイムシの被害の拡大は、ちょっと心配になってしまいます。 余談ですが、イスカはどことなくオウムに似ていると思いませんか。 外見ばかりでなく、実は、くちばしも食べるためばかりではなく、枝移りするときなど、上側の枝をくわえて、よっこらせと上がったり、くちばしでぶら下がったりと、オウムのように器用に使ったりしているのを、たまに見かけます.

次の

高品質なISUKA(イスカ)の寝袋がおすすめ!評判が良いのには理由があった!~良いシュラフの選び方~

イスカ

イスカは多くの場所で冬鳥としてやってきます。 冬鳥としてやってくるイスカは年による渡来数の増減が激しく、年によっては全く見られないこともあります。 イスカは山地の林で見られることが多いですが、マツやモミなどの針葉樹の実を主食とするため、針葉樹が多く生えている場所であれば、やってくる可能性は十分にあります。 渡りの時期には海岸沿いの松林で見られることもあるので、行ってみるのもいいでしょう。 イスカは群れで行動することが多いので、針葉樹が多くイスカの生息地で上空を群れが飛んだらイスカである可能性が高いですが、同じく群れを作って松の実を食べる冬鳥のマヒワの可能性もあるので注意が必要です。 イスカは木の下に食べかすをたくさん落とすので、明らかに多くの松ぼっくりなどが上から落ちてきたら、上でイスカが食事中の可能性が高いです。 そのためイスカが見つからない場合は、松ぼっくりなどのイスカの食べかすが落ちている木の下で待っていれば、イスカが戻ってくることもあるので待ってみるのもおすすめです。 また、イスカの群れにはイスカにとてもよく似たナキイスカが混じっていることがあるので、イスカの群れを見つけたら必ず1羽ずつチェックしましょう。 ナキイスカは背中に二本の白い線が入っているので識別は容易です。 嵯峨塩深沢林道【山梨県】 山梨県にある は、イスカがやってくる可能性の非常に高い場所です。 林道沿いにはアカマツが多く生えており、林道のいたるところでイスカが観察できる可能性があります。 アカマツの松ぼっくりは高いところにあり、上を見ながらイスカを探すのは大変ですが、イスカがいる場合、イスカが食べこぼした松ぼっくりが、アカマツの下にたくさん落ちてくるので、見つけるのは簡単です。 の場合、イスカは林道沿いに生えているアカマツを回遊しているため、林道の入り口付近で見られることもあれば、林道をかなり登らなければ見られないこともありす。 しかし、一度見つけてしまえば、松ぼっくりを食べるのに夢中なイスカをじっくり観察することができます。 戦場ヶ原【栃木県】 栃木県日光市にある戦場ヶ原では冬になると湿原の周囲に広がるカラマツ林にイスカがやって来ます。 イスカは戦場ヶ原とその周辺のカラマツの実を常に移動しながら食べているため、イスカが多く飛来している年でも運が悪いと全く出会えない時もあります。 湿原の中を歩ける自然研究路の木道や、小田代原方面へと続く遊歩道など、広範囲を根気よく探してみましょう。 雪が積もっている場合は、雪が解けて地面が露出している場所に採餌に降りてくる場合があるので、それらの場所で待ってみるのもおすすめです。 早朝などの人の少ない時間帯では遊歩道脇の開けた地面に降りてきたり、水場に水浴びにやってきたりするので、イスカを探すのは早朝がおすすめです。

次の