日蓮宗 仏壇。 宗派別で解説!仏壇の飾り方〜日蓮宗〜|お坊さんのいないお葬式|日本全国の葬儀場をご案内

日蓮宗の仏壇って普通の仏壇と同じでOK?特徴や飾り方を解説!

日蓮宗 仏壇

同じカテゴリの記事 昨年主人の父が亡くなり父の家を処分することになりました。 我が家はマンション住まいなので、その家にあった仏壇は大きすぎて、今の我が家の配置を考えると置く場所がありません。 そこで小さい物に買い換えることになりました。 今、リビングのカップボードの上においても違和感のないような仏壇を探しています。 父が亡くなった時に、仏壇の購入を考えて母と一緒にネットで色々見ていました。 とても可愛らしい「未来」という商品が目にとまりました。 小さいけれども桐材を使用していて高級感があります。 そして母がいつもいるリビングに置いても違和感のないモダンなデザインで扉を閉めれば仏壇とは解らないくらいです。 マンション住まいの方が増えたご時世なので大きな仏壇を購入する方も減っているのではないでしょうか?それに替わってインテリア性の高いモダンな物が沢山出回っているようです。 仏壇ギャラリーなどとしゃれた店構えの所も見かけるようになりました。 また、ネット販売でも購入できますね。 我が家の小さめの仏壇は以前、タンスの上に置いてありました。 でも、家を建て替えたので仏壇もちゃんと専用の置き台を購入して置くことにしました。 紫檀の仏壇だったので、同じ紫檀素材で繋がっているように見えるので一見、普通サイズの仏壇のようです。 仏壇の買い換えも考えていたのですがとても良い物を見つけたので今は大満足です。 私もそうでしたが、若い時にはあまり仏壇などには興味が無いですよね。 でも、身内に不幸があると急に身近に感じるものです。 ただ、和室のある家がだんだん少なくなっていてリビングにあうようなおしゃれな仏壇が求められているんですね。 お店もとても仏壇店とは思えないようなおしゃれな店構えになってきています。 先日デパートでとてもモダンな仏壇を見つけました。 チョット変わった写真立てかと思いましたが、よく見ると手前に花立てや香炉のような物が置いてあったのです。 でも、その仏具もおしゃれなものだったのでリビングルームに置いても全く違和感がなく他のインテリアともよく調和するのではないかと思います。 インターネットの普及のお陰で誰でもがオークションに参加出来るようになっています。 ブランド物やカメラやパソコン果ては仏壇まで様々なものがオークションにかけられています。 チョットしたタイミングでとてもお得な買い物ができるととても嬉しくなります。 友人の中にはネットオークションにはまって、殆どの買い物をオークションで住ませてる人もいます。 我が家では父が亡くなって初めて仏壇を買いました。 そして今回初めて開眼供養についても少し勉強しました。 初めて我が家にご本尊を迎え入れる儀式で、入魂式とか魂入れとも言われます。 仏像を作る際に大部分を完成させておいて最後に眼を描き込むことで像に魂が入って完成することからそう呼ばれているようです。 実施時期は四十九日の法要に併せて行うのが良いとされています。 私の祖父は骨董品が好きで色々集めていました。 祖父の家にはお茶道具や壺、掛け軸、香炉など沢山ありました。 我が家で家を建てた時に、父から祖父の遺品として貰った掛け軸の中から2本を貰い受けました。 そのお陰で我が家の和室の床の間も何とか様になっているような気がします。 私たち日本人は何か物を買う時に、国産とそうでない物があったら必ず国産が欲しい思うのではないでしょうか?特に細工の細かな物などは日本人の技術は最高だと思います。 ただ、往々にして国産じゃない商品の方が安い場合が多いので、質は国産の方が良いことが解っていてもそちらを選んでしまう事があります。 その昔白いものが流行ったことがあります。 代表的なのが白いギターです。 そのほか女のこの間ではタンスや机も白が憧れだった時代があります。 白いベッドも外国の映画などに出てくると憧れたものです。 今では色を塗るのではなく木そのものの良さを活かしたものが多く、白いのはあまり見かけなくなりましたね。 家の中で照明が果たす役割って意外に大きいですよね。 最近の照明器具はLED電球で色も自在に変えられたりするそうですね。 白っぽい明かりでは寒そうな時もチョット赤みをプラスすれば暖かみが感じられます。 明るさも調光器付きだと時々に合わせて変えられます。 食べ物を美味しく見せる照明や本を読むのに適した照明などもあるんです。 実家の客間にあるテーブルがとても大きくて重くて、移動する時には大変なんです。 家族全員が集合すると10人になるのでみんなで食事を一緒に出来るようにと父が購入した物です。 材質は紫檀と聞いていますが天板に汚れと傷がつかないようにと厚めのガラス板を置いているので尚更重いんですね。 今は、何でも通販で揃えられる時代です。 本当に通販は便利です。 時間を選ばずいつでも欲しい物を購入できます。 家にいながらにしてバーゲンセールでかい物も出来ます。 そして通販限定の激安というのもあります。 実店舗に行くよりも安く販売するので情報は常にチェックしていないと損をすることもありますね。 物には値段があります。 その値段が妥当な物であるかどうかは購入する側の価値観に左右されることは言うまでもありません。 ある人にとっては高いと思われる物でも、別の人にとっては安いと思えることがあるわけです。 また、生産量が少なくて希少な価値がある物は値段が高くてもきっと売れるでしょう。 テレビのコマーシャルで一度聞いたら忘れられなくなるというのがあります。 たとえばそうめんの揖保の糸とかカルピスなどは誰でもが直ぐに思い浮かぶでしょう。 また、「お手々のしわとしわを合わせて、しあわせ。 なむ〜」と言えば、お仏壇のはせがわ、と直ぐに解りますね。 これって凄いことですよね。 最近のホームセンターって無い物がないという感じですね。 洗剤や石鹸を始め電化製品から家庭用品まで。 それに犬や猫などの動物も販売していますし、花苗やDIYの材料も揃えています。 ですからチョットしたレジャーのような感覚で行く方が多いのではないでしょうか?お天気の良い日には外にもアウトドア用品などが置いてありますから十分楽しめます。 今済んでいるマンションでは、お母さんやお舅さんと一緒に暮らしている方が結構いらっしゃいます。 そういうお宅には仏壇があることが多いのですが、たいていは小さなものでリビングなどにあるチェストの上に置いてあることが多いですね。 ただ、希に大きな仏壇がどーんと置いてあるお宅もあります。 父が亡くなってはや5年、我が家にモダンな仏壇がやってきて4年になります。 1年間どういう仏壇にするかで本当にもめました。 母はやはり伝統的な黒漆塗りの物が良いと言うのですが、私は木目のある紫檀の仏壇が好きですし、第一母が気に入っているのは大きすぎて置き場所がありません。 と言うことで何とか母も納得して決まったのが今の物です。 世界遺産にも登録されている屋久島に自生している屋久杉はあまりにも有名ですが、その中でも縄文杉と呼ばれる推定樹齢が7200年とか。 一度は見てみたいと思います。 屋久島は近年祖手も強いパワースポットとしても有名で、そんな屋久島で生まれた屋久杉で作られた神棚や仏壇はやはりパワーを感じることが出来るのでしょうか?とても興味深いです。 何を買えばよいのかわからない時は、何はともあれランキングをチェックするのがいいでしょう。 あとはレビューですね。 ランキングで上位に表示されていて評判が良い物を選んでおけば、ひとまず間違いはないでしょう。 リンと言って思い浮かぶのは元素記号のPでしょうか。 科学に疎い人でもその位は知っていますよね。 でも仏具のリンと言ったら、例のチーンというあれです。 鉢型をした物、若しくは壺状の物が多いですよね。 他の仏具の大きさに合わせてリンの大きさを選びます。 お寺にあるような大きな物はリンとは言わずに磬子(きんす)と呼ばれるらしいです。

次の

日蓮宗の仏壇・仏具の祀り方(飾り方)

日蓮宗 仏壇

初だしのご飯・お茶をお供えする• 仏壇の前に座り、 りんを3回うつ• 南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)と唱える• 線香を 3本あるいは1本立てる 日蓮宗の仏壇の飾り方やお供え物とは 日蓮宗の仏壇はどのように飾るのでしょうか。 仏壇には 床置きと上置きが存在するので、必ず仏壇の飾り方を確認しましょう。 飾り方については、お住いの地域や寺院によって異なる為、ご住職様に相談することをお勧めします。 ここでは、基本的な床置きの唐木仏壇に仏具を配置した場合を紹介します。 唐木仏壇の飾り方 最上段には、中央に十界曼荼羅を飾り、両脇に吊灯篭・瓔珞を取り付けます。 その下に日蓮様を安置しましょう。 次の段には中央に過去帳と仏飯器・茶湯器を置き、その両端に高坏、一番外側に位牌を安置します。 最終段には霊前を2つ配置します。 経机には、三具足・りん・教本・念珠・線香立て・マッチ消しを置きます。 経机の横には木鉦を置きましょう。 仏壇のお供え物 5つのお供え物が基本です。 線香・灯明・お水・お花・飲食(お霊膳、果物、お菓子、嗜好品等)となります。 ご飯以外もですが、皆さんが召し上がる食事をお供えしてください。 お供えしたものは無駄にせずに分け合って皆さんで食べましょう。 菓子折りなど頂いたものは必ず一度仏壇にお供えしてから頂くようにしましょう。 日蓮宗の仏壇の注意点 日蓮宗は、特にどのお仏壇という決まりはありません。 そのため、最近人気になってきている ミニ仏壇を使用することも可能です。 しかし、一つだけ注意点があります。 日蓮宗では、 基本的に金仏壇を使用しません。 また、仏具店で用意してくれる御曼荼羅はご本尊でない可能性があるので必ず確認をしましょう。 そして 仏壇を設置する向きは西向きにします。 設置する向きには気を付けましょう。 まとめ 曹洞宗の仏壇について詳しく説明をしました。 一般的には 金仏壇を使用することはありません。 また、必ず他人から頂いた飲食については一度お供えをしてから頂くようにし、仏壇は西向きに設置するようにしましょう。

次の

日蓮宗の初盆のやり方とは?準備の仕方や精霊棚の飾り方について解説|終活ねっとのお坊さん

日蓮宗 仏壇

開 祖 立正大師 日蓮大聖人(1222〜1282) 題 目 南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう) 本 山 身延山久遠寺 山梨県南巨摩郡身延町身延 教 義 日蓮宗はお釈迦様の説かれた最高の教えである法華経を よりどころとする宗門です。 この法華経を身をもって読まれ 布教をせられた日蓮大聖人を宗祖と仰いでおります。 本宗の教義は法華経の魂をお題目にこめられた宗祖の教えに 導かれて私たちが信仰に励みこの教えを広めることによって やがて世界の平和と人類の幸福ひいては他人のしあわせに つながる事を確信できる教えであります。 経 典 妙法蓮華経(法華経) 日常のおつとめ 合唱、礼拝、唱題、法華経の読諦 数 珠 日蓮宗の教えを漫画で説明します。 表題をクリックしてください。 お仏壇は宗派または地方により型式が異なりますが一例を掲載致します。 お仏具もご宗派により異なりますので、お仏壇をお求めになる際に合わせてご購入されるようお薦めします。 詳しくはお寺様または当店にお尋ね下さい。 例:日蓮宗のお仏壇は、お位牌やお供物がお祀りしやすいように段廻りが二段または三段造りになっています。 金箔仏壇もあります。 日蓮宗のご本尊 (ごほんぞん) 日蓮宗のご本尊は釈迦牟尼仏です。 中央に大曼陀荼羅 もしくは三宝尊をその前に宗祖日蓮聖人像をお祀りします。 (わきじ) ご本尊に向かって右側に関西では鬼子母神、 関東では大黒天の御影像をおかけします。 (わきじ) ご本尊に向かって左側に関西では大黒天、 関東では鬼子母神の御影像をおかけします。 吊灯籠 (つりとうろう) お宮殿の両側に一対つるし、ご本尊のお姿を 明るく照らすために用います。 瓔珞 (ようらく) 仏像の頸(くび)や腕、ひじ、脚などを飾る珠玉や 貴金属で編んだ装身具のことですが、宮殿の装身具として使われます。 省略されることもあります。 仏器 (ぶつき) お仏飯を盛る器をいいます。 朝のおつとめの後にお供えし、 正午にはお下げいたしましょう。 普段は1つでよいが、丁寧な場合は3つまでお供えします。 茶湯器 (ちゃとうき) お茶、お湯、お水をお供えする器で、 普段は1つでよいが、丁寧な場合は3つまでお供えします。 打敷 (うちしき) 前卓におかけする装飾用の長方形の織物です。 昔お釈迦様のお座所を飾ったといわれています。 お正月・お盆 ・お彼岸・報恩講・年忌法要などの重い法要の時のみ用います。 高坏 (たかつき) ご仏前の左右においてお菓子や果物をお供えします。 足の高いお皿にあたるものです。 五具足 (ごぐそく) または三具足 (みつぐそく) 燭台・花瓶・香炉のことを三具足と呼びます。 五具足の場合は燭台・花瓶が一対ずつになります。 イ.燭台(しょくだい) ローソク立のことです。 正式には一対でお飾りします。 よくローソクの炎から線香に火をうつす人がいますが、 それは仏様の知恵を盗むことだとして、 行わないように注意して下さい。 口.花瓶(かひん) 花瓶は、古来インドで香水を入れるのに用いた宝瓶を かたどってあります。 生花または金蓮華をお飾りします。 ハ.玉香炉(たまこうろ) 香をたく器です。 香盒 (こうごう) お香を入れる入れ物です。 お位牌 (おいはい) お位牌は、亡くなった人の戒名(かいみょう)や 死亡年月日を記して、お仏壇におまつりする、 いわば個人のシンボル(象徴)に当たるものです。 白木の野位牌は、四十九日までに塗りの本位牌をつくり、 忌明けからは本位牌をお仏壇におまつりします。 五十回忌が過ぎたら祖霊に合祀されるとよいでしょう。 本位牌を新たにお仏壇におまつりする時は、天眼法要 (てんげんほうよう)とか開眼法要(かいげんほうよう) とかいって、お寺のお坊さまに入魂のお経をあげていただきます。 過去帳 (かこちょう) ・過去帳台 (かこちょうだい) 過去帳は、亡くなった人の戒名(かいみょう)や 俗名・死亡年月日などを記しておく記録帳です。 (れいぜん) 法要などで一汁三菜の 精進料理を仏さま ・ご先祖さまにお供えする ときに使うものです。 お供えは生きている人と 同じように真心込めて、 お給仕しましょう。 前香炉 (まえこうろ) お線香立のことです。 お線香は、仏様の前に 出るときに心身とも清浄にするためのものです。 少量でも、良質のものを使いましょう。 (りん) チーンと打ち鳴らすカネの音は八万四千のほとけの 世界に届きますようにと念を込めて鳴らします。 また人々の邪念を払うと共に、 読経の時に打つ事が指示されている重要な荘厳具です。 (ばち) 鈴を打つ棒で、おつとめの時以外はりんの中に 正面を向けておきます。 (りんだい) 鈴を置く台を鈴台といいます。 (もくしょう) 木柾は、読経用の打楽器です。 [[20. 日蓮宗の仏具と飾り方.

次の