ツイステ ブルースタックス。 PCでFate/Grand Orderをプレイする方法 パソコンでFGOを遊ぶ方法

BlueStacks で CPU やメモリ、グラフィックモードを調節して快適に利用する

ツイステ ブルースタックス

Bluestacksを起動します。 画面右上の歯車アイコンをクリックし、「環境設定」メニューを開きます。 設定メニューが開いたら「エンジン」タブを開きます。 CPUコア数とメモリーの設定を変更します。 最適な設定値はパソコンのスペックなどによって変わりますが、CPUコア数は2以上、メモリーを2048MB以上に設定すると良い場合が多いです。 「再起動する」ボタンをクリックしてBluestacksを再起動します。 アプリを起動して問題が解決したか確認します。 設定変更後もアプリがクラッシュする場合はもう少しCPUとメモリーの設定値を上げるか、別の対処法を試してください。 設定変更後にパソコンの動作が重くなるといった症状が見られる場合は逆にCPUとメモリーの設定値を下げてみてください。 Bluestacksを起動し、右上の歯車アイコンから「環境設定」メニューを開きます。 「エンジン」タブを開きます。 「グラフィックモードを選択」の設定でDirectXとOpenGLを切り替えます。 「再起動する」をクリックしてBluestacksを再起動します。 どちらのモードが適しているかはアプリによって異なります。 両方のモードを試してみてください。 また、「上位グラフィックエンジンモード」のチェックが付いている場合は外してください。 対処3: デバイスプロフィールを変更する デバイスの互換性が原因でアプリが起動しない場合はデバイスプロフィールの変更で問題が解決できる可能性があります。 Bluestacksを起動し、「環境設定」メニューを開きます。 「詳細設定」タブを開きます。 「デフォルト設定を選択」の下にあるリストをクリックし、デフォルトとは別の設定を選択します。 「変更を保存」ボタンをクリックします。 どの設定が適しているかはアプリによって異なります。 もしアプリの公式配布ページなどに推奨機種が記載されている場合は該当する機種に設定を合わせると良いでしょう。 対処4: Bluestacks・Windowsのバージョンを更新する アプリ側のアップデートなどが原因でBluestacksとの互換性がなくなり、正常に起動しなくなってしまうことがあります。 Bluestacks公式ではダウングレードの方法は用意されていないので、アプリが起動しなくなってしまった場合はまず最新版にアップデートしてみてください。 また、Bluestacksの再起動や再インストールが効果的な場合もあります。 Bluestacksのアンインストール方法や再インストールについての情報は公式ヘルプセンターにある以下のページを参考にしてください。 「更新の履歴を表示する」をクリックします。 「更新プログラムをアンインストールする」をクリックします。 更新プログラム名やインストール日を参考に問題と思われるアップデートを探して選択し、リスト上部にある「アンインストール」ボタンをクリックします。 対処5: グラフィックカードドライバをアップデートする グラフィックカードのドライバーが古いと動作が遅い・正常にアプリが起動しないなどのトラブルの原因になります。 ドライバーのアップデートの方法は使用しているグラフィックカードの種類やOSによって異なります。 Bluestacks公式ヘルプセンターにある以下のページを参考にしながら、お使いのパソコンに合った方法でドライバーのアップデートを行ってみてください。

次の

NoxPlayer の端末情報を変更し未対応アプリ/ゲームをインストールする

ツイステ ブルースタックス

Bluestacks4は、 Androidスマホ用のゲームアプリをPCの大画面でプレイすることができるAndroidエミュレータで、ゲームアプリ以外も対応しています。 エミュレータとは、機械の仕組みを真似た機械・ソフトのことで、エミュと略されることもあります。 エミュレータの語源の「エミュレート(emulate)」は、英語で「真似る」という意味です。 すなわちAndroidエミュレータとは、Androidスマホの仕組みを、PCで模倣・再現させたもののことです。 通常のアプリのようにBluestacks4にアプリをインストールするだけですぐに使うことができ、PCとスマホを繋いだりする必要もないため、Androidスマホの使い方を知っている人であれば、簡単に扱うことができます。 Bluestacks4の特徴4つ目は、最新スマートフォンを最大8倍上回るパフォーマンスを実現しているという点です。 Bluestacks4では、オンデマンドシステムを採用し、必要最低限のリソースのみを活用することにより、無駄がなくなり、ユーザーひとりひとりのプレイ環境に合った最大のパフォーマンスを発揮できるよう設計されているという特徴があります。 オンデマンドシステムとは、「オンラインリアルタイムシステム」とも呼ばれ、端末装置と中央のホストコンピューターがオンラインで接続され、リアルタイム処理されるシステムのことです。 このオンデマンドシステムを採用したことにより、最新スマートフォンを最大8倍上回るパフォーマンスを実現させたのです。 継続的に開発が進められており、かつ安定して動作するエミュレータとして、「 Nox」があります。 本章では、 Bluestacks4とNoxを比較して、解説させていただきます。 まず、Bluestacks4とNoxのインストール方法や使い方を比較すると、どちらもとても簡単で、Androidスマホの使い方を知っている人であれば、簡単に扱うことができます。 続いて、必要スペック条件を比較します。 Bluestacks4の必要動作環境は、Windows7以上で、RAMが2GB以上、推奨動作環境がWindows10以上で、RAMが6GB以上となっています。 それと比較すると、Noxの必要動作完了は、Windows XP SP3以上で、RAMが1. 5GB以上、推奨動作環境がWindows7以上で、RAMが4GB以上となっています。 このため、比較すると、Noxの方が低スペックPC向きとなっています。 処理速度を比較すると、Bluestacks4、Noxどちらも高速ですが、Bluestacks4は最新スマートフォンを最大8倍上回るパフォーマンスを実現しているため、比較すると、処理速度を重視される場合はBluestacks4の方がおすすめです。 さらに、Bluestacks4は個人情報保護やユーザーサポートに力を入れているという特徴があり、不具合が起きると日本版公式Twitterが解決方法を提示してくれます。 このことから、Bluestacks4とNoxを比較すると、 低スペックPCの場合はNoxがおすすめ、処理速度や個人情報保護、サポートを重視する場合はBluestacks4がおすすめと言えます。 下記のURLをクリックすると、Bluestacks4の日本版公式Twitterにアクセスすることができます。 Bluestacks4の使い方について、続いて、 マルチインスタンス機能の使い方を説明させていただきます。 マルチインスタンス機能は、Bluestacks4独自の機能で、「インスタンス」とも呼ばれています。 Googleアカウントでログインした状態のウィンドウを追加できる機能のことで、Android端末をもう1台追加するようなイメージです。 1つのゲームを進めながらもう1つのゲームのレベル上げをするなど、2つのゲームを同時にプレイすることで、ゲームの攻略を捗らせることができたり、ゲームをしながらYouTubeなどで動画を楽しんだりできます。 マルチインスタンス機能の使い方の手順は以下の通りです。 マイアプリ画面の下部に表示されている三角形のアイコンをクリックします。 Bluestacks4を利用する上で、注意しなければならない問題点2つ目は、起動しているアプリが勝手に落ちるという不具合です。 ゲームアプリを起動している途中で勝手に落ちてしまうという問題点は、Bluestacks4のベータ版で起きていた現象で、具体的には「人狼殺」や「PUBGモバイル」などのゲームで問題が発生していました。 しかし、 起動しているアプリが勝手に落ちるという問題点は、現状解決しています。 もし、まだ勝手に落ちてしまうアプリがあれば、Bluestacks4のカスタマーサポートへ問い合わせるという対処法があります。 Bluestacks4のカスタマーサポートへ問い合わせる方法は次章で詳しく説明させていただきます。

次の

Androidでアプリがすぐ落ちる・突然強制終了する理由と解消法は?

ツイステ ブルースタックス

NoxPlayer は Windows や macOS 等 PC でスマートフォンのゲームを遊ぶのに便利なエミュレーターだが、全てのゲームが快適に動くわけではない。 ゲームが動かない場合、NoxPlayer の設定を変更するなどして動くようにできる場合がある。 以下に NoxPlayer でゲームが起動しない場合に行う設定の変更等を列挙する。 ゲームが動かなくて困っているのであれば試してみると良いだろう。 Sponsored Links root をオフにする ゲームによっては root を取得した状態では動作させないような仕組みが実装されている。 なので root を無効化してみよう。 root の無効化方法は「システム設定」を開くと「ROOT」という項目があるのでそこのチェックボックスからチェックを外すだけだ。 そういった場合は「システム設定」の「高級設定」より利用する CPU のコア数やメモリを増やすと良い。 グラフィックスレンダリングモードとフレームレートを変更する NoxPlayer のグラフィック設定を変更することで動くようになる場合がある。 「システム設定」の「高級設定」タブにある「グラフィックスレンダリングモード」には「互換モード」と「急速モード」の二種類から選択できる。 標準では「互換モード」となっているが「急速モード」も試してみよう。 その下には「フレーム」という項目がある。 この数値を下げるとゲームによっては動かない事もあるようだ。 標準では最大値の 60 となっているはずだが、下げていたならもとの値に戻してみよう。 そういった場合には端末情報を変更する事で動作する可能性がある。 「システム設定」の「端末情報」より設定を変更できる。 「予設型番」では NoxPlayer が予め用意した型番のものを選択できる。 カスタマイズにすると端末の型番を自由に設定可能だ。 IMEI 設定と電話番号も自由に設定できる。 IMEI 番号はチェックディジットがあるので適当に入力するのではなく「作成」ボタンを押すか、自分のスマートフォンの IMEI 番号などをそのまま利用するのが良い。 NoxPlayer のバージョンを上げる NoxPlayer のバージョンを上げる事でゲームが動く可能性もある。 この記事を書いている時点での最新バージョンは 6. 0 だ。 もしゲームが動かなくてバージョンが古い場合はアップデートしてみよう。 Android のバージョンを上げる NoxPlayer バージョン 6 以降であれば Android 5. 1 が、バージョン6. 0 以上であれば Android 7. 2 を利用できる。 それまでの Android 4. 2 がゲームに対応していない場合にはアップデートすることで利用できるようになるかもしれない。 zz まとめ このように設定を変更することで動く可能性がある。 遊びたいゲームが動かない場合には試してみると良い。

次の