ロマサガ rs ジニー。 【ロマサガRS】過去ガチャ一覧と過去イベント一覧part2

『ロマサガRS』高難易度クエストに一度は挫折した筆者が送る、抑えておきたい育成方法─まずは戦闘力22,000以上を目指そう

ロマサガ rs ジニー

歴代「サガ」シリーズのキャラクターが登場するスマホ向けRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)』。 2018年12月6日の配信から間もなく1周年が経ちますが、皆さん、近況はいかがでしょうか? 大好きなキャラクターを操作でき、ドット絵一つ取っても当時のゲームシステムに限りなく近い形で遊べる面白さは、シリーズファンにはたまりませんよね。 一方で、クエストの難易度の高さに挫折してしまった人もいるかと思います。 筆者もその一人です。 本作は、同じクエストであっても、Normal、Hard、Very Hardの3段階に分かれており、高い難易度をクリアすることで、報酬のレア度がアップし、コンテンツも解放されます。 しかし、とりわけVery Hardをクリアするのは至難の技で、これは無理だと匙を投げた時期が筆者にもありました。 しかし、それでも挑戦したくなるのが『ロマサガRS』。 そこで本稿では、難易度の高さに一度挫折した筆者が再びゲームに復帰し、Very Hardをクリアするまでの経験から、育成のポイントをまとめました。 ただし、Hardなら、26,000~29,000、Very Hardなら30,000以上が必要になってきます。 ただ、現在は育成方法が豊富にあるため、漫然と周回していても戦闘力を上げることは難しいです。 筆者のように無計画に進めていくと、22,000ほどで頭打ちになってしまうのでは無いでしょうか。 本稿では、戦闘力22,000から上を目指す育成をアドバイスします。 HardモードではS級武器がドロップするので、ゲットしましょう。 また、チャレンジクエスト「深奥の密林調査」でドロップする「卵のかけら」をS防具と交換できます。 交換に必要な個数もイベントクエストのアイテム交換に必要な周回数とさほど変わらず、良心的なので入手すべきです。 そして、武器や防具は必ず強化・進化させましょう。 これだけでもキャラクターの戦闘力は大きく加算されます。 現在は、「聖石」をセットすることでさらに強化できるようになりました。 しかし、聖石の強化・融合・売却はメインストーリ6-1-1Very Hardクリアしないと解放されませんので、今回は割愛します。 ODを発動させて技や術を放てば、必ず先攻を取れるのに加え、通常時よりも強力な技・術を繰り出すことができます。 また、複数のキャラで発動した場合は、通常攻撃以外の技や術が必ず連携攻撃になるのです。 そのため、キャラごとにスタイルをレベルをアップさせると、武器種別に「技・術ダメージ」と「OverDriveダメージ」のダメージ量が増加するのを見逃してはいけません。 メインパーティーに編成しているキャラと同じ武器種のスタイルを優先して育成することで、パーティーが強くなります。 技や術によって必要な素材が異なり、HardやVery Hardでしか入手できないものもあるため、覚醒させることができる技は限られますが、チェックしておくべきです。 そんな時は裏能力の第一段階を解放させましょう。 デイリークエストであり、毎日チャレンジできるので比較的入手しやすいと思います。 メインストーリーにおけるVery Hardのクリア段階に合わせて、遠征が開放されます。 特に超級・ジャングルの6-1-5 Very Hard クリア、超級・ジャングル奥地の7-2-5 Very Hard クリアは一つの壁でしょう。 しかし、遠征はクエスト周回ではなかなかステータスが上がらなくなったキャラでも、一定値まで引き上げてくれるのでオススメ。 遠征チケットを大量消費することで、短期間で戦闘力を上げられます。 遠征効果がなくなってきた「もやもや状態」になっても何回か続けるべきです。 それゆえ、自身で回復するアビリティを持つキャラは総じて優秀です。 しかし、それらが無い場合はパリィ、影しばり、と言った相手の攻撃を妨害したり、味方の壁になったりする技・術を活用しましょう。

次の

【ロマサガRS】

ロマサガ rs ジニー

特攻:骨• 2 41. 4 48. 2 29. 8 35 26. 8 44. 8 LV50 83 71 53 67 45 45 40 56 スタイルボーナス Lv. 1 アビリティ解放1 Lv. 30 アビリティ解放3 Lv. 10 アビリティ解放2 Lv. このアビリティは 高難易度攻略においてかなりのアドを取れるのはもちろん、今なら2章1-2-5VH周回でヴリトラ対策にもってこいの能力になっているぞ。 骨砕きループでW腕力デバフ このジニーちゃんは待望の「骨砕き」を覚える。 なのでアビリティの開幕腕力デバフに加えて「骨砕き」で更なる腕力デバフを付与できる。 デバフはターン経過で減退していくのでアビリティ分のデバフは序盤しか効果がないが、逆を言えば序盤は2つの腕力デバフを重ねる事が可能。 あとは夏キャットが中盤以降はアビリティとサブミッションの腕力デバフでどんどん蓄積してくれる。 二人セットで使う事で腕力依存の攻撃をかなり弱らせる事ができるようになるぞ。 他スタイルに継承しても強い 別スタイルのジニーちゃんに「骨砕き」を継承できるようになるのはかなりのアド。 もちろん 手動なら骨砕きを連発しながらアビリティで知力デバフを付与できるので高難易度クエでは人権クラスの動きをするだろう。 ただし 手動限定。 オートでは「回し打ち」が邪魔する。 上の温泉ジニーちゃんの秋風流しのところが回し打ちに変わるので少し微妙な感じになる。 それでも旧スタイルとしては十分強くなるんだけどねw とにかくこのスタイルをもっていれば別のスタイルにも大きな影響を及ぼすので技マシンとしても腕力デバフマシンとしても引いておくべき。 特に温泉ジニーちゃんを持っている人ならね。 🔹SSジニー2の 短所 メイン周回性能は低い 高難易度用のデバッファーなので普段使い メイン周回 での使用頻度は低め。 まぁでもどこで使うのかはっきりしているから役割を与えやすい。 完全に腐ることは無いです。 それと実装時は最先端育成スポット2章VH1-2-5でヴリドラ対策として刺さるので今はメイン周回でも使える。 けど次も使えるどうかはわからない。 今後も各話最終クエストだけ上限が1高くなっているなら今回のようにアビリティのデバフが使えるかもしれない。 でも 引率力そのものは低いから特殊な場所でしか使えないっす。 相変わらず知力が低いおバカちゃん やっぱりジニーちゃんクソガキだから頭は弱いようです。 本を読みましょう。 「デルタ・ペトラ」による全体石化は未だにトーマスの独壇場。 次回に期待しましょうw ジニーの全スタイル一覧 スタイル スキル•

次の

【ロマサガRS】腕力デバフスキルとアビリティまとめ【SSジニーは最強か?】

ロマサガ rs ジニー

特攻:骨• 2 41. 4 48. 2 29. 8 35 26. 8 44. 8 LV50 83 71 53 67 45 45 40 56 スタイルボーナス Lv. 1 アビリティ解放1 Lv. 30 アビリティ解放3 Lv. 10 アビリティ解放2 Lv. このアビリティは 高難易度攻略においてかなりのアドを取れるのはもちろん、今なら2章1-2-5VH周回でヴリトラ対策にもってこいの能力になっているぞ。 骨砕きループでW腕力デバフ このジニーちゃんは待望の「骨砕き」を覚える。 なのでアビリティの開幕腕力デバフに加えて「骨砕き」で更なる腕力デバフを付与できる。 デバフはターン経過で減退していくのでアビリティ分のデバフは序盤しか効果がないが、逆を言えば序盤は2つの腕力デバフを重ねる事が可能。 あとは夏キャットが中盤以降はアビリティとサブミッションの腕力デバフでどんどん蓄積してくれる。 二人セットで使う事で腕力依存の攻撃をかなり弱らせる事ができるようになるぞ。 他スタイルに継承しても強い 別スタイルのジニーちゃんに「骨砕き」を継承できるようになるのはかなりのアド。 もちろん 手動なら骨砕きを連発しながらアビリティで知力デバフを付与できるので高難易度クエでは人権クラスの動きをするだろう。 ただし 手動限定。 オートでは「回し打ち」が邪魔する。 上の温泉ジニーちゃんの秋風流しのところが回し打ちに変わるので少し微妙な感じになる。 それでも旧スタイルとしては十分強くなるんだけどねw とにかくこのスタイルをもっていれば別のスタイルにも大きな影響を及ぼすので技マシンとしても腕力デバフマシンとしても引いておくべき。 特に温泉ジニーちゃんを持っている人ならね。 🔹SSジニー2の 短所 メイン周回性能は低い 高難易度用のデバッファーなので普段使い メイン周回 での使用頻度は低め。 まぁでもどこで使うのかはっきりしているから役割を与えやすい。 完全に腐ることは無いです。 それと実装時は最先端育成スポット2章VH1-2-5でヴリドラ対策として刺さるので今はメイン周回でも使える。 けど次も使えるどうかはわからない。 今後も各話最終クエストだけ上限が1高くなっているなら今回のようにアビリティのデバフが使えるかもしれない。 でも 引率力そのものは低いから特殊な場所でしか使えないっす。 相変わらず知力が低いおバカちゃん やっぱりジニーちゃんクソガキだから頭は弱いようです。 本を読みましょう。 「デルタ・ペトラ」による全体石化は未だにトーマスの独壇場。 次回に期待しましょうw ジニーの全スタイル一覧 スタイル スキル•

次の