信濃 の コロンボ キャスト。 信濃のコロンボ5キャストあらすじまとめ!寺脇康文にライバルが出現?!

信濃のコロンボ事件ファイル7

信濃 の コロンボ キャスト

目 次• 信濃のコロンボ5キャスト(出演者)について 『信濃のコロンボ5』は、長野県木曽郡にある国の名勝 「寝覚の床」での撮影もあり、足元が不安定な岩場のために役者さんはじめ撮影スタッフも移動に苦労したらしいですね。 キャストは以下の通りです。 竹村 岩男(寺脇康文さん) …信濃のコロンボと呼ばれる、長野県警捜査一課警部 竹村 陽子(麻生祐未さん) …岩男の妻で、旅館「たけむら」の女将 宮崎 良雄(螢 雪次朗さん) …長野県警捜査一課の課長 木下 隼人(川村陽介さん) …長野県警捜査一課の巡査部長 丸山 亮介(温水洋一さん) …岩男の友人の町医者 中嶋 英俊(石垣佑磨さん) 青木 健夫(須田邦裕さん) 中嶋 美佐子(原田佳奈さん) 戸沢 信夫(村松利史さん) 遠山 幸一(伊藤正之さん) 安岡 和利(山田純大さん) 岡部 和雄(高橋克典さん) …警視庁捜査一課の警部。 おなじみの3人…妻・ 陽子(麻生祐未さん)&町医者・ 丸山亮介(温水洋一さん)…で木曽へ旅行にやって来ました。 木曽の観光名所をめぐりなら、記念撮影したり俳句を詠んだりして楽しむ3人。 街中でバスツアー観光客と一緒になり、ガイドが 長野県歌「信濃の国」の説明をしているのを耳にします。 その後、木曽の大橋を訪れて橋からの眺めを楽しんでいたところ、パトカーのサイレンが鳴り響き…。 水内(みのち)ダムで遺体が発見されました。 被害者は、信濃毎朝新聞の記者・ 牧田祐三(井上康さん)。 睡眠薬を飲んでおり、首に手をかけられた痕跡が…。 安岡はいわゆるキャリア組で、警察庁での重要ポストを約束されている男。 捜査本部の会議に参加した竹村が司法解剖の結果に疑問を唱えても「県警本部の応援はいらない」と一蹴する安岡…。 県警捜査一課長の 宮崎良雄(螢雪次朗さん)も、ノンキャリアゆえに安岡の言いなりです。 安岡のフットワークは素早く、早速、被害者・牧田の部下である 中嶋英俊(石垣佑磨さん)を重要参考人として連行。 中嶋は居酒屋で牧田と揉めているところを目撃されており、アリバイもない…。 しかし、竹村は何か腑に落ちません。 Sponsored Link 信濃のコロンボ5あらすじを要約(つづき) そんな中、第二の事件が発生。 今度は滝の近くで、東京在住の 谷口節男(舩坂裕貴さん)が発見されます。 最初の事件と同じ手口だったことから、竹村は2つの事件を合同捜査にしたいと宮崎に申し出ますが、谷口の事件だけを追うように指示されます。 竹村は警視庁捜査一課の 岡部警部(高橋克典さん)に電話で捜査協力を依頼し、相棒の巡査部長・ 木下隼人(川村陽介さん)と共に東京へ。 3人が東京で聞き込みをした結果、やはり連続事件の可能性が高くなり、牧田と谷口の共通点を調べることに。 一方、長野では県知事選が公示され、立候補者の一人である 平沼武太郎(山本圭さん)の応援スタッフとして丸山と陽子が手伝っていました。 平沼は演説の冒頭に「信濃の国」を歌うのがルーティンとなっており、長野を愛する平沼を、秘書の 入江紀子(平田薫さん)が献身的に支えています。 長野に戻った竹村の元には、重要参考人・中嶋の妹である 美佐子(原田佳奈さん)と、中嶋の同僚新聞記者・ 青木建夫(須田邦裕さん)が現れます。 中嶋の無実を主張する青木。 竹村から牧田・谷口の2つの事件のことを聞いた青木は、美佐子と一緒に独自調査を進めることに。 そんなタイミングに、第三の事件が…! 今度の犠牲者・ 甘利知美(わかばかなめさん)も、これまでの事件と同様の手口で、姨捨山・長楽寺に遺棄されていました。 竹村は3つの事件を合わせて捜査するべきだと意見しますが、宮崎は安岡を恐れて認めようとしません…。 美佐子から竹村に連絡があり、牧田と谷口の父親が、1980年代に長野県議会議員を務めていたことが判明。 当時は、ちょうど 長野オリンピックの招致を議論していた頃。 竹村は2人に接触しようとしましたが、それぞれ病気で亡くなっていました。 3つの事件の 遺棄現場が「信濃の国」の四番の歌詞に出てくる場所ばかりで、そこに犯人のメッセージが込められているのでは?…と。 ~~~ 関連記事: 信濃のコロンボ5 「信濃の国」の四番の歌詞とは? 上述したように、信濃のコロンボ5では 長野県歌「信濃の国」の四番の歌詞に登場する場所で事件が発生します。 実際の「信濃の国」の四番の歌詞を、参考までに引用します。 【四】 尋ねまほしき園原や 旅のやどりの寝覚の床 木曽の棧(かけはし)かけし世も 心してゆけ久米路橋(くめじばし) くる人多き筑摩(つかま)の湯 月の名にたつ姨捨山(おばすてやま) しるき名所と風雅士(みやびお)が 詩歌に詠てぞ伝えたる (作詞:浅井 洌 作曲:北村季春).

次の

伊藤淳史、中村梅雀と新旧・信濃のコロンボ揃う! 新キャストで放送

信濃 の コロンボ キャスト

スポンサードリンク テレビ東京の月曜プレミア8で【内田康夫サスペンス 新・信濃のコロンボ 追分殺人事件】が2020年6月8日(月)に放送されるので、キャストと、原作小説の犯人ネタバレラストあらすじを紹介します。 【新・信濃のコロンボ】の【新】はキャストの新!伊藤淳史さんが新コロンボ役となり、これまで18作に出演した旧コロンボ役の中村梅雀さんは上司役にまわります。 事件の舞台は、軽井沢の信濃追分と、東京の本郷追分。 2つの異なる【追分(おいわけ)】という地名で起きた事件を捜査すると、39年前の悲しき真相が明らかに・・・。 キャストと、原作小説の犯人ネタバレラストあらすじを紹介するので【内田康夫サスペンス 新・信濃のコロンボ 追分殺人事件】に興味ある人は参考になったら幸いです。 被害者は 身元不明の初老の男(山上賢治)。 ドアにもたれ掛かるように絶命していたが、第一発見者の 店主・丸岡一枝(篠原ゆき子)は男に見覚えがないという。 今度は 東京・本郷追分の「八百屋お七の墓」前に 初老の男(ホリベン)の絞殺体が。 警視庁のキレ者・岡部が捜査にあたるが、やはり被害者の身元がわからぬまま…。 関連性を疑った竹村と岡部は協力しながら事件を追い始めるが、手掛かりが少なく身元もつかめず捜査は難航する。 東京の本郷追分の『八百屋お七の墓』の前で死んでいた初老の男(ホリベン67才)の正体は、安原さん。 桑江さんと安原さんは、北海道の夕張の炭鉱で働いた親友だった。 小西は昔、丸山家の隣で骨董店『三叉路』を建てた大工。 いつも愛犬コタローを連れていたが独身だったので、丸岡一枝がコタローを引きとった。 死体遺棄したのは手下たち。 骨董店『三叉路』は店を隠れ蓑にして海外から麻薬を密輸していた。 オーナー永井は夕張の元炭鉱たちを手下にしていた。 北海道の夕張などの炭鉱は事故で数多くの犠牲者を出した。 事故の補償や閉山の補償手当にヤ〇ザがハイエナのように群がって犯罪組織化していた。 だから口封じで殺した。 桑江さんの死体を軽井沢に運んだ理由は、軽井沢行きの切符を持っていたから。 永井は以前、手下の谷田幸男から姉・恵美が軽井沢で魔女人形を作ってると聞いていたので、それを『ひいらぎ』と勘違いして死体遺棄した。 永井は谷田幸男が足を洗うと疑っていたので、姉を脅せて防ごうとしたのだが、死体遺棄場所を間違えたのだった。 長崎から店に戻ってきたとき週刊誌の「追分節コンクール」の記事を桑江さんに見せようと、雨の中帰ってきたら桑江さんが殺されていたと知り、ボス永井に噛みついたので『三叉路』の事務所で毒入りドリンクで殺した。 裏手にある『八百屋お七の墓』の前に遺棄した。 事件の起きたとき丸岡一枝の愛犬コタローが鳴かなかったから、以前自分が建てた『三叉路』の関係者だと確信し、探りを入れたら、永井に殺された。 そして丸岡家の裏手にある骨董品店『三叉路』を張り込み7人の動きを確認。 空港の税関で麻薬密輸を密かに確認し、空港から帰ってきたところを『三叉路』に踏み込んだ。 永井たちは、二重構造にした陶器の隙間に麻薬を隠していた。 空港の税関でレントゲンを撮ってバレていた。 竹村が目の前で陶器を割ると、永井は観念した。 永井は麻薬と、桑江・安原を殺して遺棄した容疑で逮捕された。

次の

『信濃のコロンボ事件ファイル12/陰画の構図』(2006年8月)あらすじ&ネタバレ中村梅雀主演,小田茜,金田明夫ゲスト出演

信濃 の コロンボ キャスト

詳細は「」および「」を参照 主人公。 初めはのだったが、長野県警のに抜擢される。 その後、難事件を解決したことが認められ、長野県警警部補に昇進。 現在は長野県警捜査一課の地位である。 竹村が飯田署のだったときの飯田署のである。 竹村の功績が認められた際、上司だった大森も同時に昇進し、長野県警北署の署長に就任。 後に長野県警刑事部長の地位になった。 竹村が飯田署の巡査部長だったときに、難事件を抱えていた竹村から捜査協力を依頼された、警視庁のエリート刑事の岡部和雄は、竹村と共にに奔走して、難事件を解決したことがきっかけになって、警視庁捜査一課警部に昇進した。 で発生した事件がと関係する場合、竹村が岡部に捜査協力をして、共に事件解決に向けて捜査に奔走する。 竹村と岡部は盟友である。 林隆三版 [ ] 『 死者の木霊』(ししゃのこだま)は、に系「」で放送された。 主演は。 キャスト(林隆三版) [ ]• 浜野理絵 -• 沢藤栄造 -• 福島太一郎 -• 園田(警部補) -• 君江 - スタッフ(林隆三版) [ ]• 原作 - 「死者の木霊」• 脚本 -• 音楽 -• 監督 -• 製作 - テレビ朝日、 布施博版 [ ] 『 戸隠伝説殺人事件』(とかくしでんせつさつじんじけん)は、に系「」で放送された。 主演は。 キャスト(布施博版) [ ]• (刑事) -• 天道タキ -• 野矢優子 -• 矢野桂一 -• 立花智弘 -• 宍戸弘文 - スタッフ(布施博版) [ ]• 原作 - 「戸隠伝説殺人事件」• 脚本 -• 演出 -• プロデューサー -• 製作 - 、TBS 堺正章版 [ ] 内田康夫ミステリー 信濃のコロンボ ジャンル 原作 脚本 演出 出演者 オープニング を参照 エンディング を参照 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 を参照 回数 3 からまで系「」で放送されたシリーズ。 全3回。 主演は。 キャスト(堺正章版) [ ] 長野県警捜査一課(堺正章版) [ ] 演 - 階級は警部。 塚本 演 - (第2作・第3作) 課長。 演 - 刑事。 演 - 刑事。 その他(堺正章版) [ ] 演 - 竹村の妻。 ゲスト(堺正章版) [ ] 第1作「北国街道殺人事件」(1998年)• 田尻風見子(女子大生) -• 田尻富子(風見子の母) -• 大沢雄一(大学教授) -• 川端守(火葬場の職員) -• 篠原清司(医療法人「海風会」院長) -• 報道アナ -• 細田(長野県警長野中央警察署 署長) - 渡辺いっけい• 畑野恭子(畑野の後妻) -• 畑野高秀(明和大学 教授) - (特別出演) 第2作「戸隠伝説殺人事件」(1999年)• 警官 - 伊藤俊人• 沢田(沢田興信所 所長) -• 石原華代(隆二の妻) -• 井沢(武田の秘書) -• 宍戸弘文(衆議院議員) -• 武田喜助(地元財界人) -• 石原隆二(印刷業経営) -• 野矢優子(桂一の姪) -• 立花智弘(大学教授・民族学者) -• 野矢桂一 -• 天道タキ - 第3作「追分殺人事件」(2000年)• 丸岡一枝(人形作家) -• 猪瀬(長野県警軽井沢警察署 巡査) -• 酒屋「高崎屋」店主 -• 酒屋「高崎屋」店主夫人 -• 坂口(警視庁捜査一課 刑事) -• 小泉令子(骨董品屋の店員) -• 丸岡達彦(一枝の父) -• 桑江興夫 -• 谷田幸雄(恵美の弟) -• 白木恵美(画家) -• 永井満夫 -• (警視庁捜査一課 警部) - (友情出演) スタッフ(堺正章版) [ ]• 原作 -• 脚本 - (第1作)、(第2作・第3作)、(第3作)• 演出 -• 技術協力 -• 美術協力 -• プロデューサー -• 制作 - フジテレビ、 放送日程(堺正章版) [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出 1 1998年5月 01日 北国街道殺人事件 「北国街道殺人事件」 倉沢左知代 星田良子 2 1999年3月19日 戸隠伝説殺人事件 「戸隠伝説殺人事件」 井上誠吾 3 2000年6月 02日 追分殺人事件 「」 井上誠吾 山永明子 中村梅雀版 [ ] 信濃のコロンボ事件ファイル ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 第1作 - 第7作 (女と愛とミステリー) エンディング を参照 放送期間 - 放送時間 水曜 20:54 - 22:48(地上波) 日曜 21:00 - 22:54(衛星放送) 放送枠 放送分 114分 回数 7 第8作 - 第17作 (水曜ミステリー9〈第1期〉) エンディング を参照 放送期間 2005年 - 放送時間 水曜 21:00 - 22:48 放送枠 放送分 108分 回数 10 第18作 (水曜シアター9) エンディング を参照 放送期間 放送時間 水曜 21:00 - 22:48 放送枠 放送分 108分 回数 1 からまで・共同制作で放送されたシリーズ。 全18回。 主演は。 放送枠は「」(第1作 - 第7作)、「(第1期)」(第8作 - 第17作)、「」(第18作)。 演 - (第4作 - 第18作) 長野県警捜査一課 部長刑事。 竹村の部下。 川島 演 - (第5作 - 第14作)、(第15作・第16作) 刑事。 警察署 [ ] 安岡 演 - (第3作・第4作) 長野県警長野北警察署 刑事。 階級は警部。 桜井 演 - (第6作 - 第11作・第13作) 長野県警西軽井沢警察署 刑事。 度会 演 - (第15作・第16作) 長野県警千曲中央警察署 刑事。 階級は警部。 草野 演 - (第15作)、(第16作) 長野県警千曲中央警察署 刑事。 その他(中村梅雀版) [ ] 演 - 竹村の妻。 ゲスト(中村梅雀版) [ ] 第1作「死者の木霊」(2001年)• 浜野理恵(五代通商 社長秘書) -• 桂木(長野県警飯田警察署 部長刑事) -• 野本孝平(元総会屋) -• レストランのママ -• 福島太一郎(五代通商 社長) -• タクシードライバー -• 園田(捜査係長) -• 中本(刑事課長) -• 警視庁南品川警察署 刑事 -• 工藤(青森駅 駅員) -• 根岸(ホテル「猪戸館」ラウンジ係) -• 野本敏夫(孝平の甥) -• 長野東警察署 鑑識 -• 役場職員 -• 奥村哲雄(ホテル「猪戸館」支配人) -• 大野(伊東西警察署 刑事) -• 平山君江(ホステス) -• 沢藤栄造(五代通商 専務) - 第2作「北国街道殺人事件」(2002年)• 田尻風見子(女子大生) -• 野村良樹(大学生) -• 喫茶店のママ -• 長島(元刑事) - 市川祥之助• 畑野の姪 -• 直江(国上警察署 刑事) - 松浦豊和• 大沢健一(大学教授) -• 川端(職員) -• 谷永敏夫(出版社社長) -• 長野県警長野北警察署 刑事 -• 刑事 - 伊吹康太郎• 吉岡秀男(火葬場の管理人) - 高井清史• 猪俣(長野県警長野北警察署 警部補) -• 畑野高秀(東都大学国文科 教授) -• リポーター -• 畑野雅代(畑野の先妻) -• 谷永和子(谷永の妻) -• 主婦 -• 畑野恭子(畑野の後妻) -• 篠原清治(五条病院 事務局長) - 第3作「「信濃の国」殺人事件」(2003年)• 馬渕洋子(中嶋の婚約者) -• 伊藤カオリ(信濃テレビ報道局 社員) -• 中嶋英俊(信州毎朝新聞社 記者) -• 牧田祐三(信州毎朝新聞社 編集局次長) -• 遠山光次郎(元長野県議会議員) -• 甘利知美(甘利歯科医院 院長夫人) - 吉宮君子• 警察官 -• 茶屋の店員 -• 平沼武次(武一の弟) -• 捜査一課長 -• 前川(刑事) -• 長野県警長野北警察署 刑事 -• 平沼武太郎(武一と武次の父・元長野県議会議員) -• 平沼武一(長野県議会議員候補者) -• 知美の友人 -• 大林章雄(信州毎朝新聞社 資料室長) - 第4作「戸隠伝説殺人事件」(2003年)• 野矢優子(東洋文化大学 学生) -• 武田喜助(武田建設 社長) -• 石原隆二(広告会社社長) -• 武田佐知江(武田の妻) -• 宍戸弘文(代議士) -• 天道タキ - (若き日:神戸みゆき〈二役〉)• 野矢桂一(優子の祖父) -• 立花智弘(東洋文化大学 名誉教授) - (若き日: ) 第5作「追分殺人事件」(2004年)• 谷田恵美(人形作家) -• 桑江仲男 - 大門伍朗• 安原耕三 -• 骨董店主人 -• 秋山徳二(元炭鉱夫) -• 佐々木(江差追分会事務所 職員) -• 小川誠一郎 - 村田吉次郎• 丸岡和人(一枝の父) -• 永井満良(骨董屋「三叉路」代表) -• 丸岡一枝(人形店「ドールハウス・こぶし」主人) - 第6作「軽井沢殺人事件」(2004年)• 野本美貴(大芝精機 社員) -• 志沢(警視庁公安部員・警視) -• 森脇(警視庁捜査一課 警視) -• 鶴野(長野県警西軽井沢警察署 署長・警視) -• 野本進吾(美貴の祖父) -• 中山次朗(小瀬木商事 社員) -• 成田(大芝精機 部長) -• 渡海(警視庁捜査一課 警視正) -• 草西敬次郎(草西珈琲店 店主・軽井沢彫アトリエの講師) -• 大原賀一郎(大芝精機 会長) -• 大原亜矢子(大原の妻・旧姓「九条」) - 第7作「見知らぬ鍵」(2005年)• 峰岸小夜子(峰岸の妻) -• 西野弘美(ペンションの従業員) - 神戸みゆき• 峰岸雄司(大都銀行八重洲支店 行員) -• 臼井敏男(大都銀行八重洲支店 行員) -• 今野(大都銀行八重洲支店 課長) -• 富原(大都銀行 専務) - 平野稔• 千原(長野県警諏訪湖警察署 部長刑事) -• 野中(長野県警諏訪湖警察署 警部) -• 東野健一郎(大都銀行八重洲支店 支店長) - 第8作「アリスの騎士」(2005年)• 根岸絵里(ペンション「アリスの館」オーナー) - (幼少期: 〈ノンクレジット〉)• 中原(長野県警小諸中央警察署 刑事課長・警部) -• 寺山(長野県警小諸中央警察署 刑事) -• 島津由紀(絵里の姉) -• 萩原春男(萩原税理士事務所 所長) -• 長瀬美紀(銀座のギャラリー「Miki」オーナー・嘉男の愛人) -• ラブホテル掃除婦 -• ラブホテル従業員 - 高井清史• 瀧澤(長野県警小諸中央警察署 刑事) - 佐野圭亮• 島津広志(由紀の夫) -• 根岸嘉男(絵里の夫・婿養子・画家) -• 萩原房江(萩原の妻) -• 土屋勉(土屋工務店 社長) - (幼少期: ) 第9作「乗せなかった乗客」(2005年)• 宮下愛子(遠山タクシー 臨時ドライバー・ピアノ教師) -• 篠原哲生(篠原コンサルティング 社長) -• 柳沢勝一(浅草興産営業部 社員) -• 浅間山麓タクシー連合会 事務長 -• 鑑識 -• 鴨田(浅草中央警察署 刑事) -• 依野(浅草中央警察署 刑事) -• 清水(長野県警西軽井沢警察署 部長刑事) - 山西道広• 宮坂(長野県警西軽井沢警察署 刑事課長) -• 葛城(白銀商事 組長) -• 富井電器 従業員 -• 県立上田中央高等学校 事務員 -• 遠山峰子(遠山タクシー 副社長・修造の妻) -• 遠山修造(遠山タクシー 社長) -• 宮下勝信(智幸の父・遠山タクシー 元ドライバー・故人) -• 宮下智幸(県立上田中央高等学校 教師・愛子の夫) - 保坂尚輝(二役) 第10作「杜の都殺人事件」(2006年)• 池野真理子(カメラマン) -• 青木俊彦(真理子の彼氏) -• 野木雅和(陸奥エンタープライズ 社員) -• 山内(宮城県警察 警部) -• 西沢 -• 糸村 -• 可野啓一(日東銀行仙台支店 次長) -• 清水修司(軽井沢の設計事務所所長) -• 小野寺(仙台新報東京支社 記者) -• 池野栄司(真理子の父・故人) -• 吉村(陸奥エンタープライズ 経理部長) -• 清水菊栄(清水の妻) - 第11作「埋もれ火」(2006年)• 河島孝之(陶芸家) -• 波多野賢一(謎の男) -• 村内典子(小説家) -• 吉岡由利(女子大生) -• 末永弘子(育生園 園長) -• 倉田冴子(陶芸教室主催者) -• 瀬尾(東浅草警察署 刑事) -• 中森雄司(ホームレス) -• 中森輝子(中森の妻) - 高橋美穂• 柳沢たき(吉岡家のお手伝い) -• 河島真砂子(河島の妻) - 第12作「陰画の構図」(2006年)• 高山冬子(テレビ信濃 レポーター) -• 立花カオル(タレント) -• 前山雄司(テレビ信濃 チーフディレクター) -• 松崎一郎(テレビ信濃 アシスタントディレクター) - 加賀健治• のりこ(テレビ信濃 スタッフ) -• レストランのウェイター - 浅見小四郎• 大島真治(「長野県これで? いいんかい」事務所の職員) -• 小林警部の部下 -• 堀川清孝(自然保護市民運動家会長・佐藤源治の高校の同級生) -• 広野宗昭(テレビ信濃 製作部長) -• 小林(長野県警松本中央警察署 警部) -• 佐藤源治(テレビ信濃 ディレクター) - 第13作「盲目のピアニスト」(2006年)• 戸津輝美(盲目のピアニスト) -• 白鳥蘭子(ヴァイオリニスト) -• 山田信介(チェロ演奏者) -• 中村茂樹(コントラバス演奏者) -• 赤井義一(百合子の隣人) -• 奥野司郎(ピアニスト) -• 菅谷民雄(ヴィオラ演奏者) -• 鹿島哲也 -• 鹿島澄江(鹿島の妻) -• 江島広康(ピアノ作り技術者) -• 広田伸次(ヒロタミュージック 社長) -• 柳沢(長野県警西軽井沢警察署 刑事課長) -• 戸津さと子(新光楽器軽井沢寮の管理人・輝美の母) -• 奥野百合子(ピアニスト・司郎の叔母) - 第14作「死あわせなカップル」(2007年)• 羽山喜代子(羽山の妻) - (幼少期:)• 千原(長野県警諏訪湖警察署 警部) -• 羽山米義(ヤッホー電機小諸店配送係 係長) - 掛田誠• 宇野久子(宇野の妻) -• 有賀(自殺未遂者) -• 星野祐造(ホームレス) -• 佐々木(星野の仲間) -• 山田(長野県警諏訪湖警察署 署長) -• 村尾(諏訪湖ヨットハーバーの駐車場管理人) -• 青木(公園管理人) -• 美智子(自殺未遂者) -• 熊井(長野県警諏訪湖警察署 刑事) -• 堀田陽一(喜代子の父) -• 進藤(長野県警諏訪湖警察署 鑑識員) -• 名越(長野県警諏訪湖警察署 刑事) -• 須永(警視庁四谷警察署 刑事) -• 中嶋(老人ホーム「夢の郷」職員) -• 瀬戸幸吉(喫茶店「カントリー」マスター) -• 外川茂(老人ホーム「夢の郷」入居者・長野御代田警察署 元巡査) -• 宇野和男(カノングループ開発部 主任) - (幼少期:) 第15作「愛するあまり」(2007年)• 菊池早智子(しなの幼稚園 保育士) -• 小宮由紀子(小宮の妻・早智子の姉) -• 山崎俊夫(西こうえんじ歯科医院 医師) -• 木村多恵子(菱丸商事 元派遣社員) -• 沼田清(西こうえんじ歯科医院 院長) - 浅見小四郎• 大塚大三郎(闇金融社員) -• 布施栄子(由紀子の友人) -• 中村茂子(由紀子の友人) -• 森(森歯科医院 医師) -• 高杉(長野県警捜査一課 刑事) -• ヤミ金融者 -• 榎戸(長野県警捜査一課 警部) -• 小宮孝司(菱丸商事営業部 係長) - 第16作「願望の連環」(2008年)• 沢田幸雄(信州フォレスト建設本社営業一課 社員) -• 滝口聖子(滝口の娘) -• 中山和夫(ルポライター) -• 菊池(電気屋) -• 小沼(長野県警捜査二課 刑事) -• 滝口実吉(代議士) -• 聡子(和久子の隣人) -• 柳原(文芸太陽社 編集者) -• 手塚美香(信州フォレスト建設上田支店 社員) -• 落合(城南大学 職員) -• 万里子(ホステス) -• 杉崎(刑事) -• 西津和久子(信州フォレスト建設本社経理課 主任) -• 富井修司(信州フォレスト建設本社営業一課 課長) - 第17作「遠野殺人事件」(2008年)• 宮城留理子(森林整備機構長野支部企画課 社員) -• 土橋剛(森林整備機構長野支部 主任) -• 河合貴代(森林整備機構長野支部管理課 社員) -• 松永貞子(森林整備機構東京本部 社員) -• 佐藤(佐藤の妻) -• 野口(岩手県警遠野中央警察署 刑事) -• 夏目(夏目の妻) -• 刑事 - 片山知彦• 宮城美智子(留理子の母) -• 宮城哲治郎(留理子の父) -• 夏目勇二(森林整備機構東京本部 理事) -• 若林圭吾(森林整備機構長野支部 主任) -• 佐藤卓(森林整備機構東京本部 経理課長) -• 吉田宗平(岩手県警遠野中央警察署 警部補) - 第18作「越天楽がきこえる」(2009年)• 山口響子(山口の娘) -• 笹原美里(直助の三女・笹原の妻) -• 今野良江(コンノプロジェクト 社長) -• 大石武夫(協明造林経理課 社員) -• 内堀(長野県警上田北警察署 刑事) -• 吉永久美(元ホステス) -• クラブ「さざんか」ママ - 松井紀美江• 直助の長女(代議士の妻) -• 直助の次女(大企業の跡取りの妻) -• 運転手 -• 旅館の女将 -• 坂東秀幸(長野県警上田北警察署 警部) -• 山口宗男(協明造林 経理課長) -• 笹原邦義(協明造林 経理部長) -• 上条直助(林業開発公団 理事長) - スタッフ(中村梅雀版) [ ]• 原作 -• 脚本 - 、牧野繁(第3作・共同脚本)、(第17作・共同脚本)、外間伸子(第18作・共同脚本)、程島健(第13作他・脚本協力)• 監督 -• 技術協力 -• 美術協力 -• チーフプロデューサー - 太田哲夫(テレビ東京)、小川治(テレビ東京)• プロデューサー - 中川順平(テレビ東京)、見留多佳城(G・カンパニー)、神埼良(G・カンパニー)、只野研治(テレビ東京)、岡部紳二(テレビ東京)、元信克則(G・カンパニー)• 制作 - 、、G・カンパニー 放送日程(中村梅雀版) [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 2001年11月14日 死者の木霊 「死者の木霊」 〔内田康夫の処女作品〕 佐伯俊道 江崎実生 13. 視聴率は調べ、・世帯 寺脇康文版 [ ] 信濃のコロンボ ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 第1作 - 第2作 (月曜ゴールデン) 放送期間 - 放送時間 月曜 21:00 - 22:54 放送枠 放送分 114分 回数 2 第3作 - 第5作 (月曜名作劇場) 放送期間 - 放送時間 を参照 回数 3 からまで系で放送されたシリーズ。 全5回。 主演は。 放送枠は「」(第1作・第2作)、「」(第3作 - 第5作)。 2017年11月27日、「」がスピンオフされた。 第2弾は2018年11月14日放送。 同僚からは「タケさん」、丸山からは「タケちゃん」と呼ばれている。 演 - (第2作 - ) 階級は巡査部長。 竹村の相棒。 第2作は「木下真司」の名前で登場。 丸山から「キノちゃん」と呼ばれている(第5作)。 宮崎良雄 演 - (第2作 - ) 課長。 階級は警視。 岡部の上司。 田中 演 - (第1作・第4作) 刑事。 佐藤 演 - (第1作・第3作・第4作) 刑事。 その他(寺脇康文版) [ ] 演 - 岩男の妻。 旅館「たけむら」の女将(第1作・第2作)。 第3作から旅館の設定がなくなり、住まいも、旅館「たけむら」から「長野県営職員宿舎」に変更された。 丸山亮介 演 - 竹村岩男の友人。 町医者。 桂木誠(長野県警飯田警察署刑事課 巡査) -• 浜野理恵(五代通商 社長秘書) -• 君江(クラブ三番館 ホステス) -• 奥村哲夫(鳥羽ワールドホテル 支配人) -• 野本敏夫(五代通商ビルの住込み管理人) -• 野本美津子(敏夫の妻) -• 工藤典夫(青森駅 駅員) -• 長野地方法務局軽井沢支局 局員 -• 根岸三郎(鳥羽ワールドホテル 従業員) -• 新井貴志(長野県警鑑識課 巡査部長) -• (長野県警飯田警察署 署長) -• 大久保豊(五代通商庶務課 課長) -• レイコ(クラブ三番館 ホステス) -• 特捜刑事 -• ミカ(クラブ三番館 ホステス) -• 鳥羽ワールドホテル 従業員 -• 野本孝平のアパート大家 -• TVアナウンサー - 、• 根岸のアパート大家 -• 鳥羽ワールドホテル フロント -• 旅館「たけむら」若女将 -• 福島太一郎(五代通商 社長・野本孝平と同じ大学出身) -• 沢藤栄造(五代通商 専務) -• 野本孝平(総会屋・敏夫の叔父) - 第2作「戸隠伝説殺人事件」(2014年)• 野矢優子(桂一の孫・帝都大学 学生) -• 野矢桂一(北信ランドリー 社長・桂次郎の息子) - (若き日:)• 武田喜助(武田商会 社長・旧姓「徳岡」) - 丸岡奨詞 (若き日: )• 宍戸弘文(衆議院議員) - (若き日: )• 高野(「ホテル アルカディア」支配人) -• 石原隆二(東京通信広告 社長) - (若き日:)• 石原華代(石原の妻) -• 笠井静(石原家の家政婦) -• 天道タキ(天智院の巫女・44年前の立花智弘の恋人) - (若き日:新川優愛〈二役〉)• 長野市戸隠支所 助役 -• 野矢桂次郎(44年前の天道家の使用人) -• 帝都大学 関係者 -• 立花智弘(帝都大学文学部 教授) - (若き日:)• 宍戸議員の秘書 -• 長野市戸隠支所 職員 -• 立花のマンション管理人 -• 武田佐知江(武田の妻) - 第3作「北国街道殺人事件」(2016年)• 直江健三郎(新潟県出雲崎警察署 刑事) -• 田尻風見子(女子大生) -• 岡田薫(女子大生) -• 刀根鉄子(畑野家の隣人) -• 畑野君子(畑野高秀の甥の嫁) -• 川端達彦(出雲崎火葬場 職員) -• 大沢雄一(東京三田大学 人文学准教授) -• 新潟県警 警官 -• 中村(新潟県警 警官) -• 谷永(谷永敏夫社長の妻) -• アナウンサー -• 畑野恭子(畑野高秀の後妻) -• 畑野高秀(北澤大学 人文学教授・2年前から行方不明) -• 篠原清司(出雲崎病院 事務長) - 第4作「軽井沢追分殺人事件」(2017年)• 丸岡一枝(雑貨屋「オリーブ」店主・愛犬コタローの飼主) -• 谷田恵美(人形作家) -• 安原耕三(江差追分節同好会 旧メンバー) -• 谷田幸雄(恵美の弟) -• 小野初子(酒屋の嫁) -• 永井薫(骨董品店「三叉路」店員・永井の妻) -• 秋山徳二(牧場主・桑江仲男の友人) -• 佐々木亨(江差追分節同好会 メンバー) - ()• 小西勝男(大工) -• 林博之(麻薬取締官) -• 追分宿郷土館 職員 -• 高木(東京駅 駅員) -• 旅館「油屋」仲居 -• アパート「コーポ江差」入居者(桑江の昔の隣人) -• トシコ(桑江の元妻・ヤク中) -• 追分節保存会 会員 -• 斉藤(永井の部下) - 斉木テツ• 軽井沢の警察官 -• 永井満良(骨董品店「三叉路」オーナー・江差追分節同好会 旧メンバー) -• 桑江仲男(江差追分節同好会 旧メンバー) -• 丸岡武人(一枝の父) - 第5作「「信濃の国」殺人事件」(2017年)• 中嶋英俊(信濃毎朝新聞 記者・牧田の部下) -• 入江紀子(平沼の秘書) -• 青木健夫(信濃毎朝新聞 記者・中嶋の同僚) -• 中嶋美佐子(中嶋の妹) -• 牧田祐三(信濃毎朝新聞 編集局次長) -• 平沼の選挙スタッフ -• 長野西警察署 刑事 - 大河原啓介• 安岡和利(長野西警察署 署長・警視正) -• 甘利知美(和菓子屋「信州甘利堂」従業員) - わかばかなめ• バスガイド -• 谷口健司(谷口の父・元長野県議会議員) -• 谷口節男(谷口材木店 社長・東京在住) -• 遠山幸一(平沼の選挙スタッフ) -• アナウンサー -• 平沼武太郎(長野県知事選候補) -• (警視庁捜査一課 岡部班) - (ノンクレジット)• (警視庁捜査一課 岡部班) - (ノンクレジット)• (警視庁捜査一課 岡部班) - (ノンクレジット)• (警視庁捜査一課 岡部班) - (ノンクレジット) スタッフ(寺脇康文版) [ ]• 原作 -• 脚本 -• 監督 -• 企画 - (第1作・第2作)• 編成 - (第3作 - )• アソシエイトプロデューサー - (第1作)• プロデューサー - (ジニアス)• 製作 - ジニアス、TBS 放送日程(寺脇康文版) [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 1 2013年10月 07日 死者の木霊 「死者の木霊」 穴吹一郎 中前勇児 2 2014年11月24日 戸隠伝説殺人事件 「戸隠伝説殺人事件」 3 2016年11月14日 北国街道殺人事件 「北国街道殺人事件」 4 2017年 04月24日 軽井沢追分殺人事件 「追分殺人事件」 5 11月20日 「信濃の国」殺人事件 「「信濃の国」殺人事件」 伊藤淳史版 [ ] 新・信濃のコロンボ ジャンル 原作 脚本 監督 星野和成 出演者 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 放送時間 月曜 20:00 - 21:54 放送枠 放送分 114分 回数 1 、テレビ東京の「」枠内で、「 内田康夫サスペンス 新・信濃のコロンボ〜追分殺人事件〜」と題して放送予定 であったが、同年4月23日の急逝を受けて、追悼企画として2012年6月27日に「」枠内で放送した『9 宝石の甘い罠』に差し替えとなり 、同年へと延期・変更して放送した。 竹村岩男役を、岡部和雄役をが演じ、同じくテレビ東京版で竹村役を演じてきた中村梅雀が、刑事部長・大森修治役として出演する。 キャスト(伊藤淳史版) [ ] 長野県警察本部(伊藤淳史版) [ ] 演 - 長野県警捜査一課 警部。 別名「信濃のコロンボ」。 蕎麦打ちが得意。 演 - 長野県警捜査一課 巡査部長。 竹村の部下。 デカ長。 似顔絵が得意。 演 - 長野県警捜査一課 巡査。 竹村の部下。 以前はよく竹村とコンビを組んでいた。 寺沢美由紀 演 - 長野県警捜査一課 巡査。 竹村の部下。 元交通課で着任早々に竹村とコンビを組み捜査をする。 犬が苦手。 北川忠 演 - 長野県警捜査一課 管理官。 出崎孝治 演 - 長野県警鑑識課 警部補。 演 - 長野県警刑事部長 警視正。 竹村の良き理解者。 警視庁捜査一課(伊藤淳史版) [ ] 演 - 警視庁捜査一課 警部。 番組開始前から竹村と陽子とは知り合いで、竹村の自宅に招かれ蕎麦をおもてなしされる仲。 坂口太 演 - 警視庁捜査一課 巡査。 岡部の相棒。 その他(伊藤淳史版) [ ] 演 - 竹村の妻。 竹村と警察官舎で二人暮らし。 パート勤めをしている。 ゲスト(伊藤淳史版) [ ] 第1作「追分殺人事件」(2020年)• 丸岡一枝(雑貨屋「こぶし」店主) -• 秋山徳二(江差金属 従業員) -• 稲垣太一(ヤクの売人) -• 39年前の夕張炭鉱の幹部 - 、• 酒屋の店員 -• 桑江仲男(元炭鉱夫) -• 安原耕三(元炭鉱夫) -• 小西勝男(流しの大工) -• 小川(追分宿郷土館 職員) -• 蕎麦屋「かぎもとや」店主 -• 久美(蕎麦屋「かぎもとや」店員) -• バー「moon waltz」マスター -• 暴力団員 - 、• 生前の小西を目撃した男 -• 小西の遺体の第一発見者 -• 丸岡武人(一枝の父) -• 永井満良(骨董品店「三叉路」オーナー・NPO法人「ブルーカナリヤ」代表) -• その他 - 、、 スタッフ(伊藤淳史版) [ ]• 原作 -• 脚本 -• 監督 - 星野和成• 技術協力 -• チーフプロデューサー - 中川順平(テレビ東京)• プロデューサー - 阿部真士(テレビ東京)、見留多佳城(G・カンパニー)、神埼良(G・カンパニー)• 制作 - 、、G・カンパニー 脚注 [ ]• - 朗読サロンHUIS〜ゆい• - JOY MAKER• - ラッシュアップ• - 夏木プロダクション(アーカイブ)• - 宝井プロジェクト• - 東宝芸能• - えりオフィス• - Yasunari KONDO - 伝ふプロジェクト• - 倉貫匡弘 オフィシャルサイト• - 有限会社グルー(アーカイブ)• - 希楽星• - 株式会社我聞• - オフィス斬(アーカイブ)• - 現代制作舎• - キリンプロ(アーカイブ)• - 前進座• - ケンズファミリー(アーカイブ)• - 前進座• - 前進座• - 武蔵オフィシャルファンサイト• - Akiko Kinouchi Official Web Site(アーカイブ)• - カートプロモーション(アーカイブ)• - 今井事務所• - オスカー電子カタログ• - オスカー電子カタログ• - 前進座(アーカイブ)• - オフィス・ルード• - 希楽星• - 希楽星• - 手力プロダクション• - ALBA• - 大鶴義丹オフィシャルブログ 2007年10月24日• - ブルーエール• - 国分佐智子 Sachiko Kokubu official home page• - 悠木千帆 Official Website• - ラッシュアップ• - サイトウルーム(アーカイブ)• - ボックスコーポレーション• - 麗タレントプロモーション• - 冷泉公裕ブログ 2009年9月5日• 2009年9月16日. 2015年8月20日閲覧。 2017年4月14日. インタビュー. 2017年12月6日閲覧。 - 中野笑店(アーカイブ)• - 高橋克典オフィシャルブログ 2017年3月25日• - LDH• - エビス大黒舎• - 庄野崎謙オフィシャルブログ 2013年9月8日• - パールダッシュ• - ボックスコーポレーション• - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)• - 嶋田久作ブログ 2013年9月30日• - Twitter 2013年10月6日• - クラスター• - 綱島恵里香オフィシャルブログ 2013年10月7日• - アルファセレクション• - 萩本企画• - 萩本企画• - 佐々木麻衣オフィシャルブログ 2013年10月4日• - 劇団東俳• - 円企画• - 舞夢プロ• - クラスター• - 円企画• - 円企画• - 萩本企画• - クラスター• - 高田里穂オフィシャルブログ 2016年11月4日• - ピーチ• - 舞夢プロ• - 増田修一朗オフィシャルブログ 2017年4月12日• - アンカット• - 西沢仁太オフィシャルブログ 2017年4月24日• - Twitter 2016年4月18日• - Twitter 2017年4月24日• - アンセム• - 石垣佑磨オフィシャルブログ 2017年11月19日• - ジェイエフシーティー• - Twitter 2017年11月18日• - 加藤明子 オフィシャルサイト(アーカイブ)• ザ・テレビジョン 2020年4月18日. 2020年4月18日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2020-04-18. 2020年4月18日閲覧。 テレ東からのお知らせ 2020年4月18日. 2020年4月18日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2020-04-24. 2020年4月24日閲覧。 テレ東からのお知らせ 2020年4月24日. 2020年4月24日閲覧。 テレ東プラス 2020年6月8日. 2020年6月20日閲覧。 - Twitter 2020年6月5日• - 芳野友美 オフィシャルブログ 2020年6月8日• - Twitter 2020年4月24日• - Twitter 2020年6月8日 関連項目 [ ]• - テレビ東京系で2014年より水曜夜9時台枠に放送されている、中村梅雀と里見浩太朗が共演の2時間ドラマ。 外部リンク [ ]• 堺正章版• 中村梅雀版• 寺脇康文版• 伊藤淳史版•

次の