若松競艇場 特徴。 【ボートレース】若松競艇場徹底攻略!特徴や予想の仕方を詳細解説!

若松競艇場の特徴や傾向・予想のポイント獣

若松競艇場 特徴

みなさん若松競艇場ってどんな競艇場か知っていますか? 若松競艇場 ボートレース若松 は福岡県北九州市若松区赤岩町にある競艇場です。 1952年に開設されて、現在のSG競走の始まりとも言える全日本選手権競走が初開催されたことから「競艇ダービー発祥の地」と呼ばれています。 今回はそんな若松競艇場の特徴と予想するコツを分かりやすく紹介します。 若松競艇場はどんな競艇場なの? 福岡の北九州にある若松競艇場ってどんな競艇場なの?という疑問もある方がいると思います。 この記事では、そんな疑問を解決していきます。 若松競艇場は、2008年より全国2番目の通年ナイター場になりました。 「パイナップルナイター」の名称でナイターレースを実施しています。 この名称の名付け親は、「神田川」などの作詞で有名な喜多條忠さんです。 ボートレース通としても有名です。 所在地は、福岡県北九州市若松区赤岩町13-1に位置しています。 アクセスは各線奥洞海より徒歩4分。 最寄駅までは博多から在来線で40分ほど。 小倉より無料バス 30~40分 が出ています。 大型の無料駐車場も用意していますが、高速道路利用の場合はインターから少し遠いです。 施設は大型イベントホール、フェニックスステージなどがあり、広くて綺麗です。 ロイヤル席は1,000円でフリードリンクが付いてきます。 飲食店の評判もよく、1本120円のホルモン串、450円の焼きうどんをはじめ博多ラーメン、焼き鳥、唐揚げなど九州ならではのお店が多いです。 今回はその若松競艇場場の特徴と予想に使えるコツを紹介します。 若松競艇場はどんな特徴があるの? 若松競艇場は洞海湾という湾の中に作られており、満潮と干潮で水面の状況が変わります。 海水を利用した競艇場では基本と言えますがが、潮汐表でその時間のチェックは必須です。 また、コースでは潮の流れは2マーク後方から潮が流れ込み、1マーク後方で止められるといった作りになっています。 これにより、満潮時などの潮が高い時間になると、1マーク後方で止められた潮が押し寄せてくるといった特徴があります。 それでは、項目ごとに詳しく見ていきましょう。 水面の特徴を掴もう 若松競艇場の水質は柔らかく浮力がつく海水のため、体重の重い選手が有利と言われています。 満潮時にはインコース、干潮時にはアウトコースが有利となる特徴があります。 また、満潮時はスタートが追い潮となるため、インコースはより有利になるでしょう。 水面は基本的には穏やかな日が多いですが、若松競艇場は風の影響を受けやすく、風速5mを超えてくるとインコースの信頼度が下がると言われています。 そのほか、洞海湾に直結していることから、冬場はやや荒れやすいといった特徴もあります。 風の影響はもちろんある 水質が海水なので、潮の高さと風による影響で水面が変化しやすい特徴があります。 また、1マーク後方から戻ってくる潮が高く、風とぶつかることによって水面が荒れやすくなっています。 風の強い日では満潮時のインコースの信頼度が下がるため、風速と潮の高さは必ずチェックしたいですね。 傾向的には枠順通りと考えよう 水質と風の影響から、荒れやすい競艇場というイメージが持たれやすいと思います。 しかし前述した通り、基本的には穏やかな水面の日が多いようです。 また、海水を利用した競艇場ではありますが、コース別着順率を見ると枠順通りという傾向が見られます。 つまり、水面が荒れやすくても万舟券が良く出る競艇場ではないということですね。 若松競艇場コース別1着率 1コースの1着率は48. 57%という数値です。 全場の比較では1着率は12位と中間順位になります。 若松の1コースは極端な特徴があるわけではないのですが、1着率的に信頼のおける数値ではあるので、選手を見てから買うのが良いですね。 2コースの1着率は15. 85%と全場比較で15位になります。 少しだけ他場に比べると1着率は低い方になりますが、1コースに続く1着率なので軽視は禁物です。 こちらも他コースの選手などをみての判断でしょう。 3コースの1着率14. 90%と全場比較の5位です。 他場に比べるとそこそこ期待できるコースです。 2コースの1着率 15. 85% と差があまりないのが特徴で、良い選手が3コースにいる場合は注目しておきたいですね。 4コースの1着率が13. 25%で、全場比較の10位と中間にあり、可もなく不可もないコースとは言えそうですね。 内側のコースに入る選手が怪しい場合は狙ってみるのも手です。 もちろん自力でもそこそこ期待できるコースなので、4コースに入る選手には注意しておきたいとこです。 5コースは全場比較の12位と中間あたりです。 悪いわけではないので、状況を見てからの判断しましょう。 6コースの1着率が全場比較の17位と少し悪いですね。 2%にも満たない1着率なので判断が難しい所です。 一発狙いなどでの購入など、状況によって狙うのも手も考えられます。 若松競艇場コース別3連対率 1コースの3連対率が79. 連対においてはそこそこ強めではあります。 3着以内からの即切り捨ては注意した方が良いでしょう。 もちろんダメそうなら即切り捨ても一考ではあります。 2コースは58. 92%と全場比較の10位とまずまずで、連対においては2コースはそこそこの確率でしてきます。 3連対率だけ考えると他場に比べても強めではあるかと思います。 3コースは7位という結果で他場比較ではまずまず上位です。 1着率も比較的高めで、3連対率も他場比較では強めになります。 数値的にはそこまで抜けて高いわけではないのですが、若松競艇場においては3コースは注目しておきたいコースです。 4コースの3連対率は全場比較の17位と中間下です。 他場においても数値的には40%前後が多いので悪いわけではないですね。 選手や周りの状況などを見てからの判断したいところになります。 5コースの3連対率37. 42%と全場比較では13位とまずまずですね。 1着率、3連対率ともに中間順位となり、極端な特徴はないもののそれなりに悪くはないコースです。 選手や他のコースの状況を見てからの買いを検討しましょう。 6コースは全場比較では15位と微妙な順位です。 1着率は低めですが、3連対率で考えるとそこそこですね。 軽視せずに舟券購入の際は頭に入れましょう。 最後に1コースの1着を逃した際に3着以内に入る比率を出しています。 4875という数値になって全場ランキングでは7位でした。 1コースが1着になれなかった場合で、 2着や3着に残る可能性は他場に比べてそれなりに高いといった感じです。 1着になれなくても、3着以内にはしぶとく残る印象です。 若松競艇場のSG開催実績はこちら 若松競艇場では、過去から多くのSGレースが開催されています。 下記はSGレースに一覧になりますので、ご確認下さい。 1953年 第1回全日本選手権 1959年 第5回モーターボート記念 1960年 第7回全日本選手権 1965年 第11回モーターボート記念 1984年 第30回モーターボート記念 1997年 第43回モーターボート記念 1999年 第4回オーシャンカップ 2000年 第46回モーターボート記念 2002年 第7回オーシャンカップ 2004年 第9回オーシャンカップ 2005年 第51回モーターボート記念 2006年 第11回オーシャンカップ 2008年 第54回モーターボート記念 2009年 第14回オーシャンカップ 2013年 第18回オーシャンカップ 2014年 第60回ボートレースメモリアル MB記念 2017年 第63回ボートレースメモリアル MB記念 2018年 第23回オーシャンカップ 特性を踏まえた予想のコツを掴む 上記で様々な特徴は出てきましたので、全てをまとめて考えましょう。 まず、競走水面は洞海湾の奥に位置しており、2マーク後方から潮の出入りがあります。 満潮に向かう時間は追い潮で1コース有利、干潮に向かう時間は向かい潮で捲りが決まります。 季節によって強い風が吹くので、レースに大きく影響しています。 冬になると強い追い風が吹き、安定板を装着してレースをすることもあります。 満潮時間と重なると2マークが大荒れで、出足がないと波に負けてしまいます。 夏は向かい風と下げ潮(向かい潮)が重なると捲りが決まるようになります。 日没時間が遅いのでナイター照明が点灯するのは午後7時過ぎです。 レーサーを悩ますのはサンセットの時間帯です。 大時計の後ろに太陽が隠れるので大時計が逆光になり見づらくなります。 スタートが不揃いになるとレースがもつれます。 結果的に、走り慣れた地元のレーサーを絡めた舟券が正解です。 シード番組はありませんが、9Rは1号艇にA級で他はB級という本命番組です。 5Rと8Rの進入固定も1号艇にA級が配置されて本命サイドの決着が多くなります。 優勝戦は4コースが強いというデータがあります。 モーターは中間整備といって低勝率機のパワーアップが盛んに行われるので、性能が接近しています。 そのため超エース級のモーターは出てきません。 若松競艇場の予想のコツまとめ 今回は若松競艇場の予想に使えるコツを紹介しました。 九州の中でも比較的予想がしやすいとされている若松競艇場ですが、季節や天候の問題は多いようですね。 この記事で、いろいろな特徴が分かったと思いますので、是非参考にしてみましょう。

次の

【競艇】全国の競艇場一覧と特徴・インが強いのはどの会場?

若松競艇場 特徴

若松競艇場の水面特徴 スタートが最初の重要なポイントになる若松競艇場 ボートレース若松(若松競艇場)の競走水面は海なので、水質は海水。 水面はそれほど荒れる事はないのですが、洞海湾と直結しているため、冬場はやや荒れる事もあります。 海の水面特有の潮の干満の差によってスタートが難しくなります。 さらに通年ナイターレースという事、風の影響も受けやすいという事などからスタートの難易度はさらに高くなります。 ボートレース若松(若松競艇場)は、インコースが強い競艇場として有名なのでインコースvs他の5コースという構想になりやすいのでスタート展示でスリット通過後にインコースよりも他のコースが伸びてきたり、顔を出したりするような展開であれば「買い」のサインと言えます。 風速によって6コースにチャンスがくる若松競艇場 ボートレース若松(若松競艇場)は、インコースが強い競艇場ではあるが、追い風、向かい風に関わらず、5mを超える風の時にはインコースの信頼度が低下する傾向にあるので、風の強さには常に注意が必要になります。 また、風の強い日や追い風の時には6コースから「差し」または「まくり差し」での3着以内の確率が高くなります。 2017年度から周回展示でボートレース若松(若松競艇場)独自の「直線タイム」が発表されるようになりました(1マーク出口からの直線120mのタイム)。 この競艇用語で言う「二の足」が良い選手の舟券絡みが目立っており、6コースなら好配当への期待も膨らんできます。 周回展示で細かいデータがわかる若松競艇場 前述の「直線タイム」の他に、スタート展示、通常の展示タイム、2013年1月22日より、導入している「一周タイム」(周回展示1周目バックストレッチ中央〜2周目同位置)なども自動計測され発表されます(周回展示が1周となった場合は中止)。 細かいデータを入手できることによってモーターの良し悪しなどが判りやすく、予想をする上でも難易度を和らげてくれます。 引用元:ボートレース若松オフィシャルHP ボートレース若松(若松競艇場)の水面データをさらに詳しく知りたい場合は、の動画も参照にしてみてください。 若松競艇場のコース別データ 引用元:boat race official HP コース別データを見る限りでもボートレース若松(若松競艇場)は基本的にインコースが強いという事がわかります。 ただし、ボートレース若松(若松競艇場)の場合、大まかなデータ上では解りにくいのですが、インコース以外のコースにも出番は数多く回ってくる競艇場と言えますので各レースの選手、モーター、気候、水面には十分に注意して予想してみてください。 若松競艇場のモーター情報 ボートレース若松(若松競艇場)のモーターデータに関してはを参照ください。 ボートレース若松(若松競艇場)のモーター交換時期は12月になります。 12月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、12月以降の1月や2月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース若松(若松競艇場)は、独自の展示タイム計測をしていたり、インターネット上で水面攻略動画を出していたりと、ファンの予想に非常に親切な対応をしている印象があり、実際に舟券予想をする際にも非常に参考になります。 予想自体も非常にしやすい競艇場のひとつと言えるのではないかと考えています。 ボートレース若松(若松競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

次の

鳴門競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

若松競艇場 特徴

基本的には インが有利• 干潮になる引き潮の時間帯は『まくり』が有効• 海水で 潮位の差が大きい• 向かい風で2M付近に波ができる場合がある• 冬の時期の向かい風では差しが決まりやすい 若松競艇場は、 比較的に インが強い傾向で通年でナイター開催されています。 水面のレイアウトは 1Mはセンターポールからの振り幅が9mと比較的小さくなっていますので、インの選手がターンをしやすく有利になっています。 また若松競艇場は通年ナイター開催されているので、 日没の時間になると選手から見る大時計が逆光になり、若松の経験が浅い人がスタートを失敗する傾向があります。 特に 冬はアウトコース勢にとってその傾向が顕著になるので注意が必要です。 競争水面が 洞海湾の最奥部に位置しているため1Mで潮どまりになっている競艇場です。 そのため満潮になる時は 2Mから潮が入って1Mに向かって潮が流れることになり、反対に干潮になる時の引き潮では1Mから2Mへ流れが変わっていきます。 干潮になる時の引き潮の時間帯は、ダッシュ勢からのまくりが決まりやすくなり高配当が出る可能性も高まってきます。 98 55. 56 14. 29 12. 89 10. 11 5. 21 1. ただ、 干潮時の5m以上の向かい風が吹いている場合はアウトコースからのまくり差しが決め手で3連単に絡んでくる時があります。 そのタイミングが高配当の獲得のチャンスですが、 積極的に狙うよりかはモーターの機力差が大きい時にフォーメーションで穴枠で舟券を購入するのが若松競艇場では無難とも言えます。 基本はイン有利だが、モーターの機力や調整力によっては波乱も起きる• 干潮に進んでいく時間帯が高配当のチャンス• 前付けを積極的に狙う傾向があるため出足が良いアウトコースの選手は要チェック 若松競艇場の施設案内&無料バス• わかわくらんど:親子のふれあいを促す子育てスペースで知育玩具を揃えた遊び場• パイン広場:室内にある子ども向けの広場としてステージショーやゲームなどのイベントが多数あり• Red Rock:常設のボルダリング施設で頭だけではなくからだも動かせる• レディースコーナー:女性の方も安心して観戦できるおしゃれな女性専用のコーナー• 飲食ゾーン: 常設店2店舗と月替わりで地元のグルメを味わえるようにと企画店舗もあるフードコートや焼き鳥やうどんなどを取りぞろえている食堂• ロイヤル席:ジュース・コーヒーなどはフリードリンクとなっており、1人1台の専用モニターがありリアルタイムで確認できることが可能• また戸畑・黒崎・小倉駅までは帰り 復路 も運行中。

次の