バナナ 斑点 名前。 バナナの黒い部分食べれる?腐っている見分け方と熟したときのアレンジレシピ

バナナはどうして黒くなる?その理由と対策方法とは

バナナ 斑点 名前

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。 オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします! この雑学ではバナナの暗い斑点やシミの部分の正体や食べても安全かについて解説します。 雑学クイズ問題 【バナナの黒い斑点の名前は?】 A. ブラックスポット B. シュガースポット C. バナナスポット D. ハニースポット 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! バナナの黒い斑点やシミの部分は食べてもよい?その正体とは。 【食べるのを躊躇】 バナナはとても栄養価が高く、果物の中でも比較的安価であることから、スーパーで買って食べる人も多いのではないでしょうか。 また、日本で消費されているバナナの99%はフィリピンから輸入されていてるため、一年中食べられるというのも強みがあります。 スーパーに並んでいるバナナには青めのものもあれば、きれいな黄色をしたものもありますが、実は色によって得られる効能が違うのです。 青めのバナナに関しては整腸作用があることから便秘解消にはぴったりであり、黄色バナナには美肌やアンチエイジングの効果が期待されます。 しかし、時間がたつと黒い斑点やシミのようなものが出来て、徐々にバナナが変色してきてしまい、食べるのを躊躇してしまいますよね。 それではこのバナナの黒い斑点やシミにはどのような効果があるのか、そもそも食べても良いものなのでしょうか? 【黒い斑点やシミの正体】 それではさっそくバナナにできる黒い斑点やシミの正体について解説していきます。 実は黒い斑点にはちゃんと名前があり「シュガースポット」、または「スイートスポット」と呼ばれています。 このシュガースポットはバナナが熟し切って完熟となっている証拠であり、皮が黒くなっている部分の果肉は特に甘いのです。 そのため、少し黒くなってるぐらいでその部分を避けて食べている人がいますが、むしろ黒い部分が甘くて美味しいことからもったいないことをしているんですね。 一見すると腐っているように見えるかもしれませんが、これは運搬中の加圧や保存するときに出来た傷が原因となっています。 バナナの果肉部分に傷が出来ると細胞壁が壊れることによって、ポリフェノールが酸化するようになり、これが原因で黒くなっているのです。 【食べても安全?】 バナナの黒い斑点の正体がシュガースポットと呼ばれるものだということはわかりました。 正体がわかったとしても積極的に黒くなったバナナを食べる気にはならないかもしれませんね。 しかし、黒くなったバナナには免疫力を高める効果があるとも言われていますし、甘くて美味しくて免疫力を高めるものを捨ててしまうことはもったいないとまでいえるでしょう。 それでは、どこまで黒くなったバナナまでなら安全に食べられるのかというと、斑点が出来ている程度なら食べても問題はありません。 黒い斑点が増えてきたとしても、バナナ全体がブニブニで柔らかくなっていない限りは食べることができます。 しかし、全体的に黒くなりすぎて触った感触も柔らかくなってきた場合は、味がぼけていることが多いので、あきらめた方が良いでしょう。 以上がバナナの黒い斑点やシミの部分の正体や食べても安全か、についてでした。 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは「B. シュガースポット」でした! まとめ バナナの黒い斑点やシミはシュガースポットと呼ばれていて、バナナが熟しており果肉が甘い部分である。 黒くなってしまうのは運搬中の加圧や保存するときに傷が入ってしまったことにより、ポリフェノールが酸化してしまうことが原因である。 黒くなったバナナには免疫力を高める効果がある。 バナナが全体的に黒くなってしまい、柔らかくなってしまっている場合は食べない方が良い。 ご了承ください。 com•

次の

バナナはどうして黒くなる?その理由と対策方法とは

バナナ 斑点 名前

バナナの黒い部分、斑点の名前は? スーパーなどでバナナを買うときはバナナの皮はまだ薄っすら緑が残った黄色、もしくは黄色だと思います。 購入後、家で置いておくと日増しにバナナの皮に点々模様のような黒い斑点が現れると思います。 下の画像のような黒い斑点模様 この黒い模様の名前は「シュガースポット」「スウィートスポット」といいます。 バナナの皮の黒い斑点模様の意味 バナナの皮にできる黒い斑点模様の名前がシュガースポット、もしくはスウィートスポットということが分かりました。 では、このシュガースポットは何でできるのか? その意味を紹介します。 シュガーやスウィートという名前からも想像できると思うのですが、この黒い斑点模様がバナナの皮に現れるということは今が熟して一番甘味があって美味しい時期ですよというサインです。 ですので購入してきたバナナを一番ベストな状態で食べたい場合にはシュガースポットが現れるまで風通しの良い常温の場所に置いておくのが良いでしょう。 バナナの黒い部分が斑点模様ではない場合は? 先の項ではバナナの皮に現れる黒い斑点模様はシュガースポット・スウィートスポットといわれ、熟してバナナが一番美味しい時期だと説明しました。 同じ黒でもバナナの皮に下の画像のような黒いものが現れている時は熟しているサインではありません! このようにバナナの皮に現れる黒い部分はバナナが収穫時や輸送途中に強い衝撃を受けてしまい細胞が壊れてしまっているサインです。 ですので黒い部分があるから熟して美味しい時期だと勘違いしないよう注意して下さい。 ただ、その他の皮の部分に黒い斑点模様が現れているようであれば熟しているサインですので美味しく頂けますよ! スポンサーリンク バナナの実の黒い部分は食べれるの? バナナの皮を剥いて食べ進める中で実の部分が黒く変色している場所に遭遇する時があります。 そんな時に、ふと思うのが「食べられるのかな?」「食べて大丈夫なのかな?」ですよね? 大丈夫か?大丈夫ではない?かの基本的な判断の仕方としては ・硬さが他の部分と変わらない ・においも他の部分と変わらない であれば問題無く食べれます。 もしバナナの実の黒い部分が柔らか過ぎて、においも違う場合には、その黒い部分だけを除いて食べれば大丈夫です。 バナナの保管方法 夏場の暑い時期を除いた春、秋、冬であれば買ってきたバナナの置き場所は風通しの良い場所に常温で置いておくだけで大丈夫です。 もし自宅にバナナスタンドがあるようでしたらバナナスタンドを使った方がただ置いておくより風通しも良いでしょうし見た目的にも良いと思います。 夏場の暑い時期は常温で置いておくと熟すスピードが早くなってしまったり小バエが群がる恐れがあるので注意が必要です。 保存状態を良く保つのであれば冷蔵庫に置くのが良いです。 ですが、そのまま冷蔵庫にバナナを置いてしまうと今度はバナナが低温障害を起こしてしまい皮全体が真っ黒になってしまいます。 そこで我が家では百円ショップなどで購入できる保護シート袋(下の画像)にバナナを1本づつ入れて冷蔵庫に入れています。 保護シート袋に入れることでバナナが低温障害を起こすことなく普通に美味しく食べることができますよ! 是非、試してみて下さい! まとめ 今回はバナナの皮の黒い部分の名前は何なのか? どうして黒くなるのか? そしてバナナの実の黒い部分は食べれるのか? そして美味しく食べる為の保存方法などを紹介しました。 日々、食べる機会が多いバナナですが今まで何となくでも不思議に思っていたことがクリアになったのではないかと思います。 今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

バナナに出る黒い点の名前は?食べても大丈夫?

バナナ 斑点 名前

今となっては普通に食べられているバナナ。 以前はバナナは庶民にとって高嶺の花であまり食べることはできなかったんです。 しかし現在はうってかわって手ごろな値段で買うことができ、物好きな人だったら、 毎日食べていますね。 僕もチョコバナナが好きで、売ってたら、すかさず買っちゃうほどです(笑) チョコがかかっていることで、そのまま食べるよりもおいしくなるので、たまらないですね。 そんなバナナですが、バナナに黒い部分があったりするのを見たことあると思います。 そこで今回はバナナの黒いものの正体はいったい何であるかについて紹介したいと思います。 またバナナにまつわる豆知識も紹介しますので最後まで読んでいただけると嬉しいです。 黒くなると、見た目的においしくなさそうにみえるから、 食べていいのか心配になっちゃう。 このように思った方多いのではないでしょうか。 実は黒いのには3つのパターンがありますので、順にみていきましょう。 皮が全体にわたって黒ずんている まずこちらのパターン。 あまりに黒ずんでいるので、食べられるかすごく気になると思います。 どうしてこのようになってしまうのでしょうか。 バナナの皮が全体に黒い理由とは、 冷蔵庫で保管していることによるものなんですね。 バナナはみなさんご存知のように比較的 温暖なところが適しているため、 バナナを冷蔵庫に入れてしまうと、拒絶反応を起こして、バナナが黒ずんでしまうんですね。 それなので皮が黒ずんでいても実がちゃんとしていたら、食べても問題ありません。 皮に黒い斑点がぽつぽつできている 次にこのパターン。 割と目にしたことがある方も多いと思います。 いったいこれはどういうことを表しているのでしょうか。 答えは、意外にも 完熟な状態を表しており、食べごろのサインなんですね。 しかも、 免疫力を高めてくれる働きがあるんだそう。 バナナを食べる際はこの黒い斑点がぽつぽつ出始めたときにたべると、 甘くて、なおかつ免疫力も上げてくれるのでおすすめですね。 まさに一石二鳥! ちなみにこのバナナの黒い斑点には名前があって、 シュガースポットと言われています。 実が黒ずんている 最後にこのパターン。 食べるところだけにそこの部分を食べていいのかきになりますよね。 ではいったいどうして黒ずんでしまうのでしょうか。 その答えは、 細胞が壊れてしまう事によるものなんですね。 バナナは衝撃を受けることによって、細胞が壊れ、それによってバナナに含まれる ポリフェノールが酸化してしまって、その結果黒ずんでしまうんです。 それでもこの場合は食べられないことはないので、黒い部分を食べてしまっても、 体にはなんも問題はありません。 ただ 黒ずんでいて、なおかつ変なにおいがする場合には腐ってる確率が高いので、 それは食べないようにしましょう。 豆知識:バナナと人間のDNAってどうなっている? ここでバナナにまつわる豆知識を紹介したいと思います。 人間は頭を使っていろいろなものを生み出すことができたり、言葉というツールを使って お互いに気持ちを話し合うことができたりするなど、この世で一番頭がいい生き物ですね。 人間の頭脳の良さには実に驚かされます。 さてみなさんにここで問題です。 人間とバナナのDNAってどれくらい同じだと思いますか。 えー!?うそでしょ!? なんで半分も同じなの? 嘘のようかと思いますが本当の話なんです。 もう少し詳しくお話しましょう。 意外にもバナナと人間には共通点が多くあり、この共通点こそが、 それだけ同じDNAをもっているということになるんですね。 例をあげるとすれば、 精子と卵子が受精することによって、子孫を作れることや、 ミトコンドリアで酸素を作成、基本的な栄養源がブドウ糖であることなどです。 しかし、これはDNAの話に限ったことであり、DNAが50%も同じだからといって、 バナナと人間は半分は同じとはならないんです。 これは何千万するバイオリンと1万円のバイオリンと同じことで、いくら形や、弦の数など 基本的なものは同じとはいえ、質が圧倒的に違うんですね。 以上バナナにまつわる豆知識でした! さいごに いかがでしたでしょうか。 今回はバナナの黒いものの正体とバナナにまつわる豆知識について紹介しました。 皮にできる黒い斑点がまさか、食べごろを表していたとは非常に驚きですね。 バナナには免疫を高めてくれるだけでなく、疲労回復や美肌にも効果があるとのことなので、 定期的に摂取することをおすすめします! あー、バナナのことを書いていたらバナナが食べたくなってきました(笑) 久々にチョコバナナ食べたい(笑) それではまた! 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の