ゴースト ダイブ み がわり。 ダイウォール

【剣盾S4シングル】まじめガオガエン厨パ【最終46位】

ゴースト ダイブ み がわり

説明文 あいての こうげきを まったく うけない。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 漢字 相手の 攻撃を まったく 受けない。 連続で 出すと 失敗しやすい。 使用ポケモン• を覚えているポケモンがすると出すことができる。 元のタイプによらずノーマルタイプとなる。 完全に防ぐことによりダイマックスわざの効果も発動しない。 そのターンの最後にダイウォールを使った場合は失敗する。 ・・・・・・・・が成功した後に使うダイウォールは連続使用扱いになり成功率が下がる。 ダイウォールが成功した後のまもる・こらえる・みきり・ニードルガード・キングシールド・トーチカ・ブロッキングは連続使用扱いになり成功率が下がる。 失敗した場合や連続で使用しなかった場合は、成功率はリセットされ必ず成功するようになる。 ・・の攻撃は防げずダメージを受けるが、ダイウォールによる守りが解除されることはない。 次に使用するダイウォールおよびまもる系統の技の成功率は下がる。 のダメージは防ぐ。 特性によるも防ぐ。 まもる状態を無視する技は、防げる技と防げない技がある。

次の

【ポケモン剣盾】ゴーストダイブバグ発生!「姿が消えても攻撃当たる」「他の技が選べた」など【ソードシールド】 │ 黒白ニュース

ゴースト ダイブ み がわり

ジローというものです。 今回はランクバトルS4で使用していたパーティの記事を書こうと思います。 使用率上位のばかりでガチガチの厨パですが見ていただけると嬉しいです。 【並び・レンタルチーム】 【パーティ構築経緯】 が環境トップの 及び物理全般に強く出られることに魅力を感じ、補完で周りを固めていく形で組んでいきました。 身代わりによって、ドラパに対して有利だと思い込んでいる状態異常主体のに強く出られます。 特性はで採用していましたが、パーティが全体的に身代わり絡みの戦術に弱いため、すり抜けも一考の余地ありでした。 との対面で、相手にックスを切らせずに削りを入れられるのがとても偉かったです。 元々Sには28程度しか振っていなかったのですが、耐久振りベースの で先制ボルチェンをしてくる舐めた人たちが多く、試合のペースを握られてしまうことが度々あったので、準速 、 抜き抜きまでSラインを上げました。 この選択によりイーウィンが拾えることもあったので正解だと思っていますが、その影響か色々と数値が足りません。 元々は性格わんぱく、炎技をほのおのパンチで採用していましたが、撃つ機会がほとんどなく、 などに対して特殊炎打点のほうが欲しい場面が多かったため性格を無補正にしてオーバーヒートを採用しました。 オーバーヒートを採用したところでそこまで使い勝手がいいというわけではありませんでしたが そもそもそこまで炎技を撃ちたい場面がありませんでした 、少なくともほのおのパンチよりはこちらの方が明らかに役に立っていました。 はクッションとして使うこのを疲弊させてしまうため敬遠していましたが、 といったフェアリータイプに多少強く出たいならそちらを採用したほうがいいかもしれません。 防御に補正がかかっていないことで、鉢巻 のばかぢからを威嚇込みで確定で耐えられなくなってしまう点には注意が必要です。 追記:コメントにて更に効率の良い性格と配分についての指摘をいただきました。 全体的に 、 より遅いばかりなのが気になったので、を持たせました。 こだわりトリックで相手をかき乱すこともできます。 持ち物は をワンチャン刺すことができるオッカのみを持たせました。 技は鋼打点のジャイロボールと回復ソースとなる、にされて崩されるのを防ぐためのボディプレス、そしてに対して大きく削りを入れられるとしていました。 しかし、は命中不安技であり、またあまり撃つ機会がなく、はボディプレスで 相手の育て方次第ではあるが 確定2発を取れるため、この枠は他の技に変えても良かったかもしれないです。 ボディプレスを活かして相手のにを投げる禁忌のムーブをすることが度々あったため、s実数値が23となる個体を採用したかったのですが厳選が間に合いませんでした。 入れ得だと思います。 【重い】 ・ 型を読み外すとあっさり負けます。 読めても苦しい戦いになるため、ピクシー入りへの勝率はかなり悪かったです。 ・ ほとんど見かけませんでしたがかなりキツイです。 が受けられません。 ックスを絡めてゴリ押しで誤魔化してました。 ・呪い身代わり 鈍足ばかりなので苦しいです。 先発でを出された場合はほとんどこの型と断定して動いていました。 を合わせられていると多少楽にはなります。 ドラパルトをさもすり抜けかのように出していくこともありましたが、あまり褒められた方法ではありません。 ・ きょううんだと相手の上振れ次第で全員死にます。 てんめぐでチョッキにエアスラしてくる変な人も辛いです。 セキタンザンでも採用しない限り完璧に対策するのは不可能だと思っています。 ・ 型が多すぎてわけがわかりません。 完全な対策は不可能だと思っています。 ・ 威嚇が効かない、怯まない、こちらの弱点を突きまくってくる、ととても厳しめです。 ・初手一撃技パチンコ太郎 先発で出てきてはすぐドリル当ててくるので無理です。 その他たくさん 【感想】 パーティが完成してから最終日まであまり時間がありませんでしたが、一応自己最高順位でシーズンを終えることができました。 欲を言えば30位以内で終わりたかったのですが、潜り続けるにつれて自分のパーティに自信がなくなってしまい最終的にはこの順位で保存という形になってしまいました。 次にがっつりランクバトルをやるときは30位以内を目標としたいと思います。

次の

ほろびのうた

ゴースト ダイブ み がわり

同複合中随一の物理耐久を誇る。 ・無効、半減、粉技無効、おにび習得と物理受けとしてのポテンシャルが高い。 またサイズによって種族値が変化する性質を持ち、役割によってサイズを使い分けられる。 サイズの仕様については後述。 草タイプには珍しく技も覚えられる。 ただし特攻が低いため、かえんほうしゃをメインに起用するのは厳しい。 第八世代では、パワーウィップやマジカルフレイム、わるだくみ、ジャイロボールを習得。 一方で、どくどくやニトロチャージが覚えられなくなったのはかなり痛い。 鎧の孤島ではグラススライダー、はいよるいちげき、ポルターガイストを習得。 技範囲が大きく広がった訳ではないが、条件つきとはいえ先制技と、高威力の霊技を習得した。 また、マックスレイドバトルで全てのサイズの隠れ特性が解禁。 サイズで特性を見破られることは無くなった。 くさむすびも半減。 さほど気にする必要はない。 逆に重い方が被ダメージが少ないヘビーボンバーも、それを使うような相手からは特大サイズでも最高威力で受けるので実質差は無い。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 小さいサイズ 速さは硬さ。 サポート全般に向く。 いたみわけの効率も良く、先制で鬼火が入れば結果的に硬くなる。 また今作では下に激戦区の95~98族のポケモン(特に、 がいるためそれらをまとめて抜けるのは大きい。 はスカーフの有無を見てから先制で道連れを放てる。 普通のサイズ おみとおしスカーフトリックに向く。 最速スカーフで最速を抜ける。 大きいサイズ アタッカー向き。 などの60族を意識するなら。 特大サイズ 火力・耐久は一番。 物理受けに最適。 素早さもかげうちで補える。 特性考察 おみとおし 基本的にはコレ。 トリックと相性が良い。 相手の持ち物がわかるというメリットがかなり大きく、他の2つより抜き出て優秀。 ものひろい 自分がもちものを持っていないとき、ターン終了時に他のポケモンが消費したもちものを拾ってくる。 特性の発動できる状況がかなり限定的。 対策にはなるが、採用価値はほぼ無い。 ふみん 隠れ特性。 草タイプなのでキノコのほうしやねむりごなは元々無効。 あくびを意識する場合に採用価値が出るが、おみとおし以上の効果があるかは微妙なところ。 鎧の孤島で全サイズ解禁。 DLC無しだとふつう、特大の2サイズしか存在しない。 技考察 攻撃技 タイプ 威力 命中 効果 解説 パワーウィップ 草 120 180 85 - タイプ一致技。 高威力命中不安。 タネばくだん 草 80 120 100 - タイプ一致技。 中威力命中安定。 威力は不安定だが、タスキやみがわりに強い。 ゴーストダイブ 霊 90 135 100 溜め攻撃 まもる貫通 タイプ一致技。 おにび等のターン稼ぎにも使える。 先制技。 ダメージ上乗せや鈍足のカバーに。 小さいサイズなら怯みも狙える。 イカサマ 悪 95 100 - 攻撃無振りでも使える攻撃技。 物理受け型で。 特殊技なので4倍弱点以外にはダメージは期待できない。 命中・PP重視。 呼ぶ特殊アタッカー読みで。 火力は期待できない。 素早さ補強に。 だいばくはつ 無 250 100 自分瀕死 サポート後の退場に。 変化技 タイプ 命中 解説 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 炎に無効。 やどりぎのタネ 草 90 ダメージ源。 耐久型で。 草に無効。 あやしいひかり 霊 100 妨害技。 無効タイプ無し。 かなしばり 無 100 起点作りに。 素早いほど使いやすい。 トリック 超 100 ハチマキやスカーフとあわせて。 おみとおしと相性が良い。 ハロウィン 霊 100 相手への妨害や、味方へのサポートに。 詳細後述。 ひかりのかべ 超 - 味方の特防を強化。 自身にも有用。 トリックルーム 超 - サポート用。 遅いほど使いやすい。 みちづれ 霊 - 苦手なアタッカーを道連れに。 連発不可。 のろい 霊 - 自主退場やダメージ源に。 いたみわけ 無 - 削り技兼回復技。 小さいサイズと相性が良い。 こうごうせい 草 - 回復技。 天候変化に注意。 サイドチェンジ 超 - ダブル用。 耐性を活かして相方をかばう。 専用技「ハロウィン」について 相手にゴーストタイプを追加する技。 2タイプを持つ相手なら一時的に3タイプの状態にできる。 「もりののろい」の効果とは重複しない(後にかかった技の効果のみ有効)。 以下の活用法が存在する。 ノーマルタイプ以外のポケモンに使用して、こちらのゴーストタイプの攻撃技やイカサマのダメージを増やす。 のろいを積む相手に使用してのろいの効果を変更(使用するとHPが最大値の半分だけ減少・相手をのろい状態にする)し、積みを妨害する。 ダブルバトルで味方に使い、ノーマル・かくとうタイプの技を無効にする。 など、かくとうタイプに弱いポケモンとセットで。 ゴーストダイブのラグを解消できる。 追加効果で物理受けの流しを誘う。 かげうち 90 135 ダイソウゲン パワーウィップ 140 210 場:GF 一致技。 グラスフィールドで2回目から威力1. 小回復も耐久型と相性が良い。 タネばくだん タネマシンガン 130 195 ダイロック いわなだれ 130 天候:砂嵐 草の苦手な相手に刺さりやすい。 ひざしがつよい状態や耐久型とは相性が悪い。 追加効果も優秀。 鉄球持ちでない限り通常使用には堪えない。 要S調整。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスによる猛攻をしのぐ場合に。 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイバーン だいもんじ 140 天候:晴 対草虫鋼。 物理型でも4倍狙いの役割破壊として候補。 特殊型とアンチシナジー。 特殊型での火力補強に。 ダイサイコ サイコキネシス 130 場:PF 対毒闘。 ふいうちやかげうちも防げる。 特殊受け崩し。 ダイフェアリー ムーンフォース 130 場:MF C無補正無振@帯以上で無振りを確1。 252振るとHPが192になる。 食べ残しを持つなら16nで回復量の増える192が有用、持たないなら16n-1で定数ダメージが少なくなる191が有用。 鈍足アタッカーへ確実にやけどを入れ、後続のサポートを行う。 やけどを撒ききったり特殊アタッカーが出てきた場合、大爆発で自主退場する。 サイズ別の特徴 小さいサイズ 素早いので一番鬼火を入れやすいbr;(やが抜ける 大きいサイズ などを意識する際に。 対象外だと挑発も受けやすい。 (無振り70族抜きならS12 特大サイズ 耐えて鬼火を入れる。 なので被弾数はかさみ、挑発も受けやすい。 鬼火撒き型より上の物理受け型向き。 小さめサイズならこだわりトリック、大きめサイズならかげうちを活かしたい。 同タイプではの方が特殊火力も上でわるだくみも覚えるものの、 炎技やムーンフォースで差別化可能。 わるだくみを積めばを超える火力を出せる。 4倍弱点なしの他弱点高耐久なのでじゃくてんほけんとの相性が非常に良い。 差別化、実用面での両面において威力・命中・追加効果のすべてに優れるムーンフォースの採用価値も高い。 ほか、きあいだまやヘドロばくだん、サイコキネシスもあるが命中や範囲の観点からみると使いづらいか。 サイズは基本的には一番速い小サイズを推奨。 特大サイズで弱点保険発動してトリックルーム展開からの無双も悪くない。 ただし、最鈍でも等の無振り30族を抜けないので注意したい。 ゴーストダイブはトリルのターンを浪費してしまうため相性は良くない。 選択肢にのろいを追加。 だいばくはつ読みのみがわりorゴーストタイプへの交代に効く。 また「なやみのタネ」で「ねむる」を使った仲間を起こす、鬼火を入れるなど役割は多い。 パートナー候補 <格闘4倍弱点> ・などの格闘4倍を無くしてサポートする。 <悪単タイプ> 味方が悪単タイプの場合にゴーストタイプを追加することで弱点をフェアリーだけにする。 相手をゴーストタイプにして、タイプ一致の悪技で攻めることができる。 <ノーマル単タイプ> 抜群1・半減2・無効3という理論上最強クラスの耐性を作ることが出来る。 対パンプジン 注意すべき点 姿によって種族値配分が異なるため、それぞれの特徴を把握しておく必要がある。 小型は素早さを活かしたサポート型、大型は耐久を活かした物理受け型が多い。 おにびやトリック、ハロウィンなどの厄介な補助技を駆使してパーティ半壊を狙う。 対策方法 サイズを問わず補助技主体なので、ちょうはつで防ぎつつ特殊アタッカーで攻める。 おにびは炎タイプで無効化できるが、メガストーンとZクリスタルがなくなったのでトリックへの対抗策が減った。 ハロウィン+かげうちのコンボが効かないノーマルタイプには有効打が無い。 覚える技 レベルアップ 6th 7th 8th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 バケッチャ パンプジン バケッチャ パンプジン バケッチャ パンプジン - 1 - 1 - 1 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 1 1 1 1 1 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 1 1 1 1 - 1 あやしいひかり - 100 ゴースト 変化 10 - - - - - 1 ムーンフォース 95 100 フェアリー 特殊 15 - - - - 1 1 ハロウィン - 100 ゴースト 変化 20 30 30 30 30 4 1 かげうち 40 100 ゴースト 物理 30 23 23 23 23 12 12 ハロウィン - 100 ゴースト 変化 20 16 16 16 16 12 12 はっぱカッター 55 95 くさ 物理 25 20 20 20 20 16 16 やどりぎのタネ - 90 くさ 変化 10 26 26 26 26 20 20 タネマシンガン 25 100 くさ 物理 30 6 6 6 6 24 24 ハロウィン - 100 ゴースト 変化 20 4 4 4 4 24 24 こわいかお - 100 ノーマル 変化 10 11 11 11 11 28 28 なやみのタネ - 100 くさ 変化 10 48 48 48 48 32 32 タネばくだん 80 100 くさ 物理 15 36 36 36 36 36 36 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 40 40 40 40 36 36 ハロウィン - 100 ゴースト 変化 20 1 1 1 1 40 40 トリック - 100 エスパー 変化 10 42 42 42 42 44 44 いたみわけ - - ノーマル 変化 20 - 57 - 57 - 48 ゴーストダイブ 90 100 ゴースト 物理 10 - 1 - 1 - - ゴーストダイブ 90 100 ゴースト 物理 10 - - - 1 - - こわいかお - 100 ノーマル 変化 10 - 63 - 63 - - ハロウィン - 100 ゴースト 変化 20 - 75 - 70 - - だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 - 70 - - - - シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技マシン No.

次の