退職代行 円満。 【安心・円満で選ぶ】退職代行サービス5選

円満退職(円満退社) できない時のリスクとは?円満退職に失敗しない方法

退職代行 円満

仕事を辞める代行?退職代行サービスとは 会社を辞めたくても自分から言い出せなかったり、上司に引き留められて困ってませんか?そんなあなたの代わりに退職の相談や会社との交渉を代行してくれるのが 退職代行サービスです。 当サイト(退職代行ヒカク)では、あなたと同じように 退職で苦労した私が信頼できる退職代行業者を選び、口コミや評判の良い退職代行会社だけをランキング形式で掲載しています。 また、他にも実際に退職した方の体験談や退職代行についてのよくある質問を掲載しております。 私も、最初こそ疑っていましたが、今となっては「 退職代行に依頼して本当に良かったな」と思っています。 このサイトをみている方が、再び元気に社会で活躍できる きっかけになることを願っています。 退職代行について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。 ピックアップ記事 【退職代行】弁護士法人みやびは、弁護士が直接相談に乗ってくれる退職代行サービスです。 最大のメリットは弁護士が直接、会社との交渉や法律事務を引き受けているので、万が一退職代行を依頼して労働問題などトラブルが起こった時にも安心です。 ですのですることなく、退職が可能です。 また、依頼費用は、正社員やアルバイトなどの雇用形態を問わず、一律で54,000円(税込)です。 料金は他の退職代行サービス業者と比べると高めですが、弁護士に直接依頼ができるので、弁護士でないと請け負う事ができない残業代の請求などのオプションサービスを提供しています。 利用者の声 おすすめ退職代行サービスの比較ランキングまとめ いかがでしたでしょうか。 私自身、退職に非常に悩んだ経験を持つため、自分のような経験をしてほしくないという思いでネット上から 評判の良い退職代行業者の口コミやレビューを集め、退職代行オススメランキングにまとめました。 実際に退職というのは、とても勇気がいるものです。 その勇気を出すために多くの精神力を使い、再就職が失敗してしまっては元も子もありません。 評判の良い退職代行業者に依頼し、スムーズな 再スタートを切りましょう。 今回は「専門性」「実績」「サポート」「料金」の4つの点から、多数ある退職代行業者の中でも優れた会社をご紹介しました。 その中でも特におすすめなのが、実際に私が依頼して 円満退職に導いてくれた「 退職代行ニコイチ」です! 退職代行ニコイチが選ばれる理由 退職代行専門の14年の強み とにかく退職代行ニコイチはお客様の声を見てもわかるように、 ネットでの口コミや評判が良いです。 退職代行という非常にニッチな業界ながら 7000人以上の人達を円満退社に導いている素晴らしい実績があります。 依頼から 最速で10分という様々な対応が迅速なのも特筆すべき点です。 業種や契約形態を問わず、また 創業14年以上に渡って積み上げられたノウハウがあり、まさに元祖退職代行のプロフェッショナルと呼ぶに相応しい会社でしょう。 入金が確認されたら本当に迅速に対応してくれます。 退職代行を依頼しようとしている人にとって不安なのは、「本当にやってくれるのだろうか」という点だと思います。 退職代行ニコイチはそんな「自分は騙されているんじゃないか」という疑念を払拭してくれるかのように、迅速に対応してくれるのです。 退職後も安心充実のサポート 退職代行料金が安い!最安値なのに心理カウンセラーによるメンタルのサポートも行ってくれるという充実の内容。 回数や期限によって追加料金を請求されることもないため予定していた以上の金額がかかることもありません。 初めてで不安な方こそ、退職代行ニコイチのサービスを受けることをおすすめします。 退職代行料金も業界最安値です。 私がこのサイトを作るまで、退職関連の法律は全く詳しくなかったのですが、退職代行ニコイチは退職のプロなだけありリスクなどを全て周知していました。 依頼した瞬間から綿密な退職シナリオを組んでくれ「こういったリスクがあります」「こういった結果になります」といったことも説明してくれさすが 退職代行のプロだなと関心しました。 退職手続きの知識が無い方でも、大船に乗った気持ちで依頼できておすすめの退職代行業者です。 退職代行の実績が半端ない! 退職代行を依頼する状況というのは、多くの人にとって追い詰められている状況です。 しかも退職代行の際には自分の弱い部分を見せつつ相談しなければならないため、不安もより一層強まるものでしょう。 退職代行ニコイチはそんな相談者の不安をしっかりとすくい上げ、 丁寧に電話対応してくれます。 「電話が苦手」という人でもメールやLINEで対応してくれ、間違いなく安心できる、という印象を受けました。 20代~70代まで、幅広い年齢層のスタッフが所属。 さらに 他社を出し抜く14年以上の電話代行のノウハウが、円満退社に至るまでの円滑な連絡・行動を行ってくれます。 電話特有の相手との心理戦も対策しており、クオリティの高いスタッフが集まっていると言えます。 返金保証 電話代行というのは、その業務の内容上、結果まで保証してくれる業者はほとんど存在しません。 しかし退職代行ニコイチは、 退社できなければ返金を保証するという驚きのシステムの下サービスを提供しています。 いかに退職代行に対して自信があるかが伺えますね。 退職代行業者とは 退職代行業者とは、現在の仕事を辞めたいと思っているにも関わらず、様々な理由で辞められない人のために、 代わりに退職電話や手続きを代行してくれる退職代行サービスを提供している電話代行業者のことです。 多くの人にとって、退職というイベントは人生の中でそれほど多く経験することではないため、分からないことばかりだと思います。 しかし、退職代行業者はその名の通り退職のプロ。 懲戒解雇処分や損害賠償請求などのトラブルにならないよう スムーズかつ円満な退職を実現してくれます。 上司が退職を認めてくれない、何度も引き留められる、働き始めてそんなに経っていないためなかなか会社を辞めると言い出せない…などの辛い境遇にいる人は、心や身体が病んでしまう前に気軽に退職代行ニコイチへ相談してみることをおすすめします。 退職代行サービスの評判や口コミ 退職代行サービスの魅力は、 退職したい旨を相談してから実際に退職するまでの流れが非常にスピーディであり、交渉に失敗がないことが挙げられます。 脅迫など違法な手段を使って交渉をしているのではないかと考える人もいますが、弁護士と提携して退職交渉のノウハウや法的な知識を得た上での交渉となりますので、合法的なやり方で交渉を行うので心配する必要はありません。 加えて、辞めればその後どうなろうが関係ないというスタンスではなく、 退職者にとって有益になるように交渉を勧めてくれますから 円満退職で会社を去ることが出来ます。 比較的新しいサービスのため、認知度が低いですが、怪しいサービスではないので退職を考えている人はまず気軽に相談をしてみましょう。 退職代行サービスの比較の仕方とは しかし、いくら退職代行業者が円満退職を目指してくれるとはいえ、業者によって得意不得意があります。 どこでも同じ、と考えて依頼をしてしまうと、思うような結果を得られずに不満が残る退職をしてしまう可能性があります。 そのため、 自分に合った退職代行業者を選ぶことが重要になります。 自分に合う退職代行業者を選ぶには、まず自分のニーズを具体的にする必要があります。 退職をするに当たって自分が望むのはどのようなことなのかを明確にすると、業者を選ぶ基準が見えてきます。 例えば会社には二度と行きたくないから、会社に足を運ばなくてもいいように荷物の引き取りや必要書類を受け取って来てもらいたい、退職した後のサポートもお願いしたい、など退職に対する何らかのニーズがあるはずです。 自分が勤めている会社は今どのような状況なのか、ブラック企業なのか、人員が不足して辞めるに辞められない状況なのかなどの会社の状況についても知っておくと、より選択がしやすいでしょう。 退職代行業者をランキングで紹介している比較サイトもありますが、利用者が多いことと自分のニーズが満たせるかは必ずしもイコールではありません。 そのため、退職代行業者のサイトや退職代行業者をオススメ紹介する口コミや評判の情報収集をしておくと選びやすくなります。 退職代行業者おすすめサイトや口コミ・評判などを見てじっくり考える 精神的な余裕がない場合は、業者に電話を掛けて自分の状況や希望することを伝えてサービス内容について聞いてみると分かりやすいかもしれません。 親身になって聞いてくれるところであれば信用も出来ますし、質問したことについて詳しく話してもらえれば、仕事についてきちんと理解している人がいることの証明にもなります。 ただしそれすら心苦しいといった場合、利用した方のお客様の声や口コミを参考にすることをおすすめします。 口コミは利用者の生の声であり、信憑性のあるデータでもあります。 口コミの中には「境遇が似ていて、そこから脱却できたエピソード」などもあります。 それらを読むことで退職代行を利用することによる具体的なビジョンが見え、望ましい結果に繋がることが多いでしょう。 実は私も過去に退職で苦労しました・・ この退職代行おすすめランキング比較サイトを立ち上げようと考えた一番大きな理由が、 筆者である私自身も過去にブラック企業からの退職で苦労した経験があるからなのです。 私のケースは、社員が少ないにも関わらず部署の仕事がいつも大量にあり、私が仕事を辞めると完全にタスクが回らなくなるからという理由で引き止められ続けるというものでした。 連日終電(日によっては帰れないことも)が当たり前でした。 ある日、無意識の内に我慢していた部分がプツッと切れ「自分は一体何をしているんだろう…」という虚しさに包まれました。 その日から突然仕事に集中できなくなり、何をしても楽しくない、なかなか寝つけない、将来に希望が持てない…と、今振り返れば完全な鬱状態になっていたと思います。 周りの人に相談する気力も、退職に関する法律の勉強をする気力も湧かず、毎日が辛かったです。 それでも漠然と「辞めたい」という思いの中、退職に関することを色々と調べていると、退職代行というサービスが存在することを知りました。 今まで 勤めていた会社を退職する時、双方にとって円満に退職が出来ればこれほど幸せなことはありません。 しかし、退職したい旨を伝えた時に強引に丸め込まれて引き止められてしまったり、人がいないことを理由に退職の機会を先延ばしされてしまったりなど、上手く辞められないケースも少なくないのが実情です。 ブラック企業に勤めてしまい、退職したい旨を伝えることすら出来ないというケースも中にはあります。 自分一人で退職の手続きを取れれば良いのですが、 どうしても自分一人では円満な退職が出来そうにない場合に利用したいのが「 退職代行サービス」です。 退職代行サービスは、本来自分で退職の手続きを取らなくてはならないところを、本人に代わって退職の手続きを行ってくれるサービスです。 もちろん退職に必要な書類を提出したり荷物を返却するなど、退職者本人がしなければならないことはあり、一切の労苦を一任出来るわけではありませんが、 確実に退職をしたいという場合には非常に強力なサービスと言えるでしょう。 本当に退職できるの?と思っている方へ 退職代行サービスは知名度の低さから、怪しい・騙されそうと思われてしまうのも仕方がないと思います。 正直言うと、私も最初はそうでした。 それでも、私は鬱状態の精神の中、藁をもすがる思いで退職代行業者に電話をしたのです。 しかし、 退職代行サービスという業務は決して違法行為ではなく、また専門的・法律面の知識も必要なため、誰でも気軽にお金稼ぎのために始められるような仕事ではないと思います。 今回紹介しているのは、どれも確かな知識・知名度・数多くの実績を持つ口コミや評判の良い業者をしっかりと調査して選びました。 何かが壊れたら修理業者に頼むように、 引越しをする時は引越し業者に頼むように、退職したい時は退職代行のプロに任せるのが一番です。 あなたの苦しみを本当に理解しているのは、あなた自身です。 苦しい状況から1秒でも早く抜け出し、新しい人生のスタートを気持ちよく切るためにも、半信半疑でもいいので退職代行サービスを検討してみませんか? 最後に 退職で悩んでいる、というのはとても悲しい状況です。 「 仕事を変える」というのは、もっと気軽に行ってもいいものだと考えています。 それが出来ないのは様々な機会の損失であり、あなただけ、一つだけの人生を無駄にしていることと言えてしまいます。 このサイトに載っている口コミは、そんな悩みを抱いていた人たちの感謝の言葉です。 退職というのは、多くの人にとって非常に精神的な負担がかかります。 人に相談しても、「そんな怪しい業者なんかに頼らず自分で言えばいい」と言われてしまうかもしれません。 しかし、あなたの辛さを一番理解しているのはあなた自身です。 上司や電話が苦手だから、どうすれば退職できるのか分からないから、と業者に頼ることは決して恥ずかしいこと、おかしいことではありません。 私も、最初こそ疑っていましたが、今となっては退職代行ニコイチに依頼して本当に良かったな、と思っています。 もしあなたが現状に不満を持っている、辛くてたまらないという場合。 退職代行ランキングサイトが、 再び元気に社会で活躍できるきっかけになることを願っています。

次の

業界最安値19,800円で会社を辞める!退職代行プラスサービス

退職代行 円満

よく「 円満退職はした方がいい」だとか「 円満退職はするべき」と聞きますよね。 実際どうですか?周りに円満退職した先輩や上司はいますでしょうか? ぶっちゃけほとんどいなくないですか?僕の周りも円満退職をした先輩方はいません。 僕自身、円満退職できなかった人間のひとりです。 僕は疑問に思いました。 「 円満退職は本当に必要か?」「 円満退職できる人はどのぐらいいるのか?」 そこで僕が導き出した答えが、「 円満退職は無理にしなくてもいい」でした。 世間では円満退職をしたいけどできそうにない。 または絶対無理だよ。 と悩みを抱えている人も多いですよね。 そういう人こそ、 円満退職にこだわらず割り切ることが大切だと思っています。 この記事では、円満退職を無理にしなくても良い理由と退職する際の考え方についてまとめました。 この記事をきっかけに、少しでも気持ちが楽になる人がいれば幸いです。 このページの目次 CLOSE• そもそも円満退職ってできるの? 素朴な疑問ですよね。 これ僕も当時はすごい考えました。 そもそも円満退職ってできるものなのだろうか?円満退職はしないといけないのだろうか? こういったクエスチョンが僕の頭の中でいっぱいでした。 結果、僕が導き出した答えが「 別に円満退職にこだわらなくてもいいんじゃね?」という結論です。 というのも、周りに円満退職した人間がほぼいなかったからです。 僕が知っている人の大半のほとんどは、自分の都合を考え自分の意思で自分のタイミングで退職していきました。 僕が思うに、円満退職にこだわっている人は以下の理由があるのではないでしょうか?• 自分が辞めることで先輩や上司に迷惑をかけたくない• 周りから嫌な目で見られたくないから• 人手不足が深刻で、とても割り切って退職なんかできない• 次の転職先に影響が出てしまうのではないかと思っている こういう呪縛があるせいで、 無意識に周りに迷惑をかけたくないと思っているからですよね。 その気持ちはよくわかります。 少し厳しい事を言いますが、上記のような思いが少しでもある内は退職すること自体が厳しいと思います。 人手不足の現代において、働き手はとても貴重です。 まして仕事ができる人であれば尚更引止めに合うことでしょう。 または上司の説得により、ズルズル先延ばしになってしまって、最後には退職するタイミングを見失ってしまう。 このパターンが濃厚です。 じゃあ、どしたらいいの? 結論を言うと「 円満退職にこだわらない」です。 このマインドで退職に向き合う方が圧倒的に楽です。 繰り返しですが、会社は退職希望者に対して基本的に引止めをしてきます。 こういう引止めにあった時に、少しでも退職に対して罪悪感があったり周りの目を気にしていたら、そのまま流されて辞めづらくなる可能性があるからです。 これは割と多い話です。 あなたがそこそこのポジションであった場合、給料を上げてやるから。 とかそういう条件を出してくる企業もあります。 ですから、円満退職をするぞ!と思っても簡単にできるものではないので、もっと楽観的に「できたらいいな〜」ぐらいでいいんです。 退職する9割の人は円満になんて退職できていません。 円満退職ができる人はどんな人? 9割が円満退職ができないとお話しましたが、もちろん中には 少数ですが円満退職できる人もいます。 円満退職ができた人の中では、以下のパターンが多かったです。 日頃から人間関係が良好だった人• 病気やケガが原因で退職を余儀なくされた人 例外はあるかもしれませんが、円満退職ができた主な理由としては上記の2つです。 人間関係が良好な人と言うのは少し具体性に欠けますが簡単に言えば、 日頃から気軽に会話ができる環境で個人のキャリアアップや目標を素直に応援してくれる環境にいる人です。 こういった環境であると、退職するという時も意思を伝えやすいですし、その後の関係も良好に保つことができます。 ただ現実問題、今言ったような職場は少ないのが現実です。 このように 円満退職自体ハードルが高いものだと言えますよね。 円満退職ができれば、これ以上に良い事はありませんが、無理に円満退職にこだわらなくても大丈夫です。 少し悪者になるぐらいの気持ちで退職した方が、迷うことなくなるのでスムーズに手続きができます。 辞めるのに最適なタイミングはいつ? よくある質問ですが、 いつのタイミングで辞めるのが適切かという質問。 これについては、ハッキリ言いますが最適なタイミングというのは存在しません。 しいて言うのであれば「 辞めたいと思った瞬間が最適なタイミング」です。 冒頭でも少し触れましたが、結局ところ周りに迷惑をかけずに辞めたいだとか、人目を気にしているようでは退職はできません。 つまり、 自分が本気で辞めたいと思っている時が意思が強い時なので、そういう時に決断した方がいいです。 僕も最初のころは辞めたいけど、周りからどう思われるか気にしていたので時期があったので、なかなか決断できませんでした。 こういう時期は本当にズルズル先送りになってしまうんですよね。 僕が退職に踏み切った時も心の底から「 もう辞めたい!!」と思った時でしたもんね。 ですから、多少の勢いがあった方が辞めやすいのも事実です。 やるべき事は退職までにやっておくこと 円満に退職ができそうにないからといって、自分が受け持っている業務をおろそかにしてはいけません。 必ず自分が退職するまでにやるべき業務が残っているのであれば、 全てこなしておくようにしましょう。 その方が自分自身が気持ちよく退職ができますし、 円満退職にも少なからず繋がるからです。 仕事を辞めるとなれば、引き継ぎ業務もあると思いますが、この時にやるべき業務が多く残っている状態だとどうでしょう? 引き継ぐ側は、とても嫌な気持ちになりますよね。 退職する側は、もう辞めるから関係ないと思わず、辞めるまでに最善を尽くすことが大事です。 そういった姿勢で取り組むことで、次の職場や仕事でも良い成果を出すことができます。 簡単に退職できない場合は退職代行サービスも視野に 中には円満退職はおろか、会社の環境によっては簡単に退職することができない場合もあると思います。 例えば、上司が怖くて退職したい意志を伝えられない場合や職場の人間関係が悪い場合です。 このケースでは円満退職なんて綺麗事を言っている場合ではないので、今すぐその環境から抜け出した方がいいです。 こういった環境で働いている方はそんなに多くはないと思いますが、もしそのような環境で困っているなら 退職代行サービスも視野に入れた方がいいです。 ちなみに退職代行を利用するなら24時間対応可能で、代行費用も安いが個人的にオススメです。 退職代行SARABAのサービス内容や特徴はこちらの記事で詳しく解説しています。 円満退職自体は無理にするものではない• 円満退職ができない人は、辞める意思が弱く周りの目を気にしすぎている• 円満退職ができる人は働く環境が良好な職場、病気やケガでやめざるを得ない場合が多い• 辞める最適なタイミングは、自分が本気で辞めたいと心から思った時• 辞めるまでは、残りの業務を全てこなす意識で取り組むこと 上記がこの記事のポイントです。 結局のところ、円満退職ができる人なんて割合で言えば本当に少ないです。 ほとんどの人は、円満どころか若干の悪者にされて退職していきます。 ですから、円満に辞めたいなんて甘い考えは持たずに 淡白に割り切って退職をするべきです。 そこで他人からどう思われてもいいじゃないですか。 重要なのはあなたが退職して次の目標に向かっていくことなんで、しっかりと辞める時は 気持ちがブレない強い意思で退職意思を伝えるべきです。 僕も前職を辞める時は、周りの目は一切にせず淡白に退職手続きを行いました。 おかげで清々しく辞めることができましたよ。 それでいいんです。 ですから、あなたも後悔をしないよう他人の事なんて気にせず、自分の意思をしっかり持ってください。 今回の記事は以上です。 退職する瞬間は周りに気を遣ったり、嫌な思いをするかもしれませんが、それは少しだけ我慢すれば済むので頑張って乗り越えましょう。

次の

【2020】退職代行おすすめランキング!評判の良い5社を比較[退職代行ヒカク]

退職代行 円満

【目次】• 退職代行ってなに? そもそも退職代行ってどんなサービスなのでしょうか。 退職代行とは、退職したいのに辞めさせてくれない、または、「辞めたい」と言いづらい職場環境にいる場合に、退職希望者に代わって退職の意思を伝えて退職を実現するというものです。 退職代行を利用する場面としてはいくつか考えられますが、以下に挙げるようなモラルの低い上司やコンプライアンスの意識の欠如した会社の行動があります。 こうした会社をスムーズに辞めることは、簡単ではなく、退職させてくれない場合があります。 また、人によっては、面と向かって退職の意思を伝えることが難しい場合があります。 こうした人には退職代行を利用するメリットがあるといえるでしょう。 1-1. 退職代行ってどんなサービス? それでは退職代行は具体的にどんなことをしてくれるのでしょうか。 ブラック企業などの労働上の問題のある会社では、退職したいのに辞めさせてくれず、退職届を受け取らず破り捨てたりするなどの事例がみられます。 また、場合によっては退職を妨害するといった暴挙に出るといったこともあります。 退職代行サービスは、 労働上の問題がある会社に対し、退職したい人に代わって、 退職の意思を伝えるサービスです。 まず、依頼者の退職を実現するために、会社に対して電話等で退職の意思を伝えてくれます。 また、退職にあたり、有給の消化、保険証や貸与物の返却方法の指定などを依頼者の代わりに行います。 この点、弁護士による退職代行サービスであれば、退職できることについて法的主張を行うことができます。 弁護士以外の退職代行業者であれば、退職できることについて法的主張はできず、依頼者にとって不利となる場合も考えられます。 弁護士による退職代行であれば、引き止めなどがあった場合に、退職希望者に代わって会社側に退職意思が堅いことや、どういった経緯で退職を決意したかなどの説明を行います。 なお、 では、退職代行サービスを提供している弁護士の情報を案内しています。 こちらのサービスを利用すれば、法令に精通した弁護士が担当するため、ワンストップで退職代行を頼むことができます。 1-2. 退職代行の料金相場 退職代行を利用して会社を辞めるとして、どの程度の料金がかかるのでしょうか。 業者によって料金は違うので、はっきりとは言えませんが、だいたい 5~10万円前後から最高で15万円程度(弁護士成功報酬含む)という範囲のようです。 また、退職代行の料金は正社員の場合とパート・アルバイトの場合とでは異なるようです。 具体的には、会社員の場合は、全体的に正社員よりも料金設定を1万円ほど高くしている場合が多いようです。 正社員の場合、パート・アルバイトより、会社とやり取りするべき事が多く、複雑な場合が多いという事情を反映してのことでしょう。 1-3. 退職代行の評判 退職代行の評判はどうなのでしょうか。 インターネット上の情報なので誤った情報である可能性もありますが、インターネット上では評判はそれほど悪くなさそうです。 ただし、印象の良し悪しだけで、退職代行業者を判断することは危険です。 例えば、弁護士以外の退職代行業者は、違法である可能性が高いことにも注意した方がいいでしょう(この点については、で詳しく説明しています)。 このような 弁護士以外の退職代行業者に、退職代行を依頼することはリスクが高いため、できるだけ利用しない方が良さそうです。 退職代行は失敗することはあるの? すぐに辞めたいから、退職代行を利用するのに、失敗なんてしたら嫌ですよね。 退職代行での失敗としては、退職ができなかったり、離職票などの書類の郵送がされなかったり、あるいは、会社から損害賠償の請求などがされる場合があります。 では、退職代行で失敗しないためには、具体的にはどうすれば良いのでしょうか。 2-1. 失敗すると退職できない? ウェブサイト上の情報を見る限りでは、退職代行サービスを利用して退職できないという事例はあまりないようです。 しかし、 退職の通知が不適切だと、証拠が残っていないので、 後でトラブルとなる可能性があります。 その点、弁護士による退職代行であれば、法令にもとづいた適切な通知を行うので、証拠が残り、あとからトラブルになることを防ぐことができます。 他方、弁護士以外の退職代行業者では、専門的な法律知識に欠けるので、このような適切な通知を行えず、後からトラブルとなる可能性があります。 加えて、仮に退職できても、後記2-2. 以降で説明するように、損害賠償の請求、嫌がらせ、または退職関係書類を送らない、などの問題が起きる可能性もあります。 こうした問題は特に、すぐに退職しようとする場合で起きやすくなります。 このように、弁護士による退職代行は後から問題が起きないという点でも、利用するメリットがあると言えます。 2-2. 退職後に会社から損害賠償請求を受ける? 退職代行で失敗するケースの1つ目は、退職後に会社から損害賠償請求を受けることです。 退職代行サービスを利用したのに、会社から損害賠償を請求されたら、やり切れないですよね。 退職代行で失敗して損害賠償の請求を受ける原因の多くは、退職の意思の通知の方法が法令にもとづいていない場合などにあります。 退職代行サービスを提供する多くの弁護士以外の業者のサイトでは、「即日退職できる」とか「損害賠償請求されない」などと記載しています。 しかし、こうした見解は正しくなく、誤解を与えるものです。 会社で働く際には、会社との間で雇用契約が結ばれています。 そのため、 法令にもとづいた適切な退職通知を行なわずに仕事を辞めると、雇用契約を解約出来ないため、債務不履行として 損害賠償責任を負う可能性があります(債務不履行とは、約束をまもる義務があるのに、その義務を果たさないことを言います。 突然辞めた場合には、働く義務を破ったことで、債務不履行となります)。 もっとも、実際に、退職代行を利用して会社から損害賠償を請求されるケースは多くはないと思われます。 突然辞めたことによって会社に生じた損害は、比較的少額であることが多いからです。 しかし、リスクがないわけではありません。 例えば、従業員がシステム開発等を行っていた場合に、引継ぎ等をまったく行わず、突然の退職をした結果、納期に間に合わないようなケースです。 こうした場合には、会社は、クライアント企業からの信用を失いますので、会社から損害賠償請求を受けるリスクがあります。 実際に、突然退職した事例で、会社からの損害賠償請求が認められたケースがあります(ケイズインターナショナル事件:平成4年9月30日東京地方裁判所判決)。 このように、突然の退職にはリスクがあります。 そのため、労働法の専門知識をもった弁護士に退職代行を依頼して、法令にもとづいた適切な退職代行を利用した方が良いでしょう。 であれば、退職代行サービスを提供している弁護士の情報を案内しているため、退職代行で失敗するリスクがなく、安心です。 2-3. 退職時の嫌がらせ 退職代行で失敗するケースの2つ目は、辞めた後に嫌がらせなどを受けることです。 会社からの嫌がらせの種類はさまざまあります。 退職を希望する場合、上記のような嫌がらせは避けたいものです。 このような退職希望者の要望を、弁護士以外の退職代行業者が十分にかなえられるかは、はなはだ疑問です。 これらの業者は弁護士ではないため、自ら会社と交渉することはできず、仮に上記にあげたような嫌がらせがあったとしても、何ら対抗手段を講じることができないためです。 しかし、 弁護士が行う退職代行であれば、退職希望者の正式な代理人となることができるため、専門知識に裏打ちされた交渉等により、 嫌がらせを行う会社に対処することができます。 また、会社も、弁護士を相手にしてまで、嫌がらせを行う意味を感じないでしょうから、このような弁護士による対処は効果的であると考えられます。 2-4. 離職票などの書類が届かない? 退職代行の失敗の事例として、最後に挙げるのは、離職票などの書類が届かないという場合です。 会社の中には、離職票などは退職希望者自身が取りに来るべきだというスタンスの会社があります。 弁護士以外の退職代行業者が、会社と話をした場合、会社が無視するといったことも考えられます。 また、退職希望者に直接連絡するようにと言われ、まったく取り合ってもらえないということもあり得ます。 その結果、書類が届かず、退職希望者は自分で会社とやり取りを行う必要が生じます。 そもそも、退職代行サービスは、「今すぐ辞めたい」や「もう逃げたい」と考え、できるだけスムーズに退職したいという人、「もう会社と直接話したくはない」という人のためのものです。 それなのに、退職代行サービスを利用しても、このような希望が実現できないのであれば、退職希望者は失敗したと感じるのではないでしょうか。 一方、 弁護士による退職代行であれば、全面的に退職希望者の代わりに 会社と交渉することができます。 そのため、退職希望者が会社と直接に連絡を取らなければならないといった状況は回避できます。 では、退職代行サービスを提供している弁護士の情報を案内しています。 こうしたサイトを利用して、弁護士による良質な退職代行サービス使うことをオススメします。 退職代行は非弁(弁護士法違反)なの?違法な退職代行業者とは? 退職代行サービスは便利なものですが、できるだけ安心して利用したいものです。 しかし、弁護士以外の業者が提供する退職代行サービスは、非弁という法律違反であり、安心なサービスとは言えないということはご存知でしょうか。 3-1. 非弁ってなに? 非弁(弁護士法違反)とは一体どういった行為を言うのでしょうか。 非弁とは、主に、弁護士法72条に違反する行為を言います。 弁護士法72条で禁止されているのは、 弁護士以外の者が、有料で法律業務(弁護士業務)に該当する行為を行うことです。 この点、退職代行サービスは、退職希望者に代わり、退職通知を会社に行い、雇用契約を終了させるものです。 このような行為は本来、弁護士のみが行える業務ですので、退職代行サービスを弁護士以外の者が行うことは、弁護士法72条違反する非弁行為である可能性が非常に高いでしょう。 なお、業者によっては「弁護士から指導を受け、適法な業務を行っている」「顧問弁護士がいる」と言っていますが、結局は、弁護士自身が退職代行を行うわけでないため、違法であることには変わりません。 3-2. 違法な退職代行業者に頼むと何が問題? 違法な退職代行業者に頼むと何が問題なのでしょうか。 弁護士ではないことから、下記のような問題があるものと考えられます。 しかしながら、弁護士ではない者がこのような交渉を行うことは禁止されており、仮に相手側の会社からなんらかの反論があった場合に、何も対処できないという問題があります。 また、弁護士以外の退職代行業者は、退職希望者に対し、会社から電話等の連絡があった場合であっても、電話に出なくて問題ない等の助言を行っているようです。 しかし、弁護士以外の退職業者が、本人の代わりに会社からの電話に出て、会社と交渉することは違法です。 他方で、弁護士であれば、会社と交渉することが可能であり、引継ぎ等を含めて、法令にもとづいた適切な手続きを行うことができます。 そのため、弁護士に退職代行を頼めば、円満な退職を実現できるでしょう。 3-3. 違法な業者とそうでない業者の見分け方とは? 違法な業者とそうでない業者は、どうやって見分ければいいのでしょうか。 これまで説明してきたとおり、 弁護士以外の退職業者の提供する退職代行サービスは違法である可能性が非常に高いものです。 他方で、弁護士が提供する退職代行サービスであれば、違法ではないので安心して利用できます。 違法な退職代行業者を利用することはリスクがありますので、なるべく弁護士による退職代行サービスを利用する方が良いでしょう。 では、退職代行サービスを提供している弁護士の情報を案内していますので、ぜひご活用ください。 失敗しない!弁護士が行う退職代行とは? これまで説明してきたように、弁護士以外の退職代行業者は、会社との交渉を行うことができません。 仮にそのような交渉ができるかのように語る業者は、すべて違法な業者である可能性が非常に高いです。 他方で、弁護士による退職代行であれば、基本的にはワンストップで退職に関係する手続きを代行してもらえる上、場合によっては未払い残業代の請求まで可能です。 退職代行で失敗しないためには、弁護士による退職代行サービスの利用をするのがオススメです。 4-1. 弁護士だとなぜ失敗しないのか? 弁護士による退職代行サービスであれば、なぜ失敗しないと言えるのでしょうか。 その理由は、弁護士は退職希望者の代理人として会社と直接交渉することができることにあります。 また、弁護士は、法律の専門家であって、国家資格を有するプロです。 そのため、弁護士による退職代行サービスであれば、安心・安全に退職をすることができます。 4-2. ブラック企業から確実に逃げるには? 辞めたいのに理不尽にも退職届を破り捨てられる。 そんなモンスターな上司がいる会社から辞めるのは心理的な負担が大きいものです。 こうした、ブラック企業または、労働上の問題を抱えている会社から逃げるにはどうすれば良いでしょうか。 弁護士以外の退職代行業者だと、このようなモラルがない会社に十分な主張をすることは出来ません。 また、会社が退職希望者に言いがかりを付けてきた場合、弁護士以外の業者は一切反論が出来ず、退職希望者の思ったように円満に退職できない危険性があります。 一方で、弁護士による退職代行であれば、相手方の会社が「退職を認めない」と激怒したとしても、法的な主張が可能であることから、十分な反論を行って、依頼者を護ることができます。 このように、 弁護士による退職代行であれば、確実にこのような ブラック企業から逃げることが可能です。 では、退職代行サービスを提供している労働問題に強い弁護士の情報を案内しています。 また、 では、複数の弁護士の情報を案内しているので、あなたが気に入った弁護士を選んで退職代行を依頼することが可能です。 4-3. 会社から損害賠償を請求されても弁護士なら安心 退職代行サービスを利用したのに、「人手不足で辞められた損害はどうしてくれるんだ」など、損害賠償を請求するようなことを言われて、退職させてくれない場合、弁護士以外の退職業者は何の対応もしてくれません。 しかし、 弁護士であれば、退職した会社に損害賠償を請求すると言ってきた場合であっても、法的に損害賠償をする理由がないと主張して、 ご本人を守ることができます。 仮に、法律上のなんらかの損害が会社に生じている場合であっても、弁護士であるので、状況に応じた対応が可能です。 このように、弁護士による退職代行であれば、退職を代行するだけではなく、退職した会社が、損害賠償を請求すると言ってきた場合であっても安心です。 4-4. 弁護士による失敗しない退職代行とは 退職代行サービスを利用するのは、わずらわしい会社と直接のやり取りをせず、すぐさま平穏に退職することが目的でしょう。 弁護士による退職代行サービスであれば、弁護士の有する専門的な知識を生かし、上記のような目的をかなえる退職代行の提供をすることが可能です。 退職代行を希望される方の、 「即時に退職したい」という思いを、最大限に実現可能なのが弁護士による退職代行サービスです。 退職代行で失敗したくなければ、弁護士に依頼するのが良いでしょう。 まとめ 今すぐ会社を辞めたい人で、自分で退職を切り出すのが苦手な方や、ブラック企業から今すぐ逃げたい方にとって、退職代行サービスは有益なサービスです。 しかし、弁護士以外の業者が提供する退職代行サービスは、違法な可能性が非常に高いものばかりです。 (2019年1月現在で約30程の退職代行業者がサービスを提供しています。 ) 失敗しない退職を考えるならば、 のような、 弁護士による退職代行サービスを利用するのが一番でしょう。 おすすめの記事•

次の