とくとく ガス プラン。 Amazonプライムが永年無料に?東京電力のとくとくガスAPプランで固定費を節約!

東京電力「TEPCO 電気・ガス」 とくとくガスAPプランの詳細

とくとく ガス プラン

スポンサーリンク 東京電力のガスのメリット 東京ガスから東京電力のガスに変更するメリットは 3つです。 1.東京電力のガスの割引額は? 東京ガスから東京電力のガスに切り替えて安くなる割合は 3%です。 東京ガスの一般料金を契約している場合は、毎月ガス代が3%安くなります。 毎月ガス代に6,000円程度支払っているなら、月々の割引は180円程度です。 (厳密にはガスの基本料金も含まれているので、180円ではありませんが) 卵が1パック買えるくらいの金額ですね。 さらに、 最初の1年間に限り【スタート割】が適用になるので、1年間は3%+5%の割引になります。 合計8%変わるので、結構大きな割引ですね。 2.東京電力ガスのメリット「ガス機器修理サービス」 東京電力のガスの「とくとくガスプラン」、「とくとく床暖プラン」には、ガス機器修理サービスがついています。 コンロや給湯器など、 購入日もしくは設置日から10年以内のものであれば、無料修理の対象になります。 1回の修理代金の上限が50万円までですので、ほとんどのものは対応できますね。 ただ、修理対象にならないものもありますので注意が必要です。 3.東京電力の電気料金が年間1,200円割引になる 電気とガスをセットで契約することで、 毎月の電気代が100円割引されます。 つまり、年間1,200円割引ですね。 適用条件を満たしていれば、自動的に100円割り引いてくれる仕組みです。 東京電力のガスのデメリット 東京電力のガスのデメリット 2つご紹介します 1.東京電力のガスの解約金と契約期間 東京電力の「とくとくガスプラン」と「とくとくガス床暖プラン」は、契約期間が1年間の自動更新です。 そして、解約時には 540円の手数料が発生します。 解約金でも違約金でもなく、手数料ですので、 いつやめても取られてしまうお金です。 これとは別で、 電気の「プレミアムプラン」には、1年契約(3,000円の解約金)、2年契約(5,000円の解約金)が設定されています。 割引き金額に対して、解約時にかかるお金がちょっと割高な印象を受けます。 2.ガスの検針票 ガスの検針は東京電力のガスになっても、いまと変わらず東京ガスが実施しますが、ガスの検針票は発行されません。 今はWEBで使用量や料金を確認している方が多いので、特にデメリットではないかもしれませんが、紙が必要な方にとってはマイナス部分です。 【試算条件】• 電気契約プラン:従量電灯B• 契約電力:40A• 電気使用量:年間6000kwh(1ヶ月500kwh)• 電気代:年間174,340円(1ヶ月14,528円)• 東京ガス:一般料金• ガス使用量:年間480㎥(1ヶ月40㎥)• しかも、 1年目は5,160円相当のポイントもプラスされるので、全部合わせると17,136円もお得になります! これだけ見るとかなりお得ですよね。 ただ、 17,136円もお得になるのは1年目のみなんです。 2年目以降になると、割引額が一気に減ってしまいます。 2年目以降の割引額は、8,496円(ポイントを加算しても9,156円)です。 2年目以降割引額が減ってしまう理由 2年目以降割引額が減ってしまう理由は 2つあります。 まず1つ目ですが、ガスの割引額が大幅に減ります。 1年目は通常の3%割引に加え、スタート割で5%プラスされた割引になっています。 ただ、 2年目以降になると3%割引のみに戻ってしまいます。 その為、5,712円ではなく、2,232円の割引になります。 2つ目は、ポイントの加算がなくなります。 1年目は5,160円相当のポイントがつきましたが、2年目からは660円相当のポイントのみです。 ガスの割引率が下がってしまうことと、ポイントの加算がなくなる為、1年目の半分程度の割引になってしまうんですね。 なので、1年目の割引だけを受けて2年目になったら契約先を変更するか、最初から割引率の高い会社を探すかのどちらかですね。 東京電力のガスのメリットとデメリットのまとめ 東京ガスから東京電力のガスに変更する メリットは3つありました。 東京ガスの一般料金に比べて3%割引(1年目のみ+5%)• ガス機器修理サービスがつく• 電気代が年間1,200円割引 東京電力のガスに変更する デメリットは2つです。 解約金が発生する• ) 電気とガスをまとめると、1年目はポイントも加えると割引額は大きくなります。 ただ、2年目以降は一気に割引額が減ってしまいますので、違う会社に契約を変更した方が光熱費はお安くなります。 毎月の電気使用量や料金によっても割引額は違いますので、契約を変更する際はシミュレーションするようにしてください。

次の

電気代とガス代はまとめるほうがお得?

とくとく ガス プラン

補足 「あしたでんき」は東京電力が作った格安電力会社で、同じ東電なのに関東で最安値。 「レモンガス」はプロパンガス大手ですが、都市ガスに関東最安値で参入。 安くて安心で、しかも初月3,000円割引になるので人気No. 東電でまとめる人はCMだけ見て、よく料金を調べず契約する傾向が強いです。 「あしたでんき+レモンガス」の組み合わせの方が数倍節約でき、年間で2万円以上差が出るケースもあるため選ぶ人が増えています。 電気を最高値の「東京電力」から「 」へ、都市ガスを最高値の「東京ガス」から「 」へ切り替えるのが正解です。 この記事を読むと、「東京電力」で電気と都市ガスをまとめるとかなり割高なことが確認できますよ。 次に実際の都市ガスの料金を確認してみよう。 東京電力の都市ガス料金を 比較シミュレーション 「東京電力」の都市ガスに切り替えた場合、どれくらい安くなるのかシミュレーションします。 次は電気とガスのセットの金額を評価してみよう。 東京電力の電気とガスの セット契約について 「東京電力」で電気とガスをまとめると、電気料金が毎月 100円割引(年間1,200円割引)になります。 関東で都市ガス最安値の「」と、関東の少人数世帯でお得な電力会社「」またはファミリーで電気代がお得な「」を組み合わせた場合と比較してみますね。 最初の1年間ガス代割引 東京電力の都市ガスの デメリット 電力会社を選べず、電気料金が高いまま 「東京電力」の都市ガスは、東京電力の電気とセット契約が必須です。 ガスとまとめる時に東京電力のプランは「」になる人がほとんどで、実は 電気料金が関東でトップクラスの高さ。 例えば関東の1~2人世帯で最安値の「」と3人以上の世帯で最安値の「」と比較します。 東京電力の都市ガスを選ぶとガス代は少し安くなりますが、電気料金の安い人気の電力会社を選べないのは大きなデメリットとなりますね。 支払い方法はクレジットカードまたは口座振替 東京電力の都市ガスの 口コミ・評判 「東京電力+ガス」のデメリットを中心に調べた。 ・東京電力より、東京ガスや 車に乗るなら ENEOSでんきの方がお得 ・解約時に540円取られる ・ガスの検針票が有料になる? 電気もガスもそこまで使わないし、別に一緒にしなくていいんだよなぁ・・・ このままでいさせて。 — つきみとろろ@温かい方のそば tsukitoro0505 東京電力の都市ガスの まとめ 「東京電力」の都市ガスの料金は、他社と比べると割高です。 さらに電力会社を東京電力から変更できず、 関東でほぼ最高値の電気代を支払わないといけません。 他社の都市ガスはお得な電力会社と自由に組み合わせでき、電気代とガス代の両方を節約できます。 「あしたでんき+レモンガス」などのお得な組み合わせで、光熱費を安くしましょう!.

次の

ビジネスとくとくガスプラン|東京電力エナジーパートナー株式会社

とくとく ガス プラン

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら セットプランに申し込んだ場合の料金は?お得な特典も 電気とガスのセットプランを利用すると、どれくらいお得になるのか疑問に思っている人もいるでしょう。 ここでは東京電力と東京ガスのセットプランで比較します。 まず、東京電力エナジーパートナーを利用するのであれば、電気料金プランとガス料金プランをそれぞれに選ぶ必要があります。 従量電灯Bを利用していた家庭なら、スタンダードSプランが適用されるでしょう。 ガス料金プランは、とくとくガスプランととくとくガス床暖プランの2種類です。 ガス床暖房を利用する予定がなければ、とくとくガスプランを選択しましょう。 切り替え後の料金を試算すると、電気代は年間で約13万6,188円、ガス代は約5万7,840円です。 さらに、ガスセット割が適用され、電気代とガス代の合計額から年間1,224円オフです。 さらに、Webから申し込むと500ポイントがプレゼントされます。 貯まったポイントはTポイントやPontaポイントなど、提携先のポイントとして利用が可能です。 また、電気料金1,000円につき5ポイント付与となっています。 東京ガスで利用できるセットプランはずっともプランです。 今回例に挙げた家庭なら、「ずっとも電気1」と「ずっともガス」の組み合わせが良いでしょう。 年間の電気代は約12万9,516円、ガス代は約5万9,628円です。 ずっとも電気1・ずっとも電気2・ずっともでんき3プランで電気とガスのセット契約をすると毎月の電気代から275円割引となるサービスがあります。 また、ずっともプランに申し込むと、パッチョポイントが貯まりやすくなります。 パッチョポイントとは、東京電力エナジーパートナーのポイントのように、提携ポイントと交換できるポイントです。 毎月の電気代1,000円につき15ポイント、ガス代1,000円につき5ポイントが付与されます。 スタート割や申し込み時のポイント付与などは反映されていません。 しかし、初回の割引やポイントの付与などのその他サービスを考え自分に合った方を選択するとよいです。 ガスだけじゃない!気になるセットプランを探そう 電気とガスのセットプランだけではなく、電気と携帯電話のセット割を提供している会社もあります。 たとえば、携帯電話の会社で電気代のプランを出しているところでは電気と通信費をセットにできます。 ケーブルテレビやインターネット回線、固定電話などを提供するジェイコムでは、電力とケーブルテレビ、インターネット回線の料金をまとめるとお得になる電力セット割が利用できます。 固定費をまとめたい人は自分の契約している携帯電話やケーブルテレビなどの会社に電気のセットプランがあるか確認してみましょう。 また、ENEOSでは電気代とガス代のほか、ガソリンや灯油、軽油の料金まで安くなる特典がついています。 他にも、会社によって毎月支払っている固定費がお得になる電力サービスもあるので、気になるときはホームページで確認してみましょう。 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ セット割のメリットとデメリットを知っておこう セット割を利用する大きなメリットは、支払先を1つにまとめることができる点と、月々の光熱費が安くなる可能性があるという点です。 ガスを利用している人は、電気代とガス代を、毎月支払う必要があります。 しかし、毎月の料金をチェックしたり支払いを管理したりするのは大変です。 セット割にすれば、電気代とガス代を支払う会社を統一できるため、楽に管理ができます。 また、セット割を利用することで、毎月の光熱費を安くすることも可能です。 できる限り固定費を節約したい人は、セット割への切り替えを検討してみるのも良いでしょう。 ただし、必ずしも料金が安くなるとは限りません。 電気やガスを統一しないまま、それぞれの最安プランを契約したほうが安く済む場合もあります。 さらに、光熱費がお得になるプランがあったとしても、対象となる電気料金のプランが限定されているケースもあるので注意しましょう。 セット割に乗り換えた結果、かえって料金が高くなってしまったということがないよう、契約前にセット割と最安プランの料金を計算しておきましょう。 この記事のまとめ 東京地区の東京電力エナジーパートナーと東京ガスの電気とガスのセットプランを比較すると年間の費用は東京ガスの方が安いようです。 しかし、ポイント付与やその他サービスなどを総合的に考えてどちらが自分にとってメリットが大きいか比較して検討しましょう。 電気代を家庭のその他の固定費とまとめられるかどうかはそれぞれの会社に確認してみましょう。 東京電力エナジーパートナーのセットプランは年間で1,224円の割引がある• 東京ガスのセットプランにすると電気代が毎月275円割引になる(ずっとも電気1S以外)• 電気とガスのセットだけでなく電気代を携帯電話や通信機器とセットにできる会社もある 電力の自由化が始まってから、ガス会社でも電力会社でも、セットプランの販売が盛んになりました。 適切なプランを選べば、光熱費を節約できたり、月々の支払いが楽になったりといったメリットを得られるでしょう。 ただし、「セット割に加入したほうがお得なのか」「最安値のプランに契約したほうが安く済むのか」は、家庭によって異なります。 セット割への切り替えを検討する際は、電気やガスの使い方を改めて整理したうえで、「どの契約を選べばお得になるのか」を慎重に見極めなければいけません。 現在利用しているプランよりもお得なプランを探しているのであれば、一括比較サービスなどを利用すると、より探しやすいでしょう。 電力会社の乗り換えやセット割の契約を上手に行い、料金の節約を目指しましょう。

次の