特急 ときわ 自由 席。 きっぷの変更 指定の列車の乗り遅れ│きっぷのルール:JRおでかけネット

【図解1発】特急ひたち・ときわの座席表|おすすめの席

特急 ときわ 自由 席

特急にちりんとは 現在は主に大分〜南宮崎、宮崎空港間を結ぶ特急列車です。 (一部小倉〜宮崎空港、大分〜佐伯間でも運行) にちりんシーガイアは博多から宮崎空港間で運行しています。 1968年10月のダイヤ改正で急行列車から格上げされ特急にちりんは誕生しました。 当時は博多から日豊本線を大分、宮崎を経由して西鹿児島(現在の鹿児島中央)を結ぶ長距離の列車もありました。 その後、大分〜博多間は「ソニック」、宮崎〜鹿児島中央間は「きりしま」に分割され現在の大分〜宮崎空港の運行区間になっています。 特急にちりんの車両と編成 使用車両 現在は主に787系の4両編成が使用されています。 (写真) 一部には787系の6両編成、783系の5両編成での運行もあります。 787系は博多から西鹿児島を結ぶ特急「つばめ」用として平成4年に誕生しました。 現在は大分〜宮崎〜鹿児島中央の「にちりん」、「ひゅうが」、「きりしま」や博多〜長崎の「かもめ」で運行されています。 メタリックの落ち着いた車体につばめのエンブレムが目立ちます。 編成 特急「にちりん」は4,5,6両編成があります。 4,6両編成は787系、5両編成は783系です。 6両編成はグリーン車が1両、4,5両編成はグリーン車が半両ついています。 自由席と指定席の割合は図の通りです。 指定席が半両〜2両と少ないです。 特急にちりんの車内 ここでは787系4両編成について記します グリーン車 1号車の宮崎寄りの半室がグリーン車です。 緑色の癒されそうなあ座席です。 フットレストもついていてゆっくりできます。 窓側の足元にはコンセントがあります。 普通車指定席 1号車の半室が普通車指定席です。 薄緑色の座席です。 指定席にも窓側にはコンセントがついています。 普通車自由席 自由席は2号車から4号車までが自由席です。 座席の色は車両によってバラバラです。 適宜、改造をしている感じです。 自由席車にはコンセントがありません。 お手洗い等 1,2,3号車にはお手洗いがあります。 3号車には多目的の広いお手洗いがあります。 多目的お手洗いにはおむつ着替え台も完備しています。 荷物置き場 2号車、3号車には荷物置き場があります。 大きなトランクなどもこちらに預けることができます。 にちりんには飲み物の自動販売機がある 787系の4両編成には、2号車に飲み物の自動販売機があります。 お茶、コーヒー、ジュース等の飲み物が買えます。 その他の車内販売はないので駅で買っておきましょう。 特急にちりんの停車駅、時刻 特急にちりんは大分〜宮崎空港で下記の駅に停車します。 大分〜宮崎:約3時間20分 大分〜佐伯:約1時間20分 延岡〜宮崎:約50分 延岡〜宮崎空港:約1時間20分 時刻は大分駅基準で7時台〜20時台までおおむね1時間間隔。 宮崎駅基準で6時前から17時台まで概ね1時間間隔で運行しています。 なお特急「にちりん」はほとんどの列車が大分駅で特急「」に接続しています。 大分駅で改札を出なければ、特急料金は通しの料金で計算されます。 特急にちりんから乗り換えできる列車 特急にちりんは大分駅と宮崎駅で次の列車に乗り換えできます。 大分駅 特急「」、特急「ゆふ」、特急「ゆふいんの森」、特急「」 宮崎駅 特急「」、特急「」、九州新幹線接続高速バス「B&Sみやざき」 特急にちりんの運賃、料金等 通常の運賃、料金 大分~宮崎:おとな6,120円(指定席) (自由席は530円安くなります。 繁忙期や閑散期は少し変動します) 宮崎〜宮崎空港間はきっぷだけで普通車自由席に乗車できます。 にちりんに安く乗るには JR九州ネットきっぷ JR九州のネット予約でお得です。 当日も予約でき、受取前なら何度でも変更可能です。 別府・大分〜宮崎:おとな5,240円 JR九州のネット予約は登録は無料で、クレジットカードを登録すればすぐに利用できます。 駅の窓口のほか、指定席券売機での受け取りも可能です。 2枚きっぷ(自由席)(指定席) 2枚買えばお得なきっぷ。 往復でも2人でも利用できます。 特急にちりんの関連商品.

次の

特急ひたち(品川・上野〜いわき・仙台)割引&乗車ガイド【2020年度版】

特急 ときわ 自由 席

からの運行計画が発表された。 特急「スーパーひたち」と「」は「ひたち」と「ときわ」に再編され一部を除き品川発着となる。 ので発表された特急料金体系は、以下のとおり従来の制度を大きく変更するものである。 3月15日ので平日通勤時間帯に登場した「」のを発展させたものだが、1年間の試行を経て、いよいよ本格的に導入される。 自由席の廃止(指定席と座席未指定券が同額)• 年間同一料金• 車内購入料金と事前購入料金の格差 現行の特急料金と比較すると、次のようになる。 -50 -100 -150 -200 -300 新料金 事前 750 1,000 1,550 2,200 2,500 車内 1,010 1,260 1,810 2,460 2,760 現行料金 通常期指定席A 1,270 1,700 2,350 2,680 2,900 通常期指定席B 1,030 1,450 1,860 自由席A 750 1,180 1,830 2,160 2,380 自由席B 510 930 1,340 表の現行料金は上段がA料金、下段がB料金である。 B料金の適用は勝田までなので、勝田以北の各駅相互間及び勝田以南と以北にまたがるの特急料金は、上段の料金になる。 新料金は、現行の指定席料金や150キロまでの自由席A料金より安くなるが、大半を占めるB料金の利用者にとっては、それほどメリットがなく、デメリットが大きい。 指定席特急料金は、通常期で13. トクトクきっぷの、とも廃止される。 車内購入料金と事前購入料金の格差は、首都圏のグリーン料金に続くものである。 「」の場合は、通常の指定席を残しており、料金券は車内で発売せず、車内で購入すると指定席特急料金となる。 特急はこれを一本化し、車内購入料金は事前料金の一律260円増しとしている。 なお、の特急料金には車内料金がなく、事前料金から520円減額する。 車内料金を事前料金より高くすること自体は合理的であるが、「すいているから、特急で座って帰ろうか」という途中駅からの利用者を逃すことにならないか。 この新料金体系が旅規にどのように反映されるのか興味深い。 これだけの本格的な制度改定であるから、「」のように基準規程や通達で済ますわけにはいかないだろう。 一つだけはっきりしている旅規の改定がある。 水戸・勝田での乗継通算制度の廃止で、旅規57条2項から7号が削除される。 リリースは、特急料金だけで、グリーン料金の通算については触れていないが、おそらく58条2項7号も削除されるのだろう。 追記1 11月5日 :乗継通算制度に関しコメントをもらったが、自由席であれば通算するよりも、分割購入したほうが安上がりのケースが多い。 例をあげると、通算料金1,830円の柏・高萩間は、水戸または勝田で分割すると、930円+750円の1,680円で済む。 同じく石岡・いわき間も、510円+1,180円の1,690円。 自由席特急料金が指定席料金から一律520円引きであることと、運転がA料金とB料金にまたがっていることが原因である。 新料金体系では、このような分割によるメリットはなくなる。 乗継通算の廃止により、いわきから石岡まで乗車するとき、水戸まで速達タイプの「ひたち」を利用することができず、停車タイプの「ときわ」で行くしかないというのは改悪だろう。 追記2 11月6日 :追記1で「新料金体系では、このような分割によるメリットはなくなる。 」と書いたが間違っていた。 料金表をよく見ると、100キロまでが1,000円で、200キロまでの2,200円と釣り合いが取れていない。 現実に柏・いわき間は、水戸で分割すると200円安くなり、「ひたち」と「ときわ」の乗継も可能になる。 100キロまでを1,000円と特に安くしているためだが、牛久、土浦、石岡などからの通勤利用者に対する激変緩和措置だろうか。 不自然な料金体系である。 追記3 12月25日 :ので、7日間で10回(5往復)利用できる「定期券用ウィークリー料金券」の発売が発表になった。 コメントでも評判が悪かった「定期券用月間料金券」廃止の代替措置だが、「定期券用月間料金券」及び「料金回数券」と、1回当たりの料金を比較すると次のとおり。 現行の月間料金券には使用回数の制限がないが、22日間44回利用するものとして計算した。 通勤利用者はほとんどいないと思うが、月間料金券の設定がなかった日立のウィークリー料金券は、現行の指定席回数券よりも安くなる。 遠距離の料金を抑え、取りやすい近距離の値上げ幅を大きくする営業政策は、新特急料金と変わらない。

次の

常磐線特急ひたち 幼児料金について

特急 ときわ 自由 席

トラベルジャーナは、年50泊旅行取材()の個人ブログです。 👈 東京・上野 車窓 景色は良くないものの、午前にまぶしくない。 福島の復興の様子が分かる。 1号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 洗面所 2号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 3号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 洗面所 4号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 5号車 グリーン 1 2 3 4 5 6 7 8 AED 6号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 7号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 お手洗い 8号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 9号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 お手洗い 10号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C 車椅子 C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B 車椅子 B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A 車窓 海側。 午前の列車はまぶしい。 予約 | |• 当日|• 観光| | | || 下はこだわりの表。 午前の水戸方面なら、E席がおすすめです。 景色 海が見えるのは、 往復ともAB席です。 ただし、ずっと海が見える訳ではなく、午前中はまぶしいです。 福島県内で、復興の様子を見たい場合、CD席がおすすめです。 日差し 午前中は太陽がまぶしいため、 山側のCD席も人気があります。 コンセント 全席にあります。 トイレ 奇数号車の水戸・仙台寄り。 赤ちゃん 奇数号車の水戸・仙台寄りの化粧室にベビーチェア、ベビーベッドあり。 トランク 荷物置き場なし。 トランクがある場合、1番後ろの席を確保します。 水戸・仙台方面なら1番、上の方面ならいちばん大きな番号の席です。 寝る 椅子を大きく倒せる最後列の席が良い場合、1番後ろの席を確保します。 水戸・仙台方面なら1番、上の方面ならいちばん大きな番号の席です。 窮屈 最前列の席は、足が伸ばせませんが、デスクが大きいというメリットがあります。 予約 | |• 当日|• 観光| | | | | そもそも全車指定席とは?• 緑色 … すでに指定券販売済みの席。 黄色 … もうすぐ指定券を持った人が来る席。 赤色 … 今のところ当面空いている席。 指定席でも座席未指定でも、値段は同じ 特急ひたち、ときわには、座席未指定券の設定もありますが利用者は少なく、実質、全席指定席となります。 指定券… 乗車後に購入すると260円高くなる。 えきねっとチケットレスサービスなら、100円引き。 座席未指定券 … 値段は、指定席と同じ。 特急ひたち、ときわは、全車指定席だが、空いている席に乗車できる。 同じ料金ですので、指定席がお得です。 座席未指定券を購入しているのは誰?• 仕事や観光の終わる時間がはっきりしない人• 短距離の乗車の人• 平日の日中のようにすいている時間帯に乗車する人 時間がはっきりしなくても、スマホで変更できます えきねっとを使用していれば、購入した指定券は、発券前なら原則1回に限り、手数料なしで変更できます。 (複数回変更できる場合もあります) 例えば17時の列車の指定席を取っておき、間に合わない場合、16時54分までは、無料で変更できます(えきねっとが止まる深夜から早朝を除く)。 ただし、えきねっとは、ログイン失敗率がかなり高いので、練習が必要です。 朝の下り、夕方の上りは非常に混雑するので、乗車直前では満席の可能性 駅の自動券売機で、列車や席を指定することも可能です。 しかし、 朝の下り、夕方の上りは非常に混雑します。 間に合う列車が決まったら、その場でえきねっとにログインして席を押さえることが必要です。 なお、 並走の高速バスも満席になりやすいため、バスは保険にはなりません。 横浜・大宮などから乗り継ぎなら普通列車のグリーン車も選択肢 常磐線は、普通列車にグリーン車(自由席)が連結されています。 普通列車のグリーン車は、51キロ以上、どこまでいっても1000円です(土日祝日は800円、車内で購入すると割高)。 横須賀線、東海道線、高崎線、宇都宮線との乗り継ぎなら、グリーン券は通しで980円ですので、有効に活用できます。 ジョルダン 3月16日の時刻 例えば、横浜を通勤ラッシュが終わった11時頃出発し、友部に向かうようなケースでは、グリーン車が空いているうえ、特急との差が1時間未満のため便利です。 大宮周辺からも、同様のことが言えます。

次の