保育園 募集 堺市。 平成30年度 保育施設などへの利用申込み【認定こども園(保育部分)・保育所・地域型保育事業を希望される方へ】 堺市

堺市の保育士・幼稚園教諭求人・転職・募集

保育園 募集 堺市

あとこちらのどれだけ入ることができるかの表もとても大切です確認しておきましょう。 保育園に入るための条件 お子さんの保育が必要な場合で具体的には下記のような場合です。 保護者の状況 利用できる期間(最長) 就労の場合(月64時間以上の就労) 子どもの就学前まで 出産の準備や出産後の休養が必要な場合 出産予定月の前後各2か月間を含む5か月間 病気や障がいのため保育が困難な場合 療養を必要としなくなるまで 病人や障がい者を看護・介護している場合 看護・介護を必要としなくなるまで 災害の復旧活動が必要な場合 必要な期間 大学や職業訓練校、専門学校などに通っている場合 通学期間 求職活動中の場合 一世帯につき年度内累計3か月間 その他、市が認める場合 (虐待やDVのおそれがあるなど) 必要な期間 育児休業の場合 求職で入った場合は、3ヶ月以内に基準を満たす職につかない場合は退園させられる可能性があります。 保育園一覧 保育料金について 保育料については市県民税の額によって決定します。 21ページに表があります 一番上にも書きましたが、一般的な保育園の入園で3歳以上であれば2号、3歳未満であれば3号になります。 住宅ローン控除やふるさと納税などの寄付金控除などは考慮されません。 待機児童の数や空き状況について 堺市の待機児童数です。 これを見ると、国基準の待機児童数で29年は31人の待機児童がいましたが、30年度は61人になっています。 単純に入れなかった人数でいうと、767人もいます やはり一番厳しいのは職場復帰などのある1才児クラスのようです。 最低限でも両親ともフルタイムで働いている事が必要なようです。 (それでも入れない人もいるようです) 堺市は29年度になり保育園数を8園も増やしており、全体の定員数も613人ふやしています。 頑張ってますが全然追いついていないようです。

次の

ゆめの樹こども園 さかい(保育士/正社員)

保育園 募集 堺市

準備がものをいう堺市の保育園探し・保活。 可能な限り早めの対策を! 今回は、入園に向けて行うべき準備を順番にご紹介していきます。 基本的なプロセスは最も激戦と言われる1歳児での入園も、0歳児での入園も変わりありません。 まずは準備のプロセスを見ていきましょう。 リスト上でチェックしておくべき項目は以下の通り。 保育園の名前• 見学の日時• 保育園のURL• 電話番号(見学予約の電話するために)• 保育時間、朝と夕の延長時間と条件• 駅から徒歩何分か• 自宅から徒歩何分か• 保育料(認可外の場合) とにかく通えそうな保育園はしらみつぶしに見学予約をすることをおすすめします。 おそらく調べるとそれなりに数が出てくるでしょうが、そこはお子さんのことを考え、時間が許す限り自分の目で善し悪しを見極めていきたいところです。 実際に見学をして感じた印象や、善し悪しといったところはリストに追記しておきましょう。 また、SNSなどで保育園の評判を調べておくのも1つの手。 で、近所の保育園の評判をチェックしてみてはいかがでしょうか。 数字が高ければ高いほど入園の可能性が高まるこの指数ですが、まずは堺市が公表している資料をもとに自分の指数を計算してみましょう。 指数は利用基準指数と調整基準指数の合計で算出します。 参考資料は以下の通り。 ここで忘れてはいけないのが、自分の計算結果と担当者の計算結果が必ずしも同じではない可能性があるということ。 ここは担当者に確認したいところなのですが、堺市には直接問い合わせをしても正確な数字は教えてもらえません。 なので、この担当者が考える「指数」を知るために1手間かける必要があります。 それは、可能であれば本命である4月入園の申し込みタイミングより前に、一度申し込んで「落選」すること。 というのも、落選すると以下の情報を開示してくれる可能性があるからです。 自分の家庭の指数が何点か• 自分が希望した保育園の入園希望者数数• 自分が希望した保育園で何番目だったのか その他、だいたいどのくらいの点数の人が多いのか、自分より上はどんな点数だったのかなどは、その時々の担当者にもよるものの、教えてもらえることもあるそうです。 また、お住まいの区が同じ年齢の子どもが多く「激戦」でも、隣の区であれば保育園に入園しやすいケースもあります。 ただ、基本的にはその区に住む住民が優先される可能性もあるので、その点も要確認です。 堺市 の倍率 0歳 約1倍 1歳 約1. 1歳児以降になるとかなり激戦になるとのこと。 上記の数値はあくまでも目安です。 園の応募倍率や合格最低点についてはそれぞれ違いがあります。 行かせてみたい園が概ね決まったら、市の窓口に出向いて問い合わせや確認を行いましょう。 堺市では、「そもそもどんな保育サービスがあるのか」「どのように利用できるのか」などの疑問に対して、相談に乗ってもらえます。 お問い合わせ先は、以下の通り。 そんな時はしてみてはいかがでしょう。 保育方針や評判なども未知な状態での申し込みとなるので、敬遠する人もいますが、新設園は比較的入りやすいと言われています。 平成30年4月堺市の新設園 一覧 施設名 所在地 ノーブル保育園 堺区向陵東町2-7-1 のぞみ保育園堺園 堺区七道西町8 未来保育園 堺区向陵中町4-7-26 ろぉたす保育園 堺区今池町2-8-21 にじくま保育園 中区福田682-5 ふくろうの森保育園大野芝園 中区大野芝町304-1 あいあい鳳保育園 西区鳳南町5-712-3 つぼみ保育園 北区長曽根町3046-14 なかよしくっく保育園金岡園 北区金岡町2203 ニチイキッズ長曽根保育園 北区長曽根町1467-1 なないろ保育園分園 北区長曽根町3035-2 新設園を選ぶメリットとして考えられるのは、園舎が新しさや、保育士さんと一緒に園の雰囲気を作っていける等が挙げられます。 ですが、やはり不安を抱かれる方もいらっしゃるでしょう。 園によっては開園前に系列園などで説明会が行われる場合もあるので、系列関係の園がある場合には問い合わせをしてみるのも1つの手です。 また、希望数の最大値に達していない場合や、新設園だからといったところが気にならない方にとっては、通りやすさもあるので申し込むことを検討してみてください。 申し込み時期はしっかり把握して、必要な事務書類、提出先をチェックしておきましょう。 申し込みは基本的に窓口への訪問が必須。 土日祝日の申し込みに関しては自治体によって稼働している場合とそうでない場合があるので、事前に確認しておきましょう。 平成30年4月入園申し込みスケジュール・必要書類をご参考までに紹介します。 申し込みには支給認定に必要な書類と、保育認定に必要な書類、子どもの状況の3点が必須となっています。 保育認定に必要な書類に関しては各自内容が違うので、何が必要なのかチェックしておきましょう。 0歳での堺市の保育園入園も視野に 当然のことながら保育園の定員は、各年齢ごとに決まっています。 先述の通り、堺市では0歳児の方が入園枠に余裕があり、1歳児以降になると入園の倍率が高くなる傾向なので、0歳の時点で入っておくというのもひとつの手かもしれません。 堺市では4月1日に入園を希望する場合であれば、出産前の申し込みも受け付けています。 ただし保育施設によっては入園可能な最低月齢が決まっているので、4月1日時点でその月齢を越えているのが条件となっています。 出産前に申し込む場合は、出産後に改めてお子さんの名前や誕生日も一緒に申請をしましょう。 4月入園に向け、やっておくべき準備は結構な分量。 1次申し込みの時期や我が子の面倒を見ながらすすめることを考えると、早いに超したことはなさそうです。 4月に希望する園に入園できるよう、入念に準備をしていきましょう! 他のエリア•

次の

きらり保育園

保育園 募集 堺市

更新日:2018年9月7日 平成30年度の年度途中に認定こども園(保育部分)・保育所・地域型保育事業(以下「保育施設など」といいます。 )の利用を希望される方は、で随時申込みの受付けをしておりますので、利用希望日の前月10日までに申込みをしてください。 なお、認定こども園(教育部分)・幼稚園を希望される方は、堺市立幼稚園については「平成30年度 市立幼稚園園児募集 」を、私立幼稚園については「」をそれぞれご覧ください。 保育認定区分と利用できる施設など 保育施設などの利用を希望する場合は、市へ2号認定又は3号認定(以下「保育認定」といいます。 )の申請及び利用申込みが必要です。 【参考】 認定こども園(教育部分)・幼稚園のいずれかの利用を希望する場合は、直接各施設に申込みください。 1号認定の申請は、申込み後に利用される施設にご提出いただくことになります。 認定区分 対象年齢 利用できる施設など 1号認定 (教育標準認定) 満3歳以上 保育の必要性がなく、教育を希望される場合 ・認定こども園(教育部分) ・幼稚園 2号認定 (保育認定) 満3歳以上 保育を必要とする事由に該当し、保育を希望する場合 ・認定こども園(保育部分) ・保育所 3号認定 (保育認定) 満3歳未満 保育を必要とする事由に該当し、保育を希望する場合 ・認定こども園(保育部分) ・保育所 ・地域型保育事業 申込みいただける方 申込みいただける方は、原則として以下の要件すべてに該当される方です。 保育を必要とする事由 事由 内容 (1)就労 1カ月に64時間以上労働することが常態である場合 (フルタイムのほか、パートタイム、居宅内の労働(自営業等)など、基本的にすべての就労を含む) (2)妊娠・出産 妊娠中であるか又は出産後間がない場合 (3)病気等 病気、負傷、精神若しくは心身に障害がある場合 (4)介護 同居の親族(長期間入院などをしている親族を含む)を常時介護又は看護している場合 (5)災害復旧 震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている場合 (6)求職活動(*) 求職活動(起業準備を含む)を継続的に行っている場合 (7)就学 就学(職業訓練校などにおける職業訓練を含む)している場合 (8)その他 その他、上記に類する状態として市長が認める場合 (*)求職活動中の方へ 認定期間は3カ月を経過する日の月末までです。 その期間に就労できなかった場合、基本的に保育施設などの利用が出来なくなりますのでご注意ください。 申込みの受付時期 年度途中の利用希望の申込み 随時受付けをしています。 利用希望日の前月10日までに申込みをしてください。 申込みの受付場所 申込みに必要な書類について 保育認定を受け、保育施設などで保育を希望される場合は、へ以下の1から6までの書類を提出してください。 また、4及び5は必要な場合に提出してください。 「支給認定申請書兼利用(調整)申込書」(必須) 保育施設などの利用に必要な保育認定と利用の申込みを兼ねたものです。 *で配布しております。 *お子さんお1人につき1枚必要です。 「保育認定に必要な書類」(必須) 必要書類のうち、就職証明書・申立書・介護状況申告書は、でも配布しております。 また、就職証明書・申立書については、「平成30年度利用のご案内」にも添付しております。 保育を必要とする事由 必要書類 備考 1 就労(常勤・パート・内職など) 父母ともに就労されている場合は、それぞれご提出ください。 就労先が2ヵ所以上の方は、それぞれご提出ください。 2 自営(専従含む) 3 妊娠・出産 母子健康手帳の写しなど 4 保護者の疾病・障害 診断書など 5 親族の介護・看護 診断書など 6 災害復旧 罹災証明書など 7 求職活動 求職活動状況が確認できる資料など(*) (*)求職活動状況を確認させていただくため、別途資料の提出や調査をさせていただくことがあります。 8 就学 在学証明書や授業時間が確認できる資料など(週間予定表など) 9 その他、保育を必要とする事由について 事情により異なりますので、詳しくはまでお問い合わせください。 「子どもの状況」 必須 安全な保育を確保するため、利用申込み時に記載のうえ提出していただきます。 *で配布しております。 また、「平成30年度利用のご案内」にも添付しております。 *お子さんの健康状況を調査させていただき、保育施設などにお知らせさせていただきます。 *重大な事故を防ぐためにも、少しでもお子さんの気になる点などがあれば、必ずお伝えください。 *「子どもの状況」を提出された方のうち、必要に応じて主治医の意見書などを提出いただく場合がありますのでご了承ください。 「課税証明書」 必要な方のみ 保育料の算定は、本市が保有している市町村民税の情報により行います。 ただし、未申告や堺市外からの転入などの事情によりこの情報を本市が保有しない場合、課税状況のわかる書類を提出いただくことがあります。 「住民票」(必要な方のみ) 現在は他市に住民登録をされている方で、本市に転入予定の方は、家族全員の住民票写しが1通必要です。 なお、利用申込み時点で本市に住民登録をされている方は不要です。 その他 マイナンバーの記載に伴う「マイナンバーの確認」と「本人確認書類」については、以下をご参照ください。 保育の必要量 保育認定を受ける方は、保育の必要量により「保育標準時間」又は「保育短時間」に区分します。 なお、「保育標準時間」と「保育短時間」では、利用できる最長の時間や保育料が異なります。 具体的な利用時間帯は各施設長や事業者が決定します。 常に利用できる時間ではありませんのでご注意ください。 なお、決められた利用時間帯以外の時間帯での利用をされる場合は、延長保育の扱いとなり別途延長保育料が必要です。 詳細はまで直接お問合せください。 利用調整について 保育施設などの利用開始は、原則毎月1日付けとなります。 希望される方が多く、申込みをされたお子さん全員を受け入れることができない場合は、「堺市保育施設等利用調整基準」に基づき利用調整を行います。 なお、認定こども園(保育部分)や地域型保育事業を利用する場合は、市の利用調整後に利用する施設・事業者と契約を交わす必要があります。 利用開始後の手続き 保育施設などの利用開始後、以下の書類の提出が必要になります。 現況届 保育認定を受け保育施設などを利用されている方は、保育を必要とする事由の確認を行うため、年に一度、「現況届」及び保育を必要とする事由を確認する書類の提出をしていただきます。 保育施設などを利用している方には各保育施設などより配付されます。 支給認定(変更・取消)申請(届出)書 当初認定された区分、事由、認定の有効期間、保育の必要量又は保育料に関して変更があった場合は「支給認定(変更・取消)申請(届出)書」により変更申請してください。 また、保育認定の有効期間満了前に保育施設などの利用をやめる場合は「支給認定(変更・取消)申請(届出)書」により取消し申請をしてください。 保育料について 結果通知の時期について 認定証(希望者のみ交付)や申込み利用調整の結果は、書面で通知させていただきます。 なお、認定証の交付が申請日から30日を超える場合は、交付時期を別途お伝えさせていただきます。 利用申込みの前に 保育施設などにより、保育方針や取組み、開所時間、基本保育時間、保育料以外の保護者徴収金などは様々です。 保育施設などを選ぶ際には、希望される保育施設などを実際に見学するとともに、詳細な情報を確認いただくことをお勧めします。 留意事項 ・保育施設などの利用後に、保育の必要性の認定内容に変更がある場合(仕事を辞めた・育児休業を取得したなど)は、にお申し出ください。 ・年度途中で保育施設などを退所する場合は、必ず退所届を保育施設などにご提出ください。 退所届の提出が遅れたり提出されなかった場合は、翌月分の保育料をいただくことになります。 また、長期欠席の場合でも保育料が必要になります。 ・保護者の入院などで緊急突発的に保育を必要とする事由が生じた場合、保育施設などで一時的に利用を調整しています。 詳しくは、までお問い合わせください。 問い合わせ.

次の