広尾 サラブレッド 倶楽部。 【一口馬主】広尾サラブレッド倶楽部の収支状況

広尾レース

広尾 サラブレッド 倶楽部

同時募集のステラリード2018に続き本馬も牡馬で、性別の違いでどういった能力変化が見られるかが注目ポイント。 そして父であるロードカナロア産駒の活躍馬サートゥルナーリアと配合が近いのは非常に魅力。 広尾TC公式サイトより引用 当歳馬なのでこれから馬体がどう変化していくのかは見ていきたいところですが、広尾TC重賞馬に今をときめくロードカナロアの配合ですので様子見している暇はないかもしれません。 デビュー馬がいないため評価は難しいところですが、馬産地での評価は上々の種牡馬で期待は大きい。 母ショウナンタレントはG3フラワーカップを勝利している重賞馬。 そして産駒の勝ち上がり率も4割越えという安定の数字。 しっかり母の能力が仔に伝わっているということでしょう。 母15歳ということで少し高齢気味ですがまだ許容範囲内。 馬体の成長次第では十分大きい所も狙えるでしょう。 池江厩舎予定ということもクラブの期待の表れだと思います。 厩舎が未定ということでクラブの期待度は評価し辛いところ。 母は中央で未勝利引退、産駒も2頭デビューしていまだ中央未勝利と、このあたりは評価を下げる必要があります。 おそらくすぐには満口にならないと思われますので、しばらく馬体などの成長具合をじっくり見て良質な形に変化してくれば楽しみな1頭になってくるでしょう。 ドゥラメンテ産駒はセレクトセールでも1歳馬の1億越えが3頭と非常に高評価を得ています。 本馬はバスラットアマルと同じく三嶋牧場生産。 厩舎は半姉グアン(父オルフェーヴル)と同じ武幸四郎厩舎。 産駒を見るとダートでの活躍馬が多いですが、芝での勝利もあります。 そして産駒の中央勝ち上がり率が7割越えという驚異の数字。 安定感抜群です。 この馬については父がドゥラメンテに変わり、スラっとした体型は芝でも対応してくれそうなイメージが湧きます。 牧場で走り回っている動画を見ても非常に元気に走り回っており、身体能力の高さを感じます。 安定感を求めるなら間違いない1頭です。 待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。 父も新種牡馬ながら馬産地での評価も高いモーリス。 馬体は非常に筋肉質で好馬体。 放牧地でも力強い大きな跳びで目立っているようです。 募集価格も牝馬である半姉パラスアテナ(父ルーラーシップ)1,680万円から僅かに上がった程度で非常に良心的な値付けに思えます。 すぐに満口になりそうですので募集開始までに出資するか否かの判断をしておくのが賢明でしょう。 馬体を見ると姉キャッツアイよりも胸前の筋肉が発達しており、血管の浮き出具合から皮膚の薄さも感じられ好印象。 牡馬になったにも関わらず全姉よりも760万円安価な1200万円での募集。 管理する尾関調教師も天皇賞2着のグローリーヴェイズなど今勢いのある厩舎で頼もしいですね。 コスパ重視なら最もおすすめしたい1頭です。 この価格なら早々に満口になってもおかしくありません。 総評 今年度は以前にも増して良血馬が多いイメージです。 その分全体の価格も上がりましたが、中には安めの募集馬もいたりとバランスがとれているイメージです。 特に広尾サラブレッド倶楽部ゆかりのスイートマカロンやステラリードは想像よりもかなり安価な募集価格となったので争奪戦になりそうな予感すらします。 今年からDMMバヌーシーが1万口から2000口募集に変更し、広尾TCのライバルクラブになりそうな様相も見せていますが、私的には広尾TCの募集馬も全く負けておらず、非常に魅力的な馬ばかりにみえます。 この中から重賞馬やはたまたGI馬が紛れていそうな気がしてなりません。 そして、募集は 2019年7月20日(土)午前10時受付開始なのでお忘れなく!.

次の

【広尾サラブレッド倶楽部】一口馬主デビュー。会費や実際の請求書も公開!

広尾 サラブレッド 倶楽部

近年、10頭前後の募集馬の中からコンスタントに勝ち馬とオープン馬を輩出している広尾サラブレッド倶楽部をご紹介します。 なお、馬主名義は「広尾レース」となりますが、今回は愛馬会の略称「広尾TC」と書かせて頂きます。 2019-2020シーズンにおいては「パンサラッサ」が2戦目の未勝利戦で後続を2. 5秒も突き放すド派手な大差勝ちを飾り、一躍注目を集めました。 そのパンサラッサは、ホープフルSでも果敢な逃げの競馬をしています。 また、広尾TCに初めての重賞勝利をもたらしたステラリードの仔「パラスアテナ」は芝のレースに変わってから切れ味鋭く2戦2勝、オークスこそ間に合いませんでしたが、今後の躍進を予感させてくれる内容でした。 今年の募集馬も色々な牧場から期待できそうな馬が集まっているのですが、POG期間で特に楽しめそうな3頭をご紹介したいと思います。 リナーシェ 父:キングカメハメハ 母:ヴェイパー 母父:Galileo 武幸四郎厩舎(栗東) 2018年3月15日生まれ 牝馬・募集額3,560万円 母10歳時の出産で2連産目(第5仔) ショウナンタレントやショウナンアルバを生産した桑田牧場の誇る「期待の良血馬」が、広尾TCで募集されました。 母父Galileoは競走馬としても種牡馬としても超一流で、その血は世界中に広がっています。 そのGalileo牝馬と名種牡馬キングカメハメハとの交配で誕生したのが、このリナーシェです。 血統表を見ると所謂「欧州血統」が多いため、少々重いタイプかなと思われましたが、持ち込み馬の半兄ニルカンタテソーロ(父Speightstown)がその不安を一蹴してくれました。 函館芝1,000mでデビュー4着の後、すぐに函館芝1,200mの未勝利戦を勝ち上がり、1勝クラスでも連に絡む走りをしています。 キングカメハメハ産駒は牡馬の方が若干優勢というデータがあるものの、アパパネやレッツゴードンキといった名牝も輩出していますから、心配は不要でしょう。 管理するのは2018年に調教師デビューを果たした武幸四郎厩舎です。 武豊騎手の起用が多い傾向の厩舎ですから、兄弟コンビでの活躍に今後も期待が高まります。 馬体は半兄も当歳のセレクトセールで5,000万円以上の値が付いたように、母ヴェイパーの仔達は見栄えが良い傾向にあるようです。 リナーシェも凛とした立ち姿に好感が持てます。 すでに育成も進み、デビューを待つばかりとなりました。 広尾TCの先陣を切り、勢いをつけてくれる事を期待します。 バスラットレオン 父:キズナ 母:バスラットアマル 母父:New Approach 矢作芳人厩舎(栗東) 2018年3月25日生まれ 牡馬・募集額3,400万円 母8歳時の出産で初仔 初年度産駒から大活躍だったキズナ産駒の登場です。 JRAで産駒デビューから1年待たずして早くも重賞6勝をあげ、一躍ディープインパクト後継種牡馬争いの有力候補に仲間入りしました。 産駒のすごい点は、ノーザンファームの生産馬のみに頼ることなくこの快進撃を作ったという点にあります。 母父New Approachはダーレーグループの種牡馬として、初年度から欧州最優秀2歳馬ドーンアプローチを送り出しました。 国内でも2020年共同通信杯勝ち馬・ダーリントンホールがいます。 血統を辿れば半兄は高松宮記念勝馬のシンコウフォレストがいますので、欧州血統と言えども日本の馬場も気にすることはないはずです。 管理する矢作芳人厩舎は今や広尾TCの看板厩舎と言っても過言ではなく、度々クラブのカタログにも登場しています。 主な管理馬は、クラブの稼ぎ頭ハナズレジェンド[4-8-7-24]とパンサラッサ[1-1-0-5]です。 とにかく使える時には使う、1円でも多く稼ぎに行ってくれる、という厩舎ですのでPOGにおいても頼もしい厩舎と言えます。 馬体的にはキズナというよりはキングカメハメハ系のがっしりした身体つきに映ります。 恐らくですが、キズナの素軽さと欧州系のパワーが合致したものと思います。 動きの中からはスピード感が垣間見えますので、芝ダート問わずに楽しめるタイプかと思います。 カイザーノヴァ 父:モーリス 母:ステラリード 母父:スペシャルウィーク 矢作芳人厩舎(栗東) 2018年2月19日生まれ 牡馬・募集額1,800万円 母11歳時の出産で5連産目(第5仔) 母ステラリードは広尾TCに初の重賞勝利をもたらしてくれた、クラブとしてはかけがえのない一頭です。 繁殖入りしてからは、牝馬ばかりが誕生してきましたが、初めて念願の牡馬が誕生しました。 そして第4仔のパラスアテナ(父ルーラーシップ)がダートを2戦走ったのちに芝の未勝利戦・カーネーションCを快勝し、一躍クラブの期待馬に名乗り上げました。 これは今年ノルマンディーOCから出現したデアリングタクトと同じクロスということになります。 また広尾サラブレッド倶楽部は独自に遺伝子検査を実施していて、カイザーノヴァは「T:T型」という事が判明しています。 これは中長距離向きの馬に多くあらわれる型で、スピード一本のタイプとは違い、ある程度スタミナも備わっているタイプということになります。 馬体は、現状としてはモーリスに似た形になっていて、パワフルな走りをする競走馬に見えます。 育成は進み、入厩の目途も立ち始めているとの事です。 こちらも、管理するのは矢作芳人調教師です。 名調教師の手腕によって、半姉パラスアテナに続く活躍が期待されます。 以上、高橋楓が選ぶ広尾サラブレッド倶楽部から期待の3頭です。 募集馬の血統を見ると期待馬は何頭もいるのですが、今回は「POG」を意識できる馬を優先的に指名しました。

次の

広尾サラブレッド倶楽部での1口馬主最新収支

広尾 サラブレッド 倶楽部

クラブ一番馬はダービー卿CTを勝利した ブリッツェンで、総獲得賞金は2億弱、回収率は700%を超えています。 そこで、 超小口クラブである広尾サラブレッド倶楽部の出番です。 広尾サラブレッド倶楽部では、競走馬出資金を 1000口もしくは2000口で分割しているので、高くても一口当たり2~3万円程度で収まりますし、募集馬によっては1万円をきることも珍しくないので、気軽に一口馬主を始めることができます。 超小口クラブですと、他にもという一口馬主クラブがあります。 こちらも、昔は最大10000口で募集していましたが、現在は広尾サラブレッド倶楽部と同様2000口で募集しています。 広尾サラブレッド倶楽部のポイントシステムについて! 広尾サラブレッド倶楽部は現在あるすべてのクラブの中でも、トップクラスでポイントシステムが充実しているクラブです。 ここではポイントシステムの概要を紹介していきます。 出資金額が10000円なら300ポイントが貯まるわけです。 ポイントはクラブオリジナルグッズなどの景品と交換できるほか、100ポイントにつき100円分の出資割引券として利用することも可能です。 (引用:) 「ビギナー会員」、「リミテッド会員」、「ホープフル会員」、「クラシック会員」、「OPグレード」、「G3グレード」、「G2グレード」、「G1グレード」と、ランクアップするたびに毎月のポイント付与と競走馬出資金のポイントバックの値が上がっていきます。 郵送での手続きを希望する場合は、クラブより入会申込書(預金口座振替依頼書付)、出資申込書、ご本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証、パスポート等)のコピー、反社会勢力ではないこと等に関する表明・確約書が届きますので、必要事項を記入し、返送してください。 クラブ側が入金を確認次第、マイページログイン用のユーザーID、パスワード、会員証が順次届きます。 決済方法は銀行振り込みか、コンビニ決済の二つから選ぶことができます。 広尾サラブレッド倶楽部の入会金は?かかる費用は? ここでは、広尾サラブレッド倶楽部に入会した時に実際に掛かる費用を試算していきます。 計算の元になる数値は以下のようになります。 入会金: 無料!• 募集口数:2000口• 平均募集金額: 2,600万円• 一口当たりの出資金:1. 3万円• 一口当たりの保険料:416円• 4口以上は3000円で一定です。 ) 仮に広尾サラブレッド倶楽部に初めて入会し、クラブの平均募集金額ちょうどの値段の馬を一頭出資した場合で計算してみましょう。 5年間走り続け、6歳の12月に引退したとすると、以下の費用がかかります。 一月当たりで計算すると費用は1251円となるので、お小遣いでも十分楽しめますね。 ただ、広尾サラブレッド倶楽部には、 最大4口まで競走馬出資金が無料になる超お得な新規特典があるので、一口だけ出資するという方はあまりいません。 新規特典を利用して、4口出資した場合でも試算してみましょう。 また、新規特典は自動で適用されるので、面倒な手続き等は一切ありません。 SPONSORED LINK 広尾サラブレッド倶楽部に入会するメリットについて説明! 広尾サラブレッド倶楽部に入会するにあたり、どのようなメリットが得られるのでしょうか。 本項では、クラブの良い点について具体的に解説していきます。 一般的な血統表だけでなく、プラスビタール・スピード遺伝子検査(筋肉量を調整するミオスタチン遺伝子の型を分析して、競走馬の距離適性を推測するもの)の結果、調教師のコメント、生産者コメント、サラブレッド配合アドバイザーの血統診断など、他のクラブにはない情報まで提供されています。 これがこのクラブの最大の魅力と言っても過言ではありません。 広尾サラブレッド倶楽部のデメリットについて解説! ここでは、広尾サラブレッド倶楽部に入会するうえで、注意しておいた方が良い点を挙げていきます。 どれも重要な点ばかりなので、ぜひ目を通して頂ければ幸いです。 カタログを見たものの、興味がある馬が一頭もいなかった、なんて可能性もありますし、毛色や血統など出資スタイルにこだわりのある方にはおすすめしにくいクラブではあります。 これらの方針転換が結果にどう結び付くか判断が難しいところがあります。 募集頭数的にも母数が小さいので、クラブ成績等のデータもしばらくは参考になりませんが、その厳選された馬たちが今後、クラブの思惑通りに活躍してくれるかどうかで、クラブの評価も大きく変わってくるでしょう。 広尾サラブレッド倶楽部を利用すべき人はどんな人か語る! さて、では広尾サラブレッド倶楽部を利用すべき人は、どのような人なのでしょうか。 大衆向けのクラブと言えますし、お小遣いの範囲でも十分に馬主気分を味わえるクラブとなっています。 すでに他のクラブに入会している人の中には、出資している馬がなかなかレースに出走しない・・、出資頭数を増やして愛馬の活躍する姿をもっと見たいもののこれ以上の出資は経済的にきつい・・、という方も多いと思います。 そういう時には、広尾サラブレッド倶楽部の新規会員特典を利用すれば、初期費用なしで最大4頭持ち馬を増やせるわけですから、退屈せずに一口馬主ライフを過ごすことができると思います。 SPONSORED LINK 広尾サラブレッド倶楽部以外でおすすめの一口馬主クラブは? ここでは広尾サラブレッド倶楽部以外のおすすめ一口馬主クラブを紹介します! 興味のある方は参考にしてみてください。 1:DMMバヌーシー 広尾サラブレッド倶楽部で出資をお考えの方であれば、DMMバヌーシーも当然選択肢に入ります。 というのも、DMMバヌーシーも広尾サラブレッド倶楽部と同様に2000口で募集しているクラブだからです。 両者を比較するとまさに一長一短と言ったところで、コストパフォーマンスや割安性でいえば広尾サラブレッド倶楽部、 勝ち上がり率の高さや、重賞馬の輩出という面ではに分があります。 最近でいうと広尾にも、G3福島記念を勝利した「クレッシェンドラヴ」がいますが、DMMバヌーシーにはオークス馬「ラヴズオンリーユー」という世代トップクラスの馬がいます。 以下、DMMバヌーシーの個別記事に詳細を記載している為、興味がある方はお読みください! できる限り費用を抑えつつも、愛馬が重賞で活躍する姿がみたいという方は、DMMバヌーシーをおすすめします。 2:サンデーサラブレッドクラブ は募集口数が40口と、広尾サラブレッド倶楽部とはベクトルが真逆のハイリスクハイリターンなクラブです。 ノーザンファームの良血馬達が揃う強豪クラブで、総獲得賞金は常に1~2位を争っており、募集頭数が多く、勝ち上がり率も圧倒的です。 純粋に勝ちに拘るのならの馬に出資するのが一難手っ取り早いと言えるでしょう。 ジェンティルドンナ、オルフェーブル、ブエナビスタ、ヴァーミリオンなど競馬ファンなら誰もが知っている名馬たちが実際にこのクラブから誕生しています。 40口クラブ故に複数頭出資するのは、費用的にかなり苦しいですが、サブクラブ的な立ち位置で広尾サラブレッド倶楽部のような超小口クラブを同時に運用することで、愛馬が活躍する機会を増やすというのも手です。 については、以下の記事にも記載しているため、そちらも参考にして下さい! 勝ちに拘りたいけど、サンデーサラブレッドクラブは費用的に手が出ない、という方におすすめです! 4:ノルマンディーオーナーズクラブ ノルマンディーオーナーズクラブは、オカダスタッドを母体とした牧場系のクラブで、「安いけどそこそこ走る」を目指したような仕入れ方針をしています。 実際、平均募集金額に対して平均獲得賞金が大きく上回っており、全クラブの中でも 回収率トップとなっております。 募集口数は40口、400口の2種類の他、地方馬は100口、また、3頭を1チームとして、そのチームに対して出資を行う「スターズファンド」という企画では10000口と、幅広い募集形式で出資を募っています。 人それぞれ出資スタイルは違うと思いますし、その時々のお財布事情で40口馬にしたり、400口馬にしたりと選べるのが良い点です。 広尾サラブレッド倶楽部では募集口数的に物足りないけど、費用は出来る限り抑えたいという方におすすめのクラブです。 については、以下の個別エントリーも合わせてチェックしてください! 入会金11,000円、月会費も1,100円と、一般的なクラブより安価なのが特徴です。 まとめ 最後までお読み頂きありがとうございます! ここまでも紹介させて頂いた通り、広尾サラブレッド倶楽部最大の魅力は、なんといってもお得な特典です! 4口無料の新規特典から、最大18%ポイント還元の早期特典、会員ランクがクラシック会員のG1グレードまで上がれば更に30%ポイント還元など、本当に大盤振る舞いです。 また、超小口クラブなので、自分の余力資金に合わせて口数を調整できるのも良い点です! 入会金が無料ですし、新規特典を使えば、纏まった初期費用なく入会できるので、気軽に馬主気分を味わってみたいという方は是非入会を検討しみてください! 他、お馬さん関連のエントリーはこちら!.

次の