ドラム 式 洗濯 機 臭い。 ドラム式洗濯機が臭うので分解清掃してみた。中がドエライことになってました…。

日立のビッグドラム、乾燥がメチャ臭い!うちのドラム式洗濯機BD

ドラム 式 洗濯 機 臭い

ドラム式洗濯機の臭いは何が原因? 洗濯をしたはずが、洗濯物に臭いがついたり洗濯中に変な臭いをドラム式洗濯機から感じたことはありませんか?ドラム式洗濯機は、タテ型洗濯機に比べて乾燥器の機能がついているため乾燥をかけているときは、多少臭いを感じる場合はあると思いますが洗濯物に臭いが移ってしまうのは、雑菌の発生や洗濯機能の不調かもしれません。 洗濯物についてしまう嫌な臭いの主な原因は、一体どんなものなのでしょうか? 洗濯物から臭いがする場合 せっかく洗った洗濯物から臭いがするのは、洗濯の仕方に原因があるのかもしれません。 また、洗濯機に問題があり臭いが洗濯物に映ってしまっている可能性もあります。 洗濯機から嫌な臭いがする原因を知ることが必要です。 原因別で、対策方法が異なるためどんな原因があるのか知ることが大切です。 洗濯をした洗濯物から、嫌な臭いがする理由をいくつかご紹介いたします。 すすぎ不足 すすぎ不足だと、洗濯物に雑菌が繁殖しやすく生乾きのような独特な臭いが発生することがあります。 洗濯をする際に洗剤を使って洗濯をするため、すすぎが十分でないと洗剤が洗濯物に残り乾かしている最中に臭いを発生しやすくしてしまいます。 そのため、ドラム式洗濯機に限らず 洗濯の際にはしっかりとすすぎを行うことが大切です。 残ってしまった洗剤は雑菌のエサになりやすく生乾きのような臭いを発生しやすくするのです。 洗濯の際には、十分なすすぎを行いましょう。 お風呂の水を使いまわし — 2018年 5月月21日午後10時05分PDT 「柔軟剤も洗剤も既定の量を守っているし、すすぎも十分に行っているのに何故か嫌なの臭いがする…。 」と感じている人は洗濯素のカビの臭いが、洗濯物に移っているのかもしれません。 臭いの一番の原因ともいわれているカビは、洗濯機周りをいくらきれいにしていても逃れられません。 定期的に洗濯槽の掃除を行うことがとても重要になってきます。 洗濯機の中は、湿度や洗剤の残りなど雑菌が最も繁殖しやすい環境です。 気づいたら、カビの倉庫なんてこともあります。 そのため、 洗濯物の臭いが取れないなと感じたらまず洗濯機の掃除を行うことをおすすめします。 洗濯機がクサい 「なんか洗濯機が臭う。 」「乾燥機をかけている時は、焦げたような臭いがする…。 」など洗濯機から臭いを感じる場合は、洗濯槽にカビや雑菌が繁殖してしまっているか洗濯機の不調を疑うといいでしょう。 それらの理由の詳細を見ていきましょう。 洗濯槽のカビ 上記でもご紹介したように、洗濯槽は扉を閉めっぱなしにしてしまうことで湿度が上がりカビが繁殖しやすくなります。 また、洗濯物が終わった後は必ず扉をしめているなどの場合は注意が必要です。 なるべく風通しを良くしておくことでカビの繁殖を抑えることができます。 また、洗濯槽は定期的に掃除を行うことでカビの繁殖を抑えることができます。 「ドラム式洗濯機はメンテナンスが大変そうで掃除を怠っていた…。 」なんてことは、カビの繁殖をそのままにしているのと同じです。 定期的に専用のクリーナーなどを使い掃除を行いましょう。• 焦げた臭いは洗濯機の不調 ドラム式洗濯機は、乾燥機がついているため乾燥機能を使っている際は高温になり少し独特な臭いがするのですが 焦げたような臭いがする場合は、注意が必要 ドラム式洗濯機の臭いの取り方は? — 2018年 5月月26日午後8時50分PDT 洗濯機の匂いは排水口から上がってくる、嫌な臭いも関係しているため 排水口周りは綺麗に保つことが大切です。 排水口などを含め細かいところを綺麗に保つこともとても大切です。 排水口に汚れが溜まってしまうと、ぬめりや臭いの原因にもつながります。 洗濯機回りは水回りだからこそ綺麗に保ちましょう。 臭いの対策方法はどんなもの? 普段から臭い対策を行うことで、洗濯機に嫌な臭いを予防することができます。 また洗濯槽を綺麗に保つだけでなく、普段から出来る臭い対策とはどのようなものなのでしょうか? 洗濯物を入れっぱなしにしない 汗をたくさんかいたあとの洗濯物を洗濯機に入れっぱなしにしておくことは、雑菌が繁殖して嫌な臭いを発生させてしまう原因となります。 また、洗濯物を入れっぱなしにしてしまうことで洗濯機の湿度を高めてカビの繁殖を高めてしまいます。 洗濯機を清潔に保つためにも、 洗濯物は出来るだけ入れっぱなしにせず洗濯機を使うときに洗濯物を入れるよう心がけましょう。 扉を開けたままにする 洗濯機の扉を開けたままにすることで、風通しの悪い洗濯機の中を乾燥させることができます。 「洗濯物が終わったり、使わない時は扉を閉めてた!」という方は、定期的に開けたままにするにすることをおすすめします。 ドラム式洗濯機は通常のタテ型洗濯機に比べて、高温になりやすいため洗濯機を冷ますためにも 使い終わったら扉を開けたままにすると良いでしょう。 また、洗濯機は水もたくさん使うためジメジメしやすくカビが繁殖しやすい場所でもあります。 カビの繁殖を抑えるためにも換気をするように扉を開けることをおすすめします。 洗濯ホースを取り換える 洗濯機のホースが劣化してきてしまうとそこから臭いを発してしまう場合があります。 そのため、洗濯ホースを取り換えることで臭いを予防することができます。 洗濯ホースを取り換える際に一緒に排水口を掃除するなどすれば、臭いや汚れを対策することができます。 洗濯機の掃除をしっかりしていても意外と排水口周りの臭い対策や、汚れ対策を怠っているケースも多く ホースが劣化してゴミが溜まって臭いを発しているケースも多いのです。 定期的にホース回りを掃除したり、劣化していれば取り換えることで臭いの対策につながります。 ドラム式洗濯機は清潔を保っていれば臭いは気にならない! ドラム式洗濯機は、タテ型洗濯機に比べてメンテナンスや掃除が大変なイメージがあります。 しかし、 日常的に使うものなので清潔に保ちしっかりとお手入れをしてあげることが大切です。 ドラム式洗濯機は、乾燥機能もついている分独特な臭いを感じることもありますが定期的な掃除とメンテナンスで洗濯機を清潔に保ちましょう。 また、 自分で改善することのできない臭いや汚れは専門の業者に依頼することをおすすめします。

次の

ドラム式乾燥したら洗濯物が臭い件|日立の見解は?

ドラム 式 洗濯 機 臭い

はじめ、石鹸洗濯を始める前にドラム式洗濯機の洗濯槽を過炭酸ナトリウムで掃除しました。 この過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽の掃除は、カビがものすごい取れると世間では言われております。 でも、我が家の洗濯機ではほぼ毎日乾燥機能を使っているためか、カビがほとんどありませんでした。 ところがここ2~3週間くらい「なんか臭う」と思っていたんです。 いや、実は2~3ヶ月前から時折臭っていたような気がしますが、知らんぷりしてました。 この数週間は子供の使用後の靴下の臭いや、あるいは茹でたそら豆を思わせる、そういう感じのとにかく不快な臭いを強く感じるようになりました。 心なしか洗濯物にもそのにおいが付いている気がする。 夫に「なんかTシャツくさくねー?」と言われ、 CHECK! 排水口を掃除しよう 洗濯機を置くパンに排水口がついています。 我が家の場合は洗濯機からギリギリ出ていたのでなんとか掃除することができました。 これがもう少し洗濯機の下にずれていたり、洗濯機の大きさが大きかったら自力で掃除するのは無理たっだことでしょう。 洗濯機を買うときや新しく家を新築するときは、そういったトラブルに対応できるように排水口の場所の確認をすることを強くおすすめします。 我が家の場合はギリギリ自分で掃除できる場所だったので(とは言っても、反対側が壁になっており片腕しか入らなくてかなりキツかったです。。 )、なんとか排水トラップを取り外し、詰まりの原因を取り除きました。 そこに、ホコリや髪の毛がからまって穴を塞ぎ、ついには逆流したようです。 なぜティッシュのようなものがそこにあったのかは謎です。 実は我が家では2年前にも洗濯機の排水口が詰まったことがありました。 そのときは、排水トラップを取り出してみると、ものすごい量のヘドロが詰まっていました。 この原因は明らかに合成洗剤と柔軟剤です。 私は以前は、必要以上の柔軟剤を多用していたことがありました。 それが原因となって排水口が詰まったようでした。 こびりついたヘドロが大量に詰まっていたので掃除も大変でした。 柔軟剤はいろんな害があります。 CHECK! 今回、排水トラップを取り出してみると、前回のようなヘドロは全くありませんでした。 単にティッシュのような物が流れてしまったことが原因です。 前回の掃除から2年経っていましたが、 石鹸洗濯はヘドロを作らないことも証明できました。 詰まったものを取り除き、排水トラップは歯ブラシを使ってきれいに掃除し元に戻しました。 私はただ単に排水口のつまりを解消するために掃除をしたわけなんですが、 次の日の朝いつものように仕上がった洗濯物を取り出そうと、洗濯機の扉を開けるとあの臭いにおいが皆無だったんです。 まさに嬉しい誤算です。 本当にあの臭いが全く消えたのですから、 「においの原因は排水口のつまりだった」と断定できます。 乾燥後の洗濯ものが臭うときは排水口のつまりを疑ってみよう ドラム式洗濯機で洗濯したもののにおいが気になる人は結構いるようです。 もし、そのにおいが足の臭いのような臭いだったら、もしかしたらその原因は排水口のつまりによるものかもしれません。 私もはじめは洗濯槽の汚れを疑い掃除をしようとしていたので、意外な盲点でした。 洗濯物のにおいの原因ってたくさんあると思います。 あまりに臭いが気になるときは、しらみつぶしに原因を突き止めていくしかないです。 そのうちのひとつに排水口のつまりがあるかもしれないので、一度確認してみるといいかなと思います。

次の

ドラム式洗濯機の乾燥でタオルが臭いのがやっと解決!

ドラム 式 洗濯 機 臭い

ドラム式洗濯機を使っていると、ふとしたときに「洗濯機が臭い!」と感じることはないだろうか。 「生臭い」「ゴム臭い」「下水臭い」……なぜ、こんなにおいがするのか? その原因は、においの種類によって変わってくる。 今回は、そんなドラム式洗濯機のにおいの種類と原因を解説していこう。 【目次】 1. なぜ臭い? その原因はドラム式洗濯機のにおいの種類で違う ドラム洗濯機からにおいは、何が原因かによって変わってくる。 そのにおいの種類と主な原因は、以下のとおりだ。 生臭い 生臭い場合は、洗濯槽の中に「カビ」や「雑菌」が繁殖していることがほとんどだ。 洗濯後や乾燥後に洗濯物を長時間放置していたり、洗剤の溶け残りをそのまま放置したりすると、「カビ」や「雑菌」が繁殖してしまう。 雑巾のような生臭いにおいがしたら、カビが繁殖していると考えよう。 ゴム臭い、プラスチック臭がする 新品のドラム式洗濯機は、よくこのにおいがする。 内部の部品に使われている機械油や、窓のパッキンをはじめとするゴム部分が原因だ。 使用するたびにおいは減っていくが、しばらく使っても解消しないようであれば、購入した店やメーカーに問い合わせよう。 下水臭い 主な原因は排水トラップに水がたまっていないことだ。 排水口や排水フィルターなどの汚れでも、下水臭くなることがある。 【参考】 石けんアドバイザーに聞く洗濯槽を清潔に保つコツ デメリットはもうなくなった!? 進化するドラム式洗濯機の最新モデルをチェック 生臭い! よくあるドラム式洗濯機のにおい問題は掃除で解決 生臭いにおいの発生場所である洗濯槽。 ここに繁殖している「カビ」と「雑菌」を排除するなら、「洗濯槽クリーナー」がオススメだ。 スーパーで売っている洗濯槽クリーナーを使うなら、掃除する頻度にもよるが、塩素系は殺菌力が高く、酸素系は汚れをはがす力が強い。 1か月前は塩素系を使ったなら、次は酸素系……といった具合に交互に使えばより効果的だ。 各メーカーが推奨している「洗濯槽クリーナー」は、一般的なものより強力なものが多い。 購入の際は説明書か各メーカーの公式サイトで確認しよう。 ただし、ドラム式にはドラム式専用のクリーナーを使用すること。 縦型洗濯機用だと、使用できないことがある。 あとは、説明書に乗っている槽洗浄の手順に従えばOKだ。 【参考】 ドラム式洗濯機が下水臭い! その原因は排水トラップのせいかも? まずは排水トラップをチェック。 水がたまっていなければ、水栓の開け忘れを疑おう。 多くのメーカーは乾燥終了時に水を使って、排水トラップに水をためる。 空いていなければ水がたまらず、においが上がってくる。 また、排水口が汚れているようであれば清掃を。 排水トラップなどの各パーツも、キレイに掃除してから元に戻そう。 そのほかにも、排水フィルターの汚れもにおいの原因になる。 こちらは週に1回は手入れが必要なので、定期的に掃除しよう。 盲点は排水ホース内部の汚れ! 見逃しがちなのは、排水ホース内部の汚れだ。 ホースの中にハイターなど塩素系漂白剤を流し込んで、ラップなどでホースの口を塞ぐ。 ホース内に漂白剤が行き渡るようにゆすったあとは、内部の漂白剤を捨てるだけだ。 あまりに汚れが酷いようであれば、排水ホースの交換をオススメする。 ドラム式洗濯機が臭いときのお手入れ方法は、メーカー別にチェック! 各メーカーの公式サイトでも、においの原因や対処法について公開している。 掃除をする前に一度確認しておくのもオススメだ。 また、ドラム式洗濯機には、洗濯のたびに自動で洗濯槽のカビや雑菌を抑えてくれる機能がある。 機能は各メーカーによって違うので、購入の時の判断材料にするといい。 【参考】 【パナソニック製】「臭い!」がなくなる!? ドラム式洗濯機の自動お手入れ パナソニックの自動お手入れモードは、槽洗浄が二段階あるのが特徴だ。 まずはすすぎ前にキレイな水を入れて、遠心力で槽洗浄を行う。 そして脱水時には、脱水穴から水を噴射し、外槽とドラム槽の間にある洗剤カスを洗浄するという仕組みだ。 そして、上位機種にはナノイー機能が搭載されており、黒カビの発生を抑えてくれる効果がある。 【参考】 【東芝製】「臭い!」がなくなる!? ドラム式洗濯機の自動お手入れ 東芝の自動お手入れ機能は、脱水時の遠心力を利用して洗浄する仕組みだ。 洗濯をするたびに、外槽前カバーの裏側を洗浄&除菌し、洗剤カスの付着と黒カビを抑えてくれる。 脱水の水を利用しているので、追加で水道代がかからないのもポイントだ。 【参考】 【日立製】「臭い!」がなくなる!? ドラム式洗濯機の自動お手入れ 日立は、すすぎの後にキレイな水道水を入れて、自動そうじをする機能を搭載。 ドラムの外側を全体的に洗い流し、洗剤カスなどを落とすことで、雑菌や黒カビを抑制する。 【参考】 【シャープ製】「臭い!」がなくなる!? ドラム式洗濯機の自動お手入れ シャープの場合は洗濯時ではなく、「槽クリーン」というコースで、洗濯槽内をお手入れする。 この槽クリーンは、シャープの「プラズマクラスター」を、ドラム槽内に放出する仕組みだ。 除菌と消臭に加え、黒カビを抑制してくれる。 【参考】 種類に合った対処を行ってにおいを撃退しよう! ドラム式洗濯機がにおわないよう、現在ではさまざまな機能が搭載されている。 いずれにしても、定期的な洗濯槽の洗浄をしていかなければ、黒カビや雑菌が繁殖してしまう。 この記事でお伝えしたにおいの種類で原因を判別して、ドラム式洗濯機をお手入れしてみてほしい。 文/ねこリセット.

次の