楽天モバイル 解約金。 楽天モバイル:契約解除料について

楽天モバイルMVNOの最低利用期間と違約金/契約解除料

楽天モバイル 解約金

楽天アンリミットは無料期間中でも解約することができるのか? 違約金がかかるのか? 再契約することが可能なのか? ということ疑問についてまとめています。 楽天アンリミットは、 月額2,980円で国内通話が24時間無料、楽天回線エリアでのデータ通信は使い放題というお得な料金プランが話題ですね。 たくさんデータ通信をする人は、他社で契約するよりもずっと安いたったの2,980円で使い放題で利用できるかもしれないので、楽天モバイルに乗り換えを検討している人も多いと思います。 しかし、楽天アンリミットの 楽天回線エリアはまだ関西・関東の一部の地域でしか利用することができないため、自分が利用する地域がエリア内に含まれているのか心配になります。 エリア内の地域であっても屋内や場所によっては楽天回線で利用できないこともあるので、 契約してみたら思ったような使い方ができなかったということになるかもしれません。 楽天アンリミットは無料期間中でも解約することができるのか、無料期間中の後の解約のタイミングはいつがいいのか、楽天アンリミットの解約方法について確認しておきましょう。 楽天アンリミットは無料期間中に解約できる? は、 定期契約や最低利用期間というものがありません。 試しに楽天アンリミットを契約してみて、 契約内容に不満がある場合は 無料期間中でもいつでも解約することができます。 楽天アンリミットに乗り換えた方が安くなるかも? 楽天モバイルのエリアで利用できるか不安 このような人は、無料キャンペーン中なら 月額料金無料のお試しで楽天アンリミットを使ってみることができますよ。 楽天アンリミットの無料キャンペーンについて詳しく解説していきます。 【無料期間中】楽天アンリミットの解約 楽天モバイルでは、新たに楽天モバイルでアンリミットを契約する人を対象に、 月額料金が1年間無料になるを開催しています。 楽天アンリミットに新規申し込み 楽天アンリミットに他社から乗り換え 楽天アンリミットに楽天モバイル(MVNO)から移行手続き 楽天アンリミットに無料サポートプログラム「100GB無料プラン」からプラン変更 上記の4つのうち、いずれかの手続きを行った場合に無料キャンペーンが適用されます。 いずれの場合も、【楽天会員】であることが条件となります。 違約金の請求はなし 楽天アンリミットの無料キャンペーンの対象になっているのは、月額料金の2,980円のみです。 なので、契約したときの契約事務手数料3,000円やオプションサービス料、楽天モバイルで購入する本体代金については無料の対象にならないため、無料期間中であっても料金が発生する場合があります。 無料期間中でも違約金なしで解約することができるのですが、 本体の分割代金の支払いは免除されないため、解約後も支払いが必要になります。 解約後の再契約は可能 楽天アンリミットの無料キャンペーンは、 一人につき1回のみ適用可能です。 自分の名義で複数台の契約をする場合は最初の1回線目だけが適用になり、その後 2回線目以降はキャンペーンの対象外になってしまいます。 また、楽天アンリミットは 解約したあとに再契約することは可能ですが、無料キャンペーンは最適用されることはありませんので注意してください。 初期契約解除期間中はMNPの予約番号は再発行が可能 楽天アンリミットを 契約してから8日以内なら、書面で契約を解除することが可能です。 MNPで他社からの乗り換えだった場合はMNP予約番号を再発行してもらうことができるため、再発行された予約番号を使って期間中に乗り換えをしなかった場合は、他社の契約に戻ることが可能です。 ただし、8日以内に初期契約解除を行った後に改めて楽天アンリミットを契約した場合は、無料キャンペーンの対象外となってしまうので注意してください。 【無料期間後】楽天アンリミットの解約のタイミング 楽天アンリミットの無料期間が終了した後の解約のタイミングについては、 いつでも自由に解約することが可能です。 楽天アンリミットは、 無料期間が終了した後も定期契約や最低利用期間などがありませんので、いつ解約しても違約金なしで解約することができます。 月の途中で解約した場合も、 その日までの月額料金を日割りで請求されます。 なので、もしも解約した日が1日だった場合は、最終月は1日分の日割り料金の支払いをすることになりますよ。 ただし、楽天モバイルから他社に乗り換える場合は、違約金はかかりませんが MNP転出手数料3,000円については支払いが必要になります。 オプションサービスは個別で退会手続きが必要 楽天アンリミットを解約しても、 利用していたオプションサービスについては自動で解約になりません。 オプションサービスは、my楽天モバイルから個別に解約手続きを行うことになります。 オプションサービスについても解約時の月額料金は日割りになるサービスが多いですが、オプションサービスによっては日割りにならないオプションもあるので、解約時に注意が必要です。 楽天アンリミットの解約手順 楽天アンリミットを解約したい場合は、 webサイト「」または「my楽天モバイルアプリ」からの手続きとなります。 店頭では解約手続きを行うことはできません。 楽天アンリミットの解約についてのまとめ• 楽天アンリミットは無料期間中もいつでも解約可能• 違約金なし・最低利用期間もなし• 無料期間中に無料になるのは楽天アンリミットの月額基本料2,980円だけ• 無料期間終了後も最低利用期間・定期契約なしでいつでも違約金無料で解約可能• 解約時の基本料は日割り• オプションサービスは自動で解約にならないため、個別に解約手続きが必要 楽天アンリミットは 最低利用期間や定期契約といった縛りが一切ない料金プランなので、無料期間中も無料期間が過ぎたあとも、いつでも好きなタイミングで解約することができます。 解約するときも月額料金は日割りでの請求になるため、 解約するタイミングはいつでもOKです。 解約手続きも、my楽天モバイルアプリから簡単に手続きを行うことができるので、わざわざ店頭で手続きすることはありません。 楽天モバイルを使ってみたい 楽天回線エリア内になっているのか不安 という人は、楽天アンリミットは無料期間中でもいつでも違約金なしで好きなタイミングで解約することができるので、月額料金が無料になるキャンペーンを利用して楽天モバイルを契約してはいかがでしょうか。

次の

楽天モバイルMVNOの解約方法を全解説!2019年10月のルール変更に注意!解約金やお得な解約タイミングも解説

楽天モバイル 解約金

違約金は発生するのか 解約するにあたって注意したいのが最低契約期間や違約金です。 基本プランの解約ではないのでないかと思われますが、やはり気になるところです。 調べてみたところ5分かけ放題の解約で違約金が発生するだとか期間的な縛りがあるだとかはないそうです。 とりあえずそういうことのようなので安心ですね。 ただし5分かけ放題の解約でも違約金が発生する場合があります。 例えば既に終了したキャンペーンですが、「5555円相当のポイントプレゼント」といった内容のキャンペーンがそうです。 ポイントがつくかわりに加入時に5分かけ放題への同時加入が条件というものですが、このようなキャンペーン内容によっては5分かけ放題の解約だけでも違約金が発生することになります。 このキャンペーンだと12か月以内に楽天モバイルのプランまたは5分かけ放題を解約で違約金9800円が発生します。 楽天モバイル加入時にこういったキャンペーン特典を受けていないのであればそういったことは特に気にすることないでしょう。 また、こうしたセットのキャンペーンだけでなくコミコミプランを契約していて最低利用期間内に5分かけ放題のみを解約した場合も違約金が発生することになります。 それ以外の注意点 楽天モバイルのサイト内で記載されている内容を見てみましょう。 2016年11月28日より、「楽天でんわ」「楽天でんわ 5分かけ放題オプション」の提供会社が楽天コミュニケーションズ株式会社から楽天株式会社に変更となりました。 提供会社変更前・変更後で解約のお申し出をいただく期限が異なります。 楽天モバイルの「メンバーズステーション」にて解約の申請を行ってください。 楽天コミュニケーションズの「マイページ」にて解約の申請を行ってください。 このように5分かけ放題の解約については2016年の11月27日以前なのか11月28日以降なのかによって違ってきます。 今回紹介しているものは11月28日以降の解約なので月末までに受理された解約は当月末での解約です。 つまり今日が6月4日になりますが、月初に解約したとしても日割りが適用されるわけではなくその月末に解約が受理されることとなります。 今回は既に月をまたいでいるので仕方ありませんが、5分かけ放題を解約しようと思っているときが月末であるのなら翌月分の850円がかかってきますので早めに解約することをお勧めします。 オプションの解約受付は25日締め オプション・解約手順 それではこれからオプションの5分かけ放題を解約したいと思います。 パソコン操作で見ていきましょう。 楽天モバイル にアクセス。 いくつか項目がありますが、少し下にスクロールして「メンバーズステーションへ」を選択。 メンバーズステーションでは利用明細の確認やプラン、オプションの変更ができます。 続いてログイン画面です。 楽天会員IDを持っているのであれば楽天会員IDでログインしましょう。 ログインが完了するとメンバーズステーションの画面に切り替わります。 オプションサービスの申し込みという項目内から「オプション解約申請」を選択。 ここで注意事項として、オプションの解約は毎月25日が締めになるといった内容が書かれています。 26日~月末までの解約は翌月の解約となるわけですね。 一番下までスクロースして「オプションサービス解約手続きへ」を選択します。 次の画面に切り替わりますので、解約するオプションにチェックを入れて「確認画面へ」を選択します。 確認画面です。 解約月もここで確認することができます。 解約の「お申し込み」を選択。 これで解約手続きが完了しました。 手続き完了のお知らせが登録メール宛てにすぐ届くはずです。 メールが届かない場合は楽天モバイルに問い合わせればいいでしょう。

次の

楽天モバイルMVNOの解約方法を全解説!2019年10月のルール変更に注意!解約金やお得な解約タイミングも解説

楽天モバイル 解約金

楽天モバイルにはキャリア契約のような2年縛りがあるの? 楽天モバイルにはキャリア契約のような 2年縛りや解約金はありません。 docomo・au・ソフトバンクなど、キャリア契約では基本料金を安くするために2年毎の自動更新契約をしなければいけないのが一般的です。 この自動更新は任意ですが、自動更新をするのとしないのとでは最大2倍程度の料金差が生まれるため、ほとんど必須だと言えるオプションです。 1回の契約に対して2年間という長期の契約期間を求められ、指定期間外での解約には違約金がかかってしまうのでなかなかヘビーな契約形態だと言えます。 これは、au・ドコモ・ソフトバンクすべての大手携帯キャリアにおいて同じような縛りがあります。 一方、楽天モバイルの契約には「2年縛り」に該当するような契約条件がありません。 この後のコンテンツで解約金や詳しい契約条件など解説していきます。 解約金などの情報は楽天モバイル公式サイトからもご覧になれます。 おすすめポイント• 楽天回線エリアなら高速データ通信で 使い放題!• いよいよ iPhoneもサポート開始• 今なら 1年間月額基本料金無料 1年無料は300万名限定 楽天モバイルはいつ解約しても解約金はかからないの? 楽天モバイルUN-LIMITはいつ解約しても解約金はかかりません。 手続きは店頭ではなく会員ページの「my楽天モバイル」から行います。 手続きに時間がかかることはなく、 即時解約が可能です。 月中に解約した場合、利用料は日割りで計算されて請求されます。 ただし、楽天モバイルUN-LIMIT以前の 旧プラン「通話SIMプラン」の場合は最低利用期間12ヵ月よりも早く解約すると契約解除料が9,800円かかるので注意しましょう。 しかし、通話SIMを利用している人が 楽天モバイルUN-LIMITにプラン変更する場合は解約料はかかりません。 楽天モバイルUN-LIMITは月額2,980円でデータ使い放題かつ国内通話が無料になるお得なプランです。 もし通話SIMで月額2,980円以上支払っている場合はUN-LIMITプランに変更すると月額費用を安くできます。 詳しくは以下の公式サイトの「スーパーホーダイ、組み合わせプランからの移行お申込み」からご確認いただけます。 楽天の正式プラン Rakuten UN-LIMITなら先着300万人まで1年間のプラン料金無料 楽天モバイルからMNP転出する場合は事務手数料がかかる 楽天モバイルUN-LIMITには2年縛りはなく、解約金もありません。 しかし、電話番号をそのまま引き継ぐ 「MNP」を利用して他のキャリアへ乗り換える場合は、事務手数料として3,000円がかかります。 MNP転出の事務手数料は3大キャリア(docomo・au・ソフトバンク)でもかかる費用で、全キャリア事務手数料3,000円かかるものです。 楽天モバイルが特別高いわけではありませんが、MNP転出には費用がかかることを忘れないようにしましょう。 旧プランの人向け:楽天モバイルの解約時の解約金サンプル 2020年4月8日から始まった「楽天モバイルUN-LIMIT2. 0」プランは解約金がかかりません。 しかし、それ以前のプランである「通話SIM」の場合、最低使用期間12ヵ月以内に解約すると解約料9,800円がかかかります。 ここでは旧プランを解約したい人に向けて、解約手数料を解説していきます。 通話SIMを契約5ヶ月目で解約する場合の総コスト 合計金額19,200円 内訳は次の通りです。 月額料金3. 解約手数料9,800円 最低利用期間内の解約なので解約手数料9,800円がかかります。 ユニバーサルサービス料(上記サンプルと同じ理由により除外しています) 通話SIMを契約13ヶ月目で解約する場合の総コスト 通話SIMの契約13ヶ月目の解約には解約手数料がかからなくなります。 驚くべきは、同じプランを5ヶ月 最低利用期間内 に解約した時と3000円しか変わらない点です。 合計金額22,200円 内訳は次の通りです。 月額料金3. ユニバーサルサービス料(上記サンプルと同じ理由により除外しています) 楽天モバイルについてもっと知りたい人は「 をご覧ください。 旧プラン:通話SIMの解約に関する注意事項 楽天モバイルで解約金がかかるのは2020年4月8日で新規申込をストップした「通話SIM」のみです。 ここでは通話SIMを解約したい人向けて解約の注意点をまとめました。 契約に日割り計算がない 楽天モバイルの通話SIMプラン契約は日割り計算がなく、すべて月単位での計算となります。 そのため、解約日は月末にしたほうが損をせずにすみます。 ただし、解約時申請を月の16日以降にしてしまうと翌月末解約になってしまうので注意してください。 MNP転出による解約時期は他事業者への転入手続きの完了日となる 他通信事業者に乗り換えついでの解約を考えているユーザーは注意しなければいけないポイントです。 楽天モバイルからのMNP転出時点は解約日ではありません。 移転先へのMNP転入手続き完了日が楽天モバイルの解約日となります。 従って、この解約日ができるだけ月末に合うように調整したほうがベターです。 通話SIMプランの解約の締め日は毎月15日 もし当月中に解約をしたい場合にはその月の15日までに解約申し込みをしなければいけません。 16日~月末までの申し込みは来月末日付けの解約となるので注意しましょう。 オプションサービスの解約締め日は毎月25日 オプションサービスの解約締め日は、プランの解約締め日である15日とは異なり、毎月25日になります。 つまり、当月中のオプションサービス解約には25日までに申し込む必要があります。 なお、オプション解約もプラン解約と同じで日割り計算はありません。 楽天の正式プラン Rakuten UN-LIMITなら先着300万人まで1年間のプラン料金無料 Webからの問い合わせ 格安SIMはどこのMVNOを選んでも2年縛りはないの? 「格安SIMはどこのMVNOを選んでも2年縛りはないの?」という大きな疑問の他に、いくつかの疑問点をまとめてみました。 ないところがほとんどですが、ある場合は「最低利用期間」と記載されていることがあります。 違約金がかかるような条件はこの「最低利用期間内の解約」においてのみ発生します。 最低利用期間を超える契約においては、いつ解約しても違約金がかからないのです。 さらに、最低利用期間が設けられているプランは総じて通話プランであることも特徴です。 データ通信専用SIMではこうした最低利用期間が設けられていることが稀です。 例外的に設定されていても2ヶ月程度と短期間であることも共通しています。 ただし最近ではUQモバイルやY! mobileといったSIMでは2年契約をする事で月々の料金を割引してもらえるプランもあります。 キャリア契約のSIMロック解除していない端末でも流用できる? これもよくある質問のひとつです。 キャリア契約の端末、例えばドコモのスマホをそのまま楽天モバイルで流用できるかということであれば答えはYESです。 問題なく使えます。 ただし、これがauキャリア版やソフトバンクキャリア版のスマホだった場合にはSIMロックを解除しなけらば楽天モバイルでは使えません。 SIMロックの解除についてはいろいろ条件がありますので、楽天モバイルで端末の流用をする場合は事前に公式サイトで「動作確認端末」をチェックしておきましょう。 データSIMでは通話はできないの? どこのMVNOでもデータ専用SIMもしくはデータSIMと呼ばれる、通話機能を除外したSIM契約があります。 これらのSIMでは090番号を用いた通話はできません。 しかし、通話機能対応のスマホやタブレットであればIP電話が使えます。 IP電話は普通の通話と比べインターネット回線の速度や遅延状態に大きく左右されますが、混雑していない時間帯であれば問題なく通話ができる手段です。 SIMフリーの端末では使える? 大抵は問題なく使えますが、上記と同じような問題があります。 そのSIMフリー端末の対応バンドが契約するMVNOのバンドの全てもしくは、ある程度対応している必要があります。 最新のSIMフリー版iPhoneではau・ドコモ回線の両対応ですが、NEXUS7ではドコモ回線のみ対応です auバンドは1つのみ対応 このように、SIMフリー端末により対応バンドが大きく違いますので、この点のみ注意が必要です。

次の