エクセル プルダウンメニューの作り方。 【エクセル時短】連動するドロップダウンリストの作り方。値によってリストの内容を変化させる!

【アンケートに使える】エクセルでプルダウンリストの作り方

エクセル プルダウンメニューの作り方

はじめに Excel でプルダウンメニューを作成する方法をご紹介します。 プルダウンメニューとは下記のようなリスト型のメニューのことですが、 ユーザの入力間違いを防ぐことができ、またユーザの予期せぬ入力を防ぐことも可能です。 プルダウンメニュー プルダウンメニューの基本的な作成方法から、Excelのシートのデータからプルダウンメニューを作成する方法について説明します。 (2) 「入力値の種類」に「リスト」を選択します。 (3)「元の値」にプルダウンメニューで表示させたい単語を入力し、「OK」ボタンをクリックします。 (4)はじめに選択したセルにプルダウンメニューが作成されます。 Excel のデータからプルダウンメニューを作成する方法 プルダウンメニューは、Excel のデータからも作成することが可能です。 手順を説明します。 (1)「元の値」の入力欄にセルの範囲を選択し、「OK」ボタンをクリックします。 (2)下記のように、Excel のデータからプルダウンメニューが作成されます。 別シートのデータからプルダウンメニューを作成する方法(オススメ!) 仕事での資料では、別シートのデータを参照してプルダウンメニューを作成するケースをよく見ます。 Excel でのプルダウンメニューを作成するうえで、とても見栄えがよくなりますのでご紹介します。 (1)「元の値」の入力欄をクリックし、カーソルが出ている状態にします。 (2)別シート(下記画面では、「性別」シート)をクリックし、メニューに表示させたいデータを選択します。 そして「OK」ボタンをクリックします。 [セルの範囲] と表記されます。 (3)元のシートでプルダウンメニューが作成されます。 これをやることのメリットですが、Excel シートの見栄えがとてもよくなります。 なお、参照するデータのシートを「非表示」にするとさらによくなります。 こうすることで、非表示のシートのデータからプルダウンが作成されることが確認できます。 最後に いかがでしょうか? プルダウンメニューは誤入力を防ぐのに非常に便利な機能ですのでぜひ使いこなしてみてください!!.

次の

エクセルのプルダウンリストの作り方~Excel入力規則

エクセル プルダウンメニューの作り方

この記事の目次• プルダウンリストの項目によって色付けするやり方 それでは始めていきましょう! 色付けしたいプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ はじめに 色付けしたいプルダウンリストの セルをドラッグして選びましょう。 「ホーム」タブをクリックして選ぶ プルダウンリストのセルを選んだら 「ホーム」タブをクリックして選びます。 「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ 「ホーム」タブを選んだら「スタイル」 グループにある 「条件付き書式」ボタンを クリックして選んでください。 メニューから「新しいルール」をクリックして選ぶ 「条件付き書式」ボタンを選ぶと メニューが出てきます。 そのメニューの中にある 「新しいルール」をクリックして 選びましょう。 「指定の値を含むセルだけを書式設定」をクリックして選ぶ 「新しいルール」を選ぶと 「新しい書式ルール」ダイアログが 出てきます。 そのダイアログ内の 「ルールの種類を選択してください」から 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を クリックして選びます。 メニューから「特定の文字列」をクリックして選ぶ 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を 選ぶと「ルールの内容を編集してください」 の内容が切り替わります。 切り替わった内容の左端にある 「セルの値」 を変更します。 右側の下矢印をクリックするとメニューが 出てくるので、その中から 「特定の文字列」 をクリックして選びましょう。 入力バーへ色付けしたいプルダウンリストの項目を入力する 「特定の文字列」を選んだら 右側の入力バーへ 色付けしたい プルダウンリストの項目を入力します。 今回は 「未確認」と入力します。 「書式」ボタンをクリックして選ぶ プルダウンリストの項目を入力したら 「書式」ボタンをクリックして 選んでください。 「塗りつぶし」タブをクリックして選ぶ 「書式」ボタンを選んだら 「セルの書式設定」ダイアログが 出てきます。 そのダイアログ上部にある 「塗りつぶし」タブをクリックして 選びましょう。 「背景色」欄で好きな色をクリックして選ぶ 「塗りつぶし」タブを選んだら 「背景色」欄で 好きな色をクリックして 選んでください。 今回は 「黄色」を選びます。 「セルの書式設定」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選ぶ 「背景色」欄で好きな色を選んだら 「セルの書式設定」ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして 選びましょう。 「新しい書式ルール」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! 「セルの書式設定」ダイアログの 「OK」ボタンを選ぶとダイアログが 閉じられます。 続いて、「新しい書式ルール」ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして選びます。 そうすると、 プルダウンリストの項目によって 色付けすることができます。 まとめ• 色付けしたいプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ• 「ホーム」タブをクリックして選ぶ• 「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ• メニューから「新しいルール」をクリックして選ぶ• 「指定の値を含むセルだけを書式設定」をクリックして選ぶ• メニューから「特定の文字列」をクリックして選ぶ• 入力バーへ色付けしたいプルダウンリストの項目を入力する• 「書式」ボタンをクリックして選ぶ• 「塗りつぶし」タブをクリックして選ぶ• 「背景色」欄で好きな色をクリックして選ぶ• 「セルの書式設定」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選ぶ• 「新しい書式ルール」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! お疲れ様でした。 プルダウンリストの項目によって 色付けすることはできましたでしょうか? 条件付き書式機能を使えば プルダウンリストの項目によって色付け できるので活用していきましょう。 あなたのお仕事が、今よりもスムーズに 進められることを心より応援しております。

次の

【エクセル2013】プルダウンリストの作り方

エクセル プルダウンメニューの作り方

この記事の目次• プルダウンリストの項目によって色付けするやり方 それでは始めていきましょう! 色付けしたいプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ はじめに 色付けしたいプルダウンリストの セルをドラッグして選びましょう。 「ホーム」タブをクリックして選ぶ プルダウンリストのセルを選んだら 「ホーム」タブをクリックして選びます。 「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ 「ホーム」タブを選んだら「スタイル」 グループにある 「条件付き書式」ボタンを クリックして選んでください。 メニューから「新しいルール」をクリックして選ぶ 「条件付き書式」ボタンを選ぶと メニューが出てきます。 そのメニューの中にある 「新しいルール」をクリックして 選びましょう。 「指定の値を含むセルだけを書式設定」をクリックして選ぶ 「新しいルール」を選ぶと 「新しい書式ルール」ダイアログが 出てきます。 そのダイアログ内の 「ルールの種類を選択してください」から 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を クリックして選びます。 メニューから「特定の文字列」をクリックして選ぶ 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を 選ぶと「ルールの内容を編集してください」 の内容が切り替わります。 切り替わった内容の左端にある 「セルの値」 を変更します。 右側の下矢印をクリックするとメニューが 出てくるので、その中から 「特定の文字列」 をクリックして選びましょう。 入力バーへ色付けしたいプルダウンリストの項目を入力する 「特定の文字列」を選んだら 右側の入力バーへ 色付けしたい プルダウンリストの項目を入力します。 今回は 「未確認」と入力します。 「書式」ボタンをクリックして選ぶ プルダウンリストの項目を入力したら 「書式」ボタンをクリックして 選んでください。 「塗りつぶし」タブをクリックして選ぶ 「書式」ボタンを選んだら 「セルの書式設定」ダイアログが 出てきます。 そのダイアログ上部にある 「塗りつぶし」タブをクリックして 選びましょう。 「背景色」欄で好きな色をクリックして選ぶ 「塗りつぶし」タブを選んだら 「背景色」欄で 好きな色をクリックして 選んでください。 今回は 「黄色」を選びます。 「セルの書式設定」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選ぶ 「背景色」欄で好きな色を選んだら 「セルの書式設定」ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして 選びましょう。 「新しい書式ルール」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! 「セルの書式設定」ダイアログの 「OK」ボタンを選ぶとダイアログが 閉じられます。 続いて、「新しい書式ルール」ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして選びます。 そうすると、 プルダウンリストの項目によって 色付けすることができます。 まとめ• 色付けしたいプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ• 「ホーム」タブをクリックして選ぶ• 「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ• メニューから「新しいルール」をクリックして選ぶ• 「指定の値を含むセルだけを書式設定」をクリックして選ぶ• メニューから「特定の文字列」をクリックして選ぶ• 入力バーへ色付けしたいプルダウンリストの項目を入力する• 「書式」ボタンをクリックして選ぶ• 「塗りつぶし」タブをクリックして選ぶ• 「背景色」欄で好きな色をクリックして選ぶ• 「セルの書式設定」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選ぶ• 「新しい書式ルール」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! お疲れ様でした。 プルダウンリストの項目によって 色付けすることはできましたでしょうか? 条件付き書式機能を使えば プルダウンリストの項目によって色付け できるので活用していきましょう。 あなたのお仕事が、今よりもスムーズに 進められることを心より応援しております。

次の