西田 敏行 体調。 2020年現在!西田敏行の病気がヤバすぎる?歩けない程、ガンが進行していた!?

西田敏行の「下半身の異変」が深刻化、撮影現場で3年前から出ていた指示(2019年8月27日)|ウーマンエキサイト(1/3)

西田 敏行 体調

西田敏行さんの妻 名前:寿子さん 年齢:68歳(2019年現在) 西田さんとは 1974年8月に入籍し、現在 2人の娘の母親でもあります。 元、 劇団「青年座」の研究生で、同じ所属だった 西田さんとはこの時出会いました。 出会って数か月後には同棲生活を開始、西田さんの俳優業を応援するために劇団を去り、 仕事をして下積み時代の西田さんをサポートし、家庭を養いました。 2016年に西田さんが怪我と病気で入院してからは、看病はもちろん入院中のリハビリにも寄り添い、 現在に至るまで 西田さんを支え続けております。 西田敏行と嫁 寿子 の馴れ初めから現在まで 2人の出会い 2人の馴れ初めは、西田さんが 当時所属していた劇団「青年座」。 研究生として入った 4歳年下の寿子さんに西田さんが一目ぼれし、 数か月後には寿子さんのアパートにて同棲生活が始まりました。 1968年に青年座俳優養成所に入り、1970年に晴れて青年座座員として活動を始めた西田さんでしたが、翌年1971年10月公演の 『写楽考』にて主 役の座を射止めたものの、 その後は大きな活躍もなく、ひたすらに下積み生活を続けていました。 そんな中出会った女性が寿子さんだったのです。 当時、西田さん24歳、寿子さんは20歳でした。 夫の下積みをサポート 同棲に機に、下積み生活真っただ中の西田さんの俳優業を支えるため劇団を辞め、 女優の夢を自ら絶った寿子さん。 経済的サポートのために仕事を始め、入籍から二年後には長女誕生。 世田谷区内の家賃35000円・2Kのアパートへ引っ越し、 西田さんもまた、寿子さんとの出会いをきっかけに弾みがついたのか、 この翌年には ドラマ「特捜最前線」でレギュラーの座を獲得し、 引っ越しからわずか1年で4000万のマイホームを購入。 妻の頑張りに答えようと懸命に努力をしていた西田さんの姿が浮かびますが、 ほぼ無名に等しかった西田さんに代わって、大黒柱となり家族を支えた寿子さんの影響力は計り知れないものがありますね。 結婚・出産、育児に専念し女優を断念 西田夫妻の結婚は1974年8月、2年後の1976年に長女の彩夏(さやか)さんが誕生。 詳しい生年月日は不明ですが、その翌年あたりに次女の梨沙(りさ)さんが誕生しているようです。 西田さんは、1977年に完成したマイホームに両親も呼び寄せ、より責任感ある立場に。 が、ここでも 妻へのリスペクトを忘れぬ西田さん。 長女が誕生した際に、寿子さんに 育児がひと段落したら女優の勉強を再開してもいいんだよ と提案したのです。 女優の夢を諦めてまで西田さんをサポートする寿子さん。 誠実な妻の愛情を受け、西田さんは、結婚から40年以上を経た今も、寿子さんに頭が上がらないのだとか。 夫の看病とサポート そんな西田夫妻を待ち受けていたのが、 2016年に立て続けに起こった不運。 2月に自宅ベッドから落ち 頸椎亜脱臼の診断を受け、さらに 4月末には胆のう炎が発覚するという二重苦が、西田さんを襲ったのです。 首にコルセットを巻き、片手には杖。 激やせした夫の乗る車椅子を押し、寄り添う寿子さんの姿が2016年6月の「女性自身」で報道されました。 5月にも病院へ通う夫妻の姿が目撃されており、寿子さんは大きな袋も何個もぶら下げ、リハビリや買い物にも付き添い、主治医らしき人物とすれ違う際には礼儀正しい様子で挨拶をしていたとのこと。 6月2日には「探偵!ナイトスクープ」にて本格復帰を果たした西田さん。 少なからずとも、寿子さんの献身があったからなのは確かでしょうね。

次の

2020年現在!西田敏行の病気がヤバすぎる?歩けない程、ガンが進行していた!?

西田 敏行 体調

Contents• 西田敏行が探偵ナイトスクープを降板 俳優の西田敏行(71)さんが10月18日放送のABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」で、 2019年11月22日放送の回をもって番組を降板することが発表されました。 西田敏行さんは2001年1月から約19年間(途中2ヶ月間療養休暇あり)の長きにわたり、初代局長上岡龍太郎さんの後任として2代目局長を務めてこられました。 西田はこの日の放送のラストで、間寛平、石田靖ら神妙な表情の探偵陣に囲まれて登場。 「2001年の1月から約19年間務めて参りました『探偵!ナイトスクープ』局長の職を、11月22日の放送を持って辞したいという風に考えております」と公表した。 yahoo. 探偵ナイトスクープの重大発表ってこのことだったんですね! 西田局長が、11月22日の放送で最後だなんて〜!! 局長ぉぉおおお〜辞めないで〜! — tこ こゎLキレ゛ゅw jtnwkd そして、降板発表はしたものの、理由については明かさずに、 「なぜこの考えに至ったかは、 11月22日の放送に詳しく申し上げたいと思います。 ともかく、明るく楽しく幸せな時間をありがとうございました。 yahoo. 度々感動しては涙を流す西田敏行さんの姿にじーんともらい泣きをしてしまうこともよくありましたよね。 そんなお茶の間をほっこり温めてくれていた西田敏行さんの探偵ナイトスクープ局長辞任(降板)を聞くとやはり少し寂しい気持ちになりますね。 ただ、やはりその降板理由が気になりますよね。 西田敏行の探偵ナイトスクープ降板理由 実際のところ、探偵ナイトスクープの降板の理由は一体何なのでしょうか。 西田敏行の車椅子 実は、西田敏行さんの 体調が関係しているのではないかとの噂がネット上やメディア関係の情報から話題に上がってきています。 というのも、今同時並行で放送されています「ドクターX シーズン6」の第1話が10月17日(木)夜に放送されましたが、西田敏行さんはお馴染み「東帝大学病院の院長」役で出演されているのですが、 その際に 車椅子姿での演技だったことで体調悪化説が取り沙汰されています。 一瞬ドラマシーンを見た時に「?」となったのですが、それほど気にはなりませんでしたが、その次の日に放送される探偵ナイトスクープの放送で急に「降板」を発表すると やはりその両状況には関連性があるのではないか?と勘ぐってしまうのは管理人だけでしょうか。 西田敏行は歩行困難 というのも、西田敏行さんが 現在「歩けない」のではないかという情報も散見されるからです。 西田敏行さんが歩けない理由として考えられるのは、2001年に入院手術した頸椎の骨の異常による 脊髄症を発症したことが直接的な原因と言われています。 excite. 27 西田敏行さんは、運悪く、2001年に頸椎性脊髄症の手術をされて後、2016年にベッドから転落し、頸椎亜脱臼の重傷を負われました。 脊髄症は一時は改善はしていたのですが、そういった複合的要素もあり、また再びそれが悪化してきて歩行困難になっているというのが降板理由の一つとして十分に考えられますね。 移動距離の問題 探偵ナイトスクープの収録が行われる場所は朝日放送の本社がある 大阪府福島区です。 西田敏行さんのお住まいは現在 東京の世田谷区ですから、上記のような歩行困難での状況で東京〜大阪間の移動は想像以上につらいのかもしれません。 新幹線にしても、飛行機にしても移動にはドアtoドアで最低2時間ー3時間かかりますからね。 来月11月4日には72歳になる西田敏行さん。 歩行が難しい状態での継続を考えると、ここまで 務めてこられたこと自体、賞賛されるべき努力ではないでしょうか。 追記 西田は18日の放送で「2001年1月から約19年務めた局長の職を辞したい」と番組降板を表明。 昨秋には引き際を決意していたという。 来月で72歳の誕生日を迎える西田にとって、 東京から月2回の新幹線での来阪は「体力的にもしんどかった」。 今後は「塩辛やホヤ貝などクセのあるアテで一杯やりながらクスクス笑って」と一ファンとして応援する構えだ。 yahoo. ですから体調が優れないというのもこの年齢では珍しくはないとは思いますが、 でもやはり「歩けない」というのが体調不良からくるものであったとしたらやはり心配ですよね。 実は2016年あたりから、西田敏行さんが「 激やせ」したと心配する声も多数上がっていました。 その噂が上がったのが、2016年1月〜3月に放送されていた連ドラ「家族のカタチ」でした。 確かにそれ以前と比べればやつれた感じには見えますよね。 西田敏行さんは2003年には心筋梗塞で倒れられたことがありましたし、 2001年には、先述しました 頸椎性脊髄症により手術を受け、2016年の4月には自宅のベットから転落して頸椎亜脱臼の手術を受けました。 さらにその直後2016年5月ー6月の入院は 胆のう炎を発症したことによる入院でした。 次々にこのような病や体調不良に見舞われた西田敏行さんですから、 現在かなり辛い状況の中でお仕事を続けてこられていたのかもしれません。 2001年 頸椎性脊髄症で神経圧迫部位の除去手術• 2003年 心筋梗塞で倒れる• 2016年 ベットから転落し頸椎亜脱臼の手術• 2016年 胆のう炎の手術 こういった数々の病や怪我に見舞われても、それでも俳優として、車椅子姿でも演技をし続ける姿に感動せずにはおれませんね。 西田敏行の降板や体調についての世間の声 ここ数年、サ行・マ行の滑舌が悪くなった気がする。 とても心配です。 最近は歩行が困難らしいね。 ドラマなどてももっぱら座りシーンばかりだし。 毎回収録の為に大阪に来るのが厳しくなったんだろう。 仕方ない。 で、後任は誰にするんだろうか?お笑い界から?俳優界から? — femin naonana3jp やはり体調不良を心配する声や、これまでの活躍の労を労う文面が多かったように思いますね。 さすが日本を代表する愛されキャラの名俳優ですね! まとめ ということで、探偵ナイトスクープを11月22日に降板されることになった西田敏行さんの体調についてお伝えしました。 いくら71歳だからと言って加齢だけで片付けれることではなく、今までの体調を崩された経緯や車椅子シーンなどを見てしまうとやはり心配になってしまいますね。 ご本人からは探偵ナイトスクープの11月22日(金)の放送で詳しく報告があるようですのでその時のコメントを待ちたいと思います! 最後まで読んでくださり ありがとうございました。

次の

西田敏行、ささやかれていた体調不良よりも深刻な大問題を抱えていた? (2019年11月5日)

西田 敏行 体調

Contents• 西田敏行のプロフィール 出典先: 西田敏行は、1947年11月4日 生まれの、 現在72歳。 2010年には第33回日本アカデミー賞会長功労賞を受賞しました。 2018年の4月の春の叙勲で旭日小綬章を受章しました。 また、2018年7月30日、福島県が県民栄誉賞を贈りました。 上記のように、西田敏行は多くの受賞をされており、日本を代表をする人だといわれています。 そんな西田敏行ですが、芸能活動中に多くの病気を患います。 それをご紹介していきます。 西田敏行・2001年に頸椎性脊髄症発症 出典先: 2001年11月7日、頸椎が圧迫されて手足のしびれる「頸椎性脊髄症」を患い入院します。 頸椎性脊髄症の原因は 加齢によるものです。 加齢によって頸椎の 神経が圧迫し狭窄され、手足のしびれや痛み・歩行障害が現れます。 そのため、2001年11月15日に神経圧迫部位を除去する手術、脊椎管拡大術を行い、翌月には仕事に復帰したそうです。 脊柱管拡大術 出典先: 椎弓を開いた所に人工骨や金属のスペーサーを入れて、脊髄の通り道である脊柱管を広げます。 それを行うことで しびれ・痛み等の症状を和らげることを目的としています。 加齢に伴う病気とは言え、手足のしびれや痛みが普段からあるとはきつかったでしょうね。 そのためか、この時期にも歩行困難になったといわれています。 西田敏行・2003年に心筋梗塞 出典先: 2003年3月3日の夜中に自宅で倒れ、緊急搬送されました。 病名は 「急性心筋梗塞」。 すぐに、ステント治療を行い、命は助かったそうです。 約1週間の入院を得て無事元気に退院したそうですよ。 心筋梗塞とは 出典先: 心筋梗塞とは、心臓を動かしている 血管が詰まることです。 そのため、心臓を動かすことができなくなり、息苦しさや胸・左肩の痛み等が出てきます。 心筋梗塞は発作後 1時間以内に30%~50%の人が亡くなる早期治療の必要な病気です。 心筋梗塞の原因 出典先: 心筋梗塞の原因として、血管を狭める要因の 動脈硬化です。 喫煙・高血圧・肥満などが主な要因です。 また、心筋梗塞は比較的冬に起こすことが多く、その理由としては寒さにより血管が狭まるためだそうです。 そのため、暖房の効いたお家から雪の降っている外に出るときなどの 寒暖の差が激しい時は注意が必要です。 西田敏行はお酒が大好きで、1日8箱もたばこを吸う ヘビースモーカーだったこと、 肥満 だったことが心筋梗塞の原因だったと考えられます。 心筋梗塞の治療 出典先: また、心筋梗塞後、次第に心筋が壊死していきます。 それを防ぐためにも発症後できるだけ早くステントorバルーン(風船)治療を行うことで、治療後の回復の速さや後遺症の有無・程度に大きくかかわってきます。 バルーン治療は血管を広げるだけです。 ステント治療は血管を広げ、かつ再度血管が狭くならないように血管内にステントを入れておきます。 バルーン治療になるか、ステント治療になるかは、心筋梗塞を起こした原因によって選択されます。 心筋梗塞の再発率と予防 出典先: 心筋梗塞の再発率は、心筋梗塞を発症していない人と比べて 4倍~10倍高いと言われています。 また、前回の心筋梗塞の治療法でも再発率は変わります。 バルーンカテーテル治療を行った場合の再発率は30〜40%で、ステント治療を行った場合の再発率は20%程度と言われています。 そのため、 生活習慣の改善が必要です。 西田敏行2016年に頸椎亜脱臼を起こしていた! 出典先: 2016年 2月1日に西田敏行が 就寝中にベッドから転落し、「 頸椎亜脱臼」と診断されたそうです。 そのため、 4月19日に腰椎の一部を頸椎に移植する手術を受けたといいます。 また、脱臼とは、完全脱臼ともいい、完全に関節から外れることです。 「 亜脱臼」とは、不完全脱臼ともいい、関節から完全には外れていない状態、外れかけている状態のことをいいます。 頸椎亜脱臼の治療法 出典先: 脱臼具合によっては経過を見ることもありますが、剥離・断裂した関節を修復する手術もあり、西田敏行は手術を行っています。 手術の目的は、 頸椎の椎体間のぐらつき(亜脱臼)を固定することです。 そのために骨移植を行い、骨癒合をはかるといいます。 手術の種類は2種類あって、内視鏡の手術と直接開けて行う直視下手術です。 内視鏡手術による傷が小さいため、正常組織の損傷が少ないです。 そのため、術後の制限が少ないことが特徴です。 直視下手術は脱臼を繰り返していたり、骨の欠損ができた場合などに行います。 靭帯を修復すると同時に骨移植を行います。 西田敏行は事務所側が 「椎の一部を頸椎に移植する手術を受けた」と発表していることから、西田敏行が行った手術は後者だと考えられます。 医療保険の3割負担の方で、前述した内視鏡の手術だと、入院4日で約13万円程度だそうです。 また、直視下手術だと約1週間入院で35万円程度らしいです。 しかし、術式や地域・病院によって値段は変わってくるそうです。 西田敏行・胆のう炎も発症し、手術を行っていた! 出典先: 亜脱臼の手術後に胆のう炎も発症したそうです。 胆のう炎とは体内に胆石が出来てしまった場合やウイルス感染した場合に発症する病気です。 9割が胆石で、1割が細菌感染によるものです。 この病気を放置すると 胆のうが破裂して死亡することもあるそうです。 しかし、高齢あるいは糖尿病を患っている場合は、腹痛が見られないこともあるそうです。 西田敏行は胆のう炎を患ったのは69歳の年です。 また、糖尿病リスクもあるため、腹痛がみられなかったかもしれませんね。 早期発見・早期治療ができて安心ですね。 胆のう摘出術 出典先: 胆のう摘出手術とは、その名の通り胆のうを取り除きます。 手術方法は 開腹手術と腹腔鏡下の 2種類あります。 腹腔鏡下は、合併症が少ないことや、 入院日数が約4日という入院期間が短い特徴にあります。 開腹手術は、手術の傷は内視鏡に比べると大きいことや、それに伴い傷の痛みも少なくないこと等から入院日数は約11日くらいとのことです。 しかし、費用の面ではあまり差はないと報告されているそうです。 西田敏行は5月12日に胆のうの摘出手術を受けました。 そして、5月19日にはナレーションでの仕事に復帰し、6月3日には「探偵! ナイトスクープ」に杖を突きながら登場したそうです。 手術後から仕事復帰までの期間が7日間のため、 腹腔鏡下にて手術を行ったと考えられますね。 また、探偵ナイトスクープ復帰の時には、体調に対して 「 万全です。 もう大丈夫」と笑顔でコメントしていたそうですよ。 西田敏行・糖尿病予備軍 出典先: 西田敏行は糖尿病予備軍だったそうです。 糖尿病は1型と2型があります。 1型糖尿病は先天性であったり、ウイルス感染等の病気によって発症するものです。 基本的に1 0代の若いころに発症されるもので、特徴として細い方が多いです。 2型糖尿病は 生活習慣病によるもので、中年以降の人に多く、特徴としては肥満の人が多いです。 西田敏行は2型糖尿病 出典先: 西田敏行は身長が166㎝に対して体重が入院時91㎏だったそうです。 BMIの正常値が18. 5~25未満ですが、 西田敏行の BMIは33で肥満度は50%。 BMIが高値だとその分 糖尿病発症率が高いそうです。 そのため、入院食はきっと糖尿病食だったのでしょう。 入院中に自然と約10kg体重が落ちたそうです。 西田敏行・現在の病気はがん?激やせの理由とは? 出典先: 出典先: 2016年あたりから、西田敏行が急激に痩せてきています。 その理由が癌という噂と、薬物を行っているという2つの噂があります。 癌という噂の理由としては、抗がん剤の副作用により、食欲がなくなり劇的に痩せてしまいます。 また、髪の毛が抜けていくことも抗がん剤の副作用として有名ですよね。 2016年の探偵ナイトスクープで ニット帽を毎回被っていたといいます。 以上の理由から、癌なのではないか!と噂が立っています。 また薬物疑惑の理由は、清原和博が薬物容疑にて逮捕後、芸能界に他にも薬物をしている人がいると噂になったそう。 その特徴が西田敏行だったことから、噂が立ち広まっていったそうです。 しかし、癌や麻薬の噂に対して、 「根も葉もない話です」と本人がコメントしていたそうです。 そのため、長期入院によって栄養の偏りがない病院食の摂取や、退院後も術後による怠さからの食欲不振、また糖尿病予備軍なので偏らに食事を意識したことが激やせした理由だと考えられます。 また、 現在の病気は公表されていません。 西田敏行・現在杖なしでは歩けない? 出典先: 出典先: 最近、TVなどで西田敏行が歩行するところを見る機会がありません。 また、ドクターXでは、車いすでの出演していたり、上記のように少し高めの椅子に座るにも誰かの介助が必要ということが分かります。 その理由として考えられるのが、 頸椎性脊髄症発症または、頸椎亜脱臼の再発で、両手両足の歩行しずらさ・麻痺に近いのでは!と言われています。 以前にこれらの病気を患っているため、これが原因で現在歩行困難になるリスクがあります。 それにしても、今後は西田敏行がレッドカーペットを歩く姿が見れないのは悲しいですね。 西田敏行の通院している病院は? 出典先: 都内の病院とはコメントされていますが、実際にどこの病院かは明かされていません。 しかし、聖路加国際病院が有力視されているといいます。 聖路加国際病院の口コミでは、スタッフの対応が好印象という声や、院内はホテルくらい綺麗で、プライベート感があり心地がいいなど、評判のいい病院だそうです。 この病院は水野真紀、小島奈津子、三田寛子などが出産するなど、数多くの芸能人がお忍びで通っているそうですよ。 聖路加国際病院のホームページはこちら。 しかし、2019年10月18日の探偵ナイトスクープの放送最後に、 11月22日の放送にて探偵ナイトスクープを降板することを発表されました。 その理由については、「僕が局長をやりはじめて、たまたま感動して泣いてしまったことをきっかけに、どんどん依頼内容に感動系が増えていってね(中略)。 軌道修正していかないとこの番組のコンセプトが薄れるという危惧があったので、ぼちぼち退くべきだなと……」とコメントがあったようです。 西田敏行は、 長らくレギュラーを務めている「ドクターX」で、蛭間院長役で出演していました。 しかし、ドクターXの撮影中に動けなくなってうずくまるなど、深刻な体調不良が心配されていたそうです。 そのためか、10月17日の第1話にて東京地検に逮捕され、 車椅子に乗せられ退場するシーンがありました。 そのため、ドクターXも降板するのだと考えられます。 探偵ナイトスクープ降板日の11月22日の放送日に詳しいコメントがされると思います。 降板理由が病気ではないとを願います。 西田敏行・芸能界引退疑惑あり! 出典先: 探偵ナイトスクープの降板発表や、ドクターXの逮捕により西田敏行のレギュラー番組がなくなりました。 そのため、巷では西田敏行は芸能界引退するのではないか!と噂になっています。 その真相を西田敏行の奥さんにインタビューすると、「そんなことはまったくないですよ。 大丈夫。 主人は、死ぬまできっと現役です。 お仕事さえいただければ、続けていきたいと思っているんじゃないかしら」とコメントされたそうです。 そのため、芸能界引退説はガセネタのようですよ。 私自身、その言葉を聞いて、少し心がホッとしました。 西田敏行ファンの声 西田敏行に関するファンの声を集めてみました。 ワッツの途中ですが…。 ドクターXも医院長交代だし。 来週は出るみたいだけど。 — 鹿 chiyoyachiyoni やはり、西田敏行の歩行シーンが少ないことや、車いすでの ドラマ出演 に 違和感を感じた方は少なくないようでした。 しかし、西田敏行の探偵ナイトスクープやドクターXの降板に悲しむ声も多数みられました。 個人的には、探偵ナイトスクープでの西田敏行の涙が見られなくなるのが寂しいです。 これからは休息して身体を休め、病気に向き合っていってもらいたいですね。 また、回復後、本人のTV出演意思があるのなら、ゲストとしてでもTVなどに出演してほしいですね。 これからも応援していきたいと思います!.

次の