本日 の 日経 平均。 日経平均は5日ぶり反落、市場の環境変化を整理します/ランチタイムコメント

クロス円はやや軟化、日経平均は本日安値更新=東京為替

本日 の 日経 平均

日経平均株価のみんかぶ目標株価は「17,574」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 17,574 と判断されています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2020年5月27日

本日 の 日経 平均

日経平均株価のみんかぶ目標株価は「17,574」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 17,574 と判断されています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

日経平均株価 (100000018) : 株価/予想・目標株価 [日経平均]

本日 の 日経 平均

日経225先物投資のUTA「」です。 こちら「」の登録になります。 昨日、日経平均株価の終値・22062円。 25日移動平均線は20376円になります。 200日移動平均線は21650円辺りです。 投資家主体別の売買動向です。 現状、「個人投資家」VS「海外投資家」の反対売買は変わりません。 個人投資家 海外投資家 4月第1週目 255億 -654億 4月第2週目 -1584億 543億 4月第3週目 -43億 -3019億 4月第4週目 1867億 -3483億 4月第5週目 65億 -1482億 5月第1週目 170億 -1206億 5月第2週目 1882億 -1296億 5月第3週目 -798億 772億 日経225先物の観測 日経225先物ミニ・価格帯レンジ。 今週は、21300円~22300円辺り。 当面の節目として、21350-21500-21850-22000-22100-22250円辺り 短期底の確認は15800円~18300円辺りなので、しっかりと自律反発上昇している。 日本市場は、緊急事態宣言が全面的に解除されました。 街の状況も活気ついている様子が伺えます。 海外投資家の動向。 日本市場において「1月1週目~5月3週目」までの20週間。 「売り」16週・「買い」4週です。 ちなみに、5月3週目は772億円「買い越し」となりました。 NYダウ平均株価と為替ドル円の観測 NYダウ平均株価において、24800ドル~25800ドル辺り。 当面は、NYダウ平均株価は半値戻し達成しております。 今後の問題としては変わらず以下の内容が考えられます。 ・大企業の第一四半期、第二四半期決算の業績具合の状況 ・米中貿易協議の問題 ・地政学的リスクや原油価格の暴落 上記が懸念される材料となるでしょう。 為替ドル円は、105円90銭~108円90銭辺りが意識される。 わずか1日で30pips~100pips以上は変動する事もあるので注意が必要です。 本日、早朝の相場観 さて、日経平均株価は22000円辺りで上下を繰り返している。 とにかく、日本市場は堅調に推移している様子が伺えます。 ちなみに、大企業の1-3月の決算はほとんど大赤字です。 しかし、原因は新型コロナウィルスの影響であって、企業の根本的な業績悪化が要因ではない。 だから、株価は暴落することなく、むしろ価格は先行して「買い」判断されたのでしょう。 今までの展開としては堅調に推移してV字回復しました。 ここから上昇していくためには、相当の「買い」圧力が必要になります。 そのためには、日銀の買い支えだけでは上昇しません。 やはり、海外投資家による新規「買い」の圧力が必要になります。 そう考えると、ある程度の場面で価格は膠着状態が続くのではないかと考えております。 まずは、午前中ザラ場の相場を観測する予定です。

次の