高田 造園。 造園家 高田宏臣

有限会社高田造園|栃木県栃木市の建設工事会社

高田 造園

株式会社高田造園設計事務所代表、NPO法人地球守代表理事。 1969年千葉生まれ。 東京農工大学農学部林学科卒業。 1997年独立。 2003〜2005年日本庭園研究会幹事。 2007年株式会社高田造園設計事務所設立。 2014〜2019年NPO法人ダーチャサポート理事。 2016年〜NPO法人地球守代表理事。 国内外で造園・土木設計施工、環境再生に従事。 土中環境の健全化、水と空気の健全な循環の視点から、住宅地、里山、奥山、保安林などの環境改善と再生の手法を提案、指導。 大地の通気浸透性に配慮した伝統的な暮らしの知恵や土木造作の意義を広めている。 行政やさまざまな民間団体の依頼で環境調査や再生計画の提案、実証、講座開催および技術指導にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 『』より.

次の

有限会社高田造園|栃木県栃木市の建設工事会社

高田 造園

家と庭、それは家族みんなが日々の時間を共有する暮らしの場であり、日々接する環境となります。 子供たちは日々の環境の中で成長し、その心の中に大切な家族との暮らしの風景を刻みこんでいきます。 美しい心の原風景は、人や自然を慈しむ優しい心を育てます。 豊かな心の原風景を、子供たちに刻んでもらいたい、そしてそこに住まれる家族にとって癒しとなり、四季を通して様々な表情を見せてくれる庭の木々から日々活力を得ていただける、そんな庭つくりをずっと目指しつつ、これまで庭を作り続けてきました。 自然と共にあった古き良き日本。 いつの間にか私たちの暮らしの中から身近な自然が遠ざかって久しく、家や街の中から木々の恩恵を肌身で感じる機会もますます少なくなってきました。 子供の頃、野山で虫を追いかけ小川でドジョウやザリガニを捕まえたあの記憶の奥の風景は、40代以降の多くの大人たちの心の中に、少なからず刻まれているのではないでしょうか。 野にも田圃にも人がいて、そして子供の声が虫の音や木々のざわめきと共に野山に響いていたあの頃の記憶・・・。 いつの間にかそんな光景は過去の記憶となりました。 人は美しく優しい自然環境の中でこそ、本当の意味で健全で豊かな心が育まれるものではないでしょうか。 私たちは、そこに住まれる家族に愛され続ける庭、そして家族を見守りながら共に成長していく暮らしの環境としての庭を、これからも作り続けていきます。

次の

有限会社高田造園土木|富山県南砺市の建設工事会社

高田 造園

主な対応工事 河川工事は自然災害から人々の生活を守る、土木工事の中でも重要性の高いものです。 河川の上流部では砂防工事、地すべり防止工事、砂防ダムの建設が行われます。 中流部・下流部では堤防の建設、床止め工事、河道整正といった方法が用いられるのが一般的です。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 インフラ整備には欠かせない土木工事といって良いでしょう。 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 土地造成工事とは自然の地形のままでは使いにくい場所に土木工事を行い、使いやすいように整地することです。 適切な土地改良を行うには、まず、土地の特徴を正しく把握しなければいけません。 さまざまな専門知識と技術が必要といえます。 下水道管埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。 工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。 また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 治山工事とは森林の造成と保全を目的として、山の地盤を安定させる土木工事のことです。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。 山腹工、渓流工、地すべり防止工などに大別されます。 とび・土工工事 世界各地から採れる数百種類に及ぶ石を加工して取付ける石工事は、石の特徴を活かして重厚な雰囲気を醸し出し、高級感のある空間を演出する工事です。 建築に使われる石材は世界中から採られる数百種類にも及ぶ天然石から出来ています。 その種類によって様々な性質や特徴を持っていて、その特徴を活かす事で重厚感のある建築資材として利用する事が出来ます。 石材の加工には一次加工と二次加工があります。 一次加工では石を薄い板状に切断し表面を自動研磨機で研磨して行きます。 二次加工では、更に現場で必要なサイズに切断され、細かい部分を手作業で研磨し仕上げます。 完成した石材は養生ビニールで包まれて梱包され、運送業者によって現場へと送り出されて行きます。 石材の表面仕上には様々な方法があり、ツヤ、色調、凹凸感などの組合せにより様々な表情に変化し、その石材固有の特徴を引き出す事も可能です。 建築石材を施工する場合には様々な施工法があり、施工する壁面の状況や石材の特性、外部面か内部面か等、様々な条件を考慮して取付ける工法を選択します。 更に、施工する高さや面積、石の厚み等も考慮して強度計算を必要とします。 建築において石材を使用する場合に最も重要な事は水との関係になります。 雨水のみならず施工時のコンクリート中に含まれる水分まで、詳細に水対策を考えておく必要があります。 事前の注意点、起こり得る問題点などを事前に知っておく事が重要です。 様々な場所で使用する石材は、その場所の用途と石材の性質を比較しながら検討する必要があります。 特に床材などは滑って転ぶなど危険と隣合わせな要素でもありますので、得に仕上方法に注意して選ぶ必要があります。 ここでは、アスファルトの種類と舗装工事の内容を解説します。 アスファルトにも色々な種類があり、水を浸透させるものやそうでないものまで、路面によって使い分けられています。 アスファルトの下にある路盤を造る工事も必要になりますので、その工事の流れも説明しています。 ここでは、コンクリート舗装の特徴についての説明をしています。 一般道路では、施工性の高さからアスファルトの普及率が高くなっていますが、場所によってはコンクリートの路面の方が適している場合もあります。 コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 コンクリートの舗装工事手順を説明しています。 短い施工期間で仕上がるアスファルトと違い、硬化に時間の掛かる生コンを打設して、硬化させる工事です。 真空コンクリート工法と呼ばれる滑り止め対策工事についても紹介しています。 路盤築造工事についての説明です。 道路を造る時には、その基礎となる部分を造って、その上にアスファルトを敷いていく必要があります。 ここでは、その基礎部分となる下層路盤と上層路盤を造るための工事の流れを紹介しています。 ここでは、ブロック舗装工事に使われるブロックの種類と、工事の流れについて説明しています。 ブロックはカラーリングとデザインが豊富で景観性に優れた素材です。 工事ではただ敷いていくのではなく、ブロックから湧水しないよう排水処理を施し、目地に砂を詰めてブロックの噛み合わせを強化する必要があります。 造園工事とは、建設業許可制度で定められた専門工事の一つで、庭園や公園、緑地などの苑池を築造する工事のことを指します。 また、道路やビルなどの屋上緑化・植生復元のための工事も含まれます。 造園の目的は様々ですが、単に植栽の見栄えを良くすることだけが本来の目的ではありません。 まず、どんな庭園を造りたいのかを明確にイメージしましょう。 その上で植栽や土木などの知識に長けた専門の造園業者にイメージを具体化してもらうことが、理想の庭造りには不可欠です。 造園で最も重要なポイントの一つが植栽です。 植栽工事は、個人のお庭以外にも、街路樹や公園の植樹など様々な場所で見かけることができます。 ここでは植栽の種類や、目的に合わせた植栽方法などをご紹介していきます。 枯れ木の伐採や抜根、樹木の移植などは、高木になればなるほど素人には危険で難しい作業となります。 大がかりな伐採になると重機の使用や、伐採後の処理なども必要になりますので、造園業者などのプロに工事を依頼するようにしましょう。 マンションや商業ビル、工場、公園などの緑地管理も造園業者の重要な役割のひとつです。 緑は人々に癒しと安らぎを与えてくれるものとして、今や公共の場には欠かせない存在となっています。 そのため、最近では都市の緑地化が見直されています。 その緑地を維持するためには適切な管理が欠かせません。 屋上緑化や壁面緑化は、建物の屋根や外壁を植物で覆わせる手法です。 土や植物の特性によって高い断熱効果を発揮することから、おもに温暖化防止や都市のヒートアイランド化の抑制など環境保護の目的で急速に広まっています。 お問い合わせはコチラへ!.

次の